Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】結婚するには何をするべきか・いくら貯金が必要か

Author nopic iconReA0604
結婚 / 2018年01月19日
【男女別】結婚するには何をするべきか・いくら貯金が必要か

男女別結婚するにはなにをするべきか

結婚するには何をするべきか。「結婚したい」と思う人は、男女問わずたくさんいます。相手から探し始める人、相手がいるけど結婚までなかなか発展しないまま悩んでいる人などさまざまです。

幸せな家庭を築きたいと望んでいたのに、実際結婚してみたら「こんなはずじゃなかった。」と後悔している方がたくさんいます。結婚を後悔しないようにするには、どうしたらよういのか、結婚する前になにを考えるべきかを男女別に分けて紹介します。

結婚するには、まず結婚した自分の未来を想像してみることが大切です。そして、結婚する前に今の自分が、どうあるべきかを考えてみることからはじめましょう。
【男性編】
①今の仕事についてよく考えてみる:結婚をしたら、転職はなかなかできません。奥さんや子供を養っていかなければいけません。その前に今の自分がこれから先、この仕事が向いているのかを考えてみましょう。

②貯金をする:結婚するにはお金は必要です。結婚式には、男性の方がお金が必要になります。少しずつでも貯金をしておくこと大切です。

【女性編】
①一人の時間を満喫する(一人旅、習い事など):結婚してからは、一人の時間をもつことは難しくなります。自分だけの自由な時間をとるように心がけましょう。

②自分を磨き:自分の自信につながるようにエステやジムなど外見を磨きをしましょう。

男女に共通すること

①欲しいものを買っておく:貯金をしておくことも大切ですが、家庭により自由に使えるお金もほとんど無くなってしまいます。独身のうちに後悔しないように欲しいものなどを買っておくこと。結婚してからは、お互いのことを考えてお金を使うことが多くなります。

②同棲をしてみる:同棲は、結婚をするには一番相手のライフスタイルが見えてきます。「結婚するにはこの人だ」と改めて感じることができるチャンスになります。

お互いの価値観の違いですれ違い別れてしまうことがありますが、価値観の違いに気づき後悔しても、恋愛と同じようにすぐ離れてしまう訳にはいきません。もっと相手を知るためには同棲も大切です。

③共通の趣味を持つ:結婚するには、ライフスタイルも一緒になります。そのような時に、お互い同じ趣味をもつことで結婚に近づけることにもなります。

結婚するには貯金はいくら必要か

お金

結婚するにはお金が必要です。結婚式の費用やその他にかかる費用を男女半々を想定して予算を計算してみました。2人分(あくまでも平均的目安です。)

①挙式
②披露宴
③新婚旅行
④新生活準備金
結婚するには、計250万円くらいの貯金は必要です。

結婚するには、どんな手続きが必要なの

結婚するには、どんな手続きが必要でどんな書類が必要でしょうか。それぞれ紹介します。
【転出届】今まで住んでいた市区町村から、別の場所に転居する際に必要な手続きです。
・転出届
・身分証明書(免許証、パスポート)

【転出証明書】市町村を転出したという証明書です。転出届を提出してから交付される書類です。転入届の手続きに必要な書類です。

【戸籍謄抄本】結婚前戸籍の原本がすべて記載された写しのことです。新郎の本籍地で婚姻届を提出する場合、新婦の謄本にし新婦の本籍地に提出する時は、新郎の謄本する必要があります。

・戸籍の写し請求書
・身分証明書(免許証、パスポート)

【婚姻届】受付は365日24時間可能です。
・戸籍謄抄本(届出地に本籍のない人のみ)
・身分を証明できるもの
(運転免許証やパスポート)

【転入届】新しく市区町村から引越してきた人は、4日以内に新しく住民登録をする市区町村の役所で転入の手続きをする。
・転入届
・転出証明書
・身分証明が証明できるもの
(運転免許証やパスポート)

【転居届】
・転入届
・届出人の身分証明書

【住民票】どこに住んでいるのかを証明する書類です。
・身分証明できるもの
(運転免許証やパスポート)

【新しい戸籍謄抄本】引っ越し、入籍完了後、新しい戸籍謄本を作る。
・身分証明できるもの
(運転免許証やパスポート)
など簡単に説明させていただきました。

スポーツ選手と結婚するには、何をすべきか

①スポーツ選手は体が基本です。
もちろん体力がなくては続きません。どんなスポーツ選手であっても共通することです。栄養管理が必要です。栄養士の資格など取得するなどの知識は、スポーツ選手と結婚するには大切なことです。

②スポーツの知識
結婚相手にスポーツ選手を選ぶには、まず最低限のスポーツのルールを学んでおきましょう。スポーツのルールをわからないままだと付き合っても発展しないこともあります。

他にも美意識は大切ですが、これは結婚するには全てに当てはまることです。

サッカー選手の場合

サッカー選手と結婚するにはどうすればいいのか。サッカー選手は、意外と一般女性と結婚しています。本田選手や大久保選手、それに内田選手などのサッカー選手が一般の女性と結婚しています。努力をすれば可能性はあります。

①一般女性と結婚する理由
・サッカー選手は、海外でプレーする機会が多くなってきています。そこで、一般女性は仕事を辞めてついてきてくれます。
・サッカー選手は、派手な女性よりも家をまかせておけるような方を好みやすい傾向があります。

②サッカー選手と結婚するには、知り合うきっかけを大切
・マスコミ関係への紹介
・合コン
・SNSなど
まずは、出会うきっかけから探しましょう。

30代で結婚するには、何をするべきか

男性は、30代になり大人の男性というイメージがつき、仕事に対しても自信ができ、発揮できる時期でもあります。しかし、結婚を前向きに考えるならその大人の男性目線なら女性をサポートすることも大切であり、結婚をするには大切なことです。

女性は、子供を産めるタイムリミットがあるので30代になると考える必要があり、焦り始める時期でもあります。理想的な結婚も大切ですが、現実的な考える必要となります。

35歳からの結婚

(35歳から結婚するにはどうするべきか)
【男性編】
35歳を過ぎたら5年間で結婚できた確率は、わずか3パーセントくらいです。
①体型管理: 自己管理をきちんとして中年体型にならいように気をつける。
②貯金:男性は、女性以上に結婚するには、お金を必要になります。結婚するには、外見を磨くことや相手にも両親、親族、友人を固めてしまうのが一番手っ取り早い方法です。

【女性編】
① エイジングケア (年齢とともにお肌の老化していきます。年齢に負けないようにお肌のケアを見直してみましょう。)
②受け身と積極性(積極性と受け身をバランスを考えて行動する)

彼氏と幸せになるには

【彼氏と結婚するには】
①周りを味方にする:両親、親族、友人に協力してもらうことも結婚をする近道になります。攻め過ぎない程度にさりげなく行動しましょう。
②結婚している知人の話をする:友達などで結婚している人の仲睦まじい話をしながら結婚の良さをアピールしましょう。
③将来の夢を話す:結婚するには大切なことです。相手が将来をどう伝えるのかで相手の心理もわかるでしょう。

これからの新しい未来に願いを込めて

結婚するにはどうするべきか。自分を見つめ直し現実を受け入れることです。結婚するにはお互いの気持ちも大切ですが、お金も大切です。お互いで協力して時間を共有していくことですてきな結婚生活につながります。

未来につながる結婚は、理想的なものばかりではありません。予想もしていない現実に戸惑ったり悩んだりする時も出てきます。現実を受け止めながら進んでいくことが必要です。

今の自分の生活を大きくかえる必要はありません。小さな変化を大切にし、少しでも自分の未来にプラスになるように行動することが大きな変化につながります。結婚するには、ちょっとした努力とちょっとした勇気が必要です。

関連記事

Related