Search

検索したいワードを入力してください

男性が上手く自撮り出来るコツ|カメラ/スマホ・おすすめアプリ

Author nopic iconyui.moro
雑学 / 2019年01月09日
男性が上手く自撮り出来るコツ|カメラ/スマホ・おすすめアプリ

男性の自撮りが増加

SNSがどんどん普及していく中、男性でも自撮りをする方が増えてきています。特に芸能人はブログやSNSに自撮りを載せていることも多く、憧れの芸能人を真似て自撮りをする男性も多いです。

しかし、自撮りはとても難しいです。自分で自分を撮影するにはコツがいりますし、中々きれいには撮れません。うまく自撮りをしている男性はどんな工夫をしているのか、おすすめのアイテムやアプリなどを中心にご紹介します。

男性がうまく自撮りするコツ

男性がうまく自撮りをするには、コツが必要です。ここでは誰でも簡単にできるコツをご紹介します。少しのコツさえ掴めれば、きっときれいな自撮りができるようになります。

身だしなみをチェック

まずはスマホで男性がうまく自撮りをするコツを、いくつかのポイントに絞ってご紹介します。1つ目のコツは基本的なことではありますが、身だしなみをチェックすることです。髪の毛や服装、ひげなどのチェックを行うだけでも見栄えが良くなります。

特に気を付けたいのが髪型で、髪を丁寧にセットするだけで清潔感や印象が良くなります。ワックスなどの小物を活用しながらきれいなセットを心掛けましょう。

ポーズはシンプルにする

2つ目のコツはシンプルに撮ることです。男性が自撮りをするときには決め顔をしたりポーズをとる方も多いですが、シンプルな方簡単いうまく撮れるのでおすすめです。変に決めようとしてしまうと逆効果になってしまい、かっこよく見えない場合が多いです。芸能人など撮りなれている場合はポーズを決めることもありますが、初心者の場合はシンプルにしましょう。

撮る角度に注意する

3つ目のコツは、撮る角度と顔の角度に注意することです。スマホは斜め上から顔に向けるようにし、顔は上に向けないように顎を引いて撮影します。そうすることで顔の輪郭がシャープに見え、クールでかっこいい印象の自撮りができます。

あまり顎を引いたりスマホを上にあげすぎてしまうと、カメラを睨んでいるような写真になってしまいますので注意しましょう。スマホの位置は軽く腕を斜め上に伸ばすくらいがちょうどいいです。

背景を工夫する

男性がかっこいい自撮りをするコツとして、背景をうまく活用するのもおすすめです。モノトーン調の背景やオシャレな場所での撮影は、それだけでかっこよさもアップします。家で撮影する場合に周りに何もないときは、シンプルな壁の前などで撮影すると良いでしょう。

また、視線はカメラに向ける必要はありません。自撮りはどうしてもカメラ目線で撮る印象が強いですが、男性が1人で自撮りする場合にはあえて視線を外す方がこなれ感がアップするのでおすすめです。

スマホ以外の撮影の場合のコツは?

デジカメなどのカメラで自撮りをしたい場合も、基本的にはスマホの場合と同じで問題ありません。スマホの方が手軽に自撮りができますが、やはりカメラの方が性能は良いのできれいに撮影することができます。特に至近距離での撮影になる自撮りには、カメラの方が適しています。

コツ以外にも小物を使えばさらにきれいに

男性の自撮りに必要なコツが分かったところで、次はおすすめの小物をご紹介します。安価で簡単に手に入る小物を使うだけでも、クオリティはかなりアップします。ぜひ参考にしてみてください。

セルカ棒

セルカ棒は自撮りアイテムの中でも定番中の定番で、スマホを棒の先に固定して伸ばして使います。棒とスマホをつなぐことで、手元のボタンでシャッターがきれるようになるのでコツも必要ありません。自撮りでも遠くから撮影したような写真が撮れるので、とてもおすすめです。価格も1,000円前後から販売されているので手軽に買えます。

だだしセルカ棒は使用禁止の場所もありますので、確認してから使用するようにしましょう。セルカ棒が禁止の場合には、棒ではなくコード式のセルフシャッターなどもありますので合わせて活用してみてください。

スマホ用ライト

次におすすめしたいのが、スマホに付けられる小さなライトです。イヤホンジャックなどに挿して使うものが多く、自撮りの際に顔周りを明るく照らしてくれます。スマホの上部からの光なので、斜め上から当てると顔がきれいに映ります。美顔効果もあるので、肌つやもよく映ります。

ライトの種類や色、大きさなどさまざまな種類がありますのでいろいろと試しながら合うものを見つけましょう。男性の自撮りでライトをうまく使うコツは顔に直接ではなく、斜め上から当てることです。間接的な光の方が、顔はきれいに映ります。

マクロレンズ

マクロレンズは、スマホなどの自撮りでも広範囲を映せるようにするアイテムです。スマホのカメラレンズ部分に装着するだけで男性でも簡単に使えますし、最近では100円ショップなどでも販売されています。

広範囲を映せるので顔のアップ写真になってしまうこともなく、ほどよく背景の映った自撮りができます。マクロレンズはコツいらずで広範囲の写真を撮れるので、とてもおすすめのアイテムです。

男性の自撮りのためのおすすめアプリ

LINE Camera

LINE Cameraは自動補正が便利です。自然な仕上がりで肌などを補正してくれるので、違和感なくきれいな自撮りができます。男性でも手軽に使うことができ、自動補正の他にもたくさんの編集や加工の機能があります。

LINEならではのスタンプや加工があるので、他のアプリではできない編集もできておすすめです。フィルターを使って撮影すれば、自分好みの雰囲気や色合いの写真を撮ることも可能です。

B621

B621はARフィルターで背景を変更したり、ビューティー効果で小顔や美しい肌に補正できるアプリです。シンプルな作りなので男性でも使いやすく、コツいらずできれいな自撮りができます。SNSに投稿されている写真もこのアプリが使われていることが多く、自撮り以外にもSNS映えする写真に編集することも可能です。

Beauty Plus

こちらのアプリの最大の特徴は、顔認証が付いていることです。撮った写真の顔部分を自動で検出し、肌や輪郭をきれいに整えてくれます。さらにシミなどの気になる部分を修正することもできます。

肌つやが良くなるだけでなく、自然な仕上がりで全体を整えてくれるのでコツいらずできれいな写真に加工できます。デカ目やクマ消しなど細かい修正機能もあるので、自分で気になるところを集中的に加工してみましょう。

SNOW

SNOWは若い女性を中心に人気の高い写真加工アプリで、男性の自撮りにも多く使われています。さまざまなスタンプや加工を、顔に合わせて自動で行ってくれるので大人数で集まるときにも楽しめます。

男性が使う場合のコツは、あまり凝ったものではなくシンプルなスタンプを選ぶことです。男性があまり派手なものを使っていると、女性からの印象は良くありません。SNOWは男性の自撮りでは上級者向けなので、他のアプリで慣れてから使うと良いでしょう。

男性の自撮りは評価が厳しい

女性の自撮りに比べ、男性の自撮りは周りからの評価が厳しいのが現状です。そのため、男性が自撮りをする場合にはコツやポイントを活かしながらうまく撮る必要があります。周りからの評価が厳しい分、うまく撮れた時の反応も良いのでぜひ頑張ってみてください。

まずは今回紹介したコツを参考にしながら、少しずつ練習してみることをおすすめします。SNSなどに男性の自撮りをアップする場合には、特に背景に注意するといいでしょう。人物がメインではなく、景色がメインのように見せて撮ると評価も高くなります。

上手な自撮りで周りと差をつけよう

いかがでしたでしょうか。男性の自撮りは、女性よりも見方が厳しくなってしまうのが現状です。さまざまなコツやポイントを押さえて、良い写真を撮りましょう。最初はなかなか難しいですが、コツを掴めると簡単に上手な自撮りができるようになります。ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

Related