Search

検索したいワードを入力してください

髪の結び方の基本・簡単な結び方|ミディアム/ショート/ロング

Author nopic iconsana
ヘアスタイル / 2017年10月12日
髪の結び方の基本・簡単な結び方|ミディアム/ショート/ロング

髪の結び方の基本

髪の結び方の基本・簡単な結び方|ミディアム/ショート/ロング

どんなにおしゃれな洋服を着ていても、メイクがばっちりでも、髪がぼさぼさだと幻滅してしまいます。忙しい朝でもささっと手軽にヘアアレンジができれば、一日を気持ちよく過ごせます。

手軽にヘアアレンジするための髪の結び方にも基本があるのでしょうか。

大切なのはブラッシング

やはり髪を結ぶ前に大切なのはブラッシングです。髪が絡まっていたり、跳ねている状態では、まとまる髪もまとまりません。パーマをかけていたりと状態によっては、ブラッシングの仕方も変わってきますが、必ずブラッシングを行いましょう。

絡まりやすい人におすすめのブラシ

朝のブラッシングに時間を掛けたくない、髪が細くて絡まりやすく、ブラッシングに時間がかかりすぎるという人におすすめのブラシがタンクルティーザーです。美容師さんにも愛用している人がいるほどのブラシで、不思議と絡まりがほぐれやすく、髪にもツヤが出るブラシです。

ワックスを使う

面倒だから、そのままブラシで髪を梳いたらそのまままとめて髪を結んでしまうという人もいますが、美容室でのヘアセットを思い出してもらうとわかるように、髪を結ぶ時には、ワックスを付けてまとまりやすく、ツヤも出すようにしています。

素人が髪を結ぶ時も、ワックスを使うことで髪もまとまりやすく、様々なヘアアレンジをしやすくなります。ヘアケアアイテムは、正しく使いましょう。

髪の簡単な結び方

髪の結び方の基本・簡単な結び方|ミディアム/ショート/ロング

時間がない忙しい朝でも手軽にヘアセットをしたいと願っているのが女性です。髪の結び方もコツさえ覚えれば、とても簡単にできるものがたくさんあります。

一つ結び

やはりとても簡単でだれでも手軽にできる結び方は、一つ結びです。頭の高い位置で結ぶポニーテールもこの一つ結びです。

手にワックスを馴染ませてから髪を束ねるように結ぶだけという手軽さから、多くの女性が子の結び方をしている姿をよく見かけます。

こなれ感を出す

大人の女性がこの一つ結びという結び方をする場合に気を付けたいのは、キュッときれいに仕上げすぎないことです。きれいに仕上げすぎると、ダンスの発表会のようになってしまいます。

しっかりとゴムで結んだら、必ずトップから少量の毛束をつかみ緩めることを忘れないようにしましょう。襟足も鏡を見ながら過ごしだけ緩めましょう。このこなれ感は、髪にワックス馴染ませているかどうかで仕上がりに大きな違いが出るので、ワックスも忘れないようにつけておきましょう。

髪にカールを付けておく

朝、時間的な余裕のある人でないとなかなかここまではできないかもしれませんが、髪に軽くカールがかかっているほうがセットしやすいだけでなく、自然なこなれ感も出しやすくなります。

美容室で結婚式などのヘアセットをしたことがある方はわかると思いますが、まずヘアアイロンなどで髪をカールさせ、ワックスを付けます。それからその人に合ったヘアスタイルへとスタリングを行います。

ゆるくパーマをかけている人はこの工程を飛ばすこともできますが、こなれ感のあるヘアスタイルを演出するためには、カールを付けておくととてもセットしやすくなります。

メンズにおすすめの髪の結び方

メンズにおすすめの髪の結び方は、やはり一つ結びです。もちろん髪の長さによっても結び方は変わってきますが、一般的にちょっぴりロングで髪を結ぶ時は、キュッとひとつに束ねるくらいのほうが男らしくかっこいいです。

髪の長さ別の結び方

ミディアム

ミディアムは思いのほか様々な結び方を楽しむことができます。ハーフアップや編み込みはもちろん、くるりんぱを楽しむことができるのもミディアムヘアのいいところです。

一つ結びにしたときもテール部分が短めになるので毛先に動きを出しやすく、顔のサイドに髪がくるような結び方もできます。

お団子ヘアにしたいときは、一度にまとめるのではなく、ハーフアップをしてから残りの髪も同じ位置にまとめるようにすることでお団子の位置をキープできるだけでなく、髪もまとめやすくなります。

ショート

ショートの場合の結び方は、ハーフアップ風の編み込みアレンジやサイドだけを編み込んだカチューシャヘアのようなスタイルです。サイドをねじってハーフアップ風にまとめるのも簡単でおしゃれなアレンジです。

サイドのみ、あるいはハーフアップをイメージした結び方でショートの場合もヘアアレンジを楽しめます。

ロング

ロングヘアの場合は、本当に無限大に様々な結び方を楽しめます。

ラプンツェルのような横に流す三つ編みからくるりんぱを何回もするといったアレンジ、ハーフアップも編み込みからのハーフアップだったりと様々です。夜会巻きやギブソンタックといった大人の女性らしさを感じる結び方はパーティーなどにもピッタリです。

髪の結び方の種類・名前

髪の結び方には様々な名前があります。手軽にアレンジができるものから少し練習が必要なものまで本当に様々です。代表的な結び方の種類や名前を紹介します。

○○テール

誰でも初めて髪を結んだ時にしたであろうポニーテールやツインテールというような、いわゆるただ束ねただけというような結び方は、結んだ髪の毛の束が馬のしっぽに似ていることからポニーテールと言います。二つに分けたものがツインテールです。

三つ編み

おさげともいわれ、昔は女学生の定番の髪型ともなっていたのが三つ編みです。この三つ髪が進化したものが三つ編みをベースとしてサイドの髪を一緒に編み込んでいく編み込みです。また、四つ編みや魚の骨のように見えるというフィッシュボーンも編み込んでいく結び方です。

三つ編みは苦手という人も、二つの毛束で編むロープ編みなら簡単にできるので人気があります。

ハーフアップ

ハーフアップというのは、わかりやすく言えば、髪の半分だけ結ぶことです。このハーフアップもポニーテールやサイドを三つ編みにしてまとめる方法やくるりんぱをするアレンジなど様々です。

くるりんぱ

ひとつに結んだ髪の毛束の真ん中に穴をあけて、上から下に毛先をくぐらせて作る結び方がくるりんぱです。とても簡単なのに、手の込んだようなおしゃれなヘアスタイルに見えると多くの女性が取り入れています。

大人の女性に似合うシンプルさとルーズな雰囲気のこなれ感があります。くるりんぱを何回もすることで編み込んだような印象に見せれるのも特徴です。

子供の簡単な髪の結び方

髪の結び方の基本・簡単な結び方|ミディアム/ショート/ロング

女の子がいる可愛い髪形になるように髪を結んであげたいと思うのが親心です。簡単にできる子供の髪の結び方を少し紹介します。

ポニーテール

可愛いのに簡単にできる結び方といえば、ポニーテールです。

可愛いヘアゴムを使えば見た目はより一層可愛くなります。結び方のコツは、一度に結ぼうとしないこと、まずは、ハーフアップをします。そのときにどの高さにしたいかを決めておきましょう。残りの髪を同じ位置で結ぶと簡単にポニーテールができます。

ギザギザ分け

見た目が可愛く、子供の時にしたい髪形と言えば、ツインテールやおさげなど二つに分けた結び方です。真ん中できれいに分けるのもいいですが、ギザギザに分けるとより可愛いアレンジになります。

コームの後ろのとがった部分を使って、ギザギザと分けるだけなのでとても簡単です。幼稚園や保育園の日は帽子をかぶることも多く、下のほうで結んだ時にかわいく見えるようにします。

元結の髪の結び方

髪の結び方の基本・簡単な結び方|ミディアム/ショート/ロング

元結を知っていますか。巫女さんなどが髪を束ねるのに使っている和紙でできた髪のことです。

元結を切るというのは、出家するという意味であり、元結髪というのは髻をたばねるための紙のことを指します。

巫女さんの髪形は?

巫女さんの髪形は、後ろで1本に束ねる垂髪(たれかみ)と言います。後ろ髪には丈長(たけなが)とよばれる和紙を付けるのが特徴です。

和紙でまとめた上から水引でしばるのですが、それを絵元結と言います。

垂髪というのは、もともと平安時代の上流階級の女性の髪形でした。この垂髪は、皇族などの高位の女性と神社の巫女だけが唯一今でも継承しています。

髪の結び方アレンジ

髪の結び方の基本・簡単な結び方|ミディアム/ショート/ロング

ただ髪を結ぶだけでも結び方ひとつで様々なアレンジができますが、ヘア小物を使うことでさらにワンランク上のヘアスタイルを楽しめます。

ヘアアクセ

ヘアアクセサリーとよばれる髪専用のドレスアップに使えるアクセサリーもあります。髪を結び終わったら、鏡を見ながらこのヘアアクセをいい感じにつけてみるのもおすすめです。

特にパーティーなどのシーンでは、華やかさがプラスされてヘアスタイルを褒められること間違いありません。

スカーフ

とても簡単なのがスカーフを使ったアレンジです。結んだあとからヘアバンドのようにスカーフをまくとそれだけで、とてもおしゃれに見えます。

ポニーテールの場合は、結び目にスカーフをまくのも簡単なでおしゃれに見える方法です。その日のファッションに合わせて、スカーフの柄を変えるだけでも季節感を出すことができ、さらにおしゃれに見えます。

髪の結び方を変えて楽しもう

髪の結び方の基本・簡単な結び方|ミディアム/ショート/ロング

髪の結び方を変えるだけでもいつもと違った印象に見せることができます。メイクやファッションを楽しむように髪型も様々なアレンジをすることでもっとおしゃれに自由に楽しみたいものです。

関連記事

Related