Search

検索したいワードを入力してください

人と関わりたくないと思う時の心理|寂しい/めんどくさい

Small 63bfe216 216d 4479 a631 c350e34f28edしげるちゃん
人の心理 / 2018年01月19日
人と関わりたくないと思う時の心理|寂しい/めんどくさい

人と関わりたくないと思う時の心理

喜びを分かち合う、悲しみを分け合う、元気を与える、勇気をもらう。人との関わりの中で、どれだけ精神的に助けられる事でしょう。

それでも時により、人と関わりたくないと思う時があります。人と関わりたくないと思う時、人はどういう心理状態にあるのでしょうか。

寂しい時

心がウキウキするような楽しい時には、人と関わりたくないとはあまり思いません。むしろその日にあった楽しいできごとや、ウキウキした気分を人と分かち合いたいと思い、率先して人と関わろうとします。

一方、寂しい時や気持ちが塞ぎ込んでいる時は、あまり人と関わりたくないと感じます。できれば、一人にしてくれないかと感じる時さえ多々あります。時には友人や恋人などに逢いたいと思う場合もありますが、人と関わらず一人になりたい時が多くあります。

それでは、なぜ寂しい時に人と関わりたくないと思うのでしょうか。

まずは、寂しがってる姿を人に見られたくないという理由があります。明るく愛想よく振る舞う人は、その姿が人には良い印象として捉えられています。しかし寂しがってる姿を見られる事は、いつもとは違うイメージを人に与えてしまうので、本人にとってそのことがとても恥ずかしいと感じます。

また、いつも明るく振る舞う人は、自分の寂しくする姿を人に見られることで、人に心配をかけたくないと感じて、人と関わりたくと思う時があります。

自分と向き合える

また、寂しい時に人と関わりたくない理由として、一人になって自分の心と向き合い、寂しく落ち込む心の整理をしたいという心理が働きます。人に慰められて心を落ち着けることもできます。でも時にはじっくりと自分の心と向き合うことはとても大切です。

寂しい時などに一人になることで、いつもは表に現れることがない、潜在意識からの本当の自分の声を聞くことができます。

人は普段慌ただしく日常生活を送っていると、自分の本音に気づくことが難しくなります。そのことで迷い苦しみ、自分は何を求めているのかがわからなくなったり、本来自分が求める方向とは別の方向に進んだりすることがあります。

しかし寂しい時をきっかけにして人との関わりを一時的に断ち、自分の気持ちに向き合うことで、寂しい気持ちの要因に気付いたり、寂しい気持ちを克服して、新たなる方向に向かう自分を発見できます。

つまり寂しい時に人と関わりたくないのは、決して悪いことではなく、むしろその人にとっては歓迎される感情です。

めんどくさい時

人と関わりたくない理由として、関わる相手が自分にとってめんどくさい相手だと、その人と関わりたくないと感じます。

ちなみにめんどくさい相手とは、どんな相手でしょう。例えば性格やウマが合わない人は、めんどくさくて、あまり関わりたくはありません。でも職場の上司にこのような人がいる場合には、たとえ関わりたくなくても、どちらかがその職場を後にしない限り、毎日のように顔を合わせなければ仕事ができません。

そして、その上司にいつものように小言を言われ、むしゃくしゃした気分で家に帰ると、妻から近所のできごとや子供の愚痴を聞かされると思うと、そのことがとてもめんどくさくて、妻とは関わりたくないと感じます。

聞き流すくらいの度量で接する

めんどくさい時やめんどくさい人から、ああだこうだ言われるのはとても苦痛です。まともに話を聞いていたらストレスが溜まる一方。どこかで溜まったストレスを発散しなければなりません。そんな時は相手の話を聞き流すくらいの度量で接するくらいで十分です。

「ああ、また始まったな」「いつもの小言か〜」くらいの楽な気持ちで、適度に相槌を打ちながら聞き流しましょう。話す側としては、単に自分の話したいことを話すだけであり、ある程度話したいことを話し終えれば、気持ちがすっきりと治ります。

なので聞く側の方もそれなりの態度で相手の話に耳を傾けて、相手が話し止むのをじっと待てば、やがては相手も言いたいことを話し終えて、あなたのことを解放してくれます。

疲れた時

休養十分でエネルギー満タン。とても気分がアグレッシブな時は、人と関わりたくないとは思いません。そういう時には、人と関わることで人に元気を与えられ、人からは笑顔というご褒美をもらい、新たなる元気を注入できます。

逆に長時間労働や外せない用事が立て続きに発生し、十分な睡眠時間が確保できず、日頃の疲れが癒さない時には、頭の回転も鈍り、滑舌が悪くなり話すことさえ面倒になります。そういう時には人と関わりたくないと感じます。

疲れた時に人と関わりたくないと思うのは、当然といえばそれまでです。しかし、会社勤めの人、とりわけ接客業に従事する人にとって、人と関わりたくないと思うことは、仕事をする上でとても支障をきたします。

接客業には疲れは致命的

なぜなら、彼らの接客対応が、その店舗の売り上げに直結しているからです。欲しいものがある時には、客は店舗に訪れて購入しようとします。時にどれにしようかと迷った時に頼りになるのが、接客業に従事する店舗スタッフのアドバイスです。

そのスタッフにアドバイスを求めた時に、疲れているからといって、人と関わりたくないと思いながら、あまりにも無愛想な対応や不適切なアドバイスをされれば、絶対にこの人から商品を購入したいとは思いません。むしろ「二度とこんな店来るか」と、文句の一つでも言って、何も買うことなく店を後にすることでしょう。

もちろん疲れを諸共せず、人と関わりたくないことを感じさせずに、客のことを第一に考えて接客業に従事する、接客のプロの人はたくさんいます。そういう人は、普段から疲れをためない工夫をして、最高の接客対応ができるコンディションを整えておく努力をしています。この努力は店の売り上げを確保するためにはとても大切です。

ゆっくり休んで疲れを癒す

疲れて人と関わりたくない時には、ゆっくり休んで疲れを癒しましょう。疲れを癒す一番の方法は、やはり十分な睡眠が必要です。でも、あまりの忙しさに、十分な睡眠時間を確保するのが難しい場合は、昼寝がおすすめです。

昼食後の20分を昼寝に当ててください。20分眠るだけで頭がスッキリして、寝不足が解消できます。逆にそれ以上寝てしまうと、体から睡眠モードになり、起きた時に寝足りないような疲れを感じます。

20分でスッキリ起きるためには、眠る前のコーヒーがおすすめです。コーヒーに含まれるカフェインは、服用してから約20分後に効果が出ます。したがって昼寝の前に一杯のコーヒーを飲むことで、20分後にはスッキリ目覚めることができます。

人と関わりたくない人におすすめできない仕事・アルバイト

職業を選ぶ際には、その仕事に興味を抱き、自らの力を存分に発揮できる仕事に就くのが理想です。単に一流会社だとか、名の通っているとかの理由で会社を選択すると、入社後にとても苦労する場合が多く見受けられます。

例えば人と関わりたくない人が、多くの人と関わる仕事を選択すると、いわれもない苦労を強いられます。もともと潜在的に人と関わることに長けている人が、そういう仕事に就くことで、本来兼ね備えている自分の才能に目覚めて、本領を発揮することがあります。

しかし、多くの場合、人と関わりたくない人は、そのような職業を選択するのはとても稀で、なるべく人と関わらない職業を選び、周りの人たちもそうすることをすすめます。

営業

人と関わりたくない人が、営業職に就くことは稀なことです。しかし、入社後の研修の一環として、営業職をやらされる場合があります。たとえ研修とはいえ、人と関わりたくない人が営業することは、とても苦痛を伴います。

できることなら、人と関わりたい人が営業職を務め、人と関わりたくない人は事務職や製造職に就くのがいいでしょう。

しかし、饒舌であるとか、人と関わりたい人が必ずしも有能な営業マンとは限りません。客が営業マンから商品を購入する時、その表品の魅力に惹かれて購入します。でもどんなに素晴らしい商品であっても、その商品を勧める営業マンの人柄が気に入らなければ、決してその営業マンから商品を購入することはありません。

購入の決め手は営業マンの人柄

もし人と関わりたい人が営業マンであっても、自分の話したいことばかりを話して、客の商品についての質問や疑問に関して、親身になって答えようという姿勢が見受けられなければ、他の営業マンから商品を購入しようと考えます。

逆に人と関わりたくない人が営業マンであっても、その人柄や話す口調に親しみが湧き、ぎこちないながらも客に親身になって対応してくれるのであれば、こちらから買おうと思うでしょう。

そして人と関わりたくない営業マンは、自分が一生懸命応対した結果として商品が売れたことに嬉しさを憶え、営業マンの職業に目覚めることもあるかでしょう。

でも多くの場合が、人と関わるのが好きで、なおかつ人柄の良い人が営業職に就くのがスムーズに仕事をこなすことができ、人と関わりたくない人が営業職をやることは、とても苦手なことであり、その仕事を楽しいと思うことは難しいことではあります。

看護師

病院における看護師は、しっかりと病人に寄り添い、体のケアのみならず精神的な支えとなって、病人が病気を克服できるようにサポートする大切な仕事です。まさに人と接する仕事の最前線で活躍する職業の一つです。

人と関わりたくない人が、看護師の仕事に従事することは、仕事を進める上でとても苦労を伴います。その精神的苦労は、接する病気の人へも影響を及ぼします。

病人にとって医者や看護師は、自分の体や精神を治療してくれる、いわば神様のような存在。できれば親しみが湧き、頼りになる医者や看護師の元で治療に専念したいと考えます。とりわけ自分を担当してくれる看護師には、強くそのことを望みます。

その看護師が、人と関わりたくない性格の持ち主であり、こちらの不安な気持ちに寄り添うことなく、ただ事務的に看護師としての仕事をするだけの人であれば、この看護師には全く親しみを感じることはないでしょう。

店員

人と関わりたくないと、顔に書いてあるような店員に出くわすことがあります。もしそんな店員に出くわしてしまったら、この店では二度と商品など買いに行くことがないでしょう。

よくあるのがコンビニでの対応。いらっしゃいませの一言も無ければ、ありがとうございますの感謝の言葉もなし。無愛想極まりない態度で買った商品を袋に詰める。お釣りを手渡す際も無言でほり投げるように渡される。

こちらとしてはただ必要な雑誌や食料を買いに来ただけなのに、なんでこんな不愉快の思いをしなければならないのだろうと、こちらが何か悪いことでもしたかのような対応をされた時には、商品をつけ返してそのまま何も買わずに帰ってしまおうとまで思うでしょう。

気持ち良い接客で無ければ生き残れない

今やコンビニも乱立して飽和状態にあります。それそこ徒歩数分圏内に、ひしめき合うようにコンビニが営業をしています。客側にとってはとてもありがたいことではありますが、コンビニを経営するオーナーにとっては、むしろ競争の矢面に立たされた状況。

人と関わりたくない人をレジに立たせることは、その店のイメージを著しく損ねる結果になり、ひいては営業が立ち行かない状況にまで陥ることになります。客側してはコンビニをいくらでも選べる状況。気持ち良い接客で無ければ生き残ることが難しい時代です。

オーナーとしては、たとえ人手不足とはいえ、人と関わりたくない従業員は絶対に雇うことをせず、明るく接客態度の良い人を優先的に雇用しなければなりません。そして雇用後にはしっかりとした教育をして、レジに立たせることをしなければなりません。

状況別人と関わりたくない場面

人と関わりたくても、止むを得ない理由で人と関わりたくない場面があります。その場面は、あらかじめ分かっていることだったり、突然やってきたりします。あらかじめ分かっていることなら、気持ちの準備もできるし、前もって人にも知らせることができます。

一方、突然のできごとで人と関わりたくない時には、戸惑ったり周りの人たちを困惑させることもあります。なるべくなら、人と関わりたくないことで、周りの人たちに心配をかけたくありません。

それでもどうしようもない時には、しばらく人と関わらないことで、心や体の落ち着きを取り戻し、再び人と関わりたくなる自分を取り戻すことができます。

それでは、状況別に人と関わりたくない場面と、その対策について考えてみましょう。

生理前で人と関わりたくない

生理前には気持ちが不安定になり、女性にとっては人と関わりたくないと思う場合です。生理による症状は個人差がありますが、多くの女性の場合、生理前は決して快適な場面とは言えません。

体の症状として、腹痛、腰痛、肩こり、胸の痛み、頭痛などがあります。また、心の症状として、イライラ、不安、憂鬱、無気力、不眠などがあります。

これらの症状は、月経が始まってから2〜3日でピークを迎える人もいれば、月経が始まった途端に症状が緩和する人もいます。

あまりにも症状がひどく、日常生活に支障をきたす時は、消して無理をせず婦人科に相談することをおすすめします。しかし、普段の心掛けや生活習慣の見直しで、症状を軽減させることができます。

生理前の症状を軽減するには

生理前の症状により、最も感じるのがイライラです。このイライラによるストレスが精神に与えるダメージはとても大きく影響します。そしてストレスがかかると、さらに症状を悪化させる悪循環に陥ります。

したがって、生理前の症状が現れる頃には、なるべくゆったりとした心持ちになれるような生活を送ることがとても大切です。上手にストレスと向き合い、気分転換を図るようにしましょう。

それによりリラックスしようと喫煙したり、多量の酒やコーヒーを服用することは逆効果になります。

また、精神面においては、あまりにも几帳面に物事をやろうとせず、何事もおおらかな気持ちで取り組みましょう。物事を完璧にこなすのは不可能です。不完璧主義を目指して、少しずつ完璧を目指す態度が、心にゆとりを持たせます。

睡眠不足で人と関わりたくない

睡眠不足で思考能力が不十分な時は、人と関わりたくない場面と言えます。人から話しかけられても、相槌を打つのが精一杯。目を閉じれば、すぐにでも眠りにつけそうな状況。これでは人と関わりたくないどころか、仕事や日常生活に支障をきたしてしまいます。

睡眠不足で仕事や勉強をしても、集中力に欠けるので思いどおりには成果を上げることができません。そのことがストレスとなり、さらに睡眠不足に陥ります。そうなると負のスパイラル。どこかで歯止めをかけなければなりません。

あまりにもひどい場合には、専門医に相談してみましょう。専門医による的確なアドバイスにより、その指示に従うことでいち早く睡眠不足を解消できます。それほどでもない場合は、ちょっとした生活態度の改善により、睡眠不足が解消できます。

夜中までテレビを見たり、スマホの画面に釘付けにはなっていませんか?夜遅くまでそれらの画面を見ることは、交感神経を高ぶらせ、眠りに落ちる際に優位になる副交感神経の働きが鈍ります。そのことによりスムーズな睡眠が妨げられる結果になります。

生活態度の見直し

夜中までテレビを見たり、スマホの画面に釘付けにはなっていませんか?夜遅くまでそれらの画面を見ることは、交感神経を高ぶらせ、眠りに落ちる際に優位になるはずの副交感神経の働きが鈍ります。そのことによりスムーズな睡眠が妨げられる結果になります。

また寝る前に食事をしたり、カフェインを含む飲料などを飲んだりしていませんか?それらのおこないも、良質な睡眠には弊害となりますので、極力しないように心掛けましょう。食事は眠りにつく2時間前までに終わらせることが理想です。また、寝る前に飲むにもカフェインの少ないほうじ茶や玄米茶などがおすすめです。

そのほか、前述したような、昼寝を取り入れることも睡眠不足解消にはとても効果があります。

忙しくて人と関わりたくない

誰でも忙しい時には、じっくりと人と関わりたくない場面になります。「今話しかけないでくれ、あとでゆっくり話は聞くから」と相手の話すのを制して、目の前のこなさなければならないのとに、意識を集中させます。

もし、後回しにできる要件であれば、まずは人との関わりを持った後でも可能でしょう。でもできることなら忙しさを解消した後に、人との関わりを持ちたいと望みます。

その場合は、まずは相手に「今は忙しくて仕方がない」と伝えましょう。それにより、そのことを相手が承知をして、気持ちよくその場を切り抜けることができるでしょう。時によっては、その人が手伝ってくれることを申し出てくれる場合もあります。そうなれば渡りに船。その人に任せられなら、用件を手伝ってもらうことで、忙しさを共有できます。

失恋して人と関わりたくない

失恋の時ように、ひどく落ち込んでいる時は、人と関わりたくない場面と言えます。一人になって思い切り涙して、悲しみを癒したいと考えます。

誰かに慰められたいという人も中にはいるでしょう。でも多くの場合は悲しみを癒すために、失恋旅行に出掛けたり、スポーツで汗を流したり、いわゆるやけ食いをして、失恋の悲しみを晴らします。

でも、失恋に限らず悲しみを紛らわそうと、関係ない人にあたったり、嫌がらせをして憂さ晴らしをする人もいます。それは、決して悲しみの心を癒す根本的な解決にはならず、むしろ虚しさを増幅させるおこないです。

悲しみを癒すには時間が解決します。時々は思い出して悲しい気持ちになりますが、いずれは前向きな気持ちが蘇ります。

人と関わりたくない気持ちは甘えなのか?

人と関わりたくない気持ちというのは、その人の持って生まれた性格によるものもあれば、その人がその場その場で置かれた状況により、止むを得ず人と関わりたくないと感じる時があります。

人と関わるのが苦手であれば、あえてそれを克服して生きる生き方もあります。また、そのことを受け入れて、なるべく人と関わらない生き方を選択する方法もあります。

どちらの生き方が正しいとか間違っているとかの区別はできません。生き方は各個人が自分に合った方法を選択するのが最も正しいといえます。しかし、時にはその判断に迷ったり間違っていた時には、信頼の置ける人のアドバイスに素直に耳を傾けて、生き方の修正を試みることも大切です。

いづれは人と関わりたくない気持ちが変化する

人と関わりたくない気持ちになった時は、素直にその気持ちを受け入れて、しばらく人と関わらないほうが懸命です。仕事などでどうしても関わらざるを得ない場合もありますが、しばらく時間を置くことで、やがてはまた人と関わりたくなります。

人と関わりたくない時に無理やり関わっても、相手を不愉快な思いにさせることもあれば、そのことで会わなければよかったと後悔することもあります。まずはその時が来るまで、無理には人に会わないほうが良いでしょう。

ということで、人と関わりたくない気持ちは誰にでも起こりうることなので、決して甘えではありません。そういう気持ちになった時、客観的に自分を見つめ、どのような行動をとるか、どのような心持ちでいられるかが大切です。

人と関わりたくない気持ちは自己防衛の現れ

人と関わりたくない気持ちになる事は、決して悪いことではありません。むしろ、その時において人と関わらないことで、落ち着いて物事を考えたり、自らの気持ちを整理するための自己防衛に現れだと、自分にとっていい機会だと捉えましょう。

人と関わりたくないと思うときは誰にでもあります。そのことで悩んだり悲観することは、人と関わりたくないという気持ちを、さらに助長することになります。

人と関わりたくない気持ちどんとこい、それくらいの気持ちで受け入れてしまえば、やがてはまた人と関われる自分がそこにいます。

関連記事

Related