Search

検索したいワードを入力してください

抜き襟のシャツのおすすめコーデ・ブランド・インナー

Author nopic iconすーじぃ
コーディネート / 2018年12月27日
抜き襟のシャツのおすすめコーデ・ブランド・インナー

抜き襟のおすすめシャツコーデ

シャツはオーバーサイズを選ぶのがポイント

最近はやりの抜き襟シャツを購入している方も多いでしょう。しかし、自分にはなぜか似合わないと感じていませんか。チャレンジしてみたけど、自分に似合わなかったから着るのをやめてしまった方もいるでしょう。それはあなたの選んだシャツが、抜き襟スタイルに合っていないからです。

抜き襟コーデをすときに着るシャツは、基本的にオーバーサイズのシャツを選びましょう。オーバーサイズのシャツであれば、抜き襟をしやすいだけではなく、程よい抜き感が出ます。シンプルなシャツであれば、ワンサイズもしくはスリムタイプのデザインであれば2サイズ大きいものがおすすめです。

また、ビックシルエットタイプのシャツを買う場合は、普段のサイズで大丈夫です。もともとサイズが大きめに作られているシャツなので、サイズを大きいものでなくてもシルエットが大きくなります。また、ビックシルエットシャツは、着方次第で体型が悪く見えてしまうので、購入する際は横にスリットが入っているものや、後ろ丈が長いものがおすすめです。

初めて抜き襟にチャレンジする方は、画像のように後ろにリボンが付いているのタイプもおすすめです。とくに着方を意識しなくても自然と抜き襟ができ、ポイントもあるので1枚でおしゃれになります。

抜き襟シャツ×スキニー

抜き襟シャツは、パンツとの相性が抜群です。中でもスキニーのようにすっきりとしたパンツによく似合います。抜き襟初心者でもチャレンジしやすいコーデかつ、失敗しにくいコーデなです。抜き襟のシャツは、オーバーサイズのものやビッグシルエットのものなので、上半身にボリュームが付きます。そのため、下半身をスキニーなどでスッキリさせることで全体のバランスが良くなりスタイルもよく見えます。

また、シャツの袖を折って手首を見せたり、パンツの裾を折って足首を見せることで、女性らしいさがアップします。

抜き襟シャツ×タイトスカート

スキニーと同じように、下半身をすっきりとさせたコーデです。女性らしいシルエットを作ることができるので、普段スカートをはかない方もチャレンジしやすいコーデです。ひざ丈のタイトスカートであれば、上品なコーデになります。また、横やバックスタイルにスリットが入ったものは、女性らしさがアップします。タイトスカートの素材がスエットの場合はラフ感が演出でき、カジュアルなスタイルになります。

抜き襟シャツ×ワイドパンツ

休日におすすめのコーデです。抜き襟のシャツとワイドパンツで、リラックス感が高くなります。上下ともにボリュームが出やすいコーデですが、抜き襟のおかげで野暮ったい感じがなくなり、洗練されたコーデになります。

また、ワイドパンツが入ウエストのものやウエストより少し高めの位置にサッシュベルトやコルセットをすることで足長効果などスタイルが良く見えます。

抜き襟シャツ×ロングスカート

ワイドパンツとともに休日におすすめのコーデです。程よいリラックス感が得られます。抜き襟とロングスカートのコーデのときはヒールが高めのパンプスなどを合わせることで足長効果を得ることができます。

ボタンを多めに開けてデコルテをしっかりと見せることで子どもっぽさがなくなります。また、スニーカーを合わせたい場合は、ワイドパンツのようにサッシュベルトを着けて、ウエストを高めに位置付ければ足長効果が得られます。

おすすめの抜き襟シャツブランド

トレンドを押さえたGU

抜き襟シャツの定番と言えばGUではないでしょうか。GUはプチプラアイテムが多いので、気軽に抜き襟コーデを楽しむことができます。また、トレンドを押さえたデザインのシャツが多いので、その時期に合ったトレンドを取り入れたい方にはぴったりです。

モリ袖のシャツも充実しているので、モリ袖と合わせて抜き襟コーデを楽しめるのもGUならではです。トレンドを押さえたい方やこれからチャレンジするかたにおすすめのブランドです。

シンプルに着るならユニクロ

GUと同じようにプチプラで有名なブランド、ユニクロのシャツもおすすめです。ユニクロはベーシックなデザインのシャツが多いので、シンプルにシックに抜き襟コーデを楽しみたい方におすすめです。普段使いだけではなく、仕事でも着ることができるデザインなので、仕事でも抜き襟を楽しみたい方はシンプルシャツが良いでしょう。

抜き襟のときのおすすめインナー

タンクトップ

抜き襟はデコルテを見せることで、女性らしさを感じさせてくれます。しかし、デコルテを前面に出すのが恥ずかしい方もいるでしょう。その場合は、インナーにタンクトップがおすすめです。最近はやりのリブタイプのタンクトップであればさりげなくトレンドを取り入れることもできます。

ただし、首元までしっかりと隠れてしまうタイプのタンクトップは、抜き襟にはあまりおすすめではありません。鎖骨が出るデザインのタンクトップであれば、抜き襟の邪魔にもならないでしょう。

深めのVネック

抜き襟の条件は、「デコルテを見せる」ことです。そのため、シャツからインナーが見えてしまうのはもったいないです。デコルテを見せることで、女性らしさを引き出す抜き襟をする際、インナーは「見えないもの」が良いです。普段よりも多めにシャツのボタンを開けて着るので、インナーも深めのVカットのものがおすすめです。

キャミであれば来やすいですし、Vネック部分にレースが付いてチラ見させるのも良いです。男女関係なく思わずドキッとする色気のある大人な女性を演出できます。

深めのVネックのインナーの場合は、ベージュが一番おすすめです。透けることがないので白色のシャツも堂々と着ることができます。もちろん黒や白といった色もシャツ自体のデザインを邪魔しなければ良いでしょう。

抜き襟シャツのときのおすすめアウター

ミリタリー

抜き襟でラフ感を演出しつつカジュアル感をプラスできるのが、ミリタリージャケットのポイントです。記事が薄いタイプのジャケットであれば、抜き襟シャツと一緒に抜き襟をするのもおすすめです。

トレンチコート

抜き襟にきっちりと感を出したい場合は、トレンチコートがおすすめです。羽織るだけでおしゃれに見えるトレンチコートですが、抜き襟シャツみたいに首元を抜いてみるのも良いでしょう。

トレンチコートのボタンもしっかりと締めずに、抜き襟に合わせ開けておきつつ、ベルトでウエストマークしておくと大人女子のコーデができます。

Gジャン

最近林出しているのが、Gジャンの抜き襟です。生地が硬いので、重たい印象を与えがちなGジャンですが、抜き襟をプラスすることで程よいラフ感が出ます。抜き襟ができるGジャンも売っていたりするので、ちょっと何か羽織りたいときにおすすめのアウターです。

抜き襟のやり方

抜き襟のやり方は、とても簡単です。手元にあるシャツでもできますが、オーバーサイズのシャツやビックシルエットシャツの方が、こなれた感が演出できるのでおすすめです。

抜き襟のやり方ですが、ポイントは「こぶし一つ分」と「デコルテを見せる」ことです。まずシャツを着て、ボタンを第2か第3まで開けます。そして後ろに引っ張るだけです。このとき首と襟が「こぶし一つ分」開けるのがポイントです。また、デコルテがしっかりと見えるように襟を調節して完成です。

基本の抜き襟はこれで完成です。後は、前だけシャツをインしたり、全部インしたり、サッシュベルトを付けるなど、アレンジをして抜き襟コーデを楽しみましょう。

1枚で3役のシャツワンピは抜き襟で大人女子に

着回し力抜群のシャツワンピースは、1枚持っておけばコーデの幅が広がります。まずは普通にワンピースとしとしてきます。このときも抜き襟を忘れずにスタイリングしましょう。共布でできたベルトが付いているシャツワンピが多いですが、ベルトを変えてみても良いでしょう。

次に、シャツワンピに合わせてワイドパンツやロングスカートを合わせれば、リラックスコーデができます。シャツワンピのよこにスリットが入っているとすっきりとしたコーデになります。

最後にシャツワンピを羽織るようにして着るのもおすすめです。デザインがシンプルなものの方がどんなコーデにもあわせやすくなります。1つでコーデの主役になるシャツワンピは、簡単に大人女子コーデを楽しむことができるのでおすすめです。

抜き襟のときの髪型

抜き襟の場合は、「アップスタイル」がおすすめです。1番取り入れやすいのが、ポニーテールです。高めの位置のポニーテールであれば、うなじをチラ見させることもでき女性らしさを出せます。

抜け感を出すためには、しっかりと結ばないことがポイントです。ポニーテールで結んだ後に少し髪をりっぱり崩してあげると抜き襟のラフ感が損なわれません。また、お団子ヘアーもおすすめです。抜き襟のときは首周りをすっきりさせつつ、おくれ毛を出すことでこなれた感が出ます。

メンズの抜き襟はあり?

女性から見て男性の抜き襟は、好みが割れます。男性がオーバーサイズのシャツやビックシルエットシャツを着ると野暮ったく見えてしまうことがあります。特に体格の良い男性は抜き襟のコーデは似合いません。細身の男性は、抜き襟で上半身にボリュームを付けるとこで、男性らしいスタイルを作ることが可能です。

抜き襟で女性らしさアップ

抜き襟の良いところは「女性らしさ」が演出できることです。肌を見せることに抵抗がある女性は多いですが、少しの肌見せで女性らしさを演出できます。インナーを工夫すれば、チャレンジできる抜き襟はぜひ一度チャレンジしてみてください。

デコルテを出しつつ、華奢な手首や足首を見せることで男性にはない、女性らしい魅力を引き出すことができます。そこに小さめの石のついたネックレスを着ければ、デコルテがグッと華やかにもなります。自分にぴったりのオーバーサイズのシャツを見つけて、抜き襟にチャレンジしましょう。