Search

検索したいワードを入力してください

おすすめのメイクブラシ紹介・収納方法と手入れ方法

Author nopic iconさぁや
メイク・コスメ / 2018年12月28日
おすすめのメイクブラシ紹介・収納方法と手入れ方法

メイクブラシでワンランク上のメイクができる?

今いろいろな種類が売られている、メイク用のブラシ。普段から使っている方もいらっしゃるでしょう。けれど、買ったコスメに付いてきたものをそのまま使っているという方も多くいます。

メイクのプロの方は、もっときれいなメイクをしたいのならブラシがおすすめと言います。けれど種類が多すぎて、どんなものをどこに使えばいいか悩んでしまうのがメイクブラシです。

今回は人気のものから、おすすめのもの、お手入れ方法までいろいろご紹介していきます。

おすすめの人気メイクブラシランキング

やっぱり何にも知らずに買うよりは、誰かが使って良かった商品を安心して買いたいものです。他の人たちにはどんなメイクブラシが人気なのか、どのくらいお金をかけているのか、気になるところです。

そこで通販サイトのAmazonで、ランキング上位に入っていたメイクブラシをいくつかご紹介します。

5位:ドゥケア(DUcare)化粧筆 高級天然毛メイクブラシセット

こちらは30年以上の歴史を誇る工場直販のメイクブラシです。直販だから、高品質で低価格なのに、メイクに必要なブラシをほとんど揃えてあるお得なセットです。セット内容は全部で12本で、そのうちパウダーブラシ・チークシェーディングブラシ・ブレンディングブラシ・スモーキーアイブラシ・アイシャドウブラシの穂先は山羊毛の中でも高級とされる白尖峰が100%使用されています。

メイクブラシをまとめて揃えたい方には、おすすめのお手頃価格の商品です。

Blockquote firstBlockquote second

すごく良いです。まず薄くのります。それで居て筆にはそんなに粉が残りません。なのですごく使い易いです

4位:Six Plus 限定版 魅力のコーヒー色 メイクブラシ 15本セット

このメイクブラシは、すべてが手作業でされているプロ級のメイクブラシセットです。やわらかくてふわふわ、使いやすいこのブラシは高級繊維毛と高級動物毛を使用しています。独特のコーヒー色はシックで優雅なデザインで、落ち着きがあります。

各種フェイスブラシや、アイメイク用ブラシなど全部で15種類も入っていて、大容量のメイクブラシ収納付きです。ふたを開けて二つのメイクブラシ立てとしても使うことができるので、今使っているメイクブラシも一緒に置いておくこともできます。

Blockquote firstBlockquote second

使いやすいメイクブラシを探していたので購入してみました。
ブラシの種類も日本語での説明書もついていたのでありがたいです。
持ち手部分もちょうど良い太さと長さで使いやすいです。
細かい部分に色をのせたり、ぼかしたりが簡単に手早くできました。予想以上に使い勝手がよく、買ってよかったです

3位:資生堂 ファンデーション ブラシ

こちらはセットではなく、単品のメイクブラシです。誰もが知っている化粧品メーカーの資生堂から販売されています。メーキャップアーティストの仕上がりを徹底分析して作られたブラシで、完成度の高い美肌メイクを目指せます。パウダリー・リキッド・クリーム・固型乳化タイプと各タイプのファンデーションに使用可能です。

使った感触は、しなやかでお肌にフィットする心地良さがあります。専用ケース付きで持ち運び可能なので、旅行先にもいつものメイク道具を持っていくことができます。

Blockquote firstBlockquote second

評判とおりの使い心地できれいにムラなくつきます。いつもの量だと厚塗りになるので少なめですむのでファンデーションの節約にもなって一石二鳥ですね。

2位:Six Plus 貴族のゴールド メイクブラシ11本セット

こちらのメイクブラシもすべて手作業で製造されている商品です。高級木材と高級繊維が使用されていて、柔らかく滑らかな使い心地で弾力性にも富んでいます。専用ケースも付いていて、メイクブラシをすべて収納可能です。旅行先にも持っていきやすいセットになっています。

パウダーブラシ、ファンデーションブラシ、チークブラシ、輪郭ブラシ、アイ シャドウブラシ、アイラインブラシなど日常のメイクに必須のメイクブラシが含まれているので、このセットだけで毎日のメイクが済んでしまいます。

Blockquote firstBlockquote second

購入してから1ヶ月ほど使用しました。毛質もよく、使い心地も良く、洗っても毛が抜ける事もなく大変気に入っています。お値段にも満足!迷ってる方がおられるのなら、試して損はないブラシではないでしょうか。セットのケースもシンプル使いやすい、持ち運びに良くて気に入ってます!

1位:メイクブラシ 8本セット Anjou 化粧筆 フェイスブラシ

Amazonのメイクブラシランキングで1位だったのはこの8本セットです。基本のメイクブラシだけなので、メイク初心者の人にも使いやすいセットです。この8本で顔全体、チーク、アイメイク、口元のすべてメイクできるセットになっています。

使用されている高級タクロンはベルベッドのような肌触りで、ちくちく感はあまりない使い心地です。パウダータイプでもリキットタイプでも、クリームタイプでも使用可能で、便利なメイクブラシセットです。

お値段がとてもお手頃で、これからメイクブラシを使ってお化粧を始めたいという初心者の方にも選びやすく、専用のポーチもついているのでさらにお得です。納得の1位のメイクブラシです。

Blockquote firstBlockquote second

 こんなに揃ってお買い得でした。私主に、パウダーブラシとチークブラシを使っています! 洗いやすくて乾きやすく、柔らかくてなめらかなので敏感肌の私でも問題なく使えています。

すっきり見せたいメイクブラシの収納方法は?

ファンデーションなどの顔全体用や、アイメイク用、チーク用、口元用など、たくさんの種類があるメイクブラシは、その収納方法も悩むポイントです。ごちゃごちゃしていると見栄えが悪くなるので、すっきりきれいにまとめたいものです。

そこで今度は色々な収納方法を調べてみました。おすすめのメイクブラシ用ケースなども、いくつかご紹介します。

大容量がおすすめ Rownyeon プロ用 メイクボックス

メイクに使うアイテムがとにかく多い、という方におすすめなのがこちらのボックスです。メイクブラシと一緒にほかのコスメも収納可能で、そのまま持ち運ぶこともできます。とにかくメイク関係のものが多い方は、これひとつにまとめるとすっきり収納することができるのでおすすめです。

防水設計で、通気性も速乾性もあり、メイクブラシやほかのアイテムにも心配な衛生面も安心です。

Blockquote firstBlockquote second

思っていた以上に、大きかったです。
その分、収納力があり、満足しています。
家にあるメイクセットを、 持ち歩くのに、 便利です。

そのまま乾かすこともできる amoore メイクブラシ ホルダー

メイクブラシの衛生面を気にする方におすすめなのが、このメイクブラシホルダーです。大小合わせて26本のメイクブラシを収納、洗った後はそのまま干しておくことが可能です。そのまま顔に使うブラシですので衛生面は心配なものですが、これなら他のブラシと密着させずに保存・乾燥ができるので安心です。

お値段もお手頃なので、ご自宅での収納方法に悩んでいる方はこういった衛生的な収納方法もおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

タオルの上に並べて乾かしていましたが
毛流れが寝てしまうのと、タオルと毛の部分がついていたのが気になっていたので
何にも触れず、毛を下向きに乾かせるのは大変うれしい。
1回に10~20本洗うのですが、それでもまだ余るぐらいです。
板の組み合わせなので、収納時はとてもコンパクトになり、組み立ても簡単です。
必要な時にさっと出せ、使わない時は場所を取らず収納できる。
綺麗に清潔に干せるので、とってもよかった!

シンプルで使いやすい OGORI メイクブラシケース

旅行などの持ち運びに便利なメイクブラシの収納ケースです。なかなかの大容量なので、メイクブラシを使い分けている方でも安心の設計です。中には取り外し可能なネットポケットが付いていて、マスカラやアイシャドーなどのコスメも一緒に収納することができるケースです。

Blockquote firstBlockquote second

メイクブラシが増えてきて整理したく購入しました。
メイクブラシは立てて収納していたけど、ホコリが気になるのと蓋つきのブラシスタンドタイプは、ブラシが多くなると蓋を閉めるときにブラシの毛に干渉してしまい毛を傷めてしまいそうなので、ブラシ収納ケースを探していて、コチラを見つけました。
大容量なので、かなりの本数のブラシがコチラに収納可能です。
ロングタイプのメイクブラシでも楽々収納できて、アイメイク用ブラシなどの細いタイプだと、片面に30本くらい収納可能だと思います。
仕切り版にもなるメッシュのポケットは取り外し可能ですし、外側にもポケットが1つあるので、脂取り紙などの収納も可能です。
つくりもしっかりしていて、価格を考えるとかなりお得な品だと思います。

100均アイテムでも可愛く立てて収納できる

本格的な収納ケースを使わなくても、安いもので可愛く収納できたらうれしいものです。そこで便利なのが100均グッズです。今は可愛くておしゃれな商品がたくさん出ています。

鉢植えやカップ、ガラスのペン立てなど、メイクブラシを立てることができる商品は様々。そこにアルファベットのシールなどで「FACE」など、ブラシを使う部分を貼って小分けにしてみたり、その容器の中にビーズなどを入れてブラシ同士がくっつかないように立てておくことも可能です。

100均アイテムですっきり引き出しに収納

100円ショップのフレッツで紹介されていた、この白いケースをドレッサーの引き出しに入れて、メイクブラシを用途別に収納することもできます。引き出しの高さに合わせて形を選べば、どんなサイズの引き出しでも収納可能です。立てておいて毛先が広がっていくのが気になる方などは、こちらがおすすめです。

今はどの100均でもこういったタイプのケースがたくさん売られています。デザインも色も様々で、お好みで選ぶことができます。好きなデザインで、毎日使うメイクブラシを可愛く収納するのも楽しいでしょう。

メイクブラシを洗う方法と手入れ

毎日、しかも顔に直接触れて使うものだからこそ、メイクブラシは清潔に保ちたいものです。そうすることで使い心地が保たれ、仕上がりも良くなりますし、お肌のトラブルも防ぐことができます。

毎日のお手入れはティッシュなどでブラシを丁寧にふき取り、収納するときにはきれいに毛先を整えてから収納するのが長く使うコツです。しかし、それでも汚れが目立ってきたり、メイクの仕上がりが悪いと感じてきたら本格的なお手入れのタイミングが来た証拠です。そんな時に使える、お手入れ方法をご紹介します。

洗剤を使った基本的なお手入れ方法は?

簡単なのはお家にある台所用の中性洗剤を使う方法です。これならどのご家庭でもあるものなので、すぐにでも実践できます。

まず毛先を少しずつブラッシングして、そのあとぬるま湯に中性洗剤を数滴入れて溶かしたものにブラシをつけます。その時なるべく金属の部分が触れないようにしましょう。そしてその中で軽く振り洗いをします。あとは毛先を軽く押さえて洗います。

最後に泡が立たなくなるまで水でよくすすいで毛先を軽く絞り、タオルで丁寧に水気を拭きとってください。あとは風通しの良いところでしっかり乾燥させたらおしまいです。これが一番身近なもので簡単にできる、お手軽なお手入れ方法です。

メイク道具専用のクリーナー シュウウエムラ スポンジ クリーナー

意外とお手軽にお手入れできるのが、メイク道具専用のクリーナーです。ブラシの他、スポンジやパフになども使うことができます。こちらはAmazonで評価が高かったクリーナーです。ほかのメーカーからも専用クリーナーは販売されています。

メイクブラシに使う場合は、まず毛先をブラッシングするところまでは同じです。それから毛先に3~5滴垂らして丁寧にもみ洗いします。それからぬるま湯でしっかり洗い流します。そして洗剤の時と同じく軽く絞って、タオルで拭き、風通しの良いところで乾燥させてください。

少しの量でしっかり汚れが落ちるので、こちらもお手入れとしてお手軽です。

Blockquote firstBlockquote second

きれいに汚れを落としてくれます。
変なにおいがつくこともなくスッキリ落ちるので気に入っています。
以前使っていたものは2度洗いが必要なうえ匂いが良くなかったので今回は大満足です。
無くなったらまた買います。

メイクブラシの使い方

ここまでで人気のメイクブラシや、お手入れ方法を紹介してきましたが、そもそも使い方が分からないという方もいるかもしれません。そこで次は、基本的なメイク、フェイス、チーク、アイメイクでのメイクブラシの使い方を簡単にご紹介します。

メイクの仕方も種類が多いので、他にもいろいろありますが今回はひとつずつです。それをもとにご自分に合ったメイク方法を探すのも楽しいでしょう。

フェイスブラシの使い方 リキッド編

リキッドファンデーションの場合は、まず適量を手の甲に出します。それからファンデーションを筆にとり、Tゾーン・鼻・頬・顎に乗せていきます。頬とおでこ、目の下などは内側から外側へ伸ばすように塗っていき、眉間や鼻の上は上下に滑らせるようにして塗っていきます。

特にカバーしたいところや毛穴をしっかり隠したいところは、ぽんぽんと毛先でファンデーションを叩き込むように乗せていきます。仕上げに細かいところもしっかり伸ばし、顎から顎裏にかけては輪郭をぼやかすように伸ばしておきます。

フェイスブラシの使い方 パウダー編

仕上げなどに使うパウダーファンデーションの使い方を簡単にご紹介します。まずパウダー用のブラシを、フェイスパウダーの上でくるくると回してパウダーを含ませます。余計な粉は手の甲で落としておいてもいいでしょう。

ブラシを少し寝かせて顔の中心から外へ滑らせ、パウダーを乗せていきます。それからブラシを立てて、余計な粉を落とすようにして毛先を使って軽く撫でていきます。そのあとブラシから粉をティッシュで落とし、立てたブラシを軽く肌に押し当てるようにして全体になじませていきます。

アイシャドウブラシの使い方

アイメイク用のブラシもいくつか種類がありますが、ここではまぶた全体に塗るときに使うブラシの使い方をご紹介します。

まずアイシャドウをブラシに取り、ティッシュなどの上で余分な粉を落とします。それから目じり側からブラシを横にして、カラーを入れていきます。まぶたのくぼみに沿ってブラシを動かせば、きれいに仕上がります。しっかりと発色させたい場合は、これを繰り返してください。

チークブラシの使い方

チークの場合はブラシ全体にしっかりとチークをなじませてください。それから頬に乗せていきましょう。笑ったときに一番高くなる頬骨が、チークをつける場所の目安になります。黒目の中央より内側につけすぎると頬の赤みに見えてしまうこともあるので、注意してください。

つけすぎてしまった場合は清潔なパフなどで、くるくる肌をなぞるようにするときれいになじんで見えます。

メイクブラシの種類はどれぐらいあるのか

ひと口にメイクブラシと言っても、その種類は様々です。さきほどご紹介したフェイス用でもリキッド用なのかパウダー用なのかで形が違いますし、コンシーラー用の筆なんかもあります。

アイメイクだとアイブロウをぼかしたり眉の形を整えるためのスクリューブラシ、眉を描くためのブラシがありますし、アイシャドウ用でも全体に塗るのか、ぼかすのか、きわの細かい部分を描くのかで種類や形が分かれています。

その他にもチークブラシ、リップブラシと、メイクブラシは集め始めるときりがないほど種類があります。プロの方はさらにたくさんのブラシを使い分けています。ご自分用のメイクブラシなら、メイクの方法にもよりますが、5本~15本くらいの間の方がほどんどです。

メイクブラシの持ち運び方

おでかけや旅行の際、ブラシを持っていく方法は様々です。化粧ポーチに一緒に入れる方もいますし、先ほど紹介したようなコスメとブラシが一緒に収納できるケースを使う方も多いでしょう。

けれどいつもの化粧ポーチに入れるとほかのコスメに粉がついてしまったりしないか、毛先が痛んでしまわないか、心配な点も多くあります。きちんとわけて収納できるポーチがないのでしたら、ブラシだけ別で収納して持っていくのがおすすめです。

最近は本格的なブラシ専用ケースに入れて持ち運ぶ方の他に、リーズナブルに済ませたい方は100均のアイテムを使う方もいます。プラスチック製のペンケースなどに、きれいに並べて収納すると旅行カバンの中に入れていても安心です。

自分いあったメイクブラシで毎日を楽しくしよう

メイクブラシの種類や使い方、人気のブラシや収納グッズなど、たくさんある中の一部をご紹介しました。本当に種類が豊富なので、全部はご紹介しきれませんがぜひ参考にしてみてください。

メイクはうまくいくと、その日一日なんだか気分がいいと思えてしまう女性にとって大切なポイントです。自分に合ったブラシやグッズを見つけて、すてきなメイクでぜひ楽しい毎日を過ごしましょう。

関連記事

Related