Search

検索したいワードを入力してください

パンツラインのかゆみ・黒ずみ対策や見えないようにする対策

Author nopic iconふくぷく29
ヘルスケア / 2017年10月17日
パンツラインのかゆみ・黒ずみ対策や見えないようにする対策

パンツラインに黒ずみが!

パンツラインのかゆみ・黒ずみ対策や見えないようにする対策

「あれ、何この黒ずみ」パンツラインに黒ずみを発見して、ドキッとしてしまう女性は少なくありません。見つけた時のショックは大きいです。パンツラインが黒ずんでいると汚らしく見えてしまうし、人に見られると恥ずかしい部分です。

しかし、どうしてパンツラインに黒ずみができてしまうのでしょうか。黒ずみを放置しておくと酷くなっていくので、早く原因を知って対処しなければいけません。パンツラインに黒ずみができる原因を調べます。

原因1 下着や洋服による摩擦

下着の締め付けやタイトなズボンやスカートを履くと摩擦が起こり、皮膚に刺激が起こります。肌は刺激されると、防御反応を起こして「メラニン」を生成します。摩擦でできたシミは角質層の深い部分にできるため、改善するにも時間がかかってしまいます。

また、摩擦されることでターンオーバーの間隔が早まるので、角質層が厚くなってしまいます。厚くなった角質層は、肌がくすみ黒ずんで見えてしまいます。

原因2 パンツラインのかぶれや炎症

体にフィットしていない下着を付けると、ゴムなどの部分がかゆみを発症させることがあります。また、体にあっていないボディーソープやむだ毛処理などで、肌が炎症を起こしてしまうことがあります。肌に炎症が起こると、色素沈着が発生してしまいます。色素沈着が起こった肌は見た目は黒ずみに見えます。

さらに、かぶれや炎症した肌はかゆみが発生しやすく、その部分を掻くことでさらに色素沈着は酷くなり、黒ずみも目立ちやすくなってしまいます。

原因3 ホルモンバランスの乱れ

女性は、生理不順やストレス・体調不良などで、ホルモンバランスの乱れが起こりやすいです。ホルモンバランスが崩れると、色素沈着が発生してしまう場合があります。色素沈着する部分は決まっていませんが、パンツラインに出る場合もあります。

パンツラインの黒ずみが妊娠中・産後に発生してしまう女性も多く、この原因もホルモンバランスの乱れが原因ですが、この場合の黒ずみは赤ちゃんが関係していることなので、産後数か月で黒ずみもなくなる可能性が高いので、心配しなくても大丈夫です。

パンツラインの黒ずみ対策

パンツラインのかゆみ・黒ずみ対策や見えないようにする対策

上記で説明したパンツラインの黒ずみの原因で、当てはまるものはありましたか。上記の中でも1番多い原因が「摩擦」です。摩擦が起こることで黒ずみが発生する人は多いので、摩擦を起こさないのがBESTな方法です。

まずは、下着の選び方です。下着を選ぶ時は、サイズを測り体型にあったサイズの下着を選んでください。また、下着だけではなくタイトな洋服は動くたびに摩擦が起こってしまうので、あまりピッタリした洋服は望ましくありません。

パンツラインのかゆみとかぶれ対策

パンツラインのかゆみ・黒ずみ対策や見えないようにする対策

パンツラインに発症したかゆみやかぶれは、放置することで増々悪化してしまいます。皮膚を掻いてしまうとさらに悪化してしてしまうので、まずは患部を掻かないことが先決です。

かぶれやかゆみがある部分には、できるだけ下着を当てずに刺激を与えないことです。かぶれている部分には、カット綿などを当て下着の刺激から守りましょう。

かゆみが酷い場合は、皮膚科を受診し診察するのが好ましいです。しかし、パンツラインだけに受診するのが恥ずかしい場合は、デリケートゾーン用のかゆみ止めを市販で購入して塗るとよいでしょう。かゆみが軽減した時は、保湿すると肌も潤いかゆみもなくなります。

パンツラインが目立たない服装とは?

パンツラインのかゆみ・黒ずみ対策や見えないようにする対策

せっかく、オシャレして出掛けたのに「パンツライン」がくっきり見えていると、それだけでオシャレ感がなくなってしまいます。特に夏場などの涼しい季節には服も薄着になり、素材も透けて見えるのでパンツラインが分かり易い時期です。

パンツラインが目立たない服装は、パンツスタイルにするならピッタリしたタイトな洋服より、ダボッとしたシルエットの方がパンツラインは映りにくくなります。

また、スカートの場合もピッタリしているものより、ふんわり感のあるスカートやギャザーが入っているスカートだと、パンツラインもわかりにくくなります。

パンツラインをわからないようにする工夫とは?

下着をつけているとパンツラインはでてしまうのも仕方がないことです。しかし、周りにわかる服装で外出すると恥ずかしいことになってしまうので、最低限パンツラインが出ない工夫をするのがマナーです。

パンツラインがわかるのは凹凸の線で現れるのと、透けているからです。この2つを注意するとパンツラインも見えなくなります。

見えなくなる工夫を何点か紹介します。まずはパンツラインですが、パンツラインのほとんどが布地の線の凹凸がわかるからです。その凹凸がわからない下着を選ぶと、パンツラインが出ません。例えば、下着の淵がレース状の物です。最近では、パンツラインを気にせずに履けるレース状の下着は人気商品で種類も柄もたくさんあります。

他にも、下着の上にペチコートやキャミソールを1枚洋服の中にきることで、パンツラインは見えなくなります。

【洋服別】パンツラインが見えないようにする対策法

パンツラインのかゆみ・黒ずみ対策や見えないようにする対策

ここでは、洋服別のパンツラインの対策を紹介します。綺麗に着飾ってもパンツラインがわかると、そのオシャレも台なしになってしまいます。普段よく着こなす服装のパンツラインの対策法をコーディネイトをしながら紹介するので参考にしてください。

レギンス編

最近では、レギンスを履いている人を見ない日がないほど人気のボトムスです。レギンスは、若い世代から年配の人でもオシャレに着こなすことができるため、女性なら1着は持っている必須アイテムになっています。

しかし、レギンスは比較的薄い生地でピッタリしているため、パンツラインが見えるのが難点です。そのため、着こなすポイントとしては長めのチュニック丈の洋服と合わせると、パンツラインも見えずにスッキした印象を与えれられます。

ジャージ編

ジャージはmスポーツをする時には必ず履くボトムスです。そのため、スポーツメーカーのジャージは吸収性やストレッチ性を用いたジャージが多く発売されています。ジャージは、どちらかというとピッタリした物より足がスムーズに動かせる少しダボッとした物が多いです。そのため、スポーツで履くジャージはパンツラインもあまりハッキリとは見えません。

ただ、若い世代の女性が着るジャージはスポーツ系の物ではなく、オシャレに着こなせるピッタリしたデザインが多いため、パンツラインが見えてしまいます。そんな場合は、腰にパーカーやチェックの上着を結ぶことでパンツラインは見えません。

ロングスカート編

ロングスカートはデザインも柄もたくさんあるので、色んな着こなしが楽しめるスカートです。ただ、生地が薄い物はパンツラインが移ってしまったり、タイトなピッタリしたロングスカートを履くとパンツラインが見えてしまいます。

ロングスカートでパンツラインがわかりにくいのが、プリーツスカートやギャザースカートです。特にプリーツスカートは、パンツラインがほとんどどわからないのでおすすめです。

スキニー編

スキニーは、女性だけではなく男性にも人気のボトムスです。スリムより密着度があるので痩せて見えます。密着度が強いので、ほとんどのスキニーがストレッチ素材を使用しています。そのためパンツラインは見えてしまいます。

パンツラインを見えなくするには、ドレープのある少し眺めのカットソーと合わせたり、フンワリ感のある長めのカーディガンと合わせることで、バランスもとれパンツラインも隠すことができるのでおすすめです。

パンツラインを見えない工夫をしてオシャレを楽しもう!

パンツラインのかゆみ・黒ずみ対策や見えないようにする対策

パンツラインの黒ずみの原因と対策を紹介してきましたが、どうでしたでしょうか。他人に相談しにくい悩みなので、今回紹介したことがあなたの味方になると幸いです。1日も早く黒ずみが改善してオシャレを楽しんでください。

女性はオシャレが大好きです。「誰よりも可愛く・綺麗でオシャレに見せたい」と日々考えています。しかし、パンツラインが見えると可愛いスタイルなのに残念な結果になってしまいます。そんな残念な結果にならないためにも、外出時にはパンツラインが見えていないか、体全体が映る鏡でチェックしてから外出する習慣をつけましょう。

関連記事

Related