Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】男性のオフィスカジュアル|春/夏/秋/冬

Author nopic iconkurai
ビジネスファッション / 2017年10月20日
【季節別】男性のオフィスカジュアル|春/夏/秋/冬

できるビジネスマンの基本、男性のオフィルカジュアルとは?

「オフィスカジュアル」という言葉を聞いたことがありますか。社会人になった方は聞いたことがあるという方も多いでしょう。「オフィスではスーツを着るもの」という風潮が少しずつ変わってきており、会社や職業によっては「オフィスカジュアル」で出社し、仕事をしてもいいという会社も最近は増えてきました。

しかし就職前の学生や仕事柄によっては、オフィスカジュアルのことをよく知らないという方もいるでしょう。この記事では「男性のオフィスカジュアル」についてお話ししていきます。この記事を読めば、男性のオフィスカジュアルとは何か、男性のオフィスカジュアルではなにをすればいいのかということについての知識が深まることでしょう。

男性のビジネスマンの方は、この記事を読んであなたがオフィスカジュアルのファッションをするときの参考にしてみてください。ではさっそくオフィスカジュアルの定義についてみていきましょう。

オフィスカジュアルとは

男性のオフィスファッションといえば、基本的にはシャツを着てジャケットを羽織るスーツスタイルが主流です。最近はクールビズが主流になってきており、夏にはネクタイをしないオフィスも増えてきました。しかし男性のオフィスカジュアルとは、その基本のスーツスタイルの概念を打ち破り、オフィスでカジュアルなファッションをするという考え方です。

オフィスカジュアルの基本

「オフィスカジュアル」といわれても、どのようなカジュアルなファッションをすればいいのでしょうか。男性のオフィスカジュアルの基本は、スーツのようにセットアップで同じものを合わせたスタイルではなく、セットアップでも色や素材などが異なるものを合わせたカジュアルなオフィスファッションということです。

しかしいくらオフィスカジュアルが許可されているからといって、他の好きな服を好きなように着ていいというわけではありません。あまりにもカジュアルすぎるファッションだと、会社の風紀を乱してしまったり、業務上での問題や、取引先との信頼関係に影響を及ぼしてしまう可能性があるので注意しましょう。男性のオフィスカジュアルについて後程またみていきます。

男性のオフィスカジュアルのメリットとは

さて、ここまででオフィスカジュアルが何なのかということや、最近はオフィスカジュアルでも大丈夫という会社が増えてきているということが分かります。特に、最近になってよく聞く男性のオフィスカジュアルですが、なぜスーツではなくオフィスカジュアルにするのでしょうか。ここでは男性のオフィスカジュアルのメリットについて考察していきます。

メリット①:リラックスして仕事ができる

男性のオフィスカジュアルの第一のメリットとしては、スーツを着る必要がないのでリラックスした気持ちで仕事をすることができるということです。人によっては、毎日スーツを着るのは大変だと感じたり、堅苦しくて気持ちが落ち着かないという男性もいることでしょう。そのような男性は、その堅苦しさから解放されたら、仕事がしやすくなる可能性もあります。

毎日スーツを着る必要がないので、スーツの堅苦しさから解放されて、リラックスしながらっ仕事をすることができるようになります。スーツのしわやクリーニングのことについても考える必要もなくなります。社会人歴が数年経ち、社会人になりたての男性よりも、毎回シャツをクリーニングに出していたら時間やお金がもったいないと感じるでしょう。

そのような、スーツを着ることで生まれる堅苦しさや、スーツの弊害から解放されて、リラックスしながら仕事ができるという点が、男性のオフィスカジュアルのメリットの一つです。他にもオフィスカジュアルのメリットがいくつかあります。

メリット②:熱さや寒さに対応しやすくなる

男性のオフィスカジュアルの2つ目のメリットとして、熱さや寒さなどの気温の変化に対応しやすいという点があげられます。スーツは基本一種類の形だけですが、時運の好きなオフィスカジュアルで出社できるのであれば、毎日の天気や気温に応じて服装を変えることも可能です。

最近はいろいろな会社で浸透しているクールビズですが、やはりクールビズでも暑くて汗をかいてしまうという男性はたくさんいることでしょう。しかし、好きなオフィスカジュアルであれば、暑いと感じるならポロシャツや薄手のシャツだけで仕事をすることができます。反対に寒いと感じれば、ニットを着て重ね着をしたり、アウターを着たりして防寒することも可能です。

これが男性のオフィスカジュアルならではの着こなし方です。温度に合わせた快適なオフィスファッションを楽しむことができるのも、メリットの一つといえるでしょう。

メリット③:会社でもおしゃれを楽しむことができる

スーツは学校の制服や仕事のユニフォームみたいなもので、退屈なファッションと考える男性もいるでしょう。男性のオフィスカジュアルのメリットとしては、会社でもおしゃれなファッションを楽しむことができるという点があげれます。

スーツでは「周りの人たちと同じ」、「毎日同じものを着なければならない」などおしゃれを楽しみたい男性にとってはかなり退屈なものでしょう。しかしオフィスカジュアルは、仕事に合った好きなファッションで仕事をすることができるので、あなたの好きなファッションを着たり、個性を表現することも可能になります。

会社でも好きなファッションが楽しめるからといって、あまりにも場違いなものはふさわしくありません。しかしその中でもファッション自由の範囲が増えることで、会社でも楽しく仕事ができるということが、男性のオフィスカジュアルのメリットの一つともいえるでしょう。

メリット④:先進的な企業のイメージがつきやすくなる

基本的にはオフィスではスーツで仕事をするということが、日本社会の中では一番浸透している考え方でしょう。しかし、海外の最先端の会社や、日本でも先進的なビジネスをしている企業は、オフィスカジュアルを推奨しているところがたくさんあります。

そのような会社のように、先進的なビジネスを起こしたり、「それらの社風を真似て成長しよう」という企業理念のある会社だという印象が付きやすくなるでしょう。とくに有名なのが、GoogleやFacebookなどのIT系の企業はオフィスカジュアルを推進しています。これらの会社は常に時代の最先端をリードしている会社です。

つまり、優良企業が積極的にオフィスカジュアル取り入れている事が大事になります。勤務先の会社もオフィスカジュアルを推進することで、堅苦しくなく時代遅れではない会社だという印象を与えることができるでしょう。

メリット⑤:社員同士の会話のきっかけになる

オフィスカジュアルにすることで、社員同士の会話のきっかけを作ることも可能になります。スーツで仕事をすれば、その服装が当たりまえなので、わざわざファッションについての会話をすることは少ないでしょう。しかしオフィスカジュアルを取り入れれば、その社員ごとの個性や好みを知ることができます。

センスのあるオフィスカジュアルをしている男性がいれば、どこで服を買っているのか知りたくなるでしょう。あなたと似た好みのオフィスカジュアルをしている男性がいれば、その人と仲良くなるきっかけを作れるでしょう。もちろんこれは仕事上でのコミュニケーションが円滑に進むツールとして役立ち、プライベートでも仲良くなれるという可能性もあるでしょう。

女性社員の方ともファッションの話から始まり、コミュニケーションが円滑に進むことも考えられます。ファッションがきっかけで社内でのコミュニケーションが円滑になれば、仕事上でもお互いに相談しやすくなり、仕事の能率が上がることも考えられます。このように社員同士のコミュニケーションのツールとしても、男性のオフィスカジュアルは役に立ちます。

男性のオフィスカジュアルのデメリットとは

上では、男性がオフィスカジュアルをすることによって得られるメリットについて述べてきました。ここでは反対に、男性のオフィスカジュアルで生まれてしまうデメリットについて考察していきます。上記で述べたメリットと比べてみて、オフィスカジュアルについて賛成か反対か考えてみましょう。

デメリット①:スーツで仕事をするという緊張感がなくなる

スーツを着ることで、気持ちがピシッとするという男性が多くなって来ています。毎日朝起きて出社の準備をする中で、シャツを着た時から仕事モードに切り替わることができるという話をよく耳にします。

確かに毎日スーツを着ることは、堅苦しいと感じたり面倒だと思う男性も多いでしょう。しかし気持ちがピシッとなれば、仕事に対する緊張感が生まれます。仕事に対する緊張感が生まれると、ダラダラ仕事をすることがなくなったり、仕事上でのミスが少なくなったりするということも考えられるでしょう。

反対にオフィスカジュアルを取り入れれば、確かに気持ちはリラックスして仕事ができますが、仕事に対する緊張感が生まれづらくなったり、社員同士がカジュアルになりすぎて馴れ合いの関係になってしまうことも考えられます。スーツ特有の堅苦しさが、意外にも仕事上ではいい効果をもたらすことがあるという点が、男性のオフィスカジュアルのデメリットでしょう。

デメリット②:毎日服を選ぶのが面倒になる

スーツで仕事をするのであれば、毎日同じスタイルで出社して仕事をするということになります。しかしオフィスカジュアルを取り入れるのであれば、毎朝着ていく服を選ばなければならなくなります。人によってはなかなかいいコーディネートが浮かばず、服を選ぶだけでも少し時間を費やしてしまうという状況も考えられるでしょう。

スーツであれば毎日着るものが決まっているので、毎朝服のコーディネートで悩む必要がなくなります。悩む必要がなくなるということは、服選びにストレスを感じる必要がなくなるという事と、服選びの時間をセーブすることができるという事がいえるでしょう。

仕事上でも、「今日は会議があるからこのファッションで行こう」、「今日は外で仕事をするからこっちのほうがいいかも」などと悩む必要がなくなります。これらのことで悩むのが嫌だったり、時間の無駄だという男性にとっては、男性のオフィスカジュアルを導入することはデメリットであるといえるでしょう。

デメリット③:私服にお金がかかってしまう

男性のスーツは基本てきにコーディネートを合わせやすいファッションといえるでしょう。基本的な着るものが決まっているからです。ジャケット、ワイシャツ、パンツなどがそれにあたりますが、基本的に同じような形のものが多いので合わせやすく着回しが利きやすいでしょう。

しかしオフィスカジュアルにしてしますと、服によってはトップスとボトムスで色や形が合わない事があります。それに合わせるためにいろいろな服を買ってしまい、出費がかかってしまうという事が考えられます。

スーツスタイルであれば、セットでそろえれば十分なものを、オフィスカジュアルを導入することで、その自由さからファッションに対する出費が増えたり、コーディネートのための服の買い足しで余計にお金がかかってしまうことが考えられます。新入社員や社会人歴が短い男性にとっては大きな出費になることも考えられますので、その点がデメリットでしょう。

デメリット④:服のセンスが問われることがある

男性のスーツは制服やユニフォームと同じで、基本同じような形をしています。なのでスーツを着ることで、社員や顧客との間にも統一性が生を生むことができます。統一性があるものに対して、わざわざ批評をする人は少ないでしょう。しかしオフィスカジュアルを導入するで事で、個人間でのファッションの差が生まれてしまいます。

おしゃれでかっこよく、仕事に合うようなファッションをすることができる男性は、そうでない男性よりもいい印象を受けることができるでしょう。反対にファッションセンスを問われるようなファッションや、仕事でのファッションのボーダーラインが分かっていない服装は、ファッションに対してセンスがある人と、仕事以外での部分で差がつく可能性も考えられます。

仕事をしている以上、正当に評価されるのが正しいことですが、ファッションでの印象が影響して、正当な評価をしてもらえないのは遺憾なこと言えます。すべての方に当てはまることだとは言えませんが、ファッションでのランダム性が生まれる以上、他人からの評価にもそのランダム性が影響することが、男性のオフィスカジュアルのデメリットといえるでしょう。

デメリット⑤:仕事上で支障が出る可能性がある

社内ではオフィスカジュアルが承認されたとしましょう。すべての社員がオフィスカジュアルで仕事をすることができ、それが会社のスタンダードになります。しかし会社によっては、まだまだスーツが「信頼」や「社会人としてのマナー」だと考えているところもたくさんあるでしょう。

そのような会社が取引先になってしまえば、スーツを着て仕事をしていてはおこりえない問題が発生する可能性があります。仕事の関係者だけではなく顧客からのイメージも、スーツを着ているのとは違った印象を持たれることが考えられます。それがマイナスな印象になるのであれば、ファッションだけでその様なネガティブな印象を抱かれるのはもったいないことです。

確かに、時代の最先端を行く会社には、男性のオフィスカジュアルを積極的に推進している会社がたくさんあります。しかしすべての会社がそれらの様な最先端をリードするような会社ではありません。まだまだ保守的な考えを持った経営者のいる会社や顧客がいることは十分に考えられます。

このようなネガティブな印象を持たれてしまうという事が、男性のオフィスカジュアルのデメリットの一つという事があげられるでしょう。次にオフィスカジュアルで気をつけるべき事柄も考えていきます。

オフィスカジュアルで気を付けるべきポイントとは?

さてこれまでに男性のオフィスカジュアルによって生まれるメリットやデメリットについてお話ししてきました。確かにメリットやデメリットはあるのですが、これからもオフィスカジュアルを推進する会社は増えていくでしょう。

もしあなたの会社がオフィスカジュアルを導入してきた際には、男性のオフィスカジュアルの気を付けなければいけない点を知っておかなければなりません。ここでは男性がオフィスカジュアルをする際に、気を付けなければならない点についてお話ししていきます。

男性のオフィスカジュアル注意点①:汚れていたり、シワがついているのはNG

これは男性のスーツでも同じことが言えますが、着ている服が汚れて居たり、しわになっているようなオフィスカジュアルは職場にふさわしいとは言えないでしょう。汚れているだけで清潔感のない不潔な印象になり、それは周りの人にも影響を与えます。オフィスカジュアルだとしても、きれいなシャツやジャケットやパンツを着るというスタイルが好ましいです。

例えば汚れがついていたり、しわが多いオフィスカジュアルをしている男性は、キチンの身の回りの整理整頓ができていないとか、自己管理ができていないという印象を持たれてしまうことも考えられます。これは、社内でのコミュニケーションにも影響を及ぼしますし、取引先や顧客の方からは信頼されづらくなってしまう原因にもなるからです。

男性のオフィスカジュアル注意点②:派手な色や柄、全身を黒で統一はNG

男性のオフィスカジュアルでは、派手すぎる色や柄の服を着たり、全身を黒で統一したようなファッションをするのは好ましくありません。仕事上ではスーツを着ていたり、落ち着いた色で悪目立ちしないオフィスカジュアルをしている男性がほとんどです。

あなただけが派手な色や柄のオフィスカジュアルで仕事をしていると、社内で悪目立ちしてしまいますし、他の人の気が散ってしまう可能性も考えられます。ほかにもファッションセンスに対する疑問から、仕事上でもきちんと仕事をすることができるのかどうかという疑問を持たれてしまうという事も考えられます。

全身を黒で統一したオフィスカジュアルも好ましくありません。男性が全身を黒で統一すると、冠婚葬祭のイメージが強くなってしまったり、威圧感が強くなってしまって雰囲気がよくなくなってしまうことが考えられます。スーツでもオフィスファッションでも、男性はファッション黒色で統一することは避けたほうがいいでしょう。

これらの理由から、派手な色や柄のオフィスカジュアルをしたり、全身を黒で統一したようなオフィスカジュアルは、仕事上は避けるようにしましょう。あなたの個性を出すよりも周りの雰囲気に合わせて落ち着いた黒がベストです。

男性のオフィスカジュアル注意点③:TシャツのみはNG

Tシャツのみというオフィスカジュアルはあまり好ましくありません。男性のオフィスカジュアルでは、なるべくワイシャツやポロシャツなどの襟つきのトップスを着るのが好ましいでしょう。

理由としては、カジュアルになりすぎるという事が言えるでしょう。男性のオフィスカジュアルが普及しているとはいえ、ビジネスシーンではスーツが基本的なファッションです。スーツなどのオフィシャルのビジネスファッションは、基本的にはジャケットの内側に襟付きのものを着るのが基本です。

オフィスカジュアルで仕事にふさわしいレベルのファッションをすることは許容されますが、度が過ぎたカジュアルファッションはそれだけで仕事上の信頼を得ることができなくなったり、基本ができていないと思われてきちんと話を聞いてもらえない可能性も出てくるでしょう。

基本的には襟付きのシャツを着るようにしましょう。もちろんポロシャツは襟がついているのでオフィスカジュアルとしては問題ありません。

男性のオフィスカジュアル注意点④:ショーツやサンダルはNG

これは一般常識で理解できる事柄ですが、ショーツやサンダルは男性のオフィスファッションには不向きです。ショーツやサンダルはふぁっトンとしてはカジュアルになりすぎてしまいますし、仕事というよりもプライベートのファッションとして一般的には認知されています。

このようなショーツやサンダルをオフィスカジュアルとして着てくるという事は、仕事上で取引先や顧客との間の信頼関係にも影響を与えてしまいますし、相手に不快に思われたり失礼だととらえられてしまうことも十分に考えられるでしょう。

ショーツやサンダルではプライベートでのファッションの印象が強すぎて、リラックスしすぎた印象を与えてしまったり、職場に遊びに来ているような印象を与えてしまうことにもなりかねません。ショーツやサンダルはプライベートでの使用だけにとどめて、オフィスカジュアルでの使用は避けるようにしましょう。

男性のオフィスカジュアル注意点⑤:ダメージ加工されているものはNG

ダメージ加工のされているファッションも男性のオフィスカジュアルとしては好ましくありません。これは上で述べたショーツやサンダルと同じ理由で、カジュアルになりすぎてしまうという事があげられるでしょう。カジュアルになりすぎてしまうのに付け加えて、ダメージ加工が原因で不潔な引用を持たれてしまう可能性も十分考えられます。

プライベートでのダメージ加工のあるファッションは、かっこよかったり、おしゃれなアイテムの一つとして認知されていますが、すべての方がダメージ加工のファッションを好んでいるわけではありません。不潔に見えてしまうという理由で、普段着だとしても着ないという男性もいるでしょう。

オフィスでのファッションでは、スーツや落ち着いたオフィスカジュアルを着ている男性がほとんどですのでなおさらダメージ加工のされたファッションは不潔な印象を持たれる原因ともなりえます。取引先や顧客や社内での信頼関係に影響を与えてしまう可能性のあるダメージ加工のあるファッションは男性のオフィスカジュアルとしては不向きだといえるでしょう。

男性の季節別オフィスカジュアル

上では男性のオフィスファッションで気を付けなければいけない点について述べてきました。上記で述べた5つをクリアすれば何を着てもいいというわけではありませんが、ある程度のファッションであれば上記のルールを満たせば男性のオフィスカジュアルとしてはパスすることができるでしょう。

ここではそれらの基本を知ったうえで、シーズンごとにどのようなオフィスカジュアルが男性に好ましいのか見ていきます。季節感や温度などを考慮したオフィスカジュアルをすることで、より快適に、よりスムーズなビジネスの手助けになることも考えられます。

春編

春らしさを演出するための男性のオフィスカジュアルにおすすめなのが、パステルカラーのシャツです。例えば、淡いピンク、ブルー、イエロー、グリーンなどのシャツを着ることで、春らしいさわやかな印象を与えることが可能になるでしょう。明るい色なので、気持ちも明るくなり周りにも清潔感のある印象を与えることもできるでしょう。

パステルカラーのシャツにはベージュのチノパンがよく会います。チノパンが1本あるだけでそれらのパステルカラーのシャツすべてに合わせることができるので着回しも簡単でしょう。柔らかい印象や優しい印象を与えることもできるので、仕事上でのコミュニケーションもスムーズにすることができるでしょう。

春は「ネイビーカラーのジャケット」とも相性抜群

春はまだまだ肌寒い季節なので、ジャケットも羽織りたいです。ネイビー色のジャケットを一つ持っていれば、上で述べたパステルカラーのシャツすべてに合いますので着回しが簡単ですし、おしゃれな印象を与えることが可能です。

他にもシャツにベストを合わせたりして柔和な印象を与えることができたりと、春の男性のオフィスカジュアルはいろいろなファッションを楽しむことができます。あなたの個性を最大限に活かせる季節です。

夏編

夏の時期は暑さや湿気でなんとなく気持ちや体力も低下しがちです。そのような時には涼し気なさわやかなオフィスカジュアルにするように心がければ、夏を快適に過ごせますし、周りの人たちからも好印象を得ることができるでしょう。

夏のおすすめは「白色のボトムス」と「ポロシャツ」

夏の男のオフィスカジュアルでおすすめのアイテムは、白色のボトムスです。白色のボトムスは夏の時期でもさわやかな印象を残すことができます。白色のボトムスに合わせるトップスは、ネイビーなどのブルー系の色がさわやかで合わせやすいのでお勧めです。ボトムスの丈は、くるぶしが見えるくらいの短さのものにするとよりさわやかな印象を与える事ができます。

他にもポロシャツは夏の時期にはぴったりな男のオフィスカジュアルのアイテムです。半袖ですが、ポロシャツの上品さがビジネスにはぴったりで、さわやかさと誠実さを表すことができるでしょう。このポロシャツはベージュのチノパンに合わせるか、先ほどの白色のボトムスに合わせてもおしゃれでさわやかな感じに仕上げることができます。

秋編

秋は少しづつ肌寒くなってくる季節です。夏の開放的な雰囲気から、少し落ち着いた柔らかい印象のオフィスカジュアルの服を着ると、秋らしくて好印象でしょう。

秋らしいアイテムとカラーでおしゃれを演出

秋の時期におすすめの男性のオフィスカジュアルのアイテムはタートルネックです。少しずつ寒くなる季節ですが、しっかりと寒さから守ってくれますし、タートルネックは上品に見せることができるのでビジネスシーンでも活躍してくれるオフィスカジュアルのアイテムといえます。

取り入れやすい色は黒色やグレーなどが落ち着いた印象を与えてくれて、着回しが利きやすいアイテムだといえます。ほかにも秋らしいワインレッド系の色も上品で秋にはぴったりです。

もう一つおすすめのアイテムはチェックシャツです。チェックシャツの色を黒色やネイビーなどの色にしてジャケット合わせると、一気に秋らしい雰囲気が出てきます。清潔感もありますのでビジネスシーンにはぴったりの男性のオフィスカジュアルのアイテムでしょう。

冬編

冬は寒さが本格的になってきますので、オフィスでも寒さからしっかり守ってくれるような男性のオフィスカジュアルを心がけましょう。例えば、冬の男性のオフィスカジュアルにおすすめのアイテムはニットでしょう。

暖かく寒さを防ぐのにもぴったりですし、ニットが持つ柔らかな雰囲気が柔和な印象を与えてくれます。このニットの下にシャツを着たり、さらに上にジャケットを羽織るのが定番の着こなしで、おしゃれで仕事もきちんとできる雰囲気を演出してくれます。

冬にはアウターも楽しめる

もう一つ冬の男性のオフィスカジュアルに重要なアイテムがアウターでしょう。アウターは基本婚冬の季節しか着ることがないので、男性のオフィスカジュアルでも取り入れて、冬らしいファッションを楽しみましょう。オフィスカジュアルが取り入れられている場合は、アウターはスーツ用のものでなくても大丈夫という事が多い傾向です。

コートにもいろいろあり、トレンチコート、ダッフルコート、レインコート、ステンカラーコートなどがあげられます。その日のオフィスカジュアルファッションや天候やあなたの好みで選んで、冬のオフィスでもファッションを楽しみましょう。

男性のオフィスカジュアルの靴

「靴を見ればその人がどんな人かわかる」という言葉がありますが、男性のオフィスカジュアルでも同じように靴は重要なアイテムになります。基本的には派手になりすぎない革靴化スニーカーが好ましいでしょう。

派手な色や柄では足元が悪目立ちしてしまいます。せっかくおしゃれなオフィスカジュアルに身を包んでいても、足元がしっかりと決まらなかったら雰囲気を台なしにしてしまうので注意してください。

基本は革靴かシンプルなスニーカー

男性のオフィスカジュアルでは、茶色や黒、グレーなどの落ち着いた色の靴を選ぶのが無難でしょう。靴についているアクセサリーも派手になりすぎないようにしましょう。ある程度シンプルできれいな革靴を履いていれば、ファッションが少しカジュアルでもきりっとして見えます。

スニーカーも男性のオフィスカジュアルではよく使われるアイテムです。こちらも革靴と同じように、茶、黒、グレー、白などのシンプルで落ち着いた色のものを使うように心がけましょう。

靴は常に磨いてきれいにしておこう

靴は常に磨いてきれいにしておくことを心がけましょう。「靴がきれいだろうが汚かろうが、仕事には関係ない」という方がいますが、それはどうでしょうか。実際に個人の仕事に対する能力とは関係ないと言われがちです。

そのような細かい部分にも気を遣うことができるという点や、一般的に「靴がきれいな人は仕事もできる」という概念が存在している以上、汚いままでいるのは無駄にあなたの評価を下げてしまう可能性もあります。靴は常にきれいにすることを心がけるようにすることで、男性のオフィスカジュアルでの着こなしや、周囲からの評価もぐっと上がるでしょう。

女性にモテる男性のオフィスカジュアルのポイントとは

今までは男性のオフィスカジュアルの基本的な部分についてお話ししてきました。ここでは女性から好評で、男性的な魅力を増してくれるオフィスカジュアルについてみていきます。仕事ができる男性はモテます。仕事がきちんとできる男性のオフィスカジュアルの着こなしを参考にして、女性にモテるようになるポイントを紹介します。

女性にモテる男性のオフィスカジュアル①:清潔感がある

女性にモテる男性のオフィスカジュアルの基本は、まず第一に清潔感がなければならないという事です。女性のとって清潔感とはとても重要視されるポイントです。清潔感のある男性は女性から好印象を受けることができますし、仕事上でも見た目で周囲の人を不快にさせることがありません。

清潔感を出すには、しわや汚れのないオフィスカジュアルをするようにしましょう。しわや汚れが目立つと不潔な印象ですし、しっかりと自己管理ができていないようにとらえられてしまう可能性があります。

そして髪型や髭などにも気を付けるようにしましょう。せっかくしわや汚れのない男性のオフィスカジュアルに身を包んでも、中途半端な髪の長さ、ぼさぼさのままの髪型、髭が生えっぱなしだったりすればファッションが台なしになってしまいます。社会人としての基本ですので、まずきれいな服装をして、身なりもキレイに整えるようにしましょう。

サイズ感も清潔感に関係している

着る服のサイズ感も清潔感には関係します。いくらきれいなオフィスカジュアルをしている男性でも、だぼだぼのシャツやボトムスを履いているとだらしない印象や不潔な印象を抱かれます。あなたの体形に合った物で、なるべくスリムに見えるオフィスカジュアルを心がけるようにしましょう。すっきりといたスリムなシルエットは、清潔感のある印象を与えてくれます。

女性にモテる男性のオフィスカジュアル②:自分に似合っている

男性のオフィスカジュアルで女性からモテるためには、まずきている服がその人に似合っていなければなりません。あまり本人に似合っていないものを着ても、周りには違和感を感じたり、頑張りすぎている印象を与えてしまう可能性があります。

あなたの雰囲気や体型から考えて、シルエットに似合うファッションに身を包むことで、おしゃれさが増して女性からの印象もよくなるでしょう。まずはどのようなタイプて、どのような色や形が似合うのかなどを研究してみるといいでしょう。

女性にモテる男性のオフィスカジュアル③:少し遊び心を取り入れている

モテる男性のオフィスカジュアルでは、硬くなり過ぎず遊び心を取り入れたファッションだと、女性からも印象がよくモテる子につながるでしょう。きれいで清潔感があることは当たり前ですが、完璧すぎるコーディネートや色遣いは、時に相手を緊張させたり、逆に硬い印象を与えてしまうこともあります。

そこで一つはずしのアイテムを入れることで、頑張りすぎないこなれた雰囲気を演出することができます。女性からも硬い印象の男性より、遊び心を忘れない余裕のある男性のほうがモテます。

はずしのポイントとは

はずしのアイテムとしては、靴下の色やインナーなどのあまり目立たない部分に取り入れましょう。はずしが主役になってしまうとただのセンスのない男性に成り下がってしまうので注意しましょう。

靴を外しアイテムにするのはやめましょう。靴はファッションの基本ですし、靴がしっかりしていると全体的なコーディネートもまとまりやすくなります。反対に靴ではずしを入れれば、全体的に野暮ったい感じになってしまいますので注意しましょう。

女性にモテる男性のオフィスカジュアル④:ワイシャツをうまく着こなす

男性としての魅力を十分に発揮してくれるアイテムといえばワイシャツでしょう。例えば、「ワイシャツならスーツと変わらないのでは」という男性もいるでしょうが、女性はワイシャツ姿の男性に色気を感じることも多いです。

この問いのポイントはあなたのサイズに合ったスリムなワイシャツを選ぶことと、筋肉を鍛えてワイシャツをうまく着こなすことです。スリムなワイシャツはスマートな印象鵜やしっかりとした印象を与えてくれるので、男性のたくましさや頼りがいがある印象を与えてくれます。

筋肉を鍛えるとワイシャツがより男性的な魅力を増してくれます。スリムなワイシャツを着るという事は、あなたの体のラインが見えやすく成るとい事でもあります。この時におなかが出ていたり、細すぎる腕などが目立ってしまうとかえって男性的な魅力を消してしまいます。

スリムなワイシャツをうまく着こなすためにも筋肉を鍛えて、男性的な色気のあるオフィスファッションをすれば、女性からの人気もぐっと上がるでしょう。もちろん同僚の男性たちからの評価も高くなります。

男性のオフィスカジュアルのおすすめアイテム

ここでは男性のオフィスカジュアルにおすすめなアイテムを見ていきます。これらは男性のオフィスカジュアルの基本アイテムだったり、応用の効くアイテムですので、あなたのオフィスカジュアに取り入れる際の参考にしてみてください。

オフィスカジュアルおすすめアイテム①:ジャケット

ジャケットはどのビジネスシーンでも、どのの季節でも使える万能アイテムです。ジャケットを羽織るだけで仕事の雰囲気が出ますし、温度の変化にも簡単に対応することができます。もしオフィスカジュアルでジャケットを買う機会があれば、ネイビーのジャケットはマストアイテムになるので買っておいて損はないでしょう。

またネイビーはスーツでもそうですが、ビジネスでの王道のカラーです。しかも基本的にどんな色にも合わせやすい色の王様です。先ほどの色のパステルカラーのシャツでも合わせることができますし、モノトーンのものにも問題なくマッチします。

雰囲気もきりっとしますし、ほぼすべてのシーンに使えるといっても過言ではないんでしょう。持っておくととても重宝するアイテムの一つといえます。

オフィスカジュアルおすすめアイテム②:ポロシャツ

ポロシャツは夏のシーズンにはとても重宝するアイテムです。夏は取捨するだけで汗をかいてしまう人も多いのではないでしょうか。会社に浮く前に汗をたくさん書いてしまい、仕事中もべたべたが深いですし、その汗のにおいも気になるところです。しかしポロシャツならばシャツに比べて通気性がよく心地いいので、夏でも快適に仕事をすることが可能になります。

ポロシャツは半袖でありながら、その上品さでも群を抜いています。実際に英国の貴族スポーツであるポロ競技でのユニフォームがその起源ですので、その上品さにも納得ができます。きれいなイメージがあるので、オフィスカジュアルでも活躍するでしょう。

さらにポロシャツの生地は、基本鹿の子網という方法で製造されています。この鹿の子網は優れた通気性や、その通気性の良さから汗も蒸発しやすく匂いも発生しづらいという点が特徴です。それらの理由から、夏の男性にとては、オフィスカジュアルのマストアイテムだといえるでしょう。

オフィスカジュアルおすすめアイテム③:ワイシャツ

ワイシャツはオフィスカジュアルのマストアイテムです。ワイシャツがあるだけですべてのオフィスカジュアルに応用することができるようになります。柄や色は派手すぎないものにしましょう。パステルカラーは柔らかい印象を与えて売れるのでとても重宝します。チェックシャツ系ではギンガムチェックのシャツはオフィスにもマッチしてぴったりです。

それに付け加えて、先ほども述べたとおりワイシャツは女性からの評価が高いアイテムです。女性からの評価が高いと男性としてもうれしいですし、仕事に対するやる気も出てきます。

オフィスカジュアルおすすめアイテム④:スマートウォッチ

アナログな時計をつけている人もいますが、最近ではスマートウォッチも人気のビジネスウォッチとして浸透してきています。時計としての機能だけではなく、ビジネスの手助けをしてくれる機能もしっかりと含まれています。

外にいてもスマホを開かずにブルートゥース機能で電話ができたり、メールの確認をすることができます。煩わしい作業がなくなるのでスマートな振る舞いができるようになります。

付け加えて日頃の体調管理のためにもスマートウォッチは役立ちます。スマートウォッチには心配計測機能やトレーニングサポートの機能も付いていますので、忙しい中でも効率よくトレーニングをする手助けをしてくれます。できるビジネスマンはおしゃれだけでなく健康にも気を付けているので、スマートウォッチが活躍するでしょう。

さらに、はずしのアイテムとしても十分に使える効果があります。こなれた感じを出したいときにもぴったりおアイテムといえるでしょう。

オフィスカジュアルおすすめアイテム⑤:バッグ

オフィスカジュアルにはバックへのこだわりも取り入れたいです。普通のビジネスバックでも問題はないのですが、時にはバックパックを使ってアクティブさを演出してみてはどうでしょうか。

ビジネスシーンでも使えるバックパックは、アクティブで健康的な印象を与えてくれるアイテムです。ビジネスシーンで使えるバックパックもあるので、問題なく使っていただけるでしょう。もちろんその機能の良さやや機動性も優れているので、形だけではなくビジネスシーンでもしっかりと活躍してくれます。

男性のオフィスカジュアルにおすすめのブランド

今まで男性のオフィスカジュアルについてお話ししてきましたが、ここではそのオフィスカジュアルアイテムをどこで買えばいいのかという事についてみていきます。オフィスカジュアルにおすすめのブランドを紹介するので洋服を購入の際には覗いてみるのもいいです。

もちろんあなただけの視点からブランドの洋服を選ぶだけでなく、店員さんや周りの友人にアドバイスをもらい合っているのか確かめましょう。洋服選びのコツや着方を教えてくれます。

おすすめブランド①:ユニクロ

オフィスカジュアルの王道といえばユニクロでしょう。基本的にオフィスカジュアルで必要なアイテムをすべてユニクロでもそろえることも可能です。シーズンごとにその時期に合ったアイテムが出るので気軽にチェックしてみるのもいいでしょう。

ユニクロの特徴としては、そのコストパフォーマンスの良さでしょう。低価格で高品質がユニクロの売りですので、ほとんどのアイテムが安っぽく見えすぎず、ビジネスシーンでも十分に活躍してくれます。

おすすめブランド②:無印良品

無印良品の良さはその高品質なアイテムと、王道のアイテムの多さがあげられるでしょう。基本的なオフィスカジュアルのアイテムは無印良品でそろえることが可能です。

無印良品のアイテムは、無地のものだったり落ち着いたカラーや柄のものが多いという点も特徴の一つでしょう。無地のアイテムはどのオフィスカジュアルにも合わせやすいですし、着回しがしやすいです。落ち着いたカラーや柄のアイテムが多いので、オフィスカジュアルでも問題なく着れます。無地だけではつまらないという方にもぴったりでしょう。

おすすめブランド③:SHIPS

SHIPSは大人の男性のきれいなビジネススタイルや、ビジネスカジュアルスタイルと提供していると定評のある、日本の老舗セレクトショップでありオリジナルブランドの名称でもあります。海外からの良質なインポートアイテムをはじめ、ビジネスアイテムやオリジナルブランドのジャケットやシャツも取り揃えており、オフオフィスカジュアルにもぴったりのブランドです。

値段はユニクロや無印良品よりは高いですが、それらのブランドよりも生地の縫合やシルエットの点で優れており、長い期間使ってもらうことのできるアイテムがそろっています。少しステップアップした大人の男性オフィスカジュアルとして使うことのできるブランドの一つでしょう、

あなたもオフィスカジュアルを試してみては?

いままで男性のオフィスカジュアルについて色々な視点からご紹介してきましたが、オフィスカジュアルについての理解が深まりましたでしょうか。あなたのオフィスカジュアルスタイルの参考となれば幸いです。オフィスカジュアルの基本を学んで仕事上でもおしゃれを楽しみ、仕事のできるかっこいい大人の男性を目指しましょう。