Search

検索したいワードを入力してください

派遣登録説明会や面接に着ていく服装|テンプスタッフ/軽作業

Author nopic iconnao_884
カテゴリ:ビジネスファッション

初回公開日:2017年11月03日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

派遣登録説明会や面接に着ていく服装|テンプスタッフ/軽作業

派遣登録説明会・面接に着ていくべき服装を教えて!

派遣登録説明会・面接に行く際、何を着ていけばいいのか迷ってしまったことがある人も多いのではないでしょうか。通常の会社の採用面接のようにリクルートスーツで行くべきなのか、もう少しラフな格好でも良いのか、この記事では大手の派遣会社の情報も踏まえ、派遣登録説明会・面接に着ていくべき服装をご紹介します。

テンプスタッフの場合

大手人材派遣会社テンプスタッフの場合はどのような服装がふさわしいのでしょうか。

テンプスタッフの事務所にて派遣の登録説明会を行う場合は、スーツではなく私服でも可とされています。しかし、デニムやスウェットなどラフすぎる服装は避けたほうがいいでしょう。派遣の登録会は、それぞれの適正や条件に合わせ、派遣会社のコーディネーターがお仕事を紹介してくれる機会です。そこに、カジュアル過ぎる服装で登録会に登場するのはあまり良い印象を与えることができませんので気を付けましょう。

登録会は私服で良いと言われて、ますます服装に困ってしまう人もいるでしょう。困った際は、男性も女性も襟付きのシャツを着て、ボトムのスーツの素材に近いパンツを着て行けば問題ありません。また、靴や鞄はスーツ着用時と同じもので構いません。

別日に、コーディネーターから紹介を受けた職場に面接に行く機会がある場合も考えられます。その際は通常の会社の採用面接と何ら変わりありませんので、しっかりとスーツを着用して行きましょう。また、コーディネーターより面接当日の服装についても説明があることが多いですので、言われたとおりの服装を心がけてください。

スタッフサービスの場合

大手人材派遣会社スタッフサービスの場合はどのような服装がふさわしいのでしょうか。

基本的には、テンプスタッフの場合と同じ服装で問題ありません。登録会の場合はスーツではなく、私服で良いとされています。しかし、登録会ではありますが、スーツを着用していくことに不足はありません。困った際にはスーツを着ていけば安心できます。

面接のステップに進んだ際も、テンプスタッフの場合と同じ服装で行くべきです。面接は必ずスーツで行きましょう。面接の際の服装に不備があった場合には、コーディネーターより次の仕事の紹介を受けにくくなってしまう可能性がありますので充分に注意をしてください。

軽作業の場合

軽作業を行う派遣会社の場合はどのような服装がふさわしいのでしょうか。

軽作業の登録会の場合は、テンプスタッフやスタッフサービスなどのオフィス系の職ではありませんので、スーツを着用する必要はありません。私服で問題ないでしょう。

私服の場合も、カジュアルすぎるかなと意識する必要もあまりありません。軽作業を実際行う場合の通勤着を想定して、同じような服装で行けば良いです。しかし、過度な肌の露出や大ぶりのアクセサリーなど、コーディネーターの人が仕事を紹介するのに不安を抱いてしまう服装は避けましょう。

工場勤務の場合

工場勤務の場合は、どのような服装がふさわしいのでしょうか。

軽作業の場合でご紹介した服装と同じで構いません。度が過ぎる派手な服装でない限りは注意を受けることもありませんので、ある程度リラックスできる服装で構わないでしょう。

服装の鉄則はコレ!

派遣登録会・面接に着て行くべき季節別の服装を教えて!

では実際に派遣登録説明会・面接に行くときは何を着ていけば良いのでしょうか。例をご紹介します。

春の派遣登録説明会

通勤服にも使える服装であれば問題ありません。派遣登録説明会では、その人の適性なども見られますので清潔感を意識していく必要があります。春は春らしい軽やかな服装で行くのが良いでしょう。

鞄は写真のようなクラッチではなく、スーツ着用時と同じもので行きましょう。派遣登録説明会では多くの書類を渡されますので、A4サイズの紙が入る程度のサイズの鞄が適しています。

春の面接

春のスーツは極めてシンプルな着こなしをすれば、気候的にも対応ができますので、あまりこだわりを持たずシンプルなスーツを着ていくことがおすすめです。

スーツのインナーは、学生ではありませんのでシャツでなくても良いですが、気になる方はシャツや襟付きの洋服を選びましょう。

夏の派遣登録会

夏の場合は半袖を着用して問題ありません。今はどこの会社でもクールビズを取り入れていますので、半袖は問題にはなりません。しかし、あまり過度に露出をしてしまうような、ノースリーブなどはふさわしくないです。暑い日もありますが、半袖で我慢してください。

夏の面接

面接の場合は、夏でもスーツを着崩すことはせずキッチリまとめていきましょう。真っ黒なスーツは重たい印象になりがちですので、少し明るめの色味であるグレーなどもおすすめできます。

また、男性の場合、ネクタイをしていくかしていかないかは派遣会社のコーディネーターの人に相談してください。その会社のクールビズの取り組み度合いによって、印象が左右されてしまう可能性がありますので、心配がある場合はコーディネーターに相談しましょう。

秋の派遣登録説明会

秋の派遣登録説明会は薄手のセーターが良いでしょう。柄物を着用するよりは、無地のシンプルなものが好ましいです。あまりオシャレにこだわりすぎるのではなく、自分の印象を良くさせることを考えて服装を決めましょう。

秋の面接

男性の場合も、面接はシンプルなスーツで行く必要があります。スーツもできるだけ柄物などの目を引くものは避け、リクルートスーツをイメージしていくことをおすすめします。

秋冬はネクタイも必須ですので、ネクタイの着用も忘れずにしましょう。

冬は気温も低くなりますので、カーディガンを1枚羽織って体温を調節できるようにしましょう。派遣登録説明会は所要時間も1時間程度はかかりますので、身体が冷えすぎないように気を付けてください。

冬の面接

就職活動には完璧なリクルートスーツの着用例です。ここまでしっかりとできれば、何も心配はいりません。冬の場合はしっかりとしたリクルートスーツも着用しやすい気候ですので、無難にまとめましょう。

冬は、アウターを羽織ることももちろん可能ですが、面接を受ける会社に入る前には羽織を脱ぐなどの一般的な常識を心がけてください。

バイトの面接

アルバイトの面接の場合は、スーツを着ていかなくても問題ありません。ある程度のシンプルさを持ち、オフィスカジュアルを目指しましょう。

また、希望するバイト先によっても面接で着るべき服装は異なります。アルバイトやパートでも、職場がオフィスの場合はスーツか、またはオフィスカジュアルで行くことがふさわしいですし、アパレルの面接はブランドコンセプトに合った服装で行くべきです。

飲食系のアルバイト面接は、そこまで服装にこだわる必要はないですが、自分が面接官であったときに、この服装の人なら安心して採用できる、と思うことができるような服装が良いでしょう。

派遣登録説明会・面接に高校生は着ていくおすすめの服装は?

高校生の場合、スーツの同じレベルでフォーマルな服装は学校の制服です。派遣登録会・面接においても学校の制服で行くことがおすすめです。ただし、制服を着崩した状態で行くのでは印象が良くありませんので、あくまでも正装であることを心がけてください。

派遣も立派な仕事であることを忘れない!

派遣の経験がない人からすると、どんな雰囲気がわからない派遣登録説明会・面接ですが、怖がることは何もありません。通常の就職活動に比べると、派遣会社のコーディネーターという味方がついてくれますので、より心強いともいえます。

しかし、派遣であるから、という甘えは禁物です。派遣社員が派遣先で起こした不祥事などは、すべて派遣会社の信頼に関係します。派遣でも立派な仕事であることを忘れずに、派遣登録説明会・面接にチャレンジしてみましょう。