Search

検索したいワードを入力してください

メガネの選び方|世代別/男女別/フレームの色・形別/顔型別

Small 87741dae 25b4 4f65 8ca5 a848572bd17cたかず
ファッション知識 / 2019年01月08日
メガネの選び方|世代別/男女別/フレームの色・形別/顔型別

世代・男女別メガネの選び方

メンズのメガネの選び方

メガネをかけた男性は好きか、というある調査の問いでは、なんと60%以上の女性が「はい」と回答したそうです。その理由としては、 知的に見える、賢そうだから、真面目な感じがする、誠実そうで安心感があるなどと、いい印象がたくさん出ています。

似合うメガネをかけることは男の人にとって、印象をいい方に変える、手軽な方法でしょう。上の結果からも、男性のメガネの選び方のポイントは、知的に、誠実に賢く見えるタイプの物を吟味することにありそうです。

レディースのメガネの選び方

視力のよくない女性にとってメガネは重要なアイテムとなります。見た目の印象を大きく左右する目の周りにくるメガネ選びは慎重にというのが、女性のメガネの選び方の重要なポイントです。

かつては視力矯正のためでしかなかったメガネも、いまでは重要なファッションアイテムの一部となっています。メガネひとつでその人の印象が変わってしまいます。目指すはメガネ美人というように心に決めて慎重なメガネの選び方をして、周りからちやほやされてみたいです。

また女性にとって若く見えるというのは重要なポイントとなりますが、どちらかといえば、プラスチックタイプのフレームの物を選んだ方が若く見えるという、専門家の意見があります。選び方のもう一つのポイントにしたいです。

子供のメガネの選び方

子供のメガネの選び方は、やはり何より子供がかけていて、負担に感じない、かけやすくて安全なものを選ぶという感覚が重要です。そのために耳に掛かる部分は長めで、ぴったりフィットするものにして、レンズはもしもの時のことを考え、プラスチックにしましょう。

またメガネのフレームも軽くてつけ心地のいいものにして、子供なのでこわしたりすることもあることを考え、お値打ちかつ、いざというときにすぐにお直しに対応してくれるお店の物を選ぶようにしましょう。またメガネをかける子供本人が気に入ったものを選ぶことも選び方の大切なポイントです。

中学生のメガネの選び方

中学生になると、体育系のクラブに所属したり、動く範囲なども広くなるので、壊れにくい金属系のフレームの方が修理のできないプラスチックメガネがオススメになってきます。金属系のなかでもチタンが軽くて強度もあるのでおすすめです。

またオシャレにこだわりが出てくる時期なので、本人の気に入ったデザインのものを選ぶのも中学生のメガネの選び方として重要なポイントとなります。ディズニーコラボのメガネなど、中学生女子の選び方のツボにきそうな物も出ていたりするので、そういった限定ものをさがすのも、面白い選び方の一つです。

フレームの特徴別メガネの選び方

フレームの色によるメガネの選び方

フレームの色を選ぶときは、自分の顔の色に合っているかどうかを確かめましょう。一般的にには肌が色白の人は淡い色のフレームのメガネ、例えばベージュや、ピンク、水色、シルバーなど色黒の人ははっきりとした色のフレームのメガネ、例えば黒や紺、濃い茶色といった色が似合う色となります。

メガネフレームの色によって、相手に与える印象も変わりますので、選ぶときはそれも参考にしましょう。

フレームの形によるメガネの選び方

メガネがファッションアイテムとして定着しているので、メガネの形も実にバリエーションが豊富です。色々ありすぎてどんな形があるのかもわからない方も多いと思われますので、基本的な形を中心にチェックしていきましょう。

メガネの形から選ぶという選び方もおススメです。メガネの形は色々ありますが、特に代表的な5つのタイプと今年流行りの形をご紹介します。メガネの選び方の参考にしてください。

スクエアタイプ

四角いフレームのメガネです。横に長くて、縦に短いので、丸い輪郭を引き締めシャープに見せてくれる効果があります。目元が強調され、幼く見られがちな丸顔の方を大人な美人系に見せてくれる効果が期待できます。

現在のファッションの代表的な形の一つなので、トレンド重視の方の選び方としてはでフチやサイドフレームが太く濃い色合いのタイプなどおススメです。外国人より顔のパーツの彫りの低い日本人の顔に、眼の部分を横長に強調させてインパクトをあたえられるので男性にも選び方の際候補の一つとして覚えていただきたい形です。

ラウンドタイプ

丸いフレームのメガネです。一見は、まん丸く見えますが、それは目の錯覚で、実は真円じゃない形です。三角顔や四角顔など角の目立つ輪郭を柔らかい印象にしてくれる効果があります。ジョン・レノンが掛けている丸いメガネといえば、すぐに想像ができるのではないでしょうか。

シンプルだけれど個性的なデザインなので丸いメガネの選び方は難しそうではありますが、確かに丸いメガネは掛ける人を選ぶけれど、逆に顔立ちの個性を際立たせる効果があるので、選び方に気をつけて、これはというものに巡り合えれば、トレードマークのような、その人らしい個性的な相棒になってくれます。

かつては、加工技術が乏しく丸いレンズを削らずに枠へ入れていたため丸眼鏡が一般的だったため、昔の人の肖像画や写真は丸メガネをかけている人が多いです。明治から昭和初期の学者や作家の多くが愛用していました。クセが強いカタチのため、熱狂的なファンも多いです。

オーバルタイプ

楕円形のフレームのメガネです。顔に馴染みやすく、卵型のなめらかなラインが優しい印象を与えてくれるため、とくに女性に人気のある形です。顔に馴染みやすいので、選び方も楽なので、メガネが初めてという方にもおススメです。女性におススメなだけではなく男性の場合、強面の顔を和らげる効果があります。

レンズの形状が楕円形になっているので、丸みがありながら上下幅が短いのが特徴なのが、オーバルタイプのメガネです。そのため、レンズのフチが目元に近いラインになるため、眼の下のたるみやくまなどを隠してくれるので、高齢の方もオーバルタイプのメガネは覚えていただきたい形です。

オーソドックスなカタチゆえバリエーションも豊富なので、選び方としては楽なうえに、多くの候補から選べるという、選び方の楽しみもあります。オーバルのなかでもワイドオーバルや、ふっくらとした丸みを持たせたオーバルフェミニンなど自分の顔立ちやファッションにあったデザインから選びたかを楽しめるのも魅力です。

フォックスタイプ

キツネの目のように斜め上に吊り上ったフレームのメガネです。秘書メガネとも呼ばれているように、知的な雰囲気を出してくれるため仕事用のメガネの選び方としては最適なメガネの形です。丸い輪郭をシャープに見せる効果もあります。

これをかけるだけで頭の良さそうな印象になるので、就職活動などにも最適でしょう。学業や仕事関係のイメージを上げていきたい時の選び方としては最適のメガネなので、試してみてはいかがでしょうか。

上の上がり方があまり急だときつい印象を与えてしまうこともあるので、フォックスの中でも微妙な形の違いに注意して、柔らかさのあるフレームの色や素材のものをもっておくととても重宝しそうな形であることを選び方のポイントにされるのもいいでしょう。

ウェリントンタイプ

フレームが逆台形型になっているタイプのメガネのことです。日本では、1956年の映画「太陽の季節」の主人公たちがウェリントンタイプのサングラスをつけていて、スターの影響もあって、当時の若者文化に多大な影響を与えました。

そういった背景があるためか、ひと昔前までウェリントンタイプのメガネは『おじさんメガネ』というイメージもあるのですが、80年代ファッションのリバイバルブームで再注目されるようになったメガネです。

メガネフレーム形状としては、比較的オーソドックスなもので、テンプルやブリッジの部分のデザインシンプルなものが多く、彫の浅い日本人の顔にも合わせやすいです。意外と選び方に困らない、面長の方にはメガネの幅の広さが長い顔をカバーしてくれるので、選び方の一つの候補に入れてみてください。

一昔前はダサ眼鏡とよばれるほどだったのが、今ではレトロな可愛さ・カッコよさが新鮮でカッコいいと見直されてお洒落に欠かせないアイテムとして、ファッションにこだわりのある人のメガネの選び方の中心の形になっています。

ボストンタイプ

ボストンタイプとは、丸みを帯びた逆三角形型のフレームのメガネのことです。大正から明治初期のインテリが好んで使用したことから、どこか懐かしさとロマンを感じさせます。当時はメタルフレームにセル巻きを施したタイプが主流だったそうですが、技術が継承されず今ではその素材のフレームはほとんど見られません。

今年はボストンタイプが注目されています

80年代をはじめ過去幾度となくリバイバル・ブームが起き、こぞってボストンをだしたそうですが、今年もボストンの波が来ているようで、お値打ちでオシャレなメーカーがボストンのコーナーを設置していて、選び方が今年楽しくなっている形です。


メタル系フレームといえばボストン、という時代もあったが近年はそんなこともなく、デザインも小ぶりなものがほとんどなので、選び方もさほど難しくはありません。色々なタイプの出ている今年でしたら、おススメの選び方はとにかくいろいろなものを実際にかけて試してみることです。

そのような選び方をしていると、どのような色や、フレームの素材はどのタイプの物が似合うのか自分での選び方の基準ができてくるので、まずは楽しみながらいろいろかけてみましょう。

顔の形によるメガネの選び方

気に入ったデザインのメガネをみつけたので、かけたみたのだけどなんだか似合わないというのは、誰にでも経験のある事ではないでしょうか。それもそのはずで、顔の形によって似合うメガネの形というのはある程度決まってきてしまいます。顔の形による、メガネの選び方のポイントをみていきます。

面長な人

面長な人は顔の長さが気になるので、小ぶりなタイプのメガネというイメージを選び方のポイントに持ってきそうなところですが、じつはある程度幅のあるメガネをセレクトするというのを選び方のポイントにした方が、目の周りの横幅を広く見せてくれることが、短い顔につながるという意外な選び方のコツがあります。

小顔な人

丸みを帯びた形で縦の幅があまりない小さめのフレームがおススメです。フレームの色は明るくて淡い色がいいでしょう。大きなフレームは小顔が余計目立つので避けましょう。

卵型の人

卵型は眼鏡をかけるには最もバランスが良く、理想的な顔型といえます。他の顔の形だと眼鏡で顔のマイナスな面を補うという考え方なのですが、卵型の顔の方は自分が選んだフレームのそのままのイメージを作りやすいので、多くのタイプのメガネが似合います。その分眼鏡の印象が前へ出やすいですので、メガネ自体のイメージを考えて選ぶようにしましょう。

丸顔の人

直線的でシャープなスクエアタイプのフレームのメガネがおススメです。メガネのフレームの色は寒色系のお色の方が、顔の丸みを抑えてくれる効果があります。

顔の大きい人

大きい顔の方には、メガネの縦に幅があって、まっすぐなデザインのフレームのメガネで、フレームの色は寒色系がおススメです。まっすぐなデザインのメガネは顔が引き締まって見える効果があります。

レンズの種類別メガネの選び方

視力低下をまねかないためのメガネの選び方において最低限抑えておきたい知識を蓄えましょう。まずは何といっても視力検査です。視力検査を行わずにメガネを選んでしまうと最初からピントが合っていないので、それだけで目に負担をかけることになってしまいます。ですので、必ず視力検査は行いましょう。

次にフィット感です。自分の顔の方に合ったパッドやテンプルでないと、メガネの位置が定まらず、メガネの範囲が視界とずれてしまう可能性があります。このような状態になってしまうと、メガネを通して見える鮮明な視界と素のぼやけた視界がちらついてしまい、ストレスや眼精疲労の原因となってしまいます。

老眼の方

老眼というと、一般的に近くの物がぼやせてみえてしまうという現象ですが、年齢とともに、誰もがなってしまうので、仕方ないという印象があるのですが、実際は物を見る時の焦点が合いにくくなっている現象であり、老眼かと考えていたら、実は近視が進んでいて、遠視が出てきたなどという事もあるというのが、眼科の意見としてあります。

老眼のメガネを選ぶ注意点

老眼のメガネは今や100円ショップでも必ずいくつかの度数が置いてあって驚いてしまう、選び方としては、お手軽にそういった安くて手に入りやすいもので、済ませてしまいがちなメガネの種類の筆頭として上げられるメガネですが、とりあえず日常生活に不便を感じてそういった手に入りやすいものを購入する際にも選び方は強すぎるものは選ばないほうがいいです。

徐々に強くしていったり、そういった安易な選び方をした老眼用のメガネをずっとかけているようなことは危険です。やはりおかしいと思ったら専門家に相談して、きちんとあったものをかける方が、選び方としては正しいですので、気をつけるようにしましょう。

近視の方

近視の方はレンズが厚くなりがちで、見栄えがよくないと悩まれていることが多いです。近視レンズは通常、中心よりも縁の方が厚くできています。でも実は、普通にメガネをかけている場合、実際に使っているのはレンズの中心直径2cmだけです。

レンズ厚みの気になる方のメガネの選び方は、レンズの大きさを少し小さいものを選び方の大切な条件とすることで、レンズの分厚さを軽減し、厚さを目立たなくできる訳です。

レンズを小さくした選び方ても、実際に使っているのは中心が主なので、視界が悪くなったりはせず、メリットが大きいです。

乱視の方

乱視の方のメガネの選び方はは乱視軸によってレンズの厚みが異なりますので、レンズが厚くなってしまう方向には張り出さないようなフレームを選ぶことで厚みを抑えることが可能です。

UVカットレンズ

UVカットレンズとは

夏は紫外線が強いから、サングラスをするけれど、他の季節は目への紫外線に関してはあまり気にしていないという方も多いのではないでしょうか。

でも実は市外線は一年中降り注いでいて、時間的には日中前後の11時から14時は特にピークなので、目を傷めないためにも、美肌のためにもUVカットのメガネをかけることは、一年を通して必要だそうです。

UVカットレンズの選び方

そんな特殊なメガネ、高いのかと思いがちですが、100円ショップにあるようなるUVカット加工メガネも、紫外線予防の効果がきちんとあるので、高額なサングラスや眼鏡を購入する必要があるわけでありません。

値段よりも、太陽光の照射は正面だけではなく、上下、横、後方からも入ってきてしまうので、骨格に合っていて、ずれにくいフィットしたメガネを選ぶことが選び方のポイントです。

また、紫外線にはUVA、UVB、UVCの三種類があるのですが、UVカットと表示されていてもUVAをカットできないと効果はないので、紫外線透過率の表示のあるものを選びましょう。0.1以下などの表示があり、透過率の値が低いものであるかチェックしたメガネを選択するのも選び方の大切な点です。

カラーレンズ

では、いま使っているメガネを兼用サングラスにしたい場合はどうしたらよいでしょうか。それにはクリップ式のサングラス、マグネット式のサングラス、そして調光レンズを使う3つの方法があります。

まずクリップ式のサングラスとは、フレームにクリップ式のサングラスを装着する方法です。通常使用しているメガネに着脱するだけでフレームを替える必要がありません。

マグネット式は、通常のメガネの上からマグネットで着脱できるサングラスを使用する方法です。この場合はマグネット式対応のメガネを購入する必要があるので多少コストはかかりますが、1つのメガネで切り替えができるのでサングラスを新たに1本購入するより使い勝手がよいでしょう。

最後に調光レンズを使う方法です。調光レンズとは、紫外線量によりレンズの色調が変わるレンズのことです。室内では透明ですが、屋外など紫外線量が増える場所ではレンズの色がサングラスに変化します。

ブルーライトカットのレンズ

最近は、パソコン、特にスマートフォンを使う時間が長くなっているので、ブルーライトが目や身体に及ぼす影響がよくないと取り沙汰されているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。そこで、そんなブルーライトをカットしてくれるメガネのレンズも登場しています。

まだ出始めて、それほど長く経っていないこともあり、医学的に実証というところまでは行っていないメガネのブルーライトカットレンズですが、ブルーライト対応のメガネをかけてパソコンするのと、かけないのとでは、目の疲れ方が全然違います。

メガネをかけていたあとに、はずしてパソコンを見ると、とても眩しく感じるという声をいろんなところで聞くなど、効果は期待できるものです。これからのブルーライトカッとのメガネの進化に注目し、選び方えのこうもくとしておぼえておきたいです。

フレームのオシャレ度によるメガネの選び方

メガネの昔と今

高級品だった昔のメガネに比べて、数年前から、手ごろでトレンドも取り入れたメガネをたくさん置いてある気軽に立ち寄りやすいメガネ屋が増えて来ました。メガネが目の状態にとって必需品の人だけではなく、パソコン用や屋外用、または伊達メガネとしても愛用する人が年々増えています。

今らしメガネを選ぼう


メガネにもトレンドがある昨今ですので、その時々のブームになっているメーカーとのコラボ企画の物や、今年だったらクラシカルなタイプのウェリントンタイプや、ボストンタイプのものがお店の一押しとして見ているだけでも楽しくなるような素敵なデザインのものが並べられています。


メガネをオシャレ度から選んでみるのも、そんなバリエーション豊富な今のメガネの世界では選び方としては楽しくて正解です。トレンドや気分に合わせて、またその日のファッションに合わせてメガネも着替えるというものとてもお洒落でおススメです。

似合うメガネの選び方のポイント

似合うメガネの形の選び方

似合うメガネの選び方のコツのまず形選びは、輪郭と同じ形を選ばないということです。恐ろしいことには、丸顔の人丸いメガネをかけるとさらに丸顔に、四角い顔の人が四角いメガネをかけるとさらに四角く見えてしまうという現象がありす。

大体の場合、丸顔の人は面長に憧れ、四角い顔の人は丸みを帯びた柔らかい輪郭に憧れているでしょう。コンプレックスをカモフラージュするには輪郭と同じ形のフレームは避け、自分の顔型以外の形を選ぶのが選び方のコツと覚えておきましょう。

似合うメガネの大きさの選び方

似合うメガネの選び方のコツの、大きさ選びはフレームの縦幅は顔の1/3が自然でいいです。そして、フレームの横幅にも気を配り、フレームの横幅は顔の幅にできるだけ合わせるというのが似合うメガネの選び方のコツです。

最近の流行りとしては、あえて少し大きめの横幅の物を選ぶ傾向にあるので、決して小さめの幅の物を選ぶのではなく、大き目の幅の物から試してみる選び方もおススメです。

似合うメガネの色の選び方

フレームの色の選び方も印象に大きく左右するのでよく考えましょう。フレームの色は肌やメイク、髪の色に合わせて選ぶのが選び方のコツです。


いつも全身黒いスーツの人が太い黒縁のメガネだと重たく感じてしまいますし、とても明るい金髪の方が明るいイエローのメガネをかけていると目がちかちかしてしまいます。メガネも雰囲気を合わせないと浮いてしまい、ファッションとして統一感が取れなくなってしまいますので髪型やメイクなど色々な要素を考えて選ぶのが、メガネの色の選び方のポイントです。

あなたにピッタリのメガネを見つけよう

あなたの顔の形に合いそうなメガネの形、そしてなりたいイメージからかけてみたいメガネの形はあったでしょうか。

レンズも進化しているので、近視でUV加工もして、あるいはブルーライト対応にしてという贅沢な機能のレンズにしていう事もできるので、生活を便利にしてくれて、しかも知的に美人に見せてというメガネを探すことも、今の日本ではできるようになっています。

メガネ専用のお店だけにとどまらず、雑貨屋さんなどにもお洒落なUVレンズのメガネを見かける様になっているので、そういったお店でも試しがけをして、イメージを膨らませていくのも楽しいですし、目のためのUVレンズのメガネはそういったお店でも探すことができます。視野を広げてお気に入りのメガネをぜひ見つけてください。

関連記事

Related