Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】バイクに乗る時の服装|街乗り/免許/おしゃれ

Small c7484e0d 71d3 4e7c 83f7 6fdb385d203furachan2000
カテゴリ:車・バイク

初回公開日:2017年10月23日

更新日:2020年05月20日

記載されている内容は2017年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】バイクに乗る時の服装|街乗り/免許/おしゃれ

バイクに乗るときの男女の服装とは?

便利で爽快な乗り物であるバイクですが、乗る時にはどのような服装をしたら良いのか、と迷うことがありませんか。車とは違って、外気を直接受けながら走る乗り物です。不適切な服装でツーリングや長時間の運転の際には、体温調整ができずに体調を壊してしまうこともあります。危険にも繋がる場合がありますので、今回はバイクに乗る際に適した服装を、「男女別」「季節別」と様々なシチュエーションごとにご紹介いたします。

春の基本スタイル

春は、比較的バイクに乗りやすい季節です。気温は20度前後が春の平均気温です。基本的には、長袖のシャツ1枚でも不都合はありません。ですが、日によって気温が高い日もありますので、その際は少し大きめのサイズの長袖シャツが良いでしょう。

なぜなら、サイズが大きな服装であれば、風が侵入しやすくなって汗をかきづらくなります。バイクに乗っている最中は、タオルで汗を拭くという行為ができませんので、走行風を扇風機代わりにして汗を乾かすといった方法です。

また、少し気温が低い日や、早朝・深夜にバイクに乗る際には、薄手のウインドブレーカーを一枚積んでおくこともいざという時に重宝します。

春の男女それぞれのスタイル

<男性>
男性の場合ですと、長袖シャツやロングTシャツ1枚でちょうど良い季節です。パンツも薄手の物で十分でしょう。靴は、くるぶし丈で「紐のない靴」が良いです。紐靴は、ペダルやシフトに引っ掛かり、転倒する恐れがあります。グローブも薄手の物で良いでしょう。

<女性>
女性の場合、寒がりな方は長袖シャツの上に、もう1枚長袖の脱いだり・着たりしやすいシャツを羽織ることが良いです。そして、間違ってもスカートでバイクに乗ってはいけません。また、男女問わず、バイク専用の安全基準をクリアしたフルフェイスのヘルメットを被りましょう。

夏の基本スタイル

夏にバイクに乗る場合の服装ですが、昨今の日本は温暖化の影響で平均気温も高まっています。30度から最大では40度近い日もあります。真夏の日中にバイクに乗る際の服装は、この高い気温を考えると半袖シャツやタンクトップ、半ズボンやサンダルで乗りたい気持ちになります。

ですが、バイクに乗ることとは、公道上でいつどのような事故に遭遇するか分かりません。その最悪の事態を想定して、やはり春からの続きと考え、長袖のシャツと長ズボンが望ましいです。汗を吸収しやすい素材のシャツがありますので、素材を変えるという工夫をすれば良いでしょう。

また、夏はグローブをしないでバイクに乗る人がとても多いです。薄手のグローブもありますので、暑いからといって素手でバイクに乗ることはやめましょう。常に事故が起きた場合を想定した服装がライダーとしての基本スタイルです。

夏の男女それぞれのスタイル

<男性>
夏場の男性の服装は、薄手の長袖シャツ1枚で良いです。ですが、ツーリングで山や川沿いに行く場合では、半袖のベストや長袖の脱ぎやすいシャツを1枚バイクに積んでおけば、夜にバーベキューなどをする場合にとても重宝します。特に、水のある場所や標高が高い場所は気温が低いですので、真夏とはいえ油断は禁物です。

<女性>
走る場所や時間帯にもよりますが、女性も夏場は長袖シャツ1枚で良いでしょう。予備として、薄手のベストやウインドブレーカーなどのコンパクトになりやすい上着を1枚バイクに積んでおきましょう。真夏でも、グローブとフルフェイスのヘルメットは必須です。

秋の基本スタイル

暑い夏が終われば、ようやくバイクシーズンの到来です。バイク乗りにとっては、春と秋が一番の快適なツーリングができる季節です。なぜなら、それは外気温の影響です。秋の平均気温が17度ほどですので、基本的に春と似た服装で構いません。ですが、気温が近しくても冬の気配を感じさせる風が冷たい季節ですので、風の侵入が防げる小さいサイズの長袖シャツが良いでしょう。その上に、ボタンダウンの脱ぎやすい開襟シャツが便利です。

長時間の走行であれば、ナイロンジャケットが動きやすく運転に支障がありません。最近は、オシャレなデザインのダウンジャケットにプロテクターが内蔵された二輪車用の安全意識の高い薄手のジャケットもありますので、とても良いでしょう。

秋も終盤になると気温が15度を下回り、かなり冷え込んできます。基本的には、デニムパンツやカーゴパンツなど、動きやすく軽い素材のパンツがおすすめですが、インナーのスパッツを穿いておくと、温かさが格段に違いますので良いでしょう。

秋の男女それぞれのスタイル

<男性>
秋は、昼間は温かく過ごしやすい気候ですが、朝晩は冷えます。ロングツーリングの場合は、冬用の厚手のジャケットを積んで行くことが最善です。もしくは、レザーのシャツでも風を通しませんのでとても良いでしょう。グローブもボアのついた物を使うと手のかじかみも軽減できます。

<女性>
昼間でも厚手のダウンジャケットや薄手のレザージャケットがおすすめです。パンツもウール地の物やレザーパンツが良いでしょう。丈の長いブーツも保温効果がありますので、冷え症の方には良いです。厚手のインナーを着込みましょう。

冬の基本スタイル

ライダーにとって、バイクに乗る時間が1番減る季節です。平均気温も5度ほどですので、街を歩いているだけでも寒い季節です。バイクに乗る際の服装は特に注意が必要です。

<インナー>
●サイズが小さめの長袖シャツ
●フリースジャケット

<アウター>
●軍物やレザーなど、内側にボアの付いた厚手のジャケット
●ダウンジャケット

<パンツ>
●レザーパンツ(インナーにスパッツ)
●厚手のウールパンツ

<靴>
●レザーブーツ
●丈の長いハイカットのスニーカー(レザーがおすすめ)

<他の防寒アイテム>
●マフラー
●フェースマスク
●ボア付きのガントレット・グローブ

冬場の服装は、重装備が必須となります。少しの風が胸元や手首から侵入すると、短時間でもとても寒く感じてしまい、バイクに乗ることが嫌になるでしょう。それぞれの隙間から風の侵入がないように工夫しましょう。

<暖房機能アイテム>
極端に寒い日にバイクに乗る場合、特に温かい服装があります。それは、バイクのバッテリーやモバイルバッテリーから電源を取り、保温ができるウォームジャケットです。温度調整も可能ですので、インナーに1枚取り入れることで、常に暖房を効かせて走行ができます。また、グリップヒーターといって、ハンドルの握る部分に同じく暖房機能を付けられます。これにより、薄手のグローブでも走行可能ですので、運転操作が行いやすいでしょう。

冬の男女それぞれのスタイル

<男性>
真冬であれば、上下レザー装備でも良いでしょう。ですが硬いレザーですと、操作性を低下させますので、ラムレザーなどの柔らかいレザーがおすすめです。真冬ですとレザージャケットのみでも寒いですので、インナーにしっかりと着込むことをおすすめします。靴は丈の短いものは裾からも風の侵入があるため、良くありません。

<女性>
上下レザーがおすすめです。インナーには前項でご紹介した暖房できるアイテムが必須でしょう。お腹が冷える場合には、中に腹巻をすることで、かなりの保温効果がありますので良いでしょう。グローブもガントレットタイプという、丈の長い物をはめることで、袖口からの風の侵入を防げますので、体温の低下も防げます。

バイクに乗るときにタイプの異なる服装とは?