Search

検索したいワードを入力してください

プロパンガスのお風呂でできる節約方法|一人暮らし/お風呂

Author nopic icon沼尾充子
節約 / 2017年11月30日
プロパンガスのお風呂でできる節約方法|一人暮らし/お風呂

プロパンガス代で困っていませんか?

プロパンガスのお風呂でできる節約方法|一人暮らし/お風呂

1人暮らしを始めてみたら、電気代も水道代もそれなりのはずなのに、ガス料金だけが異常に高くて驚いた経験というのは誰にしもありますが、1人暮らしのガス料金の平均というのは、冬場でも4,155円なので、これ以上になるとガス料金が高いということになります。

特に、自治体のガス局が関わっている都合で公共料金となる都市ガスと比較すると、業者が自由に価格を設定できるプロパンガスの値段は高くなります。しかし、アパートやマンションに住んでいる場合だと、大家さんがプロパンガス会社を選んでいるので、料金が高いから。という理由で簡単にプロパンガスの会社を変えることはできません。

では、たとえ高いプロパンガス料金であったとしても、甘んじて受け入れなければならず、寒い時に温かいお風呂に入るのも我慢しなければならないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。今回は自分でプロパンガス料金を節約する方法をご紹介します。

プロパンガスのお風呂でできる節約方法

プロパンガスのお風呂でできる節約方法|一人暮らし/お風呂

元々都市ガスと比較すると、プロパンガスでのガス料金は高くなる傾向にあるというのが解ったところで、では、具体的にどういう風にプロパンガスの料金を節約して行ったらいいのでしょうか。

ガス会社を変えるというのが、ネットを調べると一番最初に出て来る対応方法なのですが、プロパンガス会社と大家さんが契約しているので、ガス会社を変えるという事は現実的ではありませんので、別の方法で節約する事になります。

お風呂の追い焚き回数をできるだけ少なくし、シャワーを出す時間をできるだけ少なくします。1人暮らしの場合だと、湯船に浸かるよりもシャワーの方がお買い得なので、できるだけシャワーで済ませるようにしてみましょう。

そして、湯船を使うときも、高温になれば高温になる程プロパンガスの料金はかかるので、無駄に給湯温度を上げず、適温でお湯をはり、自動的に給湯を止める事ができる道具を使い、お湯の無駄使いを減らします。

プロパンガスの1人暮らしにおすすめの節約方法

プロパンガスのお風呂でできる節約方法|一人暮らし/お風呂

1人暮らしでプロパンガスを節約しようというのは簡単ですが、では、具体的にどういう風に節約をしたらいいのでしょうか。まず、プロパンガスを使用するのは給湯設備とコンロですが、使用比率で見ると、断然給湯関連にプロパンガスは使用されています。

そこで、この給湯設備の使う量を減らす事が、プロパンガスの節約をする一番の近道です。可能な限り給湯設備、特にお風呂の使い方に関して工夫をします。

アパートの場合

アパートのプロパンガスの料金を節約しようとすると、まずは一番使用比率の高いお風呂の使用量から節約するのを心がける事で、少しでも多くのプロパンガス料金の節約ができます。

具体的には、お湯を沸かす量の節約ということになり、お風呂のお湯をいかに少なく使うか。と言うのが一番重要なポイントで、シャワーの使用量、使用時間を減らす。湯船に貯めるお湯の量を減らす。設定温度を低くする。追い焚きの回数と使用時間を減らす。と言う事が今すぐできる事でしょう。

これ以外にも、追い焚き機能の無いユニットバスなどでは、バスヒーターを使用したり、自動で給湯が止まる道具を使ったりしながら、少しでも多く節約を可能な限り心がけていきます。

マンションの場合

マンションの場合も、プロパンガスの節約ポイントはアパートの場合と同じなのですが、節水シャワーヘッドを使用したり、湯船にはるお湯の量を減らす事で、年間30%位の節約になります。後、冷たい水であれば冷たい水である程追い焚きにプロパンガスを使用するので、追い焚きを使う時でも、なるべく温かいお湯で追い焚きをすると、プロパンガス料金の節約になります。

ここで気をつけたいのが、シャワーを使う時間のことなのですが、10分シャワーを連続して使用していると、湯船一回分のお湯の量を消費すると言われています。なので、シャワーを使用する時は、小まめに止め、流しっぱなしにする事がないようにします。

その他の賃貸などの場合

アパートやマンション以外の賃貸の場合も、プロパンガスの節約方法はそんなに変わりませんので、節水シャワーヘッドを使用したり、湯船に湯を張る量を調整したり、食器洗いをする時はゴム手袋で防寒しつつ、お湯ではなく水を使用する。お湯を使っても少ない量で洗い物をする。などなど、細かい部分で努力をしながら、こまめな節約を心がけます。

ちなみに、どうしても冬場温かいお風呂に入りたい人は、年間使用量で考え、湯冷めがしにいくい春〜夏の間はシャワーで済ませるようにすると、年間使用量が大幅に抑えられます。

プロパンガスよりもIHの方が節約をできるのか?

アパートにせよマンションにせよ、賃貸の場合は大家さんとプロパンガス会社が契約をしているので、プロパンガスの料金が選べない。と言う最大のネックがありますので、ある程度は我慢しなければならないところも出てくるでしょう。

ならばコンロをIHにする事でプロパンガスの料金を節約することが非常に有効なプロパンガスの節約になります。事実、同じ火力で30分使用した場合、プロパンガスが25円なのに対し、IHの場合は9円〜14円なので、時間帯による電気料金の前後を考えても、IHは非常に有効な節約手段と言えます。

プロパンガスのコンロの節約方法

プロパンガスのお風呂でできる節約方法|一人暮らし/お風呂

プロパンガスのガスコンロの節約方法は、調理の時は蓋や落し蓋を活用したり、パスタを茹でている鍋で具材も茹でるというような感じで、大きめの鍋で同時に調理します。強火ではなく、中火を使用し、鍋底の水滴を拭いてから火にかけます。野菜の下茹では電子レンジを使うようにし、ガス料金を安く抑えることができる、蒸す、炒めるの料理を中心にします。

解凍方法にも一手間かけ、可能な限り冷蔵庫で解凍をするようにし、プロパンガスを多く使用する揚げ物は控え、健康的でカロリーの低い食事を作るように心がけます。

プロパンガスのストーブ、ファンヒーターは節約になるのか?

プロパンガスのお風呂でできる節約方法|一人暮らし/お風呂

プロパンガスも暖房器具の燃料として使用する事ができるので、備え付けてあったり、以前の住民が置いて行ったりして、ガスストーブを使用する機会のある人もいます。そこで、ガスストーブとガスファンヒーターは節約になるのかと言うことに関してご紹介します。

まず、結論から言いますと、プロパンガスのストーブとファンヒーターなら、ファンヒーターの方が断然安く、6畳間で一時間使用したと仮定すると、ガスストーブは29円で、これに対して、ガスファンヒーターは13円で、石油ストーブが26円ですから、ガスファンヒーターがダントツで安いと言うことになります。

プロパンガスにせよ灯油にせよ、ストーブやファンヒーターの最大の利点というのは、すぐに部屋が暖まるということにありますが、すぐに部屋が暖まる分、長い時間つけていると、部屋の温度が熱くなり過ぎてしまう。という弱点があります。

外気温が摂氏2度以下である場合、微妙な温度管理を得意とするエアコンと併用する事で、プロパンガスの料金を抑える事はできますが、今度は電気代が同額位にかかってしまうので、一長一短です。

お金を大事にしつつ、快適に過ごすために

プロパンガスのお風呂でできる節約方法|一人暮らし/お風呂

いかがだったでしょうか。プロパンガスの使用料金というのは、入居してからでは遅い所もあるので、引っ越す機会に確認しておくのが理想的です。大家さんが理解のある人であれば、プロパンガスの会社を変えてもらうという方法もあります。

大家さんに直接話をするのが大変だと感じる人も多いでしょうが、もし同じ賃貸に入居している人で仲のいい人がいたら、その人と一緒に行くと説得力が増し、1人よりも心強いでしょう。プロパンガスの節約方法で一番効果を発揮するのは、プロパンガスの会社を変える事なので、もしどうしても高い時は相談をしてみてください。

関連記事

Related