Search

検索したいワードを入力してください

一周忌の正しい服装11選|喪服・平服のマナーを解説

Small 4249c483 8a08 4ef3 8b8e 31185311b326ガーベラ
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2017年11月02日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2017年11月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一周忌の正しい服装11選|喪服・平服のマナーを解説

種類の多い一周忌の服装をすべて解説!

故人が亡くなってから一年が経つ一周忌という法事。

このようなフォーマルな場において、服装のマナーを欠くというのは大変失礼にあたるので、性別・立場・状況により変わる服装を徹底解説します!

親族の基本的な服装を解説!

親族は故人やその家族とも近い存在なら、なおさら間違った服装をしていくわけには行きませよね。

では、親族の一周忌での基本的な服装を解説します。

親族の基本的な服装①男性は喪服が正解!

親族男性の基本的な服装は喪服です。

男性の喪服とはスーツを着用することです。

スーツ、靴、ネクタイは黒で統一し、シャツは白と、お葬式と同じ服装にします。

ベルトやバック等の手持品も、黒で統一しましょう。

親族の基本的な服装②女性は基本は礼服!

親族女性の基本的な服装は礼服です。

お葬式と同様、ジャケットとワンピース、ストッキング、靴を黒で統一して着用しましょう。

基本的に肌を見せるような服装は厳禁とされており、黒いエプロンを持参すると良いでしょう。

親族の基本的な服装③妊娠中は黒のワンピース

妊婦さんは黒のワンピースやマタニティドレスかマタニティスーツにしましょう。

一周忌といえども赤ちゃんに負担のかかる服装をわざわざせずとも、地味な色の服装ならOK。

ですが一応喪主にお伺いを立てる方が確実です。

親族の基本的な服装④授乳中は前開きのワンピース

授乳が必要な乳児がいる場合、黒の前開きのワンピースを着用しましょう。

また、今は授乳用のフォーマルなスーツも売られているので、そちらを検討するのも良いでしょう。

スカートがひざ下になるように心がけましょう。

「平服で」と言われた!こんな時どうすれば良いの?

平服という指定があるとさらに悩みますよね。

平服は謙遜して言っている場合や、夏の暑さ、ご高齢の方のお越しを予想して書いている場合があります。

なので、平服=普段着だからといって本当にそのような格好で行ってはいけません。

「平服で」と言われた!①男性は黒のスーツ

男性の平服はブラック、ダークグレー、濃紺あたりが適当です。

ただ、ネクタイはあくまで黒。

ビジネスネクタイは着用していってはいけません。

基本的には喪服と同じように着用するのが好ましいです。

「平服で」と言われた!②女性は黒い服であればOK!

一周忌の正しい服装11選|喪服・平服のマナーを解説
※画像はイメージです
出典: https://pxhere.com/en/photo/592061

女性の平服は、黒や紺などの基本カラーの服装であればOKです。

パンツスーツやシックな黒のワンピースでも問題ありません。

ただ、襟ぐりが開きすぎているものや、スカートが膝丈より短いもの、ノースリーブなどはアウトです。

「平服で」と言われた!③子供・赤ちゃんは地味な色の服装で!

男の子は黒のズボンに白のシャツ、女の子ならグレーのシンプルなワンピースなどが良いでしょう。

靴まで揃えるのは大変なので、地味な色の靴を履いていると、故人の家族への心象も良いです。

友人としての一周忌の服装は?

友人の立場で一周忌に行くのは、親族ほどではないですが気を使いますよね。

どのくらいきっちりした格好で行けば良いのかも悩みどころです。

そこでここでは、友人の立場で一周忌の席に参列する場合の服装についてご紹介します。

友人としての一周忌の服装①男性は略喪服

スーツの色は目立たず地味目な色合いで、無地が良いでしょう。

光沢のある生地や大柄なものは避けます。

シャツは白で、ネクタイは黒無地か黒の織り柄のネクタイを着用しましょう。

靴は飾りの少ない靴であれば大丈夫です。靴下は黒です。

友人としての一周忌の服装②女性は略喪服

パンツスーツ、ワンピース、アンサンブルなどでも可。

色は黒以外にグレーや濃紺などの地味目の色でもOKです。

柄はチェックやストライプ、無地に近い織り柄、水玉などが良いでしょう。

制約が少ない分、華美にならないように気をつけましょう。

家族のみでの一周忌の服装は?

現代は核家族化も進んでおり、本人の意向などもあり、自然と家族のみで一周忌を行う方もいます。

なので家族のみで法事を行う場合もあるでしょう。

早速家族のみでの一周忌での服装を見てみましょう。

家族のみでの一周忌の服装①男性はスーツで!

基本的には家族のみといえども、お坊さんもくる儀式ですので、喪服が望ましいです。

しかし、家族のみなら家でやることも多いので、家族同士で相談したり、お坊さんに連絡をとって失礼のないようにする方が良いです。

身内のみでの一周忌の服装②女性は露出の少ない黒い服で!

女性の場合でもカジュアルな服装ではなく喪服がマナーですが、了承が得られた場合なら平服でも大丈夫です。

また、露出の多い服装は避けましょう。

ストッキングも極端に薄いものや光沢のあるものは避け、基本的な色の黒を着用しましょう。

アクセサリー・小物の注意点

ここまでは一周忌の服装についてお話ししてきましたが、次はアクセサリーや小物に関して紹介します。

基本的に着物などの和服だとアクセサリーは控え、洋装だと真珠のネックレスはつけるのが普通とされていますが、その他のマナーはどうなのでしょうか?

アクセサリー・小物の注意点①ピアス、イヤリングははずす

基本的に葬儀や一周忌の場でのアクセサリーは外します。

ピアスやイヤリングも例外ではありません。

どうしてもつけたい場合は、シルバーや黒のものにしましょう。

アクセサリー・小物の注意点②ネックレスははずす

ネックレスも基本的に外します。

しかし女性であれば、真珠のネックレスはつけても失礼には当たりません。

色は白やグレー黒にしましょう。

アクセサリー・小物の注意点③ストッキングの色は黒

ストッキングの色は黒が望ましいです。

網タイツや飾り、ラメ入りは好ましくありません。

また、冬はタイツではなく60デニールくらいのタイツにしましょう。

アクセサリー・小物の注意点④鞄は光沢の少ないもので

黒・紺・グレーなどの落ち着きのある色で、できれば布製の光沢の少ないものを選びましょう。

また、華美な装飾のあるものは慎み、ショルダーバッグやトートバッグ、リュックサックは避ける方が良いです。

アクセサリー・小物の注意点⑤腕時計は基本外す

腕時計は基本的に外しますが、黒色のものはつけていても問題ないです。

ただ、金色のものやピカピカした時計は華美なのでNGです。

子供・赤ちゃんは、制服や黒を基調とした服を

子供に関しては、就学しているのであれば制服を着用させましょう。

赤ちゃんや未就学児の場合は、黒を基調とした服を着せるのが一般的です。

正しく着用して、失礼のない一周忌を

故人を思う気持ちが一番大切ですが、故人の周りの人達にも敬意を現すためにも、失礼のないような服装で参加しましょう。

一周忌の案内が来て、服装について悩んだ時はこのページを参考にしていただけたら幸いです。