Search

検索したいワードを入力してください

【黒い蝶】種類からスピリチュアルな意味まで完全解説

Author nopic iconhappy_rabbit
都市伝説 / 2017年10月25日
【黒い蝶】種類からスピリチュアルな意味まで完全解説

黒い蝶のスピリチュアルな意味とは?

黒い蝶を見かけると不吉な事が起こるサイン!?

昆虫を目にする機会が少ない人にとっては、突然目の前に蝶が現れるとこれから起きる何かの虫の知らせと感じる事もあるでしょう。特に、それが黒い蝶だと不吉な予感すらしてしまいます。海外では、黒い蝶を近くで見かけると、家族の死の知らせとも言い伝えられているくらいです。

しかし、本当に黒い蝶が全て不吉な事が起きる虫の知らせなのでしょうか。実は、全てが不吉な事の前兆ではなく、場所やシチュエーションによっては、良い知らせの前兆とも言われています。

神様や魂の使者と言われ、特別な存在として扱われる事が多い黒い蝶を見かけたら、それは何かのサインです。そのサインを見逃さないように、黒い蝶が現れた場所やシチュエーションに合わせた意味を知っておきましょう。

国や時代で黒い蝶へのイメージは変化する

黒い蝶が部屋の四隅にとどまると、死を予告するサインと言われたり、行き場のない魂が黒い蝶になりさまよっていると言われていたり、国や時代によって意味が大きく変化します。日本でもスピリチュアル要素の強い黒い蝶ですが、海外に比べて悪い知らせだけではなく、良い知らせをもたらすサインとして捉えられる事が多いです。

黒い蝶を神社で見かけたらどんなサイン?

神社にいる時だけ天候が変わったり、参拝中に風が吹いた時は神様に歓迎されているサインと言われています。それらと同じように、神社の境内で黒い蝶を見かけたら、神様があなたを歓迎しているサインです。

神様の使いとも言われている黒い蝶は、神事が無事に済んだ神域にだけあらわれます。神様に歓迎されながら、パワーが充分にみなぎっている絶好のシチュエーションの中で参拝をする事ができるでしょう。

神社を含めパワースポットと言われる場所は、自身との相性で効果は大きく変化します。神様が歓迎してくれるサインを感じられた神社は、相性が良い証拠です。黒い蝶が教えてくれたご縁を大切にしていくと良いでしょう。

墓地で黒い蝶を見かけたらどんなサイン?

お彼岸にお墓参りをしていると、黒い蝶が目にとまる事はありませんか。実は、お墓で見かける黒い蝶は、亡くなった方の魂が乗り移って挨拶に来ていると、日本では言い伝えられています。

お墓という場所が場所なだけに、見かけると一瞬不気味に感じてしまいますが、そんな言い伝えを聞くと故人を思い出し、黒い蝶に出会えて良かったと思える事でしょう。愛着すら湧く人も多いです。ハワイでも、黒い蝶は愛する人に別れを告げに来た使者という日本に似た言い伝えが語り継がれています。

家に黒い蝶が入ってきたらどんなサイン?

外出先で出会う黒い蝶だけが、意味があるわけではありません。日常生活でも黒い蝶がメッセージを残してくれる事があります。もし、家の中に蝶が入ってきたら、良い出来事をもたらせてくれる人に出会う前兆です。明るい色の蝶なら恋愛運に関して、黒い色の蝶なら仕事運に関しての知らせと言われています。

蝶は、良いエネルギーに引き寄せられる生き物です。家に入ってきた蝶に危害を加えると、不運に変わってしまうので、追い出したり殺したりせずに静かに見守りましょう。良いエネルギーを好む蝶に対して、負のエネルギーをぶつける事は良くありません。

国内で出会える黒い蝶の種類は?

黒い蝶と一言にいっても日本国内だけでも色々な種類が存在します。黒い蝶を注意深く見ていると、模様が個性的でついつい魅入ってしまう事でしょう。国内で見られる主な黒い蝶をご紹介します。黒い蝶の生息地を知っておくと、出会える機会も増えます。

青い模様が入った黒い蝶は?

漆黒の黒い羽に美しい青い斑紋が映える黒い蝶は、ついつい見とれてしまいます。全国に生息しているのは、ミヤマカラスアゲハです。5月~8月にツツジなどの花の蜜に集まります。エメラルドグリーンに近い青い光沢感がとても美しい蝶です。

また、沖縄地方に生息しているツマムラサキは、夜空の星をイメージさせる青いグラデーションも美しく一見の価値ありです。季節関係なく1年中見ることができますが、4~5センチほどの小柄な黒い蝶なので、意識しないと見逃してしまう可能性があります。

赤い模様が入った黒い蝶は?

国内で見かける機会が多いのは、樹木の多い場所や日陰を好むメスのクロアゲハです。4月~10月の幅広い季節、日本各地に生息しています。8~12センチと大きく、自然の中だけではなく、民家や公園にも飛んでいます。最近では、都市部でも見かける事が増えた黒い蝶です。

また、南から西日本までを生息地とし、河川や墓地などの陽当たりの良い場所を好むジャコウアゲハも目にする機会が多いでしょう。最近では、関東付近でも見かけられるようになりました。秋になると、彼岸花とジャコウアゲハのセットで見かける事が増えてきます。

黒い蝶と黒い蛾の見分け方を知っておこう

黒い蝶に出会う事が何かのサインと知ると、注意深く観察する事も増えるでしょう。黒い蝶かとおもったら、実は蛾だったという事もあります。蝶と蛾の簡単な見分け方は、止まっている時の羽の動きです。止まっている時に羽を閉じているのが蝶、開いた状態で止まっているのが蛾と言われています。

黒い蝶だと思い喜んでいたり、構えていたら実は蛾だったという事がないように違いを覚えておくと良いでしょう。

秋になると黒い蝶が増えてくる!

秋が近づくにつれて、大きい黒い蝶を見かける事が増えてきます。お盆やお彼岸など故人を思い出す機会が増えるこの時期に見かける黒い蝶と、スピリチュアルな意味は結びつきが強いです。

秋の花の代表とも言える彼岸花にも、クロアゲハやジャコウアゲハなどの黒い蝶が多く集まってきます。赤い彼岸花と黒い蝶のコントラストを楽しみながら季節を感じるのも良いでしょう。不吉な迷信を持つ彼岸花とスピリチュアル要素の高い黒い蝶のセットは、とても神秘的な雰囲気が漂います。

黒い蝶の夢はどんな意味を表すの?

トラブルに巻き込まれてしまうサイン?

蝶が夢の中に表れたら、人間関係や人生の変化を示している事が多いと言われています。蝶の大きさや、数、動きなどシチュエーションによって意味は大きく変化します。黒い蝶の夢は、残念ながら思いがけないトラブルに巻き込まれたり人間関係に支障が出たりと、あまり良くない出来事の前兆と言われています。

しかし、あまり憂鬱に捉えずにいつも以上に行動や言葉に気をつけながら過ごせば、トラブルを回避できると前向きにとらえましょう。

内容によっては不幸を暗示する事もあるので、蝶が夢の中に出てきたらそのままにせずに夢占いで診断して備えておく事をおすすめします。そのくらい、蝶が出て来る夢は強いメッセージや深層心理を表している事が多いです。

悩みから開放されるサインの可能性も!

黒い蝶が夢に出てきたら、全てがトラブルを予感させるものだけではありません。夢の中に出てくる黒い蝶は、長く抱えていたモヤモヤした負の感情を洗い流してくれると言われています。朝起きたときに、久々に爽やかな気分で1日を迎えられたら、それは黒い蝶が夢の中に出てきたおかげです。

また、夢の中でも家に蝶が入ってくるシチュエーションは、良い知らせが舞い込むサインと言われています。良い内容でスッキリ起きられたのなら、それは吉夢と捉えて良いでしょう。

黒い蝶は不吉のサインだけではない!

黒い蝶だけではなく、黒い猫や黒いカラスなど黒い色の生き物は、不吉な出来事をイメージさせます。けれど、黒い生き物が全て不吉なメッセージを伝えるものではなく、場所によっては幸福の知らせや歓迎のサインになっている事も多いです。

中でも黒い蝶は、神様や魂の使者と扱われているくらい特別な生き物として捉えられています。海外では、マイナスのイメージがある黒い蝶も、日本では良い知らせが舞い込むサインとして言い伝えられています。黒い蝶を見かけたら幸運が舞い込むチャンスです。お出かけ先や、日常生活であなたに対する黒い蝶からのメッセージを見逃さないようしましょう。

Line@