Search

検索したいワードを入力してください

定番のレディースファッションコーデと小物使い|春/夏/秋/冬

Small fe086d70 2757 46e9 9d69 4c367fb78d87クローバーS
コーディネート / 2018年12月26日
定番のレディースファッションコーデと小物使い|春/夏/秋/冬

定番レディースファッションコーデアラカルト!

定番のレディースファッションコーデと小物使い|春/夏/秋/冬

衝動買いをしてしまってクローゼットは洋服であふれかえっているのに、色もファッション傾向もバラバラで何だか着るものがないという経験はありませんか?

コーデにおいても、基本となる定番意識が必要です。この定番ファッションがしっかりしていると、コーデに無駄がありません。そこで、この定番ファッションとは何かを紹介し、季節ごとのコーデを考えてみましょう。

定番のレディスファッションとは?

レディースファッションの定番というのはトレンドなどに影響を受けることなく、また一年中着まわしができる便利アイテムのことです。いわば、ファッションの基礎といっていいでしょう。定番をしっかり持っていると、着まわしに無駄がなく出費も少なくて済みます。

いわば服装計画の設計図のようなものととらえていいでしょうし、最低限必要な衣類の骨格のようなものととらえてもいいでしょう。概ねシンプルな無地が主流になります。ここに小物をプラスしてアレンジすると、あなた独自のファッションコーデが生まれます。

無地白のTシャツ

その定番を紹介しましょう。レディースファッションコーデにおいての定番中の定番というとまず白のTシャツがおすすめです。スカート、パンツなど何でも使用でき、ジーンズと相性もぴったりです。夏ならばアウター、冬ならばインナーとして活用できます。

上の写真ではカーキ色のパンツとストローハットに巻いたリボンにカーキー色を使って統一感を出しています。シューズはスリッポンの白。Tシャツにコーデさせています。これに秋色カーデガンを羽織ったり、ジャケットを羽織れば、初秋のコーデにも活用できるでしょう。

無地黒のTシャツ

レディースファッションにおいて、無地アイテムはトレンドに関係ない定番中の定番です。余分な柄がないため、何にでもあわすことができます。特に、黒は何にでも合わせやすい定番アイテムです。ジーンズにも合う色ですし、一年中着ることができるアイテムです。

きれいめシャツ

きれい目のシンプルシャツも、レディースファッションの定番として持っていると重宝します。トレンドに左右されず、パンツにもスカートにも活用できます。Tシャツの上に羽織るカーディガン代わりにも使用できますし、前ボタンの開き方でいろいろな表情を出すこともできます。

活用幅が広いチェック柄!

色の組み合わせや、線の太さや細さでいろいろなニュアンスが作れるチェックシャツは、レディースファッションの定番アイテムです。トレンドに左右されませんし、アクセントとしても活用できます。色の組み合わせも線の太さ、細さによっていろいろの表情を出すことができます。

季節を問わず、ジーンズはもちろんスカートやパンツなどにも合わせやすいアイテム。ロング丈のシャツはワンピースに、ボタンを開いて着れば羽織としても使えます。腰に巻いたり肩から掛けるなどアクセントにもなります。シックな色使いならば、大人の雰囲気も出せるでしょう。

重宝なポーター柄シャツ

レディースファッションにおいて、誰もが1枚は持っているであろうボーダーシャツ。線が細いタイプが無難で使いやすいでしょう。ゆるめのパンツと合わせてカジュアルに使ったり、スカートにインしてフェミニンなスタイルを出したりと幅広いコーデを楽しめます。

このボーダーはパンツにインして首にチョーカーを巻いて、ベレー帽でまとめました。Vネックのエリ元に引っ掛けたサングラスも小物として、ファッションの一部として生かされています。カーディガンを羽織れば、秋ファッションや春ファッションに活用できるでしょう。

ロングスカート

レディースファッションコーデにおいて、スカートを定番のコーデとして活用するのならば、ロングスカートが活用幅が広いアイテムです。なかでもプリーツスカートは、フェミニンで流れもきれいです。モノトーンがコーデしやすいですが、濃色なら何色でもそう問題はないでしょう。

パンツ

レディースファッションの定番として、一枚はきれいめパンツを用意しましょう。おすすめできる色は黒。黒だと他のアイテムとも合わせやすいですし、足を細く見せてくれるのがうれしいアイテムです。お勧めはスキニーパンツ、あるいはチノパンやサブリナパンツなどです。

写真ではスキニーパンツを選びましたが、これは着回しの範囲が広いからです。上はジャケット風ブラウスですが、チュニック丈が腰周りあたりをカバーしてくれ、きれいなシルエットがでています。モノトーンのコーデからベージュ、ブルーなどにコーデでき1年中活用できます。

ジーンズ

レディースファッションの永遠の定番ボトムスは、ジーンズです。どんな色や柄にでも合いますし、ストレート、スキニー、ボーイフレンドなど種類や形は多彩です。持っていると便利なのはスキニーとボーイフレンドデニム。どの形も、カラーも豊富で組み合わせは無限大です。

ストレッチの効いたスキニータイプはきれい目シャツなどと合わせれば、大人カジュアルなコーデが実現できます。程よくルーズなシルエットのボーイフレンドデニムは、普段着にピッタリ。1本目を買うならば、ウォッシュ加工やダメージ加工の少ないものが汎用性が高いでしょう。

レディーストレンチコート

春・秋に活躍するトレンチコートは、レディースファッションの定番です。トレンドに関係なく長いこと愛されてきたトレンチコート。これは軍服に起源があるため、ポケットも多く機能的にできていますから、とても着用しやすいのです。

最初の1着目はミドル丈で、ハリのある素材の飽きのこないのをセレクトしましょう。シンプルなアイテムほど、シルエットの美しさが着こなしの重要なポイントになります。肩の位置やシルエットなど、妥協せずに慎重に選びましょう。ベージュが、何にでも相性のいいカラーです。

カーディガン

レディースファッションの定番として、カーディガンも上げられるでしょう。カーディガンは羽織るという機能だけでなく、腰に巻いたり肩掛けとしたりと着回しに便利なアイテムなどので1着は持っていたいアイテムです。モノトーンもいいですが、紺とか茶系が使いやすいでしょう。

写真は、リブVネックカーディガンです。エリのVラインとランダムなリブ編みが、体型をすっきり見せてくれるカーディガン。ちょっと肌寒い時に、軽く羽織れます。レーヨンとナイロン混紡素材。Vネックは、縦長効果もあり背を高く見せます。

レディース・ミリタリィジャケット

レディース・ミリタリージャケットは、春先にも冬にも使えてファッションの定番として活躍してくれるでしょう。使いやすいのはロングよりも、お尻が隠れるくらい丈のもの。動きやすいので機能的です。スカートにも、パンツにも合わせられる汎用性の高い便利アイテムです。

レディース・ジャケット

何にでも合うような定番スタンダードジャケットは、着まわしが便利ですから、一枚は持っていたいものです。写真のようなスタンダードなティラージャケットなら、ワンピース、スカート、パンツなどのコーデに活躍します。仕事に必需品ジャケットは、必需品でしょう。

日本製のメーカーはどこ?

あなたはレディース製品衣類を購入する際に、どこ製の製品を購入されますか?中国製が多い現状ですが、糸から染色、縫製などすべて日本で行う製品が話題になっています。これは日本のアパレル業界が、ブランドの垣根を超えて作った純国産製品で「J∞クオリティ」といわれます。

「J∞クオリティ」マークとは?

「J∞クオリティ」の製品は、糸や染色、縫製すべてのプロセスを日本で行うというもので純国産を示しています。さなみに、コートなどはカシミヤ100%の品質がある素材を使っていますが、細いカシミヤの毛を使って製作しているので、しなやかな上に光沢もあります。

また、水をはじきやすいつくりをしていますから、10回クリーニングに出してもその機能が崩れたりしません。普通ニットは生地を縫い合わせてつくりますが、これは縫い目がありません。日本の技術力で編んだものです。縫い目がないため、肌に当たらない品質を保っています。

クオリティが高い純国産製品!

このコートの糸は細いウールを、ナイロンの芯に巻きつける形で開発した糸を使っているので軽く肌触りもいいのです。 裏地は赤外線を吸収するため温かく、湿気を吸い取ります。また、むれない特殊な糸を使っています。

デニム生地なども普通のデニムの糸と異なり、中が空洞になった軽い糸を織り合わせてつくった生地なので、軽いのが特徴です。もともと藍染の絣をつくっていた匠の技術と、日本の最先端の技術が合わさって生み出されたものと言われていて、世界からも注目されています。

日本製のブランド一覧

インターネットなどで紹介されている激安ショップに比べれば、生地からこだわり縫製している日本製ブランドは若干コスト高と言えるでしょう。しかし、洗濯に弱かったり着にくい製品は結局着ることもなく、新たに新製品を買い足していくという循環は結局コスパが悪くなります。

そこにいくと、日本製ブランドは生地の品質からセレクトし、丁寧に染色し自社縫製工場で縫い上げるので着心地が違います。それならば、はじめから長持ちする日本製ファッションを選ぶことが賢いでしょう。そこで、日本製にこだわったブランドを紹介しましょう。

nofl(ノフル)のものづくり

nofl(ノフル)は香川県高松市にあるオリジナルブランドです。瀬戸内海を望む環境の中でnoflの製品は生まれています。天然素材や国内生産にこだわり、着心地のよい商品を提案しています。オーガニックコットンをはじめ、上質なリネンなど着心地のよさにこだわっています。

生地の多くも社内のテキスタイル部門で厳選されたものを使用していますし、商品の品質を保つため、ノフルの服は全て日本国内の工場で生産されています。ニット製品に関しては自社工場で生産をしています。デザイナーと職人が、意思疎通を図りながら物づくりをしています。

ドゥファミリィは全国展開の日本製

ドゥファミリィは、原宿に本店を持つブランドで、全国展開をしています。そのコンセプトは「着心地がいい服」でベーシックでシンプルな服づくりをしています。べーシックでありつつ、素材から 色、デザインにいたるまでオリジナル商品の展開をしています。

ドゥファミリィの物づくりは、商品すべてがMADE IN JAPANです。日本の職人の技術と開発力により、何十年も着られるハイクオリティのアイテムが生まれています。価格的にもリーズナブルな適正価格で、かつハイクオリティな製品を提案しています。

ファクトリエは工場と直接契約して低コストを実現!

ファクトリエは、デザイン重視のために流行が過ぎると着られなくなるファッションではなく、長く着てもらえるモダンベーシックなデザインを心がけています。また、ファクトリエは高品質な商品を従来の1/2以下の価格で提供しながら、工場にも適正な利益を分配する仕組みを持っています。中間業者を介さずに工場と直接提携して商品を作っているからです。

TOMOEMODE のシンプルファッション!

TOMOEMODEは広島県に本部があり、地方から洗練されたデザインと、高品質にこだわった日本製の製品を開しています。自社で裁断、縫製すべて行ない、生地も日本製のものを使っています。それは、モノづくりへの情熱を大切にしたいと考えているからです。

日本の文化と技術、自然とのコラボレーションによって、優れた生地も生まれます。TOMOEMODE は丈夫で着心地がよく、長く愛用したいと思われる商品を厳選して取りそろうています。コンセプトは「シンプルモード」で取り入れやすく、 個性を漂わせる一着を目指しています。

安いレディースファッションの店は?

価格が、衝撃的に安いブランドもたくさんあります。紹介しましょう。

UNIQLO (ユニクロ)

山口県から始まった日本の個人営業の紳士服専門店だったブランド。今はファストファッションの代表格となっています。シンプルでカジュアルで生地はしっかりしているのに、価格は安いのが特徴です。デニムやチノパンなどは特におすすめ。価格は安いのに、生地は高品質です。

さらに、カラーバリエーションが豊富なことも特徴。定番の黒やグレーやベージュではないパッと目を引く色のパンツが、安価で陳列されています。いろいろなカラーを安価で試せるのも楽しいでしょう。ただ、他の人と被ってしまう率が高いので、その点はご注意を。

無印良品

安くて良い品をというコンセプトで開発された無印良品。商品開発の基本は生活の基本となる本当に必要なものをつくるということで、そのために、素材を見直したり生産工程の手間を省いたり、包装などを簡略化しました。この方針はレディース製品にも、受け継がれています。

レディースのデザインもシンプルなものばかりで、着心地よく身体になじむ衣服を作っています。着ると優しい気持ちになれるラインナップがそろっています。まさに、定番の製品ともなり得る製品を提供してくれています。

H&M

スウェーデンのヴェステロースで創立。この時は婦人服を専門にしていました。安さが売りのファストファッションの最大手。世界的に展開するグローバル企業で、低価格かつファッション性のあるワードロープを扱う企業のひとつです。

H&Mは100名ほどの有名デザイナーを雇って服を大量生産し、次々に新しいデザインのものを提供してくれます。季節やトレンドをさらえたデザイン性の高い服を安価で市場に出してくれ、売り切れても再生産はせず常に新作を出してくるため、ラインナップはいつも新鮮です。

ZARA(ザラ)

元々はスペインのブランドで創業。洗練されたデザインと、リーズナブルな価格提供も人気です。現在では、ショッピングモールやアウトレットでZARAを見ないほうが珍しいほどです。モノトーンのシックな服が多く、さほどお金をかけずに大人の雰囲気を着たい方にはおすすめです。

価格はそれほど高くないのですが、モード色が強いのと一等地に店を構えるため「高級店」と見られています。ネット通販もやっています。全商品が送料無料というサービスはZARAだけの特徴です。毎日0時と10時そして17時からはタイムセールです。

GAP(ギャップ)

Gap社は、アメリカの最大の衣料品の小売店の一つ。自ら製品を企画し自社製品として委託生産させ、自らのチェーン店で販売する製造小売業という形態を取っています。サンフランシスコに本社があり、日本、カナダ、ヨーロッパなどに支社を持っています。

GAPが他の店と違うのは、全ての商品を20%OFFで販売するキャンペーンがあります。不定期開催でずが、2ヶ月に1度位の割合で開催され、最大90%値引きというケースもあります。確かに色調はヨーロッパブランドよりは多いですが、シックなスモークかがった色で抑えています。

WEGO(ウィゴー)

1994年大阪・アメリカ村の小さな古着屋からスタートしたブランド。その後原宿ストリート系のトレンド服を売り始め、大学生ファッションとして人気を得ました。原宿から発信されるスタイルをメインに、個性的なアレンジで最新のトレンドを提案しています。

安価でカラフルなバリエーションが楽しめますが、あまりに様々なデザインが混在していることと、色は結構派手目なものも多いのでシックに洗練された製品を着たいという方には向いていないでしょう。けれど、安価でいろいろな服が楽しめるので大学生には総じて人気です。

HARE(ハレ)

ハレ(HARE)は、株式会社アダストリアが運営するファッションブランド。ファストブランドHAREは、東京発のストリートファッションが主流で、若者から幅広い年齢層までも人気です。シャープでカジュアルなブランドで、バッグやアクセサリーまで豊富なラインアップがあります。

最近のモード系要素の流行とともに、一気に大学生ファッションの主役に躍り出ました。 レディスHAREのコンセプトは、好奇心旺盛な女性が持つこだわりを独自のアイテムに表現することで「シャープな女らしさ」を提案。HAREを着こなしている人は「ハレラー」と呼ばれ話題です。

春のレディースファッションコーデとは?

春は花粉の季節でもあり、また突風が吹く季節でもあります。色この時期のレディススプリングコートには花粉症対策を施したコートは便利でしょう。色彩も明るく、素材も薄い素材に移行していきます。

スプリングコートは春の花形

春はホコリっぽいので、コートは必需品。こんな丈のスプリングコートならば、スカートにもパンツにも着まわしできるでしょう。ロング丈のレディースコートは実際短い丈のものよりは重くなるので、春風を感じての散策ならば短めの方が機能的です。

ベージュのトレンチスタタイルの定番コートに、薄いトレンドのボタニカル模様のシフォンのスカートをあわせ、靴もベージュ系パンプス。バッグも若干濃い目のバッグで色調を統一した上品なファッションコーデになっています。マニッシュにもフェミニンにも相性のいいコートです。

花粉症対策レディースジャケット

こちらは撥水加工、花粉症対策つきレディースジャケット。短めなので何にでも合わせやすくジーンズにピッタリです。水洗いOKなのも管理がしやすいアイテム。ここではボーダーシャッに、ジーンズというラフなファッションで着こなしています。

赤のバンダナが挿し色。シューズは春らしく白のスニーカーです。グレーイッシュピンクの色変わりもあります。ロングやミニスカートなどともコーデできるでしょう。フードがついているので、ホコリっぽい春の突風にも対応できます。

春のジャケットコーデファッション

薄手のレディースジャケットです。春の温度調節に便利アイテムでしょう。写真の特徴は丈が選べることで、用途によって1つボタン、2つボタンが選べます。グレージュの方は、秋口にも合う色てす。春先ならば、明るいアイボリィがコーデの汎用性が高いでしょう。

春のスカンチョコーデ

レトロなプリントが、春らしい印象のレディースプリントスカーチョです。スカートのように揺らめくフレアシルエットなのでフェミニンな印象です。グレーのVネックニットはゆったりしたシルエットで綿100%の素材。シューズとパンプスでバックも白で春らしさを演出しています。

温度調節には、カーディガンやジャケットを着るといいでしょう。首元にスカーフとかアクセサリーをつければ、ワンランク上のコーデになります。

夏のレディースコーデとは?

夏のレディースコーデはやはり汗をかきやすいシーズンなので、風通しがいい素材と形状が大切です。色も涼しげな白とか、ブルー系が主体となるでしょう。

白のカーディガン

白のレディースカーディガンは、軽いのが特徴です。少し肌寒いときや便利なファッションです。さらっとしたカーデで、アクリル75%ナイロン25%のカーデです。顔まわりをすっきり見せてくれるVネックカーデは、折りたたんで持ち歩けて便利です。手洗いOK。

汗を逃がす素材の夏ジャケット

レディース・ジャケットは「吸汗・速乾」汗をすばやく逃がす素材なので、汗ばむ夏にぴったり。サラッとした肌当たりで洗濯機で洗えるカットソー素材なので、管理も楽です。ストレッチ素材なので、腕も曲げやすく楽な着心地。素材は綿65%ポリエステル35%の混紡。

カラーがないトレンドデザインのレディースジャケット。動きやすく扱いやすい素材なので、毎日楽に着られるファッションです。袖丈は8分袖で折り返しできる仕様でボトムスを選ばない丈になっていますから、スカートでもパンツでもコーデできるでしょう。洗濯機での洗濯もOKです。

ストライプと白の涼しげ組み合わせ

レディース・ロングスカートは縦ストライプ。ドルマンスリーブの白のニットとのコーデでモノクロファッション定番スタイルです。このシンプルさにロングネックレスの小物をプラスして動きを作ります。バッグは白で、デニムのウェッジソールサンダルは茶でコーデしています。

白レースの夏のレディースコーデ

白の語五分丈ブラウスに、レース素材の白ロングスカート。そして、白の帽子と白でコーデしたレディースファッションスタイルは。足元も白のミュールで統一。シンプルで夏らしい定番スタイルです。

夏らしいチュールレースのロングスカート

小花プリントのノースリーブブラウスに、チュール地のグレーのミモレ丈のプリーツスカートが柔らかくフェミニンな印象。バッグは白で、夏らしい透け感が涼しげなレディースファッションコーデです。

グレーのガウチョパンツとジレのコーデ

白のシャツに、グレーフェイクスエード素材のガウチョパンツのストライプとパフスリーブブラウスに黒のロングジレをあわせたレディースファッションコーデです。それにプラスしてパンプスも黒、クラッチバッグも白と黒のコンビ。全体にモノトーンコーデでまとめられています。

秋の定番ファッションコーデとは?

秋のレディースファッションコーデは、秋色を取り入れて楽しみましょう。ロングスカート、ワイドパンツなどがフィットする季節です。

カーキ色ワンピースに秋色プラスコーデ

七分袖の深めのアースカラーレディース ワンピースは、ベルトをはずとロングジャケットとしても使えます。枯葉色のポンチョは、温度調節に便利です。足もとは薄茶のロングブーツにバッグも赤茶。ポンチョとバッグのフリンジが、ボヘミアン調を演出するファッションになっています。

杢グレーのプリーツスカートは秋色コーデで

カットソーテーラードジャケットとドルマンブラウス、そしてジャージのグレー杢プリーツスカート。全体を優しい秋色でまとめたきれいめレディースコーデです。小ぶりで端正なジャケットは、カットソー素材なので着心地も楽です。

ドレープが美しいブラウスはブレード使いが大人っぽいニュアンス。動くたびに揺れるプリーツスカートはロングの定番で、色調もスタイルも全体を落ち着いた大人コーデで統一したフェミニンなファッションになっています。

白のタートルネックに、今季の注目のレディース・ニットビスチェでコーデしています。トレンドのダークカーキー色のビスチェは、ケーブル柄がポイント。アクリル100%のケーブル編と天竺編で構成されています。小物としてカーキ色のバッグと同色の帽子がアクセントです。

秋らしい色を小物で配置することで、秋のレディースコーデにピッタリのファッションとなりました。藍色のブルージーンズとも、ピッタリフィットしています。ニットビスは、スカートとの相性もいいので、幅広いコーデが期待できます。洗濯機OKですから、管理も楽でしょう。

ベージュテロンチコートコーデ

ホワイトと濃い目のベージュテロンチコートとのコーデです。インをホワイトが多いモノトーンタッチでまとめ、黒の本革ショートブーツと黒のポシェットバッグの小物で引き締めています。それが軽やか大人レディースファッションを作り出しています。洗濯機OK。

遊び心が効いたデニムとスニーカーコーデ

レディースデニムとスニーカーの定番スタイルに、フェイクスエード素材のワンピースをガウン風に羽織った大人カジュルスタイルです。首にはチェック柄スカーフを巻き、2WAYのロングネックレスを胸元につけ巻いて遊び心を楽しんでいます。バッグはリュックスタイル。

冬の定番レディスコーデとは?

冬のレディースファッションコーデは、やはり防寒がテーマとなるでしょう。ついでにマフラースヌードなどの小物類も主役に躍りでてきます。ショートブーツ、ロングブーツなども、かさばるコートやダウンなどのバランスを取ってくれる必須アイテムとなります。

ロングベストが着まわししやすい!

レディース・ダウンロングベストは薄手のコートの下に着れば、軽くて着ぶくれ知らずで温かいアイテムです。着脱も簡単で、形態的にも軽くて便利。ワンピースなどの上からアウターとしても使える優れものです。シンプルでスッキリしたデザインで何に対しても相性は抜群です。

写真のようにスキニージーンズにロング丈のTシャツやウールのワンピースにもピッタリ。スキニーの上から履いた茶のロングブーツが、粋な味をだしています。表も裏もナイロン100%で/ダウン90%フェザー10%の素材。自分で手洗いができるので、管理も楽でしょう。

鮮やかロイヤルブルーのショートベスト!

定番のレディースファッションコーデと小物使い|春/夏/秋/冬

黒のニットセーターと黒のスキニーパンツ。全身黒でまとめて、その上からダウンのショートベストをまとっただけです。鮮やか色彩のロイヤルブルーが、冬の空に新鮮に映ります。ジッパー部分が黒が、唯一のアクセント。これにスヌードをつければ、小顔効果が生まれるでしょう。

薄手のダウンコートは重宝なアイテム!

薄手のレディースダウンです。薄手コート下に着てもかさばらず、着脱も簡単です。薄手のダウンなので、軽く持ち運びも楽です。インにもアウターとしても使えて活用範囲も広く、裏地のチェックも可愛いデザインです。ダウン90% フェザー10%で、表地はナイロン。手洗いもOK。

コート自体がごくシンプルですが、肩に取ったタックがきれいなドループを作っています。コーデとしては黒の帽子、黒のパンプス、黒のシャツが全体のバランスを取っています。パンツを白にしたのは、重さのバランスを調節したのでしょう。

スモーキィブルーの短めダウンコート!

ボリュームのあるエリと細身のシルエットのレディースダウンコート。ややウエストをシェイプしたデザインでシンプなのに、フェミニンさなやわらかさが感じられるスモーキィブルーのダウンです。ポリエス素材の生地にダウン80%フェザー20%が入っています。洗濯はドライのみです。

インナーにきた白のセーターと白のバッグのコーデが、重くならないバランスを取っています。エリのモコモコ感が、小顔効果も引き出しています。ストライプのタイトスカートのコーデですが、ジーンズや他のパンツとも相性が良く、汎用性が高いコートです。

洗濯機で洗える羽毛!

上質素材なのに洗える高機能なダウンコートです。速乾性に優れた羽毛を使用しているので、洗濯機で洗えてしまいます。保温性に優れているので暖かさをキープしてくれ、ウエストシェイプ形状はシルエットも整えます。色もグレーと黒でコーデしやすいレディースアイテムです。

Sサイズのさんにおすすめなファッションコーデとは?

小さいサイズの方が、少しでもすらっと見えるためにはバランスコーデに気をつけましょう。Sサイズさんに大きな柄は、子供っぽく見えてしまいます。Sサイズさんは柄物を着る時は、チェック柄ならギンガムチェック、大きな花柄よりは小花柄がオススメです。

同様の理由で、ボーダー柄よりもストライプ、そして、コーデをIラインにまとめるといいでしょう。シンプルにワントーンコーデにするとか、同系色でまとめましょう。さらに、首元の鎖骨などを出し、V字に開けると縦ラインを強調することができ効果的です。アクセサリーも大人っぽいものをつけましょう。

ストライプ柄が縦長効果!

トレンドのレディースワイドパンツは白のレース素材。目を引くストライプパフスリーブブラウスは、ワイドパンツとのバランスが絶妙です。定番のストライプは、縦線を強調するため背が高く見えます。ストローハットの小物使いで視線も上にいき、重くならないファッションです。

首元解放で背を高く見せる術!

小さな小花模様がSサイズの方にピッタリです。鎖骨を見せて首元を開けているので、背も高く見えます。オフショルダーのトップスはセクシーにも見せます。どこかクラシカルな印象を漂わせる小花柄は、パンツスタイルやスカートにも合うSサイズさん向けのレディースコーデです。

ピスチェが視線を上へ!

Sサイズの方にぴったりの定番ギンガムチェック柄のスカートに、キュートな同色レディース・ビスチェ。ゴムギャザーのフォルムが、ボディにフィットします。ニットトップスはレイシーでエリ元が大きく開いているのと、ピスチェ着用のため視線が上に来るため背も高く見えます。

Iラインをつくる裾プリーツワンピ

レイヤードが楽しめるレディース・アクセントアイテムです。これ一枚でも、上からカーディガンなどを羽織ってもOK。裾のプリーツ部分は、透け感が美しいシフォンジョーゼット。ストンとしたデザインはIラインが作れ、小さいサイズの方向き。素材はポリエステルと綿混紡です。

レディースファッションコーデの小物使いは?

ファッションを定番でまとめると、地味っぽくなる傾向もあります。そういう時、コーデを華やかに立体的にするためには小物の出番でしょう。小物としては、手袋、帽子、マフラー、スカーフ、靴、バックなどいろいろなものの組み合わせで、コーデのニュアンスも変わってきます。

靴のコーデは?

♦黒のパンプス
レディースシューズに関して持っていたい定番というのは、黒のパンプスです。シンプルな黒のパンプスはビジネスでもプライベートにも使い回せるアイテム。ヒールの高さ、デザインなどであなたらしさを出しましょう。一般的人気なのは3.5cmヒールです。

♦黒のロングブーツ
冬には、黒の皮製のロングブーツが定番。あまり高くないヒールを選ぶと、はき心地もよくさまざまなシーンで活用できます。パンツにもスカートにも応用できます。

♦バレーシューズ
ぺたんこ靴のバレーシューズは休日にリラックスしたい時など、またプライベートシーンに持っておきたい一足です。色はあなたの好きなコーデを考えてお好きな色を選択しましょう。

♦スニーカー
アウトドア派でない方でも、一足は持っておきたいアイテムです。人気№1はSTAN SMITH(スタンスミス)レディースで、いろいろな色がそろっています。アディダスを代表する完成されたデザインは、定番中の定番で芸術品と言っていいほどです。カラーはグレーがおすすめ。

2番人気はVANS ERA(バンズ エラ)です。夏にかけてVANSのスニーカーはコーデ必須アイテムですから一足は持っておきたいアイテムです。ツートンカラーがおすすめです。明るいカラーの方がERAっぽいので、季節的にも夏場に楽しみましょう。

三番目は.CONVERSE ALL STAR HI(コンバースオールスターHIカット)。誰でも知っているスニーカー。クイーンオブスニーカーとも言われています。スタンダードなデザインなためレディースでも変りません。色はオーソドックスな白、生成りが着回しに悩まないでしょう。

バッグのコーデは?

レディースバッグとして定番は用途にもよりますが、使いやすさを考えるとトートバックとリュックタイプでしょう。トートバッグは持ち手が長く、口が大きく開くため物が入れやすいのが特徴です。中の仕切りやマチが分割されていて、外ポケットも多いと使いやすいでしょう。

初めて購入する時は黒が茶が汎用性が高く、春・夏には白や生成り系がファッションとマッチしやすいでしょう。写真は、2ウェイのファッション性が高いリュックです。リュックタイプは両肩で背負うため肩の負担が少なく、荷物の多い時に重宝です。

ベルトのコーデは?

レティースベルトの定番アイテムというと、中程度の幅のベルトで、初めての色はやはり黒、茶系が汎用性が高く重宝します。白も春・夏には活躍します。写真のベルトはパッチングしてありますが、シックな色目で革製、ほどよい太さのベルトです。人気アイテムは以下のとおりです。

♦日本製ittekiの革ベルト
レディース革ベルトの定番はittekkiの革ベルト。日本製12色で人気。日本製なので安心。レトロなバッグルカラーで12色から選ぶことができます。太さもほどほど、使い込むほど味が出る革製。初めての選択は黒、茶系が汎用性が高く何にでも合うでしょう。

♦ beltllaboのメッシュ牛革
ベルト専門店のbeltllaboのメッシュ牛革も、何にでも合う汎用性が高く人気です。柔らかな革を編みこんだメッシュ仕立て。スタイリッシュなメッシュデザインで、シルバーバッグルの7色のラインアップ。シルバーバックルがシックで、コーデの幅が広がります。

手袋のコーデは?

レディースの手袋の多くは冬に防寒用として活用されますが、素材はウールのものから革手袋といろいろな種類があります。トリコットなどの素材でおしゃれ用として、また紫外線カット用に布手袋をする場合もあります。靴の色に合わせて持っているとコーデしやすいでしょう。

アクセサリーのコーデは?

アクセサリーひとつで想像以上のファッション効果が上がるものです。色とアクセサリーの相性もあり、銀色のプラチナなどは黒や紺などに映えますし、ベージュ、茶系、赤系にはゴールド系のアクセサリーが映えます。白のトップスには透明感のあるガラスビーズなどが映えます。

活用幅が広いパールネックレス!

パールの一連使いについては、オールマイティのアクセサリーです。ロングパールネックレスなら、二連にも三連にも使えます。三連にすれば、首元が豪華になります。ラフなシャツにジーンズという出で立ちも、パールはフェミニンなコーデに変えてくれる重宝なアイテムです。

多彩なシーンに使えるビジョーとビーズネックレス!

ビジューネックレスは全体に装飾がついていて大ぶりで存在感があり、顔まわりが明るく華やいで見えます。ただ柄物とか派手な色のブラウスよりは、シンプルなスタイルの方がその効果が見られるでしょう。銀色系にすれば、何にでも合う重宝なアクセサリーになるはずです。

ビーズネックレスは、ガラスビーズや天然石などが編みこまれたネックレス。ビーズに使われた色が、トップスとのコーデを引き立てるアクセサリーです。ロングタイプが、縦ラインを作ってくれます。ニットなどに、ビーズネックレスの縦ラインを作るとファッショナブルに装えます。

プチペンダントは全体コーデから浮かない!

チェーンの先に小さなストーンなどがついているプチネックレスは、おおむね華奢なデザインです。主張しすぎないので、全体から浮きあがりません。そのさりげなさが、どんなレディースファッションにも合うのです。ピアスとセットで持っていると、コーデの幅も広がります。

ベレー帽のコーデは?

レディース帽の定番というと、やはりべレー帽でしょう。室内で脱がなくていいですし、マニッシュにもフェミニンにも適応でき手軽に着用できます。冬にはウール素材、夏にはニット素材を使います。このベレー帽をかぶるだけで、ファッショナブルに変身できます。

ニット帽もレディースファッションの定番アイテムです。何より場所やファッションを選ばずポピュラーに着用でき、かぶることで上質ファッションを演出できます。冬はウールニット、春・夏はコットンニット帽など、手作りもできて身近な存在の小物です。

マフラー&ショールのコーデは?

レディースのマフラーやショールも、秋・冬に大活躍してくれます。特に、大判のショールはカーディガンやコート代わりに防寒の役割を担ってくれますし、レディースコーデのアクセントになります。二重に巻いたり、ドーナツ巻きをしたり色々なシーンで活用することができます。

スヌードで小顔効果を!

レディースファッションのアレンジに、スヌードも活躍してくれます。防寒にもなりますし、首元に巻くことで小顔効果も期待できます。長く垂らして巻く定番の巻き方では縦長効果が期待でき背も高く見えます。いろいろな巻き方もあり、重宝なコーデのアレンジに活用できます。

定番を基本に小物使いでオリジナルコーデを!

定番のレディースファッションコーデと小物使い|春/夏/秋/冬

レディースファッションコーデにおいて、定番の意味が大切か分かっていただけたでしょうか。やみくもに積んでも建築物は壊れてしまうのと同様に、ファッションコーデにおいても基礎からの積み上は大切です。

定番服はあくまで無地や無地に近い柄でシンプルに選び、そこに小物でコーデする。これが賢いワードロープの設計図となります。後のアレンジはあなた次第。定番ワードロープのセオリィをマスターして、毎日のファッションコーデに生かしてください。

関連記事

Related