Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】おすすめのシャツのコーデ|チェック/柄/リネン

Author nopic iconまる
コーディネート / 2018年12月26日
【男女別】おすすめのシャツのコーデ|チェック/柄/リネン

【メンズ・レディース別】おすすめのシャツのコーデ集

「シャツ」は、おしゃれに興味がないという人でも知っているファッションアイテムです。しかし、一口にシャツと言っても、その種類はさまざまです。ここでは、その中でも代表的なシャツのコーデを、メンズとレディースに分けてご紹介します。

(メンズ)Tシャツコーデ

Tシャツはデザインも豊富で着やすいため男女問わず愛されるオシャレアイテムになっていますが、シンプルであるがゆえに一歩間違うとダサくなってしまうという難点があります。特に男性の場合、身につけるアイテムがどうしても少なくなってしまうので、他のアイテムでカバーできないという問題もあります。

そんな男性がTシャツでおしゃれをする際は、ボトムスに注意する必要があります。白いTシャツの場合は、黒のスキニーパンツかジーンズ、柄物のTシャツの場合はスキニ―パンツか少し余裕のあるサルエル風のズボンで合わせるのがオーソドックスな方法です。あまり短パンはおすすめしませんが、もし短パンで合わせる場合はTシャツの上にジャケットなどを羽織るようにしましょう。

また、帽子や眼鏡を付けると、Tシャツのシンプルさを活かしつつおしゃれも楽しむことができます。派手なTシャツのときはあまり小物は身につけないほうが良いですが、無地や文字だけのものを着るときはアイテムを使ってさりげなくおしゃれをアピールしましょう。

(レディース)Tシャツコーデ

女性のTシャツコーデの場合は、定番のジーンズやタイトなパンツと合わせる他、少し派手すぎると感じるくらいカラフルなアイテムを合わせても可愛く仕上がります。Tシャツコーデがいつもワンパターンという人は、画像のように腰にシャツを巻いてチラ見せする方法や、派手な色やキャラクターものが描かれたスニーカーを合わせるといったやり方を試してみてください。

また、女性の場合は少し大きめのサイズのTシャツを着るというのもおしゃれテクニックの一つです。裾を出してオーバーサイズ感をアピールするのも良いですし、前だけ裾をズボンにインしたスタイルにすると、一気にこなれた雰囲気が出せます。

(メンズ)チェックシャツコーデ

男性のチェックシャツコーデは、やはりシンプルなのが一番です。チェックのシャツ自体が主張が強く目立つため、全身を派手な装いで固めてしまうと浮いてしまいます。そのため、チェックのシャツの下には白いTシャツを合わせたり、ボトムスもシンプルなジーンズやズボンで合わせるようにしましょう。

合わせる小物は、画像のようにサングラスやネックレス、指輪といったシンプルなアイテムを一点身につけるだけでもおしゃれになります。

普通の丈のチェックシャツだと野暮ったくなってしまうという人は、ロング丈のチェックシャツをロングコートのように羽織るだけでスッキリとして見えます。前のボタンは閉じるよりも開けて中のインナーを見せたほうが、よりおしゃれっぽく見えるでしょう。

(レディース)チェックシャツコーデ

女性のチェックシャツコーデも男性を同じようにシンプルな装いが無難ですが、女性の場合はボトムスを少し工夫するだけでぐんとおしゃれ度が増します。例えば、画像のように白いスカートやズボンで合わせたコーデや、ジーンズや短パンで合わせたコーデなども合うでしょう。いずれの場合も、チェックが目立つ柄のため、ボトムスや小物使いはシンプルなものに抑えるのがコーデのポイントです。

女性の場合は、シャツをボトムスにタックインしてもおしゃれに見えます。ボトムスに完全にシャツを入れてしまうのも良いですが、左右の裾のどちらか一方をインするハーフタックインもほどよい抜け感が出せるのでおすすめです。やり方次第でいくらでも雰囲気を変えられるので、色々なコーデを試してみましょう。

(メンズ)ミリタリーシャツコーデ

もとは軍事用に作られたシャツだけあり、男らしさと力強さが特徴のミリタリーシャツは、男性らしいコーデに仕上げるには持ってこいのアイテムです。ミリタリーシャツ自体はカーキ色の落ち着いた色合いが多いので、インナーは目立たない白がおすすめです。派手な色のインナーにするとミリタリーシャツの良さが半減してしまうので、あっても少し柄が入っている程度のものを合わせましょう。

ボトムスは、ジーンズやタイトパンツなど足のラインがはっきりするアイテムを着用しましょう。タイトなボトムスとミリタリーシャツを組み合わせることで、着やせ効果が期待できます。また、ミリタリーシャツはとてもカジュアルなので、靴もスニーカーなどラフなものをチョイスしましょう。

(レディース)ミリタリーシャツコーデ

女性らしさの中にもかっこよさをプラスしてくれる甘辛アイテムのミリタリーシャツは、秋から春にかけてのオシャレ女子の定番アイテムとなっています。そんなミリタリーシャツのレディースコーデも、メンズと同じくデニムや細身のパンツやスカートを合わせるのがポイントです。中に着るインナーも、白や白地のボーダーなど地味なカラーのものを選びましょう。

上記のようなコーデ以外にも、レディースコーデの場合はフェミニンな格好と合わせるのもアリです。その場合も、インナーやボトムスは白やベージュなどの落ち着いた色のアイテムを着用するのがポイントです。あまりにも女子っぽいコーデの場合はミリタリーシャツが浮いてしまうこともあるので、あくまでも清楚で落ち着いアイテムと合わせるようにしましょう。

(メンズ)ブロッキングシャツコーデ

継ぎ接ぎのように色々なカラーでデザインされた模様が面白いブロッキングシャツのコーデは、シャツ自体がおしゃれアイテムのため、ボトムスはシンプルなデザインのものを身につけるのがおすすめです。シャツの色にもよりますが、黒や白のタイトなボトムスと合わせると派手すぎない落ち着いたコーデになります。

模様を引き立てるために前を閉じて着るのも良いですが、デザインにインパクトがあるのでただ羽織るだけでもおしゃれに見えます。その際は、インナーは白系の目立たないカラーを合わせるようにしましょう。

(レディース)ブロッキングシャツコーデ

色の組み合わせが可愛いレディースのブロッキングシャツは、ロング丈やシャツワンピといった長めの丈のアイテムを一点身につけるだけでもおしゃれなコーデが完成します。それだけでは少し物足りないという人は、少し派手な色の靴を履いたりウェストをベルトで締めるなど、プラスする小物を工夫するようにしましょう。

もし、短い丈のシャツでコーディネートする場合は、ボトムスは黒や白の無地のアイテムを合わせるのが良いでしょう。トップスがすでに目を引くデザインなので、柄物をボトムスに持ってくるのは避けたほうが良いです。

【柄シャツ】おすすめのコーデ一覧

無地のシャツに比べてコーデが難しいと思われがちな柄シャツも、ポイントを押さえれば誰でも簡単に着こなすことができます。そのコーデのポイントを、デザインごとに見ていきましょう。

ストライブ

柄シャツの代表格である縦縞のストライブシャツも、他のシャツと同じくシンプルに仕上げるのが良いでしょう。トップスが目立ちすぎてしまう場合は、ボトムスを黒やネイビーなどの地味な色で合わせると全体が落ち着いて見えます。上下ともストライブで合わせるのは、合わせた方にもよりますが主張が強すぎて悪目立ちしてしまうことがあるので、ストライブのコーデに慣れていない人は避けたほうが良いです。

花柄

着るだけでインパクトが出せる花柄のシャツは、ボトムスに裾をインしたタックインコーデがおすすめです。ウェストが気になるという人は、腰の位置よりも少し丈の長いハイウェストのボトムスや、自分のサイズよりも少し余裕のあるオーバーサイズのボトムスをチョイスするようにしましょう。また、ビスチェやベルトで腰回りを引き締めるのもアリです。

エスニック

コーデの難易度が高いと思われがちなエスニックシャツは、画像のようにシャツワンピやコートのように使用するのがおすすめです。エスニック柄が派手な分、インナーを地味にすれば全体が程よくまとまって見えます。もし、地味な色合いのエスニックシャツを着る場合は、ボトムスは多少派手なデザインのものを合わせても問題ありません。

ドット

存在感のあるドットのシャツは、短パンや七分丈のボトムスのコーデも気軽に楽しめるアイテムです。シャツが黒や紺などの濃いめのカラーの場合はボトムスは白系、シャツが白やベージュなど薄いカラーの場合はボトムスを濃い色のアイテムで合わせると、バランスが良いコーデになります。ドット柄に慣れていないという人は、初めはドットの小さいシャツを選ぶと良いでしょう。

【リネンシャツ】おすすめのコーデ一覧

着心地も見た目も涼しいリネンのシャツは、シンプルなコーデが一番です。その具体的な着こなし方を、以下で押さえておきましょう。

爽やか短パンスタイル

夏に重宝したい涼しげなリネンのシャツは、他の種類のシャツよりも短パンや七分丈のボトムスがよく合います。あっさりしすぎているがゆえに凝ったコーデはできませんが、シャツにシンプルなボトムスを合わせるだけで爽やかな印象になるので、服のコーデが苦手という人にも向いています。少しシンプルすぎてしまうのが心配という人は、帽子や靴などで個性を出しましょう。

シンプル無地コーデ

リネンシャツの涼しげなイメージを活かすには、シンプルな無地コーデが一番です。トップスはもちろん、ボトムスも派手な色ではなく薄茶色や白など爽やか系の色合いをチョイスすると良いでしょう。夏に着るなら靴はサンダルが似合いますが、手抜きしているように見えてしまう人はスニーカーでも良いです。アクセサリーは付けないか、付けても一点くらいに留めておくほうがリネンシャツの良さが活かせます。

【色別】カラーシャツのおすすめコーデ術

シャツの魅力の一つと言えば、豊富なカラーバリエーションです。ここでは、一般的に多く見かけるカラーシャツの中から厳選したカラーのコーデ術をご紹介します。

白のシャツは、基本的にはどんなアイテムを合わせても似合う万能アイテムです。そのため、ボトムスもジーンズからタイトスカート、七分丈など自分の好みのアイテムを自由に選ぶことができます。もし、他人とは違う個性を出したいという場合は、全身を白で統一するオールホワイトコーデがおすすめです。インパクトがあるだけではなく、小物によって全く違う印象を与えることができます。

水色

メンズのシャツの中では最もオーソドックスなカラーの一つである水色は、一歩間違うとサラリーマン風に見えてしまうという欠点があります。もし水色のシャツをカジュアルにコーディネートしたいという人がいたら、ボトムスを工夫するようにしましょう。少しゆったりめのズボンや七分丈を合わせれば、堅いイメージを和らげることができます。あるいは、水玉などの柄物をチョイスしても良いです。

シックな紺色のシャツは、ボトムスが短パンや七分丈などのヤンチャ系のアイテムでもすっきりとまとまります。色合いも無難なので場所を選ばず、シャツのコーデに不慣れな人でも挑戦しやすいというメリットもあります。紺色のシャツのコーデの場合、上下を同系色で合わせると重い印象になるので、ボトムスは白や水色などの明るい色がおすすめです。

スタイリッシュで着やすいと人気の黒色のシャツは、少し派手なカラーや柄物を合わせるコーデも似合うアイテムです。夏は暑苦しく見えてしまうのでおすすめはできませんが、秋や冬などは画像のようなワインレッドや白などのカラーと合わせると季節感が出せるので、一点は持っておきたいシャツです。万能カラーの黒は基本的にはどんな人でも似合うので、シャツ選びに迷っている人にもおすすめです。

ネイビー

紺色よりも少し色が濃いネイビーも、紺色と同じく白などの明るめの色と合わせるコーデがおすすめです。ネイビーは紺色よりもカチッとした印象になるので、短パンなどのカジュアルなアイテムが合わせやすいです。ネイビーのコーデに慣れていない人は、下に白のインナーを着てシャツのボタンは留めずに羽織るだけのコーデにすると、爽やかで親しみやすい見た目になります。

ピンク

可愛らしく親しみやすいピンクですが、服にした場合はなかなか合うコーデが見つからないという難点があります。そんなピンクと合わせて一番しっくりくるのが、黒や紺といった地味なカラーです。こうした色をボトムスに使うことで、トップスのピンクの派手さを上手く抑えてくれます。また、ジーンズなどの少しハードなデザインのボトムスと合わせてもよく合います。

黄色

明るく元気なイメージの黄色のシャツは、ガーリーな女の子らしい格好から、フェミニンな女性らしいコーデまで幅広いファッションが楽しめるアイテムです。基本的には、白や薄茶などの爽やか系の色から、黒やデニム、柄物までありとあらゆるデザインに合わせることができますが、その中でもカーキ色は大人っぽさをプラスして黄色の子どもっぽさを緩和することができるのでおすすめです。

お気に入りのシャツコーデで出かけよう

お気に入りのシャツコーデは見つかりましたか。誰でも一点は持っているであろうシャツは、脇役になりがちですがコーデの仕方によっては主役級の輝きを放つおしゃれアイテムです。気分によってデザインや柄を変えるなど、シャツで色々なおしゃれを楽しみましょう。