Search

検索したいワードを入力してください

中学生のメイクのやり方・やばいメイク例・親に反対されないメイク

Small 004ad64d 31db 4b6b b47e 147c779cf306RAN
メイク・コスメ / 2018年12月28日
中学生のメイクのやり方・やばいメイク例・親に反対されないメイク

中学生のメイクのやり方は?

中学生の皆さんは、義務教育課程の最後の学校生活で校則が厳しく、おしゃれに気を遣うことができないという方は多いのではないでしょうか。ですが、そんな厳しい中学校生活でもギリギリ使えるのではないかというメイク方法があります。今回は、そんなメイク方法をご紹介します。

アイラインなど

中学生の場合、フルメイクをしてしまうとさすがに先生方にバレてしまいます。なので、アイラインはペンシルタイプのものを使うようにしましょう。また、色はブラックやベージュなど目立たない色を使うようにしましょう。

どれくらいの芯の硬さが自分に合っているのかを調べる時は、ドラッグストアや化粧品売り場のテスターを試してみるとよいでしょう。ただし、テスターは不特定多数の方が使っているものです。手などで硬さを確かめる分には大丈夫ですが、目に塗るのだけは避けるようにしましょう。

中学生はがっつりアイラインをひかないように気を付けましょう。まつ毛の間を塗っていくと綺麗に引けます。目尻から中央まで線を引き、目頭から中央にも線を引き、その2本を結び付けるだけです。

中学生のこれはダメ!メイク例

中学生がメイクをする上でやはり気を付けなければならないことが「やりすぎないこと」です。よく小中学生向けのファッション誌などで、あり得ないほど大人びている顔をしている子などがいます。それは、本人の顔つきという問題もありますが、メイクの力が強いと考えられます。

小学生は、基本的にメイクはしないでおくのが一番だと言われます。興味を持つことは悪いことではありませんが、せっかくそのままでも可愛い顔をしているのが子供です。やらなくてもいいことはやらない方が吉です。やり始めるのはせいぜい大学生からが良いでしょう。ですが、興味がありどうしてもやってみたいという方は以下の2点に気を付けて下さい。

・肌に負担のかかるメイクは絶対にしない。

・アイラインだけなど、自分でルールを決めてそれ以上はメイクを重ねない。

唇などは色がついたリップクリームなども現在では売られています。中学生の方はナチュラルメイクを徹底するようにしましょう。

中学生のメイクの強い味方!便利な道具

メイクのやり方や程度が分かった。さて、どんな道具を使ったらいいのか。どれくらいの値段の物がいいのか。今回は、「CANMAKE」というサイトの商品で、中学生がメイクをする上で使ってもあまりお小遣いの負担にならず先生にばれないメイク用品をご紹介します。

下地

商品名:マーメイドスキンジェルUV

「パシャッと爽快!化粧水感覚で使えるUVジェル」がキャッチフレーズです。UVカットで、紫外線からも肌を守ってくれる優れものです。水感ジェルで、顔だけでなく全身に塗る事もできます。スキンケア・保湿下地・UVカット下地としても使用できます。

ファンデーション

商品名:UV シルキーファンデーション

「紫外線から肌を守り、使ってもヨレにくい」がキャッチフレーズです。皮脂吸収パウダーが汗・皮脂を吸収し、化粧が崩れるのを防いでくれます。また、うるおいを保つのにも活躍するパウダーです。毛穴・キメ・くすみなどを光カバーで抑え、重ねても肌に圧迫感を与えないファンデーションです。

アイメイク

商品名:ジェルラインアーティスト

「豊富なカラーをそろえたジェルアイライナー」がキャッチフレーズです。書きやすさを追求した柔らかい芯で、細かい部分のメイクもこれ一本で完璧です。ナチュラルメイクからパーティーメイクまで多様に使えるので中学生にもおすすめのアイテムです。

リップ

商品名:リップティントジャム

「しっかりと唇を染め上げるすっぴん仕上げのリップカラー」がキャッチフレーズです。ジャムのような感覚で唇に塗ることができるすっぴん仕上がりのリップカラーです。ウォーターベースなので、リップ特有のべた付きを抑えることができます。

中学生メイクにおすすめ!100均メイク道具

「100均で売られているメイクの道具の評判ってどうなんだろう」そう思った方はいらっしゃいませんか。今紹介してきたメイクの道具は、確かに一つ1,000円もするものではありませんが、一つ500円以上の道具をそろえていたらあっという間に5,000円くらいになってしまいます。

実は、あの100均のメイク道具は凄く万能です。それは、あの人気のメイクブログを立ち上げたざわちんさんが証明しています。ナチュラルメイクに向くものが多いため、中学生のメイクにはぴったりのアイテムです。ただ、テスターがない場合があるため、安さを取るか安全性を取るかはあなた次第です。

また、高い化粧品を買ってメイクを練習するよりも、すぐに手に入る100均のメイク道具を使って練習をする方が断然良いです。中学生のお財布には優しい100円メイク道具を是非試してみてください。

中学生におすすめ!メイクセット

中学生におすすめのメイクセットというと、正直あまり数がないということが現実です。キッズ向けのメイクセットなどの対象年齢はせいぜい小学生までで、メイク初心者向けへのメイクセットは大学生以上を指すことが多く値段も桁違いです。

中学生はメイクセットなどに頼るのではなく、一つ一つ自分の肌や好みや状況にあったメイクの道具をそろえるのがベストです。セットは変えなくてもコスメポーチは可愛いものがたくさん売っています。メイクの道具の系統をポーチに揃え、メイクセットのようにしてみるのも一つの手です。

親に反対されない中学生メイクのポイント

前にも書かせていただきましたが、中学生はナチュラルメイクを心掛けるようにしましょう。それでも、ナチュラルメイクってどうすればいいのかと思う方も多いでしょう。初心者であればあるほど、薄めのメイクは難しく思う事も多いです。

しかし、ナチュラルメイクは中学生だからという理由だけでなく、男子が好きなメイクという事でも人気があります。ポイントは以下の通りです。

《下地準備》
・ニキビをなおす
・肌のクレンジング
・保湿
・毛穴のケア

ナチュラルメイクには上記の下地準備が必要不可欠です。メイクだけに気を取られるのではなく、細かい部分までしっかりこだわりましょう。

《ナチュラルメイクのポイント》
・アイラインは、目の根元を埋めるくらいでOK。
・リップは、ピンクベージュを使用する。
・ファンデーションは薄く。

ナチュラルメイクはメイクを薄くする代わりに、日ごろの肌の状況でメイクの出来が左右されるメイクです。中学生では、特に肌荒れやニキビに悩む人も多いでしょう。ですが、下手に化粧水などに手を出すと、余計な肌荒れにもなりかねません。毎日顔を洗いこまめにケアをすることを心がけましょう。

お祭りの時の中学生のメイクポイント

年に数回の地区のお祭りには、参加する中学生も多いのではないでしょうか。そのときに、ほとんどの方がメイクをしています。普段とは違うヘアスタイルとともに、濃さに違いがあれどメイクをしてくる方も多いでしょう。

普段の中学校生活とは違い祭りという年に数回の行事です。ナチュラルメイクである必要はありません。ですが、あまりやりすぎるというのは、どこに行っても良くないということが事実です。

リップやグロスにつやのあるものを使ったりチークを使ってみたりと、普段ではあまり使う事のできない道具たちの出番です。ヘアアレンジと一緒に自分好みのメイクを考えてみてください。

中学生におすすめ!メイクポーチ

通販などでバラ売りで売られているメイク道具をまとめておくには、メイクポーチを使うのが一番です。ですが、中学生のように荷物が多くてどこかに持ち歩く機会が多く、繊細なつくりが向かない場合などもあります。今回は、そんな中学生にもおすすめなメイクポーチを「Francfranc」というお店の商品でご紹介します。

ロワジール トラベルポーチ M

値段:2,200円

コスメ・スキンケア道具一式を収納できる大型Mサイズのポーチです。花柄がおしゃれで、トラベルでなくても日常的にも使えるポーチです。値段も2,200円と中学生には良心的な値段です。

ルシアナ シフォンシェルポーチ ピンク

値段:2,160円(定価)

シフォン素材のシェル型ポーチです。ふんわりとした可愛らしいデザインです。中学生の中には、ペンケースとして使用している方もいらっしゃるでしょう。口が大きくて開けやすく、メイク道具がすぐに取れるのが利点です。

中学生メイクは、常識を持って!

大人になるまでの過程で、メイクなどに興味を持つ中学生も多いでしょう。興味を持つことはとてもいいことであり、視野を広くして色々な部分へ関心を深めると良いでしょう。

ですが、皆さんが一番最初に守らなければならないのは「中学生としての常識」です。「これはやっていいことなのか」ということを一度じっくり考えて、それでもやろうと決めた場合は、このサイトでご紹介したものを是非試してみてください。

関連記事

Related