Search

検索したいワードを入力してください

結婚式に参列する女性のパンツスタイルコーディネート・マナー

Author nopic iconSAWA
フォーマル / 2018年01月19日
結婚式に参列する女性のパンツスタイルコーディネート・マナー

結婚式に出席する際の女性のパンツスタイルのコーディネート

結婚式に招かれることはとても嬉しいことですが、ご祝儀の金額で悩むよりも、何を着ていこうか悩む人の方が圧倒的に多いのです。昔はタブーとされていた膝上スカートやパンツスタイルも、現代では華やかさやお祝いムードに適っていれば全然OKとされています。

スカートだとどうしてもドレスになり易く、結婚式以外では着ることもなくなってしまいがちな衣装ですが、パンツスタイルだと他でも着るシーンがあるので無駄にはならない点から、最近の女性には結婚式の衣装にパンツスタイルが好まれる傾向があります。

そのパンツスタイルも、どんなものでもいいと言う訳ではありません。パンツスタイルで結婚式に出席するための衣装のポイントをいくつかご紹介します。

パンツスタイルの色遣いのポイントは?

パンツスタイルのコーディネートは、華やかさをしかり持たせるために、小物との組み合わせがポイントになって来ます。ごちゃごちゃしないように、色の比率を取り入れると、上手くパンツスタイルが決まります。

プラス・小物3つの場合

パンツスタイルに、加える3つの小物とは、「パンプス・バッグ・ネックレス」のことを指します。この3つの小物をパンツスタイルに組み合わせる時の色合いのポイントは「2:1」です。

例として挙げると、「パンプス・バック」をブラックにした場合、「ネックレス」をホワイトベージュなどにして「2:1」の配色にします。そうすると、自然な配色になり、かつ失礼のない色合いになります。

プラス・小物4つの場合

先程のように今度は小物が4つです。この場合の4つの小物は「パンプス・バック・ネックレス」と先程と同じアイテムに「ボレロ」などの羽織ものを加えた場合です。

このときのパンツスタイルに合う色のバランス比率は、出来れば「3:1」もしくは「2:2」がバランスの良い色使いになります。

「3:1」のバランスで例えると、パンツスタイルがブラックの場合、「パンプス・バッグ・アクセサリー」をシルバー系でまとめ、「羽織もの」はパンツスタイルと同色のブラックにするなどです。

アクセサリーが沢山あって決まらない場合

アクセサリーは、華やぎをもたせる意味で良いアイテムですが、あれもこれもと思っていたら、あっという間にごてごて・ギラギラしてしまいます。

アクセサリーを色々着けようと思っている場合は、一回アクセサリーを全部身に付けてから、「余計だな」と思う物をどんどん外していくと、アクセサリーのコーディネートが簡単に仕上がります。

冬はどうコーディネートしたらいい?

冬は厚めの生地でパンツスタイルを決めましょう。重ね着はせっかっくのフォーマルな感じを台無しにしてしまうので、生地選びが基本です。しっとりとしたベロア素材や、光沢のある素材のパンツスタイルにするのがベストです。

肩や腕の出るパンツスタイルには、ショールという手もありますが、ショールは邪魔になりがちなので、長袖のボレロや、パンㇲスタイルに合ったジャケットがお勧めです。

色や丈を、基本となるパンㇲつタイルに合わせて、ボレロだけ浮いてしまわないように気を付けて下さい。

ショールで気を付けるべき点は?

冬だからと言って、ショールやボレロがファーの物はNGです。これはマナーとして、室内で着るものではないからです。

言ってしまえば「防寒着」にあたりますので、室内では脱ぐべきものとして扱います。成人式を思い出していただければ分かりやすいと思いますが、白いファーのショールを成人式の館内でも着けたままの女性がいますが、あれも実は屋内では外すのがマナーなのです。

結婚式でジャケットを着てもいいの?

ジャケットはフォーマル感があがるので、パンツスタイルには合わせやすいアイテムです。特に冬場はジャケットか、ファー素材以外のボレロが羽織もののマストアイテムになります。

ジャケットの雰囲気によっては、洋服をカジュアルダウンさせるような物もあるので、ちょっとカジュアル気味かなと感じたら、アクセサリーや靴・バッグをきちんとフォーマルにしていれば問題ありません。

「寒いから」という理由でパンツスタイルにした様な、重ね着風に見えないように着こなすことがポイントです。

ボレロで気を付けることは?

ボレロで注意すべき点は素材です。まずNGなのがニットです。ニットのボレロはフォーマル感を台無しにしてしまいます。普通のお出かけなら良いのですが、結婚式には向きません。

結婚式でもう一つNGなのは、ファーのボレロです。ファーのボレロやショールは「防寒着」とみなします。ですので、会場まで着ていく分には良いのですが、館内に入ったら脱ぐのがマナーになります。

ボレロは種類が豊富なので、この二つに気を付けておけば、結婚式のフォーマル感を台無しにしなくて済みます。

結婚式にふさわしい生地はある?

基本的にパンツスタイルというのは結婚式にはNGです。しかし、昨今はそういう風習も薄れ、女性はスカート!という観念も無くなって来たので、パンツスタイルでも問題無くなりました。

しかし、パンツスタイルにする時はどうしてもビジネスのイメージが付きまとってしまうので、結婚式であることを意識すると、光沢のある生地を選ぶのがベストです。

また、柔らかい生地もビジネス感を出さないので、シフォン生地なども良いでしょう。形によってはブラックやネイビーではビジネス感が出てしまうので、思い切って少し色味のあるパンツスタイルにすると無難です。ただし、柄物はNGです。

結婚式の女性のパンツスタイルのマナー

結婚式の形が多様化している現代、結婚式に招かれたときに来ていく服も多様化しています。ですので、昔はNGだったパンツスタイルも最近では結婚式でも多く見かけるようになりました。

しかし、スカートの方が格上であることを忘れてはいけません。パンツスタイルが基本的にマナー違反になってしまうのは、親族の結婚式や、あなたが主賓で招かれた結婚式の場合です。こういう場合は、失礼にあたりますのでパンツスタイルは避けましょう。

ワンピースでもツーピースでも、華やかさがあるパンツスタイルであれば、結婚式のドレスコードをクリアしていると言えます。華やかさが足りないと思う時は、アクセサリーで華やぎを演出しましょう。

結婚式用のパンツが買えるオススメ通販の紹介

結婚式に着ていけるようなパンツスタイルの服を探すのは結構大変です。日頃行くようなお店ではなかなか売っていないのが現状かもしれません。

そういった時は、通販に限ります。価格も店頭販売されているものよりも安価ですし、種類も豊富、アレンジ仕方も載せているところもあるので、ぜひオススメの通販を覗いてみて下さい。

Become

パンツスタイルというより、パンツドレスを扱っている通販です。ここならお好みのパンツスタイルが見つかるでしょう。価格も良心的で、大きいサイズまで揃っています。商品の写真には、他のアイテムも併せて載っているので参考になります。

カテゴリで「パンツドレス」と検索すると一斉に見れます。価格からも選ぶことが出来るのでオススメです。

Amazon

お馴染みのAmazonです。Amazonでも結婚式向けのパンツスタイルがそろっています。悩み過ぎて結婚式まで日がない、などというピンチな時にもAmazonなら配達が早いので助かります。

商品の評価も分かるので、購入の際には参考にしやすいです。また、同時に小物も探すことが出来るので、全身コーディネートしやすいです。

大きいパンツスタイルの服が買えるブランド

大きいサイズのパンツスーツやパンツドレスはなかなか店頭販売していないので、探すのが結構大変です。そんな時は、通販で検索するのが一番です。そこで、オススメの通販サイトをご紹介しますので、あなたに合った上品な一着を見つけて下さい。

困った時はやっぱり「Become」

検索で色々絞れますが、最初から「大きいサイズ」のカテゴリがあるので、そこからパンツドレスやパンツスタイル、またはブランド指定して行けば、他の商品と比較しながらお気に入りの一着が見つかります。

求めている商品を探しやすいサイトで、価格比較も出来るのでオススメです。

大きいサイズなら「Alinoma」

大きいサイズのレディースファッションを豊富に揃えています。ブランドや、目で見たカラーからの検索が出来るだけでなく、検索のカテゴリの豊富さも使いやすさの一つです。

まずは、自分のサイズをクリックして、そこから色々選ぶと早くお気に入りが見つかります。アイテムになる小物も豊富に揃えてあるのが嬉しいサイトです。

結婚式のパンツスタイルに似合う髪型

結婚式では服装の他にも髪型をどうするか気になります。パンツスタイルならば尚更、ビジネスやカジュアルさを出さない髪型にしなくてはいけません。物足りないな、と思った時はアクセサリーに合わせた配色の髪飾りを着けたり、ところどころキラキラ光るような、ストーン付きのヘアピンを差しておくと、コーディネートの邪魔にならずに華やいだ雰囲気を出せます。

ロングからショートまで、パンツスタイルならどんな髪型にした方が華やぐのかをご紹介します。

ロングヘアー・女性らしく魅せるならアップスタイル

パンツスタイルだと勿論下半身の露出が減ります。そして、肩を出すような服装も良しとされませんので、全体的にも露出が少なく、パンツドレスの形次第ではやぼったい感じになってしまうのがパンツスタイルの悩みどころです。

そこで、ミディアム~ロングヘアの人にはアップスタイルをお勧めします。食事などでも髪が邪魔にならないという利点も挙げられますが、一番はセクシーさを演出できる点です。特にデコルテラインの開いたパンツドレスの場合は、アップスタイルにすることで、デコルテやうなじがスッキリと見えて、より女性らしく華やいだ感じに仕上がります。

ロングヘアー・ナチュラルに可愛らしくするならダウンスタイル

ロングヘアーでダウンスタイルにする時のポイントを守れば、カジュアル感を抑えたダウンスタイルが出来上がります。

前髪を横に流すようにアレンジをしたら、サイドと一体感を持たせてキープさせます。この時に注意したいのが、お辞儀をした時に落ちて来そうな髪があるなら、カチューシャやヘアピンで留めたり、ラフにならないようにヘアゴムで結ぶことです。

ラフ感・ルーズ感が出ないように気をつけましょう。何度かお辞儀をして、髪が落ちてこないか、邪魔にならないか試して下さい。

ショートヘアーはハーフアップで華やかに

ショートヘアーだけでなく、ロング・ミディアムもハーフアップはお勧めです。特にショートヘアーなせいで髪のアレンジができないと悩んでいる人は、編み込みでハーフアップさせることがおすすめです。

また、サイドだけ後ろに流して固めるだけでも、ハーフアップ感が簡単に出せて、顔周りもスッキリ見せることが出来ます。ミディアムやロングの場合は、髪をゆるふわに巻いてから、アップさせたい所でふんわり留めると、抜け感のあるハーフアップが自分で出来ます。

ミディアムやロングの人は、食事の際に邪魔にならないように、一度頭を下げて髪が落ちないか確認しましょう。

マナーを守りつつ色と小物で特別感を演出しよう

結婚式では、やはりマナーが気になります。今は結婚式でパンツスタイルの人を見かけるのも普通になって来ましたが、年配の方になればなるほど「結婚式に女性がズボンだなんて!」と思われる方もおられます。

そう思われないようにする為にも、バッグ・パンプス・アクセサリーに華やぎを持たせたり、パンツドレスをふわっとした生地の物にしてスカート感も演出したり、パンツスタイルで結婚式に出席するには一工夫必要です。

悩んだときは、パンツスタイルでも足首の見える丈の物を選ぶと、華やいだ感じになります。柄物やミュールはNGだということに注意して、あなたらしいコーディネートを楽しみましょう。

関連記事

Related