Search

検索したいワードを入力してください

髪留めの種類と名前・名称|ピン/ゴム/コーム/クリップ/バレッタ

Author nopic iconsami
ヘアスタイル / 2017年09月25日
髪留めの種類と名前・名称|ピン/ゴム/コーム/クリップ/バレッタ

髪留めの種類、名前

髪留めの種類は、ピン留め、ヘアゴム、バレッタ、ヘアクリップ、コーム、ヘアバンド、カチューシャ、カチュームと種類も豊富です。

髪留めの名前はバラエティ豊富です。

・髪を留める時によく使うピンをアメピン
・U字型のピンはUピン
・美容室で使う髪留めをダッカール
・クシのような髪留めをコーム
・シフォン生地の中にゴムが入った髪留めをシュシュ
・金属やプラスチックのC字型の髪留めをカチューシャ
・カチューシャにゴムが付いた髪留めをカチューム
・髪をはさむ金具に装飾がついた髪留めをカチューシャ
・金属、プラスチック、木製で髪をはさむクリップ
・金属の髪を留めるバレッタ
・蝶板のあるクリップはバンスクリップ
・生地やパイル地にゴムが入ったヘアバンド
・髪にスカーフを巻き付けるターバン

私たちが良く使っている髪留めの種類は、圧倒的にアメピンとシュシュ、バンスクリップ、バレッタ、コームです。

髪留めのピンの種類と名前、名称

髪留めの種類と名前・名称|ピン/ゴム/コーム/クリップ/バレッタ

髪留めのピンの種類、および名前・名称は約12種類です。

・シングルピン、ダブルピン、スリーピン、アメピン、ヤナギピン、ボビーピン、スモールピン、アメピン、オニピン、Uピン、毛ピン、スティックピン

聞いてもピンとこないピンが中にはあります。私たちが知っているピンは、アメピン、Uピンです。アメピンの使い方は、山の方を上にして髪を留めるよりも山を下にして挿した方がピンが外れにくいので山を反対に留めて下さい。

髪留めのコームの種類と名前

コームは、美容室や美容室のブログ、アレンジ方法が書いてある雑誌やネットでは、クシのことをコームと書くことが多いです。髪留めの中にもコームと呼ばれる平らのクシのような髪留めもあります。

髪留めコームの名前は、大まかに分けたら2種類で、

・樹脂の土台のコームは、フレンチコーム
・金属の土台のコームは、ワイヤーコーム

細かく分けると5種類となり、

・夜会巻きに使うコームは、フレンチコーム
・2つコームがついたコームの名前はツインコーム
・ワイヤーのコームは、ワイヤーコーム
・カチューシャにブラシのような突起がついた髪留めは、カチューシャコーム

ワイヤーコームは、前髪をポンパドールにする時に使ったり、サイドに留めるのに適しています。コームに椿オイルを馴染ませてから使うことをオススメします。

髪留めのクリップの種類と名前

髪留めで挟むものの種類は、クリップです。クリップの名前は、バンスクリップ、ワニクリップ、バナナクリップです。

バンスクリップは、一般的に有名なクリップで、ワニクリップは、ワニの口のような形のクリップです。テールクリップ、バンスサイド、オニオンバンス、コンコルド、ドラマティック、Vゼムクリップ、バインダークリップ、ダブルクリップ、バンカーズクリップなど多くの種類がありました。

三角形のクリップは、Vゼムクリップという名前でした。クリップにかんざしがついたクリップがドラマティックという名前でした。オニオンバンスクリップは、開くと、とがった爪のようなホウキのような型のクリップです。

コンコルドは、美容室で使うダッカールと似ていますが、クリップ部分に隙間が開いているクリップは、コンコルドクリップです。初めて聞いた名前が多いことでしょう。髪留めの中でもクリップが1番使いやすいです。バナナクリップ、バンスクリップです。

髪留めではさむものの種類と名前

髪留めの中でも髪にはさむのは、ピンやクリップです。美容室でカットの時に使う髪にはさむ髪留めの名前は、ダッカールと言います。ダッカールについてご紹介します。

ダッカール

美容室で使う髪をはさむ髪留めの名前は、ダッカールです。ダッカールにも種類があります。ワニ型クリップを美容室でダッカールと呼びます。和装のスタイリングで使うクリップもダッカールです。美容室では、クリップをダッカールと言います。

美容室以外でもスタイリングする時に便利なので一般的に使われるようになりました。髪飾りとしておしゃれなデザインに変えて普段使いとして使われるようになったダッカールです。

髪留めのバレッタの種類と名前

髪留めのバレッタの種類は7種類です。バレッタの名前は、バレッタに付いているリボンや花などありますが、バレッタの前にリボンがついたバレッタは、リボンバレッタ、花がついたバレッタは、フラワーバレッタとバレッタで統一されています。

メタリックなバレッタはメタルバレッタ、つけ毛とネットのついたバレッタをつけ毛ネットバレッタその他に、アンティーク調バレッタ、ラインストーンバレッタ、パールバレッタと7種類ありました。髪留めの中でもバレッタが良く使われています。髪に引っかかりにくいバレッターもあります。人気のあるバレッタは、パールやラメが入ったバレッタや三角形のバレッタです。

髪留めのゴムの種類と名前

髪留めゴムの名前は、意外と知られていません。髪留めのゴムの種類と名前。普通のゴムと髪が絡まないゴム、アクセサリー付きゴム、パイルゴム、シュシュ、ヘアーカフス、ツインビーズ、リングヘアゴム種類は、約8種類あります。

ヘアカフスは、ゴムで髪を結んで結び目のゴムをカフスで隠せるヘアゴムです。ビーズアクセサリーがついたゴムの名前は、ツインビーズです。リングヘアゴムは、リングにゴムがついていて、ヘアカフスと同じくリングをはめて、束ねた髪のゴムを隠せます。2つのゴムにリボンなど飾りのついたゴムは、2つ結んで飾りは、ゴム隠しにします。

髪留めのかんざしの種類と名前

髪留めの種類と名前・名称|ピン/ゴム/コーム/クリップ/バレッタ

髪留めのかんざしの種類と名前をご紹介します。耳かきだけの簪の名前を吉丁(よしちょう)、薄くたいらな円状の飾りで1.2本足がついたかんざしの名前を平内かんざし、耳かきに玉がついたかんざしの名前は、玉かんざしです。

芸者さんが前座の時に挿しているゆらゆらと揺れるかんざしの名前は、ちりかん、江戸時代、独身女性が挿していたかんざしの名前をびらびらかんざし、七五三で使うかんざしの名前をつまみかんざし、銀製やプラチナ製の台に翡翠、珊瑚、蝶、孔雀、花など細かい細工が施されたかんざしをかのこどめ、シルクの花びらで作った丸い形の飾りが付いたかんざしを位置どめ、と色々な種類のかんざしがあります。

アレンジで使う髪留め

髪留めの種類と名前・名称|ピン/ゴム/コーム/クリップ/バレッタ

アレンジによって使う髪留めは、どれが最適なのかまとめてみると、どのアレンジもヘアゴムは基本使います。ゴム隠しに髪留めを使う事が多いです。ハーフアップに良く使われている髪留めは、バレッタやクリップ。おだんごヘアをシニヨンと呼んだり、最近は、バンと呼んだりします。

丸くまとめたスタイルに使う髪留めは、クリップやリボン、バンダナで巻いたりと色々な髪留めが使われています。かんざしは、皆さんご存知の通り、和装の時のアレンジで使います。リボンを使ったり、コームやUピンを使う事も多いです。

ショートのアレンジでよく使われているのは、クリップ、細長いバレッタやピンを使います。まとめ髪にカチューシャを使うアレンジもありますね。髪の長さが足りない時に、2種類の髪留めを使ったりします。

バラエティ豊富な髪留め

髪留めの種類もバラエティ豊富です。エレガントな髪留めも、可愛い髪留めもあり、服装や場所に合わせたい髪留めがいっぱいあります。カジュアルに、フォーマルな服に、和装にも髪留めを使い分け可能で、髪留めひとつあるとおしゃれに見えて印象も変わります。

編み込みやシニヨン、一つに結ぶ時の髪留めと髪のアレンジで髪留めの種類を選べます。ベリーショートでも使える種類もあるので、髪のおしゃれが楽しめます。朝の忙しい時、髪のスタイリングがきまらない時のお助け必須アイテムです。

関連記事

Related