Search

検索したいワードを入力してください

霊合星人「水星人プラス」の人の性格・恋愛・仕事

Author nopic iconsuperdeeper
都市伝説 / 2018年01月19日
霊合星人「水星人プラス」の人の性格・恋愛・仕事

霊合星人の水星人プラスの人の性格

霊合星人の水星人プラスの人は、占命盤上の反対側にある火星人プラスの影響を受けています。はじめに水星人プラスの性格をご紹介します。水星人プラスの性格は特徴的です。良くも悪くも自分は自分、他人は他人という意識が強く、単独で行動するのが得意です。周囲の意見に耳を貸すことは少ないでしょう。

自己中心的で独善的だと思われがちですが、意志が強いので第三者の目を気にして意見を変えることはありません。マイペースに物事を進めるのが得意です。クールに見える水星人プラスですが、見た目はソフトで華やかな雰囲気を持ち合わせているため異性には人気があります。しかし、どんな時も冷静で抜け目がないので情にほだされたり騙されることはありません。

一方、火星人プラスは水星人プラスとは異なり繊細で気難しい一面を持ちます。感受性豊かでプライドが高く、知的で精神性の高い物事を好みます。人見知りが激しく打ちとけるまでに時間がかかりますが、一旦心を許すと生涯に渡り厚い信頼関係を結ぶため裏切ることはありません。また、警戒心が強いのも特徴です

霊合星人の水星人プラスはこれら二つの性格を合わせ持つ複雑な性格です。マイペースだけど人に迷惑をかけるようなことはしない、華やかでたくさんの人を引き付けるが自分勝手にふるまうため最終的には相手を傷つけてしまう、責任感が強く周囲からの信頼が厚い、組織の中で上手く立ち振る舞うことができる。このように、霊合星人の水星人プラスの性格はところどころ火星人プラスの影響を受けています。

水星人プラスの総合運

水星人プラスは初代運を持っていて家計の流れの出発点になる人です。そのため独立心が旺盛で自立する時期も早く一匹狼的な人生を送ります。頭の回転が速くて仕事がよくできますが、若いころは上司と上手く折り合うことができず、実力を発揮できないため転職を繰り返す場合があります。

中年期から運気が上がり周囲から認められやすくなります。特に、社長や支店長など有数のポストを与えられると素晴らしい結果を残す場合が少なくありません。水星人プラスは親や目上との縁が薄いため、部下や子供など目下に対する思い入れが強いです。柔軟な思考を持ち臨機応変な対応に長けていて、大きな障害にぶつかってもひるまない強い精神力を持っています。

水星人プラスの人生は完璧のように見えますが、唯一家庭運には恵まれていません。しかし、子供には強い愛情を示します。一方、配偶者には執着することなく自分は自分という割り切った関係を好みます。このように、水星人プラスは家庭運を除けば強運の持ち主といえるでしょう。

水星人プラスの才能

水星人プラスは多才です。そして、その才能は実用性が高いものばかりです。
・コミュニケーション力が高い
・社交性が高い
・カリスマ性がある
・達成意欲が高く目標に向けて粘り強く努力する
・強靭な精神力を持つ
・独立心旺盛で孤独に強い
・頭の回転が速く思考が柔軟
・集中力が高い
・金銭感覚に富む
・信念が強い

水星人プラスの金運

水星人プラスの持つ金運は最強でお金に困ることはありません。金銭感覚が優れていてお金にまつわる職業に適正があるので一山当てることも夢ではありません。また、浮き沈みの激しい世界での適性が高いので不安定な職業で活躍できる可能性が高いです。勝負運も強いので競争の激しい世界でも生き残れます。

水星人プラスのラッキースポット

水星人プラスは華やかな場所に行くと運気が上がります。そのため、人がたくさん集まる場所がラッキースポットになります。パーティー会場、イベント会場、テーマパークや観光スポットなど、明るくて活気のある場所がお勧めです。また、高級感のある場所にも縁があります。

高級ホテルのラウンジや高級レストランなども華やかな水星人プラスにぴったりのスポットです。ストレスが溜まっていると感じたらオシャレをしてグレード感のある場所に出かけましょう。

水星人プラスの人と相性の良い人

水星人プラスの人はどの星と相性がよいのでしょうか。ここでは相性について詳しくご紹介します。

水星人プラス×金星人
ビジネスで成功する組み合わせです。水星人プラスは初代運の持ち主でビジネスを立ち上げ
るのが得意です。そして、そこに金星人の行動力が加わると勢いが出て事業の発展が望めま
す。クールな水星人プラスはで金星人に干渉しないので、細かく指示されることが苦手な金
星人は気兼ねなく仕事に打ち込めます。

水星人プラス×火星人
アイデアビジネスで成功する相性です。火星人は一風変わった企画やアイデアを考えるのが得意です。そして、水星人プラスは企画力が弱いので火星人のユニークな発想を歓迎しす。ただし、金銭管理は水星人プラスが行うようにしましょう。火星人は人見知りが激しいですが水星人プラスは深入りしない性格なので火星人は安心して仕事をすることができます。

水星人プラスは家庭運に恵まれていませんがその分金運が最強です。水星人プラスにとっては孤独な世界に生きていることが普通なので、家庭に安らぎの場を持つとビジネスで成功する可能性が低くなります。そのため、愛情に恵まれるという相性自体が存在しませんが、強いて言えば、恋愛や結婚については金星人と相性がよいでしょう。しかし、それは愛情に満ちた関係というより、互いに束縛しないドライな関係となるでしょう。

水星人プラスの人と相性の悪い人

水星人プラスと相性が悪い星はお金に関心がない、もしくは現実世界より精神世界を重んじるタイプです。水星人プラスはお金に対する執着が強いためお金に関心がないタイプを理解できません。

水星人プラス×土星人
土星人は頑固で精神性を重んじる星です。そのため、水星人プラスの極端なまでの現実的な考え方を受け入れることが難しため相性はよくありません。水星人プラスがお金に執着すればするほど土星人の気持ちは醒めていくでしょう。すれ違ってしまう相性です。

水星人プラス×天王星人
天王星人は愛情の星です。水星人プラスがストイックに現実主義に走る姿を見てうらやましいと思う反面、そのクールさに心が折れてしまうでしょう。家庭運に恵まれている天王星人にとって愛情のない関係は耐えられません。

水星人プラスの人の月運

六星占星術の月運は12周期に分かれていて、運命周期ごとに運気が変化します。それぞれの運気には特徴があります。ここでは、12周期すべてについて詳しくご紹介します。

1. 種子
種子は運命周期の始まりに位置しています。物事を開始するのに適した時期で、この時期に始めたビジネスは経済的な実りを期待できます。引っ越しや結婚、就職などにも適しています。

2. 緑生
緑生は運命周期の2番目に位置しています。運勢がぐんぐん伸びる時期で運勢全般が良好です。この時期に出会った異性とは長く付き合う可能性が高いです。

3. 立花
立花は運命周期の3番目に位置しています。この時期は将来を決定する大切な時期です。この時期に得たものは何であれ生涯不動のものとなる可能性が高いです。また、種子で始めたことが花咲く時期でもあります。

4. 健弱(小殺界)
健弱は運命周期の4番目に位置していて、健康面で不調が出やすいので小殺界と呼ばれています。体調がすぐれないときは無理をしないで体を休めましょう。

5. 達成
達成は運命周期の5番目に位置しています。運気が最高潮に達している時期で、目標や目的が達成できる強運気です。愛情運、家庭運、経済運が好調です。

6. 乱気(中殺界)
乱気は運命周期の6番目に位置しています。精神的なダメージを受けやすい時期で中殺界と呼ばれています。物事を新しく始めるには不向きな時期です。

7. 再会
再開は運命周期の7番目に位置しています。過去の解決していないトラブルを改善できる運気です。また、新しく物事を始めるチャンスでもあります。

8. 財成
財成は運命周期の8番目に位置していて、収穫を表しています。財運が絶好調で大きく稼ぐことが可能な時期です。

9. 安定
安定は運命周期の9番目に位置していて、今までに取り組んだ成果を手にする時期です。充実した生活を送ることができます。新しいことを始める時期ではありません。

10. 陰影(大殺界)
陰影は運命周期の10番目に位置していて、3年続く大殺界の始めの年です。エネルギーが下がります。新しいことをやる時期ではありません。感覚が鈍っているので、判断を間違えたり、トラブルが増えるので理由もなく不安になったり、精神的に不安定な状態になります。おとなしくしているのが一番です。

11. 停止(大殺界)
停止は運命周期の11番目に位置していて、3年続く大殺界の真ん中の年です。八方塞りの状態で、どんなに頑張っても結果が出にくい時期です。大きなミスをしやすい時期なので慎重に行動しましょう。

12. 減退(大殺界)
減退は運命周期の12番目に位置していて、3年続く大殺界の最後の年です。多少運が上向きになりますが、油断は禁物です。万一、大殺界中に金運に恵まれた場合は、この年に惜しみなく使いきりましょう。大殺界で得た財産を大殺界明けに持ち越すと、その財産が禍を呼び込むことになります。

水星人プラスの人の恋愛傾向は?

クールで割り切りのよい水星人プラスはどのような恋愛をするのでしょうか。水星人はオシャレで洗練された雰囲気をもっているためモテる人が多いです。しかし、水星人プラスは恋愛に愛情を求めるタイプではなく、常に相手を客観的に観察しています。たとえ深い関係になっても情に流されることはありません。あくまでもゲームとして捉えています。

そのため、恋愛から結婚に発展させるためには、愛情よりお金で勝負することが必要です。水星人プラスにとっては愛情=お金です。ある意味とても分かりやすいのですが、愛情面では満足できないことを覚悟しましょう。ここでは、水星人プラスの結婚時期や家庭運についてもご紹介します。

水星人プラスの結婚時期は?

結婚に適した時期は12種類の運命周期でいうと、種子、緑生、立花、達成、再会(再婚の場合)となります。これらの周期は物事を始めるのに適していて、特に達成は強運気とされていて、この周期に始めた物事は長続きすると言われています。家庭運が弱い水星人プラスですが、適切な時期を選んで結婚することで結婚運を改善することができます。

水星人プラスの家庭運は?

水星人プラスは幼少期から愛情に恵まれない環境で育つ場合が多いため、家庭に多くを望みません。基本的に他の星に比べると家庭的な面が少ないと言えるでしょう。しかし、子供には深い愛情を注ぎます。親として子供を守りたいと強く感じています。水星人プラスは愛情運の欠落が最強の金運をもたらしているため、あまり家庭に縛られない方がよいでしょう。

水星人プラスの人の大殺界はいつ?

大殺界の時期は陰影、停止、減退の3年間です。この法則は生涯変わることがありませんので、年運が陰影、停止、減退に当たる年は新しいことを始めるのは避けましょう。この時期は何事も思い通りに進まないため焦るばかりです。

水星人プラスの人のラッキーカラーは?

水星人プラスのラッキーカラーは明るい原色です。赤、緑、黄、ピンク、オレンジなど、派手な色が幸運を呼びます。ちなみに、黒、茶、グレーなどの地味な色は似合わないだけでなく、運気が下がりますので洋服などを選ぶときには気を付けましょう。

水星人プラスの人の仕事傾向は?

金運が最強の水星人プラスにとって、仕事はとても重要な位置を占めます。水星人プラスはどのような仕事傾向があるのでしょうか。水星人プラスは命令されることが嫌いで、協調性が低いため集団で成し遂げる仕事には適正が低いです。

そのため、上司のもとで仕事をしても伸びにくいのですが、浮き沈みの激しい世界では水を得た魚のように、イキイキと自分を表現しながら粘り強く目標を達成する忍耐力を見せます。マイペースで進められる仕事に高い適正があります。そして、カリスマ性があるため年下から支持される傾向が強く、年下の部下と組むことで事業を拡大することが可能性です。

水星人プラスの人間関係は?

水星人プラスは一匹狼タイプなので、基本的に人間関係を軸に信頼や愛情を育てるという考え方は持っていません。自分は自分、他人は他人というスタンスで関係を構築するため、ドライに見えることもあります。しかし、孤独に耐えてこそ良さが出る星なので、水星人プラスにとっては決して悪いことではありません。誤解されることが多い性格ですが、さっぱりしていて適度な距離を置いて人付き合いをするため、集団の中でも上手く立ち回ることができます。交友範囲は広いのですが、関係自体は浅くなりがちです。

水星人プラスの転職は?

水星人プラスは自力で道を開くことを運命づけられています。そして、その方が運気を味方につけることができます。そのため、サラリーマンへの適正は低めです。水星人プラスはオリジナリティを大切にするので起業や独立が向いています。

サラリーマンのように規則に縛られやすい立場を選ぶと能力が発揮しにくいでしょう。強靭な精神力を持つ星なので、競争の激しい業界に高い適正があります。水星人プラスは多才で能力が高いので、転職の時期を選ぶことは大切ですが、職業の選び方にも気を付けましょう。

水星人プラスは才能豊か

強運の持ち主である水星人プラスは周囲から一目置かれる存在です。そして、人に頼らず自力で成功を掴むことが可能な恵まれた星の下に生まれています。どの星にも弱みがありますが、水星人プラスは弱みを強さに変える強い精神力を持っています。水星人プラスはこの素晴らしい資質を活かして自らを成功へと導くでしょう。

Line@