Search

検索したいワードを入力してください

メイク初心者向けのメイクのやり方・整形メイクやうさぎメイクのやり方

Author nopic icon齋藤美咲
メイク・コスメ / 2018年12月28日
メイク初心者向けのメイクのやり方・整形メイクやうさぎメイクのやり方

種類別のメイクのやり方

メイクをしたいと考えた時に、自分はどんなメイクが合っているんだろうか、と迷ってしまった経験は誰しもあるでしょう。今回は様々な種類のメイクの手順と特徴をまとめてみました。試してみたいな、と思ったら是非トライしてみてください。

整形メイク

整形メイクというのは、その名前の通り整形したかのように顔が別人に変化するようなメイクのやり方の事です。整形メイクをすれば自分の見た目に自信が持てると女性から人気が高いメイク方法でもあります。

一見、こういう整形メイク程の変身を遂げるにはやはりテクニックとか、高い道具が必要なのではないかと感じるかもしれません。しかし、実際に整形メイクを行っている人の化粧品道具を見てみると、普段からドラッグストアなどで見かけたことが有るような化粧品ばかりで、ちょっとしたコツとポイントを押さえるだけで誰でも目が大きく、そして鼻も高く、華麗に顔を見せることが可能になるのです。

簡単に目を大きく見せる方法とは?

整形メイクのなかでも一番の肝と言われるのがやはりアイメイク。最近の流行でもあるナチュラルさを取り入れながらアイシャドウだけでパッチリとした大きな目を作るやり方はこちらです。

1.アイホール全体にハイライト(一番明るい色)を塗る。
2.中間色をアイホールの半分くらいに塗る。
3.目のキワに濃い色を塗る。

この3ステップで綺麗なグラデーションが出来、アイラインなどを引かなくても目をパッチリと大きく見せることが可能です。そしてその後更に大きく目を大きく見せるようにするのなら、目頭の下にハイライトを入れましょう。顔を立体的に見せるためには、影と反射光と呼ばれるものが重要になってきます。このやり方で目元を明るくすることによって、目をもっと見せることが出来るのです。

うさぎメイク

うさぎメイクというのは、最近流行りの、うさぎさんのように目が丸く潤んでいて、アイシャドウで赤く目元を印象付けるメイクのやり方です。まるで泣きはらした後のような幼さと、無防備な雰囲気に守ってあげたくなってしまうと、人気を博しています。
ここでは、そんなうさぎメイクに必須の赤アイシャドウの使い方を説明します。可愛らしさと幼さを演出するポイントもあるので、参考にしてみてください。

うさぎメイクのやり方は
1.クマの部分のくすみをしっかりと消す。
2.アイホール全体に茶色のアイシャドウを塗る。
3.下まぶたに綿棒で赤いアイシャドウを塗り、馴染ませる。

以上の3つのやり方で、可愛い赤い目元のメイクが完成します。この時下まぶたに塗るアイシャドウはパールが入っていない物を選ぶと、赤がしっかり映えて可愛いです。

うさぎメイクを完成させていきましょう!

アイシャドウで可愛い目元を演出したら、今度はアイライナー、リップ、チークを使って儚く可愛い女の子を演出していきます。アイライナーを引くときには、丸い目元を演出するために、目のふちに沿って目じりを跳ね上げないように、逆に下げるようにして描いていきます。また、黒目を大きく見せるために黒目の上の部分を少し太目に描くのがお勧めです。

また、うさぎメイクにおいて重要なポイントである火照った頬のチークの置き方ですが、頬骨の高い位置に(笑った時に盛り上がる部分)丸く入れていきます。ふんわりとチークを入れる事で儚い印象を抱かせることが出来ます。

そして最後はリップです。可愛らしい印象を抱いてもらうために、コンシーラーなどで唇の輪郭を消すのがポイントです。その後に唇の大きさを自分で調節しながら、リップを塗っていけば完成です。

ハロウィンメイク・傷メイク

ハロウィンではもはや必須となっているのが、衣装に合わせたハロウィンメイク、通称傷メイクと言われている傷跡を作るメイクです。リアルで人に見られてもおかしくない傷メイクを作ろうと思うと、大変なのではないかと思うかもしれません。しかし傷メイクに主に必要となるのは、黒のアイライナー、赤い口紅、BBクリーム、そしてアイシャドウや爪楊枝と言った普通に家に有るものだけです。

傷メイクのやり方
1.アイライナーで傷口を描く。
2.チークでアイライナーの周りを腫れぼったく演出する。
3.口紅をアイライナーの上に置くように塗っていく。
4.BBクリームで周りを塗って立体感を出す。

以上のやり方で、簡単に傷メイクが出来てしまいます。また、傷痕をもっと立体的に見せたりする場合には、木工ボンドを利用したりするとリアルになります。

ものまねメイク

インスタグラムなどのSNSで今人気の芸能人風の物まねメイク。自分の憧れている有名人や、今旬の芸能人の顔に似せてメイクをすればSNS映えすること必至です。例えば大きな瞳とぷっくりとした唇が特徴的な、石原さとみさん風のメイクのやり方は、大きな目を意識しつつも、目じりを上げ過ぎないようにすることで、彼女のたれ目な感じを演出することができます。

また、涙袋にしっかりとアイブロウペンシルで影を付けることでぷっくりとした涙袋を作ることが出来ます。そしてインスタグラムなどでも今一番流行っているのが、「ブルゾンちえみさん」風のメイクです。個性的な眉とちょっと濃いキャリアウーマン風メイクは、誰にも特徴が掴みやすく、簡単に物まねメイクを完成させることが可能です。

病みメイク

元々ゴシックメイクの世界では普通のメイクだったものが、普通の生活でも使えるようにソフトに変貌したのがこの病みメイクです。「病み」を表現するために、目元に重きを置いてメイクするやり方が一般的なようです。赤いアイシャドウを使って、少し腫れぼったく表現する目元に可愛さがあります。そして、肌の色は真っ白にします。顔色の悪さと腫れぼったい目元の赤味が「病み可愛い」を演出してくれるのです。

病みメイクは、やりすぎてしまうとゴシックメイクになってしまいますし、派手にし過ぎるとハロウィンメイクになってしまいます。ナチュラルメイクを意識することで、病み可愛いを表現するようにしましょう。

猫目メイク

猫目メイクは、目尻側のアイライナーを長く伸ばすことで、吊り上ったような目元を演出するメイクです。人気の若手女優さんやモデルさんのなかでも猫目の人が多く、女性に人気のやり方です。猫目のモデルさんとして代表的なのは、やはり桐谷美鈴さんでしょう。

猫目メイクのやり方
1.アイライナーで目尻を跳ね上げるように長く細く描きます。
2.アイホール全体に明るめのアイシャドウを塗ります。
3.まつ毛にボリュームを持たせるためにビューラー&マスカラでまつ毛を伸ばします。

以上の3ステップのやり方で簡単に猫目メイクを再現することが可能です。

猫目メイクのポイント

猫目メイクを行うときにはまず、細く長くアイライナーを描くために、ペンシルタイプではなく、ジェルタイプやリキッドタイプのアイライナーを使用するようにしましょう。濃いラインを引くためにも、まつ毛の間はしっかりと埋めるようにしましょう。そして目尻から2-3㎜過ぎた所から、ふんわりと跳ねあげてあげると猫目になります。

また、アイシャドウを入れる時には、アイラインがぼかされたりしないようにグラデーションなどは入れたりしません。また、黒目の下にハイライトで明るい色を入れてあげると黒目が大きく見えて更に艶っぽくなります。さらに、メイク上級者の方には、顔にシャドウとハイライトを入れることで、彫りを深く見せるのもお勧めです。

メンヘラメイク

メンヘラという言葉を知っているでしょうか。メンヘラというのは異常なほど自己主張が強く、「構ってほしい」「愛してほしい」と強く他人に主張してしまう人のことを指します。メンヘラメイクというのはこのメンヘラのようにメイクで「構ってほしい」と主張するやり方の事なのです。病気のように白い肌、そして泣きはらしたような腫れた目等、「メンヘラ」を表現するのがポイントです。

メンヘラメイクのやり方
1.化粧下地を塗った後、青系のコンシーラーで顔色の悪さを演出します。
2.陶器のような肌になる様に白系のファンデーションを塗ります。
3.赤のアイシャドウを塗って腫れぼったく演出します。
4.ベージュ系の派手すぎないリップを塗ります。

以上の4ステップのやり方で、簡単にメンヘラメイクを完成させることが出来ます。ポイントはやはり顔色が悪く見えるように、青系のコンシーラーを使うことです。

キラキラメイク

キラキラメイクというのは、瞼や頬にラメを付けることでキラキラさせ、トレンド感やモード感を出すやり方のメイクです。キラキラメイクを行うときに必要なのは、勿論ラメやホログラムなのですが、肌に乗せる時にはつけまつげ用の糊も必要になります。

キラキラメイクのやり方
1.アイシャドウやチークを塗ります。
2.その上からつけまつげ用の糊をラメを塗りたいところにつけて、ラメをぱらぱらと乗せてあげるだけです。

キラキラメイクを行うときに、ラメを乗せすぎてしまって失敗してしまうことも良くありますが、クレンジングで簡単に落ちるので、何度もやり直しできるのが嬉しいところです。

つり目メイク

キリッとした目元が特徴のつり目メイクです。比較的おっとりしているように見えるたれ目メイクに対して、自分をしっかりと持っているような、芯の強い女性に見られたいあなたにお勧めのメイクが、このつり目メイクです。アイメイクを変えるだけで人の印象というのは一気に変わるのですが、実はやり方は超簡単です。

1.アイシャドウベースをアイホール全体に塗る
2.ブラウンのアイシャドウで目尻から跳ねラインを引いて行く
3.黒のアイライナーで目尻から数ミリ長くラインを引く
4.目頭の切開ラインをナチュラルに見せるためにアイライナーを引く

このやり方でつり目メイクは簡単に出来ます。また、アイシャドウをぼかしたり、アイライナーを太くしたりすると、キリッとした印象を強くすることが出来ます。

そばかすメイク

コンプレックスのイメージが強いそばかすですが、最近では女性のチャームポイントとしての見方も強くなってきています。一見ハーフにも見えちゃうそばかすは、若い印象を与えることが出来るのです。また、やり方も簡単なので初心者の人でも手を出しやすいのが特徴です。

そばかすメイクのやり方
1.茶色のアイライナーペンシルで点々を描く
2.フェイスパウダーを乗せて馴染ませる

これだけです。ペンシルを黄色がかった茶色の色にすると、肌から変に浮いたりすることなくそばかすを描くことができます。また、ペンシルのやり方の他に、ラメなどをそばかすの代わりに置いていく、キラキラそばかすメイクというやり方もあります。これは、ピンセットなどで糊付けしたラメを頬に置いていくだけです。

ケバいメイクのやり方

ケバいメイクと聞くと、アイライナーをしっかり引いて、マスカラやアイシャドウもバチバチに乗せるメイクを想像するかもしれません。しかし、今のケバいメイクのトレンドは、何処かナチュラル抜け感を出してあげるやり方が主流です。眉毛も真っ直ぐにするのではなく、自分の眉毛の形に合わせてアイブロウをする人が増えています。

また、アイライナーはしっかりと目尻まで伸ばして、目を大きく見せましょう。黒目の上を太く引いて、黒目を大きく見せると自然に濃いメイクを作ることが出来ます。また、涙袋や下のまつ毛は、しっかりと描きこむのがケバめのメイクのやり方です。丁寧にまつ毛を伸ばして、涙袋にハイライトとシャドウを入れてあげると、それだけで印象が一気に変わります。

メイク初心者におすすめのやり方

メイクというのは順番とやり方、手順で一気に印象が変わります。実は一番重要で、初心者が手を抜いてしまいがちなのは、ベースメイクです。ベースメイクのやり方は、その後の全ての仕上がりを左右するほどの重要な役割を持っています。ベースメイクを綺麗に仕上げることが出来れば、あなたの魅力がぐっと高まること間違いなしです。

まず洗顔をした後は普段通り化粧水を付けます。その日焼け止め、化粧下地の順に塗っていけばベースメイクは完成です。気になるくすみなどがある場合にはコンシーラーでその部分だけ肌を明るく見せてしまいましょう。その後はファンデーション、フェイスパウダーと順番に乗せていけばお肌の化粧は完成です。

初心者メイクのやり方は簡潔で良い?

勿論初めから完璧なメイクを目指すのも良いですが、やっぱり初心者なら最初は手が抜けるところは抜いてメイクを楽しむやり方の方が良いと思います。下地とファンデーションを塗ったら後はアイシャドウで目元を明るく塗ります。そしてチークで頬に赤味を指してあげれば印象は一気に変わります。

アイラインは確かに目力を作るのに最適なのですが、粘膜に描かなければいけなくなったりするため難易度が高いメイクのやり方になってしまうので、初心者のうちは基礎メイクで化粧に慣れるのをお勧めします。

すっぴんに見えるメイクのやり方

化粧をする人が必ず思うのはやはり化粧をばっちりしていてもすっぴんに見えるようなメイクのやり方ではないでしょうか。「すっぴん」に見えるのに肌も綺麗だし、羨ましいと言われるようなナチュラルメイクは、普通のメイクから引き算をしていけば大丈夫です。

例えば、少しでも目を大きく見せようとアイメイクに力を入れてしまったり、ラメやパールが顔にキラキラと付いていたりと、勝負メイクのように見えてしまうと、男性も思わずひいてしまうことが多いようです。男性受けの良い素肌に見えるようなメイクにするには、しっかりとスキンケアをすることが重要になります。ナチュラル可愛いを目指して、普段のメイクから引き算してみてはいかがでしょうか。

自分に合った化粧のやり方を見つけて可愛くなろう!

いかがだったでしょうか。様々なメイクの特徴や方法を説明してきましたが、これだけがメイクの正解というわけではありません。あなたの好きな雰囲気のメイクを目指して見て下さい。徐々に自分に合った得意なメイクが分かってきます。そうなればもうこっちのものです。毎日のメイクを楽しみましょう。

関連記事

Related