Search

検索したいワードを入力してください

人生の転換期はいつなのか・転換期の前触れや前兆・手相での見方

Author nopic icongoodnews Nara
手相占い / 2018年01月19日
人生の転換期はいつなのか・転換期の前触れや前兆・手相での見方

スピリチュアル的な人生の転換期はいつ?

長い人生のうちに何度か訪れるといわれる転換期、その後の価値観が大きく変わるほどの劇的な体験だけでなくても、後で振り返ってみた時に「あの選択が転換期だった」と感じることもあるでしょう。

この世に普遍的なものは存在しませんから、時代や環境の変化によって私たちの立場も変化します。その大きなターニングポイントが転換期であり、世の中の通例に合わせて自分自身をプロデュースする生き方でもあります。

スピリチュアル的に言えば、全ての転換期は魂の成長の節目と言えるでしょう。私たちの生活は絶え間ない選択の連続で形成されていますが、人にはそれぞれ心の癖があります。それまでの選択でいつしか偏ってしまった価値観や心の在り方などを克服し、自分本来の自然な生き方を身に着けるための学びが転換期です。

運気33歳の女性

女性の人生で、一つの節目として覚えておきたいのが「厄年(やくどし)」に当たる33歳です。科学的な根拠も起源も定かではありませんが、日本では古く平安時代から厄年には災いが多く降りかかると信じられており、今でも「厄除け」としてお祓いをする風習が残っています。

厄年の概念が明治35年の「年齢計算に関する法律」以前からあったことから、地域によっては数え年に合わせて厄除けのお祓いをしたり、立春から翌年の節分までを厄年とカウントするところもありますが、近年では満年齢の元旦から大晦日までを厄年として考えるのが一般化しています。

厄年は「前厄」「本厄」「後厄」と3年間にわたって続きますが、前厄は準備期、本厄がピーク期、後厄は終焉期と言えるでしょう。女性の厄年(本厄)は19歳、33歳、37歳の3度訪れますが、特に33歳は、3度の厄年の中でも大きな災難に遭いやすいとされる「大厄」の本厄に当たる年齢で、注意が必要と言われています。

34歳の女性

女性の35歳は、人生の第2幕が始まると言われる転換期です。そんな大きな節目を目前に控えた34歳は、転職や再就職の条件が厳しくなるなど、潮流の変化による転換期に備えるべき時期であると言えるでしょう。そろそろ結婚も急ぎたい30代中盤、交際は当然結婚が前提となるため、相手の男性も慎重になってしまい、彼氏がいないという人も多いのが実情です。

また、34歳という年齢は、妊娠・出産を臨む女性にとっても大きな転換期となります。あくまでも一般論ですが、妊娠適齢期といわれる20代後半と比較すると、卵子の老化が始まる30歳以降は自然妊娠が成立しにくくなる傾向があり、34歳がひとつのリミットになっています。妊娠を望む場合は、健康管理の見直しも視野に入ってくるでしょう。

38歳の女性など

女性の最後の厄年も終えた38歳は、いよいよ40代の大台が目前に迫って来る転換期です。20代と40代の過渡期である30代も終盤を迎え、既婚女性は妊娠出産期を終えて育児も追い込み期に入ります。仕事を選んだ女性も、一定のポジションを得ていることでしょう。そろそろ結婚を諦め、人生設計を老後まで視野に入れた長期プランに切り替える女性もいます。

結婚に関しては「まだまだ30代」と思える年齢で、20代から30代前半は自分磨きに忙しかった女性が「30代のうちに」と慌てて婚活を始める一大転換期です。一方で、結婚が早かった女性の中には孫が誕生する時期で、肌のコンディションや体力の衰えなど、女性としての価値観の更新を迫られる転換期でもあります。

人生の転換期がわかる占い

「夢占い」は、就寝中に観る夢の中に無意識の不安や先見が反映されているという考え方のもと、出てきた人物や事象から今の精神状態や、未来に起きることを占うものです。仕事面や健康面、恋愛などで転換期を迎えたときに、それを自ら予知してビジョンに変えたり、目に見えない領域からの不思議なメッセージとして受け取ると考えられています。

ひと口に転換期と言っても、ライフスタイルによってさまざまなシチュエーションがありますが、特に人生の大きな転換期を暗示する夢には、区切り・転換期・再出発を意味する「駅」の風景が印象的に現れたり、「霊場」「人が死ぬ」など再生を象徴する夢も転換期に見やすいと言われています。上りと下りで大きく違う「坂道」の夢も、転換期を暗示することがあります。

急激な転換期を目前にした時に、警告を表すとして知られるのは「津波」「洪水」に遭遇する夢です。津波から逃げ切る夢は困難を乗り越えてスムーズに転換期を迎える暗示と言われています。夢の中で波に翻弄されてしまう場合は、来たるべき転換期に備えた準備が必要です。自分自身が更なるスキルアップを必要と感じている表れでもあります。

転換期の前触れや前兆

運命

人と人との新しい出会いがもたらす転換期の中には、運命すら感じるものもあります。その代表的なものが「結婚」ではないでしょうか。結婚は自分と相手の選択が一致した時に成立すると思われがちで、それゆえ後悔してしまうことも多いものですが、実は「縁」という不思議な運命によってカップリングされた関係だといわれています。

世の中には、いくら好きでも結婚できないカップルが存在する一方で、「運命の人だ」と直感して結婚に踏み切っても破局を迎えてしまうカップル、しっかりとした将来設計に基づいて相手を選択するなど、結婚のパターンはさまざまですが、最後は「運命だった」と感謝できる選択をしたいものです。

サインなど

今まで通りにやっていることが、「ある時から何故か上手くいかなくなった」「人間関係がぎくしゃくしてきた」という時は、転換期のサインとして捉えてみてはいかがでしょう。不安や悩みが尽きない時は、今までの生き方を見直す転換期です。転換期のサインは、時にネガティブなメッセージとして届くことがあります。

他にも、十分な睡眠時間をとっているのに眠胃と感じたり、家の電化製品が立て続けに壊れる、やたらと「ぞろ目(777など同番号の連続)」が目に付いて気になるとい時も転換期のサインと言われています。転換期のサインに気づいたら、今までよりも外出の機会を増やすなどしてアンテナを張り、心の持ち方をポジティブにするよう心がけましょう。

自分から挨拶をしたり、道端のゴミを拾ったり、自分が気持ち良いと思える小さなことを積み重ねていくと、良いチャンスを掴み易いです。

手相でわかる人生の転換期

手相の鑑定でも転換期を予測できると言われています。まず、手の平の中心を上下に走る「運命線」は、下から「初年期(~30歳)」「中年期(~50歳)」「晩年期」に3等分して、それぞれの時期を調べます。30代であれば手の平のちょうど真ん中あたりです。運命線は特に仕事運と関連性が強いとされ、人生に起きる転換期の回数を線の本数で調べます。

1本の太く長い運命線であれば人生の変化は少なく、線が複数本あったり、細く切れた線が縦に繋がっている場合は人生の岐路も多いということで、波乱万丈な人生を暗示する「波乱型」と、「平穏型」に分けることができます。

親指の関節に沿うようにして丸く伸びるのが「生命線」です。下に行くほど年齢が上がり、30代はやはり真ん中辺りに位置します。ここから中指の付け根に向かって伸びる「開運線」が出現すると、人生が大きく好転する転換期と言われています。

きっと上手くいく

いかがでしたか。期待半分、不安半分な人生の転換期ですが、いつか来るかもしれない転換期に備えて、準備だけは充実させておきたいです。例え、病気や転職などのイレギュラーで避けがたい災難に巻き込まれたとしても、結果はすべて良しと信じ切ることが何より大切です。

関連記事

Related

Line@