Search

検索したいワードを入力してください

写真写りが悪い人の特徴|可愛い/イケメン/美人

Author nopic iconkokoro.s
性格・タイプ / 2019年01月30日
写真写りが悪い人の特徴|可愛い/イケメン/美人

写真写りが悪い人の特徴とは

履歴書やパスポート、免許証などどうしても写真が必要な時もあります。写真写りが悪い人でも、そんな証明写真からは逃れることが出来ません。残念な事にそんな写真ほど長く使われることになります。長く人の目に触れる写真を少しでも写真写りが良いものにするために、写真写りの悪い人の特徴を知りましょう。

写真写りの悪い人の特徴を知ることで、今まで写りが悪くて苦手だった写真を撮られることが嫌ではなくなることもあるでしょう。

男らしさをアピールする表情が出来ていない

SNSなどに自分の写真をアップしようとしても、イマイチ自分が思ったような写真が撮れないと悩んでいる人もいるでしょう。友人と旅行へ出かけて、みんなでスナップ写真を撮影しても自分だけがなんだか写真写りが悪いような気がして写真が好きではないという人もいるでしょう。そんな写真写りが悪い人は女性よりも男性の方が多いといわれています。

女性はプリクラなどで自分が良く見える角度やポーズを研究し、学習しているということが考えられます。写真写りが悪い人、中でも男性は男らしさをアピールする表情がわからないという特徴があります。

ファッション雑誌をよく見る人は、その中から自分と雰囲気が似ているモデルや髪型が似ているモデルの顔の角度、表情などの特徴を真似して鏡の前で自分はどんな角度が男らしく写真に写ることができるのか研究すると良いでしょう。

写真に撮られることに慣れていない

写真写りが悪い人の特徴として、写真嫌いな人が多いということもあげられます。昔の自分の写真を見ていると目をつぶってしまっていたり、機嫌が悪そうな顔をしていたりと、写真に対して良くない過去を持っている人が写真写りが悪い人となってしまうこともあります。

それは、自然と写真が嫌いだという気持ちが表情や顔の角度に現れてしまうのではないでしょうか。「また変な顔に写ったら嫌だな」という気持ちや、できるだけ写真に撮られないよう体を捻ってしまったり変な方向を向いてしまったりという、深層心理からくる写真写りの悪い人もいるのです。

無理に笑顔を作ろうとしている

スナップ写真など、知らない間に撮影されていたりする写真は良いけれど「撮るよ」と言われるとどうしても顔が歪んで写真写りが悪い人というのはいるものです。写真写りの悪い人の特徴に表情が硬い、笑顔に無理があるというものがあります。

「笑って」と言われたり、「笑わなければ」と思ってもそんなに楽しくないのに笑うことは難しいですし、カメラマンからじーっと見つめられていると思うと余計に緊張してくるでしょう。自然な表情が出来ていない写真は、自分や他の人から見ても「なんだか写真写りが悪いね」と感じられるという特徴があるのです。

顔の彫りが浅い

写真写りの悪い人の特徴のひとつに、彫りが浅いというものがあります。写真を撮影する時に、フラッシュを使う場合など顔の凹凸がないと、まぶたがはれぼったく写ってしまったり、極端な場合鼻が鼻の穴しか写っていないなどという写真が撮れてしまいます。

彫りが深く、鼻がシュッと高い人の方がかっこいいという印象を与えられるでしょう。顔にあまり影が出来ないような状況では、彫りの深い人の方が写真写りが良いのです。

顔の左右の歪みが大きいのかも

ほとんどの人の顔は左右対称にはなっていないものですが、そのズレがひどい人は証明写真のような正面からのショットで撮影すると、どうしても顔の歪みという特徴が目立ってしまいます。
普段人の顔を正面からまじまじと見る機会というのは少ないでしょう。角度がついていることでその人の顔の歪みが目立たなくなっていても、写真ならその歪みという特徴を赤裸々に映し出してしまいます。顔の歪みが大きい人は、正面写真ではそれが強調されるという、写真写りが悪い人の特徴となってしまいます。

猫背など姿勢の悪さが写真写りに影響する

自分の顔や身長などにコンプレックスがある人は、自然とそれを隠そうとして猫背になってしまう姿勢の悪さが目立つという人も多いでしょう。

猫背であごを突き出した姿を切り取ってしまった写真を良い写真だとは思えないでしょう。少しでも写真写りを良くしようとするなら、写真を撮影する時だけでも背筋を伸ばして顎を引きキリッとした表情を心がけてみてはいかがでしょうか。

男性なら思い切って顎を上にあげた顔というのも自信に満ちた良い表情の写真が撮影できることもあります。写真写りが悪い人は、まずは姿勢を正してみることをおすすめします。背筋を伸ばすことで、写真から受ける印象は大きく変わるでしょう。

可愛い・イケメン・美人なのに写真写りが悪い人の特徴

美人な人ほど写真写りが悪い人という特徴があります。なぜ美人な人は写真写りが悪い人と感じる場合が多いのでしょうか。

まずは、美人なのに写真写りが悪い人の特徴から見ていきましょう。

写真写りは実物と比べて初めて良し悪しが決まるもの

写真写りが悪い人の中には「実物はとっても美人なのに」「イケメンなのに」という人もいるのではないでしょうか。写真写りが悪い人の特徴に、実物と比較して良くないという特徴があります。実際のその人を知っている人ほど美人は写真写りが悪い人というイメージを持ちやすく、写真だけ見た場合「普通に綺麗な人だね」という印象を受ける場合もあるのです。

実物があまりにも良すぎて、なおかつその人のことを知っている人からすると、写真が物足りない=写真写りが悪い人というレッテルを貼られてしまうのは避けられないことと言えるのではないでしょうか。

また、表情が活き活きとしている美人であり、極度に緊張しやすい人の場合は、写真を撮影する時に表情が硬くなってしまって写真写りが悪い人になってしまうという特徴もあります。

二次元に収められる情報量の不足が原因?

実物はとても綺麗な人なのに写真写りが悪い人というのは、その人の素晴らしさを二次元では表現しきれないこともあります。プロが撮影する時は、ライトの位置、背景をぼかして人物を浮き上がらせるような被写体深度を操作できるカメラ、また、その人が一番綺麗に見えるポーズや角度をカメラマンが移動して見つけ出して撮影してくれます。

逆に言えば、そのくらいやらないと人を写真に収める時に美しい写真にはならいということなのではないでしょうか。

最近は携帯やスマホのカメラも進化していて綺麗に撮影できるようになりましたが、それでもプロの技術や経験にはかないません。プロでも努力したり良いレンズを使ったりしないと綺麗な人をより綺麗に見せるような写真を撮影することは難しいのです。素人が撮影した写真で美人な人をより美人に撮影しようとする(写真写りの良い写真を撮る)のには限度があるのではないでしょうか。

続いては、顔が整っていない人が写真写りが悪くなってしまう理由を紹介!改善して、写真写りをよくしよう!

写真写りの良し悪しは個人的な好みとは関係なかった

写真写りが悪い人の特徴に、写真に撮られ慣れていない、表情が硬い、姿勢が悪いなどがありました。

写真には人の好みに関わらず、良く見える顔のバランスがあるのです、バランスの悪さを隠したり、男らしいなど内面的なことまで顔の角度や表情で表現するという努力で補える人が写真写りが良い人となるのではないでしょうか。

たまたま昔撮影した写真で写真写りが悪かったから「写真は嫌い」などと食わず嫌いをせずに少しでも自分をよく見せる事ができる写真の写され方を研究してみてはいかがでしょうか。

写真写りの良いアプリを利用してみてはいかが?

誰もが利用しているスマホには、さまざまな写真アプリをダウンロードすることができます。
普通に撮る写真よりも写真映えし、オシャレに撮ることができるので是非利用してみてください。

Blockquote firstBlockquote second

フォトエディタプロ は、写真をどこでも手軽にすばやく簡単に編集するために誕生した、機能的なフォトエディタです。

• ワンタップで自動画質向上
• 楽しいステッカー
• カラーバランス機能
• トリミングと回転機能
• 明るさ、コントラスト、色温度、彩度の調整機能
• シャープネスとぼかし機能
• 描画とテキストの挿入機能
• 自分だけのミーム
• 化粧ツール:赤目修整、傷の消去、歯のホワイト修正機能