Search

検索したいワードを入力してください

告白に成功する方法・告白された時の返事・失敗した時の対処方法

Author nopic iconkeita
片思い / 2019年01月11日
告白に成功する方法・告白された時の返事・失敗した時の対処方法

今と昔の告白の位置づけの違い

みなさんは、今までの人生でだれか好きな人に「告白」したことはありますか?だれかを好きになり、その人と付き合いたいと思うことは決しておかしいことではありませんし、多くの人が経験している道ではないでしょうか。

それでは、その告白の結果はどうだったでしょうか。成功して大好きな人と付き合うことができた、という人もいれば、振られてしまって人生のどん底を味わった、という人も多いでしょう。

その当時はつらくて苦しかったことも、今から考えてみるとたいしたことではなかったり、それがいい経験になっている人もいます。

また、今と昔では告白に対する意識や位置づけというのも大きく変わってきています。巷では「草食系男子」なるものが流行ったりした結果、告白に対する考えも変わってきました。

そこで今回の記事では、告白を成功させるための方法や、告白にまつわる不安や心配なことをすべて払しょくするような内容をお届けします。

そもそも、昔は「付き合う=告白して成功しなければならない」という、ある種の方程式のようなものが存在していました。もちろん、今のように気軽にメールやLINEなどで、好きな人とやり取りをすることもできません。家にいてもやり取りをしたいのであれば、相手の家に直接電話をかけるしかないことも多くありました。

そのため、自分が告白しなければ相手の本当の気持ちを知ることができず、また、告白するまで成功するのか失敗するのかは分からないという状態でした。今の人から考えると、そんな不安しかない状況で告白なんてできない、と考える人も多いことでしょう。

しかし、その中で相手の「好き」を勝ち取った人は、カップルとなり愛を育んでいました。今のように頻繁に連絡を取ることができないからこそ、少しだけ会える時間や、少しだけ反すことができる時間をとても大事にする傾向にありました。この点も現在のカップルとは大きく異なる点でしょう。

現在

それに対して、現在は「付き合う」ということに対しても、「告白」というものに対してもハードルが下がっていたり、ちがう目線を持った人が増えてきています。昔の告白をしてから付き合うのが普通、という方からすると、すこし変わった、ドライな関係に感じる人もいるでしょう。

それでは、どのような点が昔とは異なっているのでしょうか。まず、今の人たちは、ギリギリまで告白をしません。もっと分かりやすく言うと、「告白したら成功する」確率がほぼ100%にならないと告白しようとはしないということです。

昔のように、「告白して付き合えるかどうか分からない」という状況では絶対に告白をしません。もし、グズグズしていてほかの人に取られたとしても、それはそれとして割り切ることができます。

「せっかく付き合えたかもしれないのにもったいない」と思うかもしれませんが、その人たちにとっては告白に成功することも大事ですが、あくまで「自分が傷つかずに」成功することが大前提になっています。自分が降られる確率を残した状態で告白するのは良くない、という考えを持っています。だからこそこのような行動になります。

理解しがたい、と思う人も多いでしょう。しかし、傷つきたくないという意思は、昔に比べて今の方が格段に大きくなっています。これは恋愛に限ったことではありません。

付き合うことに告白は必要か

しかし、ここまでくると、1つの疑問が浮かんできます。「そもそも今の人たちにとって告白は必要なのか?」ということです。告白をしたら、ほとんどの確率で成功するわけで好き同士なのが分かっているわけですから、わざわざ面倒な告白というプロセスをたどる必要がないのではないか、と思うのは当然です。

しかし、若い人にとっても告白は大事なものとして扱われています。それはある種の「けじめ」としてです。お互いに両想いなのは分かっているし、付き合うのが当然の流れではあるけれども、告白をしなければそれ以上の関係にはならないということです。

告白をして、OKをもらって初めて対外的にも両想いと認められ、カップルと名乗ることができます。それは今も昔も変わらないということでしょう。

告白に成功する方法

今では、ほとんどの人が告白に成功することが分かっている状態ですることが多いです。しかし、中にはせっかくだから告白をするという人もいますし、一か八かで告白をする人もまだまだ大勢います。そのような方は、「どうやったら告白に成功するのか」という点でしょう。そこでここでは、告白に成功するための方法を具体的に紹介していきます。

タイミング

告白をされた場合、ほとんどの人が自分の中で答えを決めています。この人とは付き合える、もしくは付き合えないと心の中で決めているものです。そこで重要になってくるのが、告白の「タイミング」です。人によっては「告白はタイミングで9割が決まる」と言う人もいるくらいです。

そこでここでは、どのようなシグナルがあったら告白をしても良いのか、どのような仕草があれば相手は自分のことを気にしていると考えても良いのか、そのタイミングについて詳しく見ていきます。

LINEなどで感情を表す言葉が増えてきた

多くの人が好きな人とLINEやメールで連絡を取り合っているでしょう。会えない時間もさまざまなツールでつながっています。

そして、そのやり取りの中で感情を表す言葉がよく出てくるようになったら告白は成功する確率が高くなっていると言えます。例えば、「好き」といった直接的な言葉が並ぶ場合は、もちろん良いのですが、それだけでなくとも「疲れた」や「眠い」など自分の今の気持ちを表してくれているのであれば、相手の中であなたの存在がかなり大きくなっている証拠です。

あまり仲良くない人に自分の気持ちを素直に表現するというのは非常に難しいものです。それにもかかわらず、自分の気持ちを素直に表してくれるということは、あなたに対して心を開いているということです。些細な変化ではありますが、その変化を見逃すことなくLINEなどでやり取りをしてください。

デートの誘いを毎回受けてくれる

せっかくの休みを一緒に過ごすのであれば、なるべく楽しく過ごせる人と一緒にいたいと思うのが普通です。しかし、いざデートを申し込んだとしても、なかなか予定が合わないことも多いでしょう。それは、あなたのことを好きか嫌いかに限らず、純粋に予定が合わないということです。

それにもかかわらず、毎回デートを申し込むと、必ず誘いを受けてくれる場合は、かなりの確率で好かれていると考えても良いです。予定を合わせることはなかなか難しいことですから、100%会えるというのは、相手が自分の予定を変更して合わせてくれている可能性もあります。

また、例え予定が合わないとしても、向こうから都合のいい日時や場所などを提案してくれる場合は、少なくともあなたとのデートを嫌がってはおらず、好意を抱いていると考えて良いです。

友達に会わせてくれる

彼氏や彼女になったとしても、なかなか友達に紹介するというのは、恥ずかしかったり、ハードルが高かったりします。付き合っていないともなれば、さらにハードルが上がるのは当然です。

それにもかかわらず、意中の相手が自分の友達を紹介してくれるというのは、相手がかなりあなたのことを慕ってくれている証拠と言えます。逆に言えば、自分の友達を相手に紹介することで、自分の好意を間接的ではありますが伝えることができるということです。

恋愛事情を聞いてくる

みなさんは、友達の恋愛事情を進んで聞きますか?相手から話してくるのを聞く機会をありますが、自分から聞きにいくことがないのではないでしょうか。唯一どんな恋愛をしているかどうか気になるのが「自分が好きな相手」ではないでしょうか。

自分が気になっている相手が、過去にどんな人とどんな恋愛をしたのか、今どんな人を好きなのかというのは非常に気になる情報でしょう。

そのようなタイミングで相手があなたの好きな人を聞いてきた場合、あなたのことを多少なりとも気になっていると考えることができます。少なくとも言えるのが、あなたのことを嫌っていないということです。

お祝いのタイミングを狙ってみる

一年のうちには必ずお祝いのタイミングが何回か存在します。例えば、誕生日やクリスマスなどの定番のものはもちろんのこと、最近ではハロウィンなどもイベントとして定着しつつあります。

そして、そういったお祝いやイベントのタイミングというのは、告白の成功確率が上がるタイミングでもあります。そのため、そのようなタイミングを狙って告白してみるというのも一つの手ではないでしょうか。お互いにそのイベントを楽しみつつ、それが終わった後で告白することで、成功確率もグッと上がります。

また、そのようなイベントを自分と一緒に過ごしてくれるかどうかというのも判断材料の一つになります。特に誕生日などの一年に一回しかないようなイベントは、なるべく好きな人と過ごしたいものです。そのようなタイミングであなたからの誘いを断らないということは、少なくともあなたに対して嫌な感情を持っていない証拠にもなります。

好きな人に告白する際には、お祝いなどのタイミングを意識してみましょう。

言葉

告白をする際に、タイミングと同じくらい多くの人が重要視することが、告白の「言葉」です。告白の際にどのような言葉をかけるべきかを紹介していきます。

無理にロマンチックな言葉を言う必要はない

まず覚えておいていただきたいことがあります。それは、告白をする際の言葉によって告白が成功したり失敗したりすることはほとんどない、ということです。もし、告白して失敗してしまったのであれば、それは告白の言葉が悪かったからではなく、まだ告白のタイミングではなかったということです。そのため、言葉にあまり頼りすぎないようにしましょう。

また、告白の言葉=ロマンチックな言葉というイメージを抱いている方もいますが、それは間違いです。告白の最大の目的は、自分の好意を相手にしっかりと伝えることであって、それはロマンチックな言葉でなくとも伝えることができます。そのため、告白だからといって気負いすぎず、ロマンチックな言葉を無理に選択するのではなく、自分の言葉でしっかりと伝えましょう。

好き・付き合ってくださいは必ず伝える

告白の言葉には、さまざまなものが思い浮かぶものでしょう。定番のものから、少しトリッキーなもの、そのカップル独特なものまであります。その中から自分の気持ちを一番伝えやすいと思うものを選択して告白すれば良いです。

しかし、必ず入れなければいけない言葉があります。それは、「好き」と「付き合ってください」という2つの言葉です。まず、好きという言葉を使わなければ、あなた自身の気持ちが相手にはっきりと伝わりません。必ず目を好きと伝えるようにしましょう。

また、付き合ってください、という言葉も同様に大事です。長々と告白の言葉を並べたり、どれだけ素敵な言葉を伝えたとしても、最後に「付き合ってください」の言葉がなければ、相手からすると「え?だから何?」となってしまいます。しっかりと、好きだから付き合ってほしいということをしっかりと伝えるようにしましょう。

告白の際に重要なこと

告白をする際に重要なことは、タイミングや言葉のチョイスだけではありません。そこで次は、告白をする際に重要なことをいくつか紹介していきます。

回りくどい告白はやめよう

人に自分の気持ちを伝えるということは、多くの人が苦手としています。好きな人に「好き」と伝えることはなおさら苦手、という方も多いことでしょう。そして、人に気持ちを伝えることが苦手な人ほど、素直に「好き」という言葉を伝えることができず、どうしても告白が回りくどくなってしまうことがよくあります。

しかし、告白の際の言葉が長くなり、回りくどくなればなるほど、相手の気持ちはどんどん冷めていってしまいます。たとえ相手があなたのことを気に入っていたとしても、その気持ちが離れてしまうことさえあります。

さらに、回りくどい告白はなかなか相手の印象に残らず、「結局何が言いたかったの?」となってしまうこともよくあります。せっかくの告白でしたら、もちろん成功させたいですが、失敗したとしてもなるべく相手の印象に残るような告白をしたいでしょう。

そのようなときに長く、回りくどい告白をするのは、かえって逆効果と言えます。告白の印象を残させたいのであれば、シンプルかつ端的に自分の気持ちをストレートに伝えるようにしてください。

人前での告白は避ける

現在、巷では「フラッシュモブ」のように、人前で告白をしたり、サプライズな演出を行うことが流行っていたりします。しかし、それらのいわゆる奇抜な告白は、なるべく避けるようにしてください。

確かに、フラッシュモブなど人前で盛大に告白する人の成功例をいくつも目にしている人は多いでしょう。しかし、それは成功例だけが話題になっているからであって、同じくらい失敗している人や、一応成功したけれども普通の告白がよかったと思っている人は多くいます。

ましてや、結婚ではなくカップルになるだけですから、そこまで盛大に行ったり、人目につくような場所ではして欲しくないという方が多いです。フラッシュモブなどのサプライズを行う人は、「相手が喜ぶと思って」行うでしょう。

しかし、それを本当に相手が望んでいるのかどうか確認する人は少ないです。結局、サプライズとは言うものの、自分本位の告白になってしまっているということです。

告白はあくまで、相手に気持ちを伝えることがメインであって、自己満足のために行ってはいけません。相手が、そのようなサプライズを望んでいることが明らかなどの特殊事情がない限りは、人前など目につくような場所での告白は避けましょう。

相手を褒めるのは大事だが

告白の際に、相手のことを褒めたり、好きなところを挙げることはとても大事です。それによって、あなたがどれだけ相手のことを思っているか伝わりますし、褒められて嫌な気分になる人は少ないでしょう。

しかし、褒める際に身体的な特徴を褒めてしまう人が、特に男性に見受けられます。例えば好きな女性に対して、「胸が大きいから好き」や「お尻が大きいから好き」などと伝えてしまう場合です。

男性にとっては長所であると思っている点であったとしても、それが相手の女性にとっては、コンプレックスであることも少なくありません。それくらい身体的な特徴というのは、人それぞれ感じ方が異なります。みなさんにも触れられたくない身体的な特徴が一つはあるのではないでしょうか。

また、身体的な特徴を挙げることで、「本当はこの人身体目当てなのではないか」という疑念を抱かせてしまうことがあります。たとえあなたが真剣に相手のことを想っていたとしても、その一言で相手に疑われてしまうのは悲しいことです。

以上のようなことを避けるためにも、告白の際に褒めるのは、身体的な特徴以外の、特に内面のよいところを探して、褒めるようにすると効果的です。

夜に告白をする

次は、心理学的な話になりますが、告白は一般的に夜にした方が成功確率が上がると言われています。理由には諸説ありますが、人間はホルモンなどの関係で夜の方が情熱的になりやすいためと考えられています。

そこで告白するのも、昼間よりも夜の方が向いていると言えます。より良い方法を選ぶのであれば、昼間にデートをしておいて、その上で夜にデートをするのがおすすめです。昼間のデートで、お互いの距離をさらに縮めておいて、夜にお互いの感情が高まったところで告白をすることで、さらに成功の確率を上げることができるでしょう。

告白におすすめのスポット

それでは次は、告白におすすめのスポットとNGスポットをいくつか紹介していきます。どこで告白するか、という点もムード作りなどには重要になってきますのでぜひ参考にしてください。

遊園地

まずは定番の遊園地です。テーマパークなどの遊園地であれば、お互いの気持ちも盛り上がっていることが多いですし、告白の成功確率も上げることができます。

公園

もし二人の関係が、昔からの知り合いなどであるならば、家から近い公園での告白もおすすめです。お互いの思い出を振り返りながら告白できると良いでしょう。

自宅

次も定番の自宅です。付き合う前にもかかわらず、自宅で二人で会うような関係の場合は、告白に成功する可能性も高いと言えます。

夜景スポット

夜景スポットでの告白に憧れている人は多くいます。せっかく夜景スポットで告白するのであれば、相手が行ったことのないような場所を選びましょう。

ドライブ後の車の中

ドライブデートが好きな方は多いでしょう。ドライブデートが盛り上がった後に告白というのも憧れる人が多いシチュエーションです。

二人が初めて出会った場所、デートした場所

二人が初めて出会った場所や、初めてデートした場所というのは特に印象が強いものです。そこでの告白というのもロマンチックで良いでしょう。

NGスポット

告白に適している場所があれば、いわゆるNGスポットと言われる場所もあります。そこで次は、あまり告白に向いていない場所をいくつか紹介していきます。

観覧車

観覧車での告白というのも、ある種の定番となっていますがあまりおすすめできません。なぜなら、観覧車は完全な密室であり、相手にプレッシャーを与えてしまうおそれがあるからです。

レストラン

次におすすめできないのが、レストランなどの人目が多い場所です。人に見られている可能性が高い場所での告白は、望まない人が多いので控えるようにしましょう。

何回目のデートで告白するのが正解?

告白をする際に多くの人が迷うのが、「何回くらいデートを重ねたら告白してもよいのか」という点ではないでしょうか。デートを重ねていくうちに好きになっていくパターンもあれば、始めからその人が好きでデートに誘う場合もあります。

特に後者の場合は、1回目のデートでも告白してしまいたいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、一般的に1回目のデートで告白するのは早いな、と考える人が多いです。そこで、どれくらいの回数デートを重ねたら告白してもよいのか、その基準について考えていきましょう。

1回目のデートで告白は早いけれども

確かに、一般的には1回目のデートでの告白は早いです。たいていの場合は、「まだよく知らないから」と断られてしまうことでしょう。

しかし、一般的というからには、例外があるのも事実です。例えば、二人でデートをするのは、最近であったとしても、もともと友達関係にある二人で、連絡などは頻繁に取っているのであれば、1回目のデートでの告白も悪くはないでしょう。

なぜ、「告白は、ある程度の回数デートを重ねてからの方が良い」と考えられているかというと、二人の心の距離を近づけるためには、ある程度の回数・時間を一緒に過ごす必要があると考えられているからです。

そのため、極端に言ってしまえば、1回目のデートであったとしても、二人の心の距離がグッと縮まったのであれば告白してもOKということです。何回目のデートで告白をすれば良いか、という問題よりも、二人の心の距離をどうやって見極めるかということの方が重要と言えます。

何回もデートを重ねた方が成功確率は上がるが…

確かに、複数回デートを重ねてから告白した方が、成功確率はグッと上がります。しかし、デートの回数を重ねた場合であったとしても、告白の成功確率が上がらない場合、それどころか成功確率が下がってしまうことがあります。

それは、慎重になりすぎるあまり、デートの回数を重ねすぎてしまい、お互いの関係がだれてしまうことです。デートを始めたころは、お互いにいい緊張感を持って接していたにもかかわらず、何回もデートを重ねていくうちに合わない部分などが見えてしまうことがあります。

また、ある程度の回数デート重ねているにもかかわらず、あなたからの告白がないことで、相手があなたに対して愛想をつかしてしまうこともあります。そのため、適度なところで告白しておかないと、相手にも新たにいい人が現れる可能性がありますし、いつまでも待ってくれるとは限りません。告白したい、と思ったらズバッと告白することをおすすめします。

直接以外の方法での告白はあり?なし?

昔は、携帯やスマホもなかったため、人に告白をする、気持ちを伝えるという場合は、直接伝えるか、手紙を使うしかありませんでした。しかし現在では、携帯やスマホが普及したことによって、直接の告白ではなく、メールやLINEといったメッセージアプリを利用して告白する人が増えています。

そのような人が増えていくにつれて、「直接以外の方法で告白するのはどうなのか」という問題が出てきています。そこで次は、直接以外の方法での告白はありなのか、なしなのかということについて、それぞれの意見を見ていきましょう。

あり派

まずは、直接以外の方法での告白がありという人の考え方です。現に、直接以外の方法での告白は増えています。

まず、メールやメッセージアプリを利用して告白の大きなメリットは、相手の顔を見ずに告白することができるため、しっかりと自分の気持ちが伝えることができるということです。直接告白する場合、緊張などから焦ってしまい、考えていた言葉が出てこなくなってしまうことがよくあります。同じような経験をした人も多いのではないでしょうか。

その点、メールやメッセージアプリを利用することで、そのようなミスを減らすことができます。自分が言いたいと思っていたことを、しっかりと文章で伝えることができます。

次のメリットは、文章を何度も推敲することができるという点です。直接告白する場合は、自分が言おうと思っていなかった言葉まで言ってしまうことがあります。先ほどの身体的な特徴など、言わない方がよいことも多々あります。メールやメッセージアプリを利用する場合は、相手にメッセージを送る前に自分がどのような文章を送ろうとしているのか確認することができます。

何なら、自分が書いた文章を1日寝かせておいて、次の日に冷静になってから見直してみるということもできます。そのため、直接告白するよりもしっかりと吟味をした上で告白することができます。

以上の理由から、直後以外の方法で告白をすることもありと考える人が増えています。

なし派

次は、直接以外の方法での告白はなしという人の意見です。すなわち、告白は直接行ってこそ意味があるということです。

まず、メールやメッセージアプリを使った告白のデメリットは、自分がどれだけ相手のことを想っているのか相手にはなかなか伝わりづらいという点にあります。

あなたがどれだけ真剣な気持ちで相手に告白をしたとしても、直接告白するのに比べて言いやすいことから、「本当にこの人は自分のことが好きなのか」と疑われてしまったり、「冗談でしょ」と軽く流されてしまうことがあります。

せっかく真剣に文章を考えて告白をしても、相手にはその様子は伝わらないのでこのようなことが起こってしまいます。直接告白する場合は、たとえ言葉に詰まってしまったとしても、それが逆にあなたの気持ちをよりリアルに表してくれることもあります。そういった面で、メールやメッセージアプリを利用した告白は不利と言えます。

結論

それでは、告白は直接した方が良いのか、それとも直接以外の方法での告白でも良いのかという結論ですが、確かに直接以外の方法での告白もOKという人は、一定数います。しかし逆に、告白は絶対直接するべき、と考えている人も一定数いることは事実です。

告白する前にそれが分かればいいのですが、なかなか確認できることではないでしょう。相手が告白は直接してほしい、と思っている可能性がある以上、直接告白した方が成功する確率は高いと言えます。

よほどの特殊事情がない限りは、なるべく直接自分の気持ちを伝えるようにしてください。

告白された時の返事

ここまでは、自分が告白する際のポイントなどを紹介してきましたが、みなさんの中には告白されたことのある人も多いのではないでしょうか。

OKする場合は、その気持ちを素直に伝えればいいだけなので特には困らないですが、少し考えさせてほしいから保留にしたいときや、恋愛関係になるつもりがないので断りたいときに、どのように返事をすれば相手を傷つけないですむのかというのは多くの人が気にするでしょう。

そこで次は、告白された場合の返事の仕方について考えていきましょう。

保留

意外と難しいのが、告白されたときに「保留」する方法です。告白をした相手からすると、「保留=フラれる」というイメージを持っている人もいますが、本当の意味で保留して考えたい、という人も大勢います。そのような場合に、どうやって相手に言葉をかけたら良いのでしょうか。

まずは、今あなたどういう気持ちでいるのかということを素直に相手に伝えましょう。「まさかあなたから告白されるとは思っていなかった」ということでもいいですし、「まだ好きかどうか分からない」ということでもいいです。とにかく素直に自分の気持ちを伝えてください。

その上で、「真剣にあなたとの今後を考えたいから数日時間が欲しい」ということを伝えましょ。期間としては長くても1週間程度にしてください。あまりに長すぎると、相手はフラれたものだと思ってしまいます。

このような手順を踏むことができれば、あなたが相手をフるために保留にしたのではなく、真剣な気持ちなのだということが相手に伝わるでしょう。

断り方

次は、告白されたけれども、断る場合の返事の仕方を紹介します。まず大前提として、告白されて、それを断る場合、相手を傷つけないことはほとんど不可能と考えましょう。

相手は、あなたのことを真剣に好きになり、どのような方法であれあなたに気持ちを伝えるためにいろいろ考えた上で告白しています。その告白を断るわけですから、大なり小なり相手を傷つけてしまうことは覚悟しましょう。

しかし、相手を傷つけたくないからといって、好きでもないにもかかわらず、告白を受け付き合うことも絶対にやめましょう。あなたが相手のことを好きではない、ということは絶対に相手に伝わってしまいます。そうした場合、告白を断った時以上に相手を傷つけてしまうでしょう。その傷は計り知れないものがあります。

告白されたとしても、さまざまな理由から付き合えないと判断したのであれば、しっかりと「ごめんなさい、付き合えません」と断るようにしてください。

意中の相手に告白させる方法

何も気にすることなく、好きな人には「好き」とはっきり伝えることができるような人もいれば、気持ちを伝えることが苦手で告白なんて自分からはできない、という人もたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、好きな人とは付き合いたいものでしょう。そこで考えることは、「意中の相手から告白をさせる方法」です。そのため次は、うまく相手に告白させるための方法をいくつか紹介していきます。

男性に告白させる方法

まずは、女性のみなさんが意中の男性に告白してもらうための方法です。男性に比べて、女性の方が自分から告白したことのない人や、告白することが苦手という方が多いのではないでしょうか。また、女性からすると、告白によって男らしさを見せてほしいと考えている人も多いです。さて、どのようにすれば意中の男性に告白してもらうことが可能なのでしょうか。

大事なのはサインとスキンシップ

女性が男性に告白してもらう際に、特に重要になってくるのが、自分が相手の男性を気に入っているということを伝える「サイン」と、相手の男性をその気にさせる「スキンシップ」です。これらをうまく利用することで、男性の方から告白してもらうことが可能になります。

サイン

まずは、自分が相手の男性のことを気に入っているということを伝えるためのサインをいくつか紹介していきます。

・相手の男性と一緒にいるときは常に笑顔で

女性の笑顔が嫌い、という方はいないと言ってもいいでしょう。男性は間違いなく女性の笑顔を見たいと思っています。好きな女性のタイプとして、「笑顔が素敵な女性」と言っている男性芸能人などをテレビで見たことのある人も多いのではないでしょうか。それくらい女性の笑顔には人を惹きつける魅力があります。

そこで、自分の好意を相手に伝えるために、一緒にいる時間はなるべく笑顔でいるようにしましょう。そうすることで男性は、「この人と一緒にいたら楽しそうだ」と付き合った後のことをイメージすることができます。それを告白に結び付けることも十分可能です。

・リアクションはオーバーに

女性の中には、「クールな男性が好き」という方が一定数いますが、男性は「クールな女性が好き」という人は少ないです。そのため、自分が話したことに対して、あまりリアクションを取ってくれないような女性よりも、たとえオーバーであってもリアクションをしっかりと取るようにしましょう。

特に「楽しい」というリアクションはしっかりとしてあげると、男性からしてもかなり好印象と言えます。楽しそうな姿を見て、男性はあなたにさらに惹かれていくことでしょう。

女性に告白させる方法

次は、男性が女性に告白してもらうための方法です。男性の中にも、自分の気持ちを素直に伝えることが苦手な人や、なかなか告白することができないという人もいます。しかし、まず考えていただきたいことは、女性に比べて男性は、相手に告白してもらうというのは非常に難しいということです。

多くの人が「一般的には男性が告白するもの」と考えています。昔よりはその考えも少なくなってきていますが、今もそう思っている人は大勢います。それでも男性が女性から告白してもらいたいと思った場合、どのようにすれば良いのでしょうか。

メールやLINEでしっかりと連絡を取る

女性から告白してもらうためには、なるべく長い時間をかけて仲良くなっていく必要があります。そのためには、メールやLINEでしっかりと連絡を取ることが大事です。そうすることでお互いの距離が縮まりますし、女性もあなたに対して心を開きやすくなります。

ただでさえ女性からの告白というのはハードルが高いので、告白してもらいたいのであれば、ゆっくりと慎重に時間を積み重ねていくようにしてください。

好意があることをさりげなく伝える

いくら女性から告白をしてもらいたいと思っても、女性は男性と同じようには告白をしてはくれません。極端なことを言ってしまえば、告白が100%成功するというくらいでなければ告白はしないと考えても良いでしょう。

そのため、女性から告白してもらうためには、自分の好意をさりげなく相手に伝えていく必要があります。ポイントは「さりげなく」ということです。「もしかしたら私のこと好きなのかな?」と思わせることが重要です。

あまり露骨にアピールをしてしまうと、相手はあなたからの告白を待ってしまう傾向にあります。もちろんそれで自分から告白できるのであれば良いのですが、そうでない場合はなかなか進展させることができません。そのため、なるべくさりげなく好意を伝えることを意識してください。

特別感を出す

女性の多くは、自分だけの特別感というのに非常に優越感を感じます。そのため、意中の女性と一緒にいるときは、他の人には見せないような姿を見せてあげると、その姿に惹かれることは多いでしょう。

例えば、普段クールなタイプのあなたが、意中の女性と一緒にいる場合だけ、たまに無邪気な姿を見せてみたりすると、女性は自分しか知らないあなたの新たな一面を見ることができます。些細なことではありますが、そのような特別感が女性の中であなたの存在感を高めてくれます。

友達に協力してもらう

もし意中の女性と共通の友達がいるのであれば、その人に協力してもらうのも1つの手段でしょう。共通の友達から、あなたが相手の女性のことを気に入っていることなどをそれとなく伝えてもらうことで、相手の女性はあなたのことを意識せざるを得なくなってしまいます。

それをきっかけとして、二人の距離を縮めていき、相手に告白してもらうように努力をしてみてください。

告白に失敗した時の対処方法

意中の相手に対して、方法やタイミングなどを真剣に考えて告白したとしても、必ず成功するとは限りません。むしろ失敗してしまう人の方が多い場合もあります。

ここで重要になってくるのが、告白に失敗したときの対処方法です。どうやって対応するかどうかで、今後相手の中であなたの印象がどうなるか決まってしまいます。もしこれからも仲の良い友達でいたい場合や、今回はダメでも次に生かしたいという人は以下のことを参考にしてください。

怒る・拗ねるなどはダメ

告白に失敗したからといって、それを相手のせいにしたり、ましてや怒ることや拗ねてしまうことはしてはいけません。完全にNG行為です。これをしてしまうと、相手のあなたに対する評価は、以前よりも断然下がってしまい、今後もうまくやっていくことはできなくなってしまうでしょう。

まずは、告白に失敗したという事実をしっかりと受け止めるようにしてください。

ありがとう、と伝えることができればベスト!

告白は、する方も真剣にいろいろと考えてしますが、断る方もあなたとのことを真剣に考えますし、ときには苦しい思いをすることもあります。

そのような相手にしっかりと「ありがとう」と伝えることができた場合、相手はどう思うでしょうか。間違いなくあなたのことを意識するようになるでしょう。なぜなら、告白してフラれたにもかかわらず、ありがとうと言えるような人はなかなかいません。そのような度量の大きな人ということが分かるわけですから、今後の関係にも期待することができます。

もし、今後も付き合うというところまでいかなかったとしても、相手はあなたのことを悪く思うことはないでしょう。恋人関係ではなくとも、友人関係としてすばらしい関係を築いていくことも可能です。

告白に失敗したとしても、ふてくされることなく、相手に感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしてください。

告白の返事待ちになった時の対処方法

1つ前の項目では、惜しくも告白に失敗してしまった場合の対処方法について紹介しましたが、告白して保留になってしまう場合もあります。フラれてしまった場合は、明るくしていれば相手に悪い印象は与えないので、そこまで神経質になる必要はありませんが、難しいのは保留になってしまった場合の態度です。

保留になってしまった場合の態度を間違えてしまうと、告白の答えにも大きな影響を及ぼしてしまいます。そこで次は、告白が返事待ちになった場合の対処方法について紹介していきます。

とにかく返事を急かさないことが重要

告白をして、返事が保留になってしまったとしても、なるべく早く返事をもらいたいと思うのが普通でしょう。その結果が、成功であっても失敗であったとしても早い方がいいでしょう。

しかし、告白の成功確率を少しでも上げたいのであれば、告白の返事は急かさないことが重要です。急かされれば急かされるほど、人は嫌な気持ちになってしまいます。真剣に考えたいと思っているにもかかわらず、急かされることによってどうでもよくなってしまうことも多々あります。そのため、いくら返事が早く欲しいからと言って急かすのはやめましょう。

できることであれば、「返事はいつまででも待ってるから、ゆっくり考えてほしい」ということをしっかりと伝えることができるのがベストです。そうすることによって、あなたからのプレッシャーを感じることなく、本心からあなたと付き合いたいのかどうかということを考えることができます。

こうすることによって、その結果が成功であっても失敗であったとしても、二人の関係はより良いものになるでしょう。

女からの告白の仕方

女性の中には、「女からの告白はナシ」と勝手に考えてしまっている場合があります。しかし、それは非常にもったいないです。そう思っていることによって、意中の人と恋人になる機会を失っていることもあるでしょう。女性だからといって奥手になるのではなく、意中の男性がいるのであれば告白してみてはいかがでしょうか。

せっかくなら告白してみよう!

告白は恥ずかしいと思っている人も多いでしょう。しかし、せっかく意中の異性がいるにもかかわらず、その思いを伝えないことはもったいないの一言です。告白してみることで学ぶことがたくさんあります。せっかく好きな人ができたのであれば、勇気を振り絞って告白してみましょう。