Search

検索したいワードを入力してください

基本の刺繍の縫い方・種類別刺繍の縫い方・刺繍での文字の縫い方

Author nopic iconyumekko
カテゴリ:趣味

初回公開日:2017年10月12日

更新日:2020年07月10日

記載されている内容は2017年10月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

基本の刺繍の縫い方・種類別刺繍の縫い方・刺繍での文字の縫い方

基本の刺繍ってどんな縫い方?

今回は服や小物の刺繍によく見かけるフランス刺繍を紹介します。フランス刺繍の中には「×」模様を並べてモチーフを作るクロスステッチ刺繍もあります。

フランス刺繍

クロスステッチ刺繍

まずは道具を揃えよう!

まずは刺繍に必要な道具を揃えていきましょう。主に必要な物は刺繍したい布、刺繍糸、刺繍針、刺繍したい図案、図案を布に写すためのトレーシングペーパーとチャコペーパーです。刺繍する布をピンと固定して縫いやすくする刺繍枠もお好みで用意するといいでしょう。これらは手芸屋さんの他にもインターネット通販や100均でも買うことができます。

刺繍糸ってどんなものがあるの?

主な刺繍糸に25番、また5番などの種類があります。番号が大きいほど糸が細くなります。25番の刺繍糸は細い糸が6本の束になっていて、フランス刺繍をするときによく使います。6本の刺繍糸を2本取って縫うことが多いでしょう。また5番の糸は1本の糸になっており、クロスステッチ刺繍をするときによく使います。

刺繍針ってどんなものがあるの?

刺繍針は主にフランス刺繍針とクロスステッチ針があります。クロスステッチをするときはクロスステッチ用の針をそれ以外の刺繍のときはフランス刺繍針を使うと良いでしょう。また針には号数があります。使う刺繍糸に合わせた号数の針を使うので、様々な号数がセットになっている刺繍針が便利です。

刺繍したい図案を布に写そう

縫いたい刺繍図案を見つけたら、布に図案を写すことから始めましょう。(クロスステッチ刺繍の図案の場合はクロスステッチ用の布を使用しましょう。)まず図案の上にトレーシングペーパーを置いて鉛筆などで図案を写します。

次に上からトレーシングペーパー、チャコペーパー、布の順に重ねてずれないようにしながら、もう一度図案をなぞります。これで図案を布に写すことができます。もし布に写し間違えてしまっても、チャコペーパーの線は水で消すことができます。

意外と簡単!針と糸で縫っていこう

ここでは基本的な縫い方(ステッチ)を紹介します。縫い方一つでいろんな刺繍を表現することができます。難しいと思いがちですが、同じ動作を繰り返すので慣れれば簡単に感じるのではないでしょうか。

ランニングステッチの縫い方は?

なみ縫いのことです。表と裏と同じ間隔で刺繍していく縫い方です。点線のような仕上がりになります。

ランニングステッチの縫い方の動画です。

アウトラインステッチの縫い方は?

直線や曲線を刺繍したいときはアウトラインステッチをします。先に縫った糸に沿って針を刺すと連続した線を表現することができる縫い方です。

アウトラインステッチの縫い方の動画です。

サテンステッチの縫い方は?

面全体を刺繍したいときはサテンステッチをします。糸を隙間なく刺繍すると綺麗な面を刺繍することができます。

サテンステッチの縫い方の動画です。

クロスステッチの縫い方は?

表面が「×」のような形になる縫い方です。「×」の模様を縦や横に並べてくことで図案を表現していきます。

クロスステッチの縫い方の動画です。

糸始末ってどうするの?

普段裁縫をするときは玉結びや玉留めを糸始末にしますが、刺繍のときは始めも終わりも糸を結びません。例えばサテンステッチのとき、刺繍したい面のなかでランニングステッチを数回行ってからサテンステッチを始めます。そして刺し終わったら布の裏面のサテンステッチに糸をくぐらせます。

サテンステッチの糸始末の動画です。

クロスステッチの糸始末の動画です。

モチーフを刺繍してみよう

刺繍をする上でどんなモチーフを縫おうか考えるのも楽しみの一つです。色んなモチーフがありますが、比較的簡単でよく見かけるクローバーや花のモチーフを紹介します。

クローバーってどうやって刺繍するの?

シャツやハンカチのワンポイントにクローバーの刺繍を見かけます。先ほど紹介した縫い方でクローバーを刺繍していきましょう。葉の部分はサテンステッチをしましょう。クローバーの葉がぷっくりした面で表現することができます。

茎の部分はアウトラインステッチをしてみましょう。たった2つの縫い方で簡単にクローバーの刺繍を完成することができます。またクロスステッチ図案を使えば、クロスステッチの縫い方のみで刺繍することができます。

花を刺繍する簡単な縫い方は?

花のモチーフは花びらの色で違いをつけたり、たくさんの花を刺繍したりとアレンジの幅が広がりバリエーションが豊富になります。花の刺繍は花びらやめしべ、おしべの部分をサテンステッチで刺繍するだけで簡単に表現することができます。

クローバーと同様クロスステッチの縫い方でも花の刺繍は可能です。基本のステッチだけでかわいい花の刺繍が作れるのは簡単なのでおすすめです。

ふちを刺繍したいときは?

刺繍したモチーフを目立たせたいときや、サテンステッチをよりふっくら刺繍したいときなどはふちを刺繍します。その場合、ふちをランニングステッチで縫うとより印象的な刺繍ができます。

文字も刺繍できる!縫い方のコツって?

もちろん文字だって刺繍することができます。ここではひらがなやアルファベットの刺繍のコツを紹介します。

一針ずつチクチク!手縫いの縫い方のコツは?

せっかく刺繍をするなら、より完成度の高いものをつくりたいものです。文字の刺繍も糸の方向がバラバラだと糸がよれたり、見栄えも悪くなります。同じ方向で一針ずつ丁寧に刺繍しましょう。

例えば、文字の払いなど先の尖った部分を斜めに同じ方向でサテンステッチすると見栄えが良い刺繍になるだけでなく、先端部分を綺麗に表現することができます。また縦に長い形をサテンステッチするときは糸を横に、横に長い形は糸を縦に渡しながら刺繍していきましょう。糸のたるみを防ぐことができます。

ひらがな刺繍の縫い方のコツは?

丸みが印象的なひらがな刺繍は子供の持ち物などや和テイストの刺繍を作りたいときに使いますね。ひらがなを刺繍するときは文字の輪郭が分かるように直線、曲線をしっかり表現していきましょう。また文字どうしの間隔や一画一画を潰さず表現するため、チャコペンの線からはみ出ないように丁寧に刺繍しましょう。

アルファベット刺繍の縫い方のコツは?

ヨーロッパでは自分の持ち物と分かるようにイニシャルを刺繍する文化があります。すぐに自分の持ち物と分かり便利ですし、愛着も増すでしょう。アルファベットもひらがなと同様、直線と曲線を正確に表現すること、また文字のつなぎ目をしっかり糸で埋めることが縫い方のコツになります。

例えば「dd」と刺繍したい場合、文字のつなぎ目をしっかり埋めないと「clcl」と全く違う意味になってしまうので注意しましょう。

かわいい刺繍がいっぱい!図案例

刺繍本やインターネットから自分好みの図案を見つけてみましょう。今回は初心者でも始めやすい図案が載っているものを紹介します。

刺繍の本から図案をみつけよう

本屋さんや図書館ではたくさんの刺繍本があります。本を眺めているだけで素敵な刺繍に出会うことが出来るでしょう。本に出てくる刺繍の縫い方や必要な道具など載っている情報も多く、1冊で様々な刺繍を作ることができます。テイスト別にいろんな刺繍本がありますし、人気作家さんが出版している本もあります。

いちばんよくわかる 刺しゅうの基礎

日本ヴォーグ社さんが出版している刺繍の本です。基本的な刺繍の縫い方、縫い方のポイント、布の裏側の糸の様子など刺繍を始めるあたっての説明が細かく、分かりやすい入門書です。また様々な図案が実物大写真とともに掲載されており、完成像がイメージしやすい本になっています。

1色刺繍と小さな雑貨

人気作家の樋口愉美子さん著者の本です。ほっこりしたデザインが印象的です。刺繍初心者でもチャレンジしやすい図案が多く、一色の糸だけで刺繍を作ることができるのも魅力です。この本の他にも樋口愉美子さん著書の本がありますので、本屋さんで探してみてはいかがでしょうか。

アルファベット刺しゅう

こちらも人気作家の佐藤ちひろさん著書の本です。いろんな種類のアルファベット書体とステッチの組み合わせの図案が実物大で掲載されています。また初心者向けの基本ステッチ集のハンドブックもあり、縫い方が不安な方も安心です。綺麗なアルファベット刺繍された小物の作品例も紹介されており参考になります。

インターネットから図案って探せる?

今ではインターネットからいろんな図案を検索することができます。また中には無料で提供している図案もたくさんあります。無料でいつでもどこでも図案を探せるのは便利です。

このサイトでは初心者向けのシンプルなひらがなとカタカナの図案や、それらを組み合わせて入学準備などの名入れに使えるモチーフ図案が無料であります。またサイト内で基本の縫い方が動画でも載っているので針の動きをしっかり確認することができるでしょう。

クロスステッチの図案が無料で掲載されています。漢字、アルファベット、花、動物などたくさんの図案がブログ形式で紹介されています。また商用目的を含めた用途にも使用できるサイトです。

さぁ刺繍をしてみよう!

いかがでしたか。今回は基本的な刺繍の縫い方やモチーフ・文字を紹介しました。難しいと思いがちな刺繍ですが、慣れていけば簡単だと感じた方も多いかもしれません。あなたが思い描いているものを刺繍して、オリジナルで素敵な作品を作りましょう。