Search

検索したいワードを入力してください

ワンピースのおすすめコーデ|ユニクロ/白ニット/Tシャツ

Author nopic iconゆずりは
コーディネート / 2018年12月27日
ワンピースのおすすめコーデ|ユニクロ/白ニット/Tシャツ

ワンピースってどのように着ればいいの?

1枚で着られて楽にコーディネートの決まるワンピースですが、ワンピースと言ってもさまざまな種類があります。

今回は、種類別や季節ごとにおすすめのワンピースを紹介します。

ユニクロのワンピースを使ったおすすめコーデ

フランネルチェックシャツワンピース

前開きにすると羽織にもなるシャツワンピースです。ウエストマークになるコードが付いており、前でリボン結びにすればワンピースになります。コードを外して前開きにすると、ガウンとして着こなすこともできるので、パンツを合わせてボーイッシュなコーデも可能です。

秋には1枚で着て、冬は上からニットを重ねて着ればロングシーズン使えるアイテムです。ニットはロングであれば裾からシャツ部分が出てアクセントになりますし、ショートであればウエストで切り替えになりメリハリも出ます。

秋冬で活躍し、幅広いコーデが作れるアイテムです。

メリノブレンドVネックワンピース

コクーンシルエットでボディラインを強調しすぎないVネックワンピースです。

1枚で着ても良いですが、ふくらはぎが出るくらいの丈ですので、タイツやレギンスを合わせて女性らしいコーデにすることもできます。柄も無くシンプルなデザインですので、小物やアウターに柄を取り入れやすいです。

やや深めのVネックで、中にシャツを合わせるとまた雰囲気の違うコーデになります。前項で紹介したフランネルチェックシャツワンピースの上に着ると、少しシャツワンピースの方が長いので裾からチェック柄が見えます。

どちらのアイテムも単品でのコーデも作れますし、合わせたコーデもできるので、ぜひ取り入れたいアイテムです。

種類別ワンピースの着こなしコーデ

白ニット

ワイドニットワンピース

定番のニットワンピースですが、今年はロング丈がトレンドです。ロング丈で、さらにゆったりとワイドなデザインになっているのでボディラインが出ません。

シンプルなデザインであるからこそ、小物などでアレンジコーデも自由自在です。腰にチェックシャツを巻けばウエストで切り替えができ、ゆったりとしたシルエットの中にもメリハリのあるコーデになります。

白ニットを使う際には、アウターに濃い色のものを使用すれば締まった印象のコーデになります。ロング丈ではありますが、長身な方は少し足首が出ますので靴下やタイツに柄物を取り入れると引き立ちます。首周りもシンプルなので、ストールなどアクセントとして使用するのもおすすめです。

Tシャツ

半袖ドルマンゆるカットソー

ゆったりしたシルエットで着やすさ抜群のTシャツワンピースです。

ドルマンになっていて上半身の体型カバーにもなりますし、裾はお尻まで隠れます。1枚で着ることもできますし、少し短めの丈なのでレギンスやスキニーパンツを合わせたコーデも可能です。

カラーによってはシンプルでカッコ良いコーデにもなりますし、ポップで可愛らしいコーデもできます。使い勝手の良いアイテムです。

ゆったり体型カバーカットソー

こちらは無地Tシャツワンピースです。

ワイド幅でゆったりしているので全体的な体型カバーになります。上記タイプ同様、お尻まで隠れる丈になっていて足元はスニーカーやショートブーツを合わせるなど、小物を使ったコーデをしていただきやすいアイテムです。

ロングニット

切り替えボーダーニットワンピース

前項でロング丈のニットワンピースを紹介しましたが、シンプルなデザインのせいでコーデが難しいとお考えの方も多く、もっと簡単に1枚で着こなしたいという方には、こちらのニットワンピースがおすすめです。

差し色が入り、ボーダーの柄も入っているデザインで、本当に1枚でコーデが完成します。切り替えになっているので、体型カバーにもなります。

落ち着いたデザインですので、幅広い年齢層の方に着ていただけます。足元は少し出る丈ではありますが、ロングブーツを合わせてカバーすることもできます。

なにより、1枚でオシャレなのにもかかわらず楽にコーデも作れて着心地も良い点でとてもおすすめのアイテムです。

白シャツ

ひざ丈シャツワンピース

ウエストに絞りが利いた白シャツワンピースです。1枚で楽にコーデが完成するアイテムで、カーディガンなどの羽織りにカラーを取り入れやすいです。

春夏向けアイテムで、丈はひざ丈なのでパンプスやサンダルを合わせるのがベターです。白シャツなので、羽織りや足元にも柄やカラーを取り入れたコーデがおすすめです。柄やカラーを取り入れることで、より白シャツが引き立ちます。

白ということもあるので、清楚な印象のコーデができ上がります。

ロングスリーブシャツワンピース

こちらは同じシャツワンピースでも、大人の雰囲気なアイテムです。1枚でワンピースとして着ることはもちろんですが、シンプルなデザインなのでパンツを合わせたコーデにすればビジネスシーンでも活躍します。

ワンピースとして着る際には、ベルトを合わせるなどすればウエストが締まって印象を変えることもできます。足元は靴下にパンプスを合わせたコーデにするなど、アクセントとなる小物を使うと締まります。

可愛らしいコーデも、大人なカッコ良いコーデも叶う1枚です。

黒ニット

Vネックサイドスリット入りシンプルニットワンピース

1枚でコーデが決まるシンプルなニットワンピースです。

ひざ下までの丈でサイドにはスリットが入っていて、重くなりすぎないスタイルを作ることができます。スリットが入ることで、パンツスタイルにも合います。

ウエストにベルトを合わせれば、メリハリがつき綺麗なシルエットを作ることができます。黒ですので、ベルトは赤や白など引き立つカラーがおすすめです。

黒を選ぶことでシンプルなコーデはもちろん、柄物を取り入れやすい点でも重宝するアイテムです。

リネン

ふわさらコットンリネンシャツワンピース

速乾性にも優れ、さらっとした肌触りが特徴のリネンを使用したワンピースです。

ベルト付きでウエストにメリハリを作ることができ、スカートはフレアシルエットのため下半身もカバーできます。ふんわりとした着心地で、シャツ調の衿がカチッとした印象を作り上げます。

チェック

ギンガムチェックワンピース

フロントのリボンが印象的なギンガムチェックのワンピースです。

ウエストに絞りが利いていて、ベルトを用意しなくても1枚でスタイルが作ることができます。総柄ではありますが、黒白のシンプルなチェック柄のため、それほど派手な印象にはなりません。

差し色に赤を持ってくると、とても映えて華やかな印象のコーデになります。パンプスとの相性も良いですが、スニーカーなどを合わせカジュアルなコーデも可能です。

花柄プリントワンピース

衿元のリボンが、シックな花柄を大人っぽくも可愛く引き立てるロングワンピースです。

カラーは2色で、どちらも落ち着いた雰囲気となっています。足元に差し色で赤などを入れるとさらに際立ちます。

寒い時期になればお手持ちのニットと重ねて着ると、また印象も変わります。

季節別おすすめワンピースコーデ

ゆったりAラインのデニムワンピース

ロングシーズン使える1着ですが、特に春にピッタリのアイテムがこちらです。デニム素材でカジュアルなコーデを演出でき、インナーを変えることで各シーズンに対応します。

気温が変化する春だからこそ、半袖にも長袖にも合う細めのショルダーストラップになっており合わせやすさも抜群です。ゆったりしたAラインで、体型カバーにもなります。見た目はシンプルですが、ステッチなどこだわりも垣間見え、大人女子でも幼くならずに着こなせます。

ベーシックなアイテムではありますが、コーデの幅も広がりおすすめのアイテムです。

汗ジミ防止機能のマキシワンピース

汗ジミ防止に優れたシンプルマキシワンピースです。夏には嬉しい、UVカット素材を採用しています。

普段使いに最適なシンプルなマキシワンピースで、広がる裾のシルエットが魅力的です。バックの裾にはスリットが入っており、動きが出るようなデザインになっています。太めの糸を使用しているので、透けにくくなっているのも嬉しいポイントです。

特別な加工により、生地が濡れて変色してしまう染みが目立ちません。裏面には吸水加工が施されていて、裏は染みが広がっていても表はまるで濡れていないような状態のまま着用が可能です。

シンプルなデザインで使いやすく、さらに機能面でも優れたアイテムとなっています。

リブニットロングキャミワンピース

秋におすすめしたいのは、キャミワンピースです。秋は春同様、季節の変わり目で気温変化もあるので、インナーもあれこれ合わせやすく秋らしいカラーの揃ったこちらのアイテムがおすすめです。

低身長の方で丈が長くなってしまっても、裾にスリットが入っているのでスタイルアップコーデが叶います。スリットが入ることで抜け感が出て、ロング丈でも重くなりすぎません。

インナーもロンTやタートルネックなど、気温や気分によって変えていただくだけで印象の違ったコーデを作ることができます。秋におすすめではありますが、もちろん春夏にも使えるアイテムとなっています。

ケーブル編みのオフタートルニットワンピース

オフタートルで暖かく、小顔効果もあるニットワンピースです。ケーブル編みでシンプルすぎず、1枚で存在感のあるコーデになります。

サイドは異素材になっていて、重すぎず大人な雰囲気のコーデが実現します。パンプスやブーツはもちろん、スニーカーやムートンブーツを合わせればカジュアルなコーデも作ることができます。タイトなシルエットでも異素材スリットでゆったり着ることができ、着膨れが気になる冬でも綺麗なボディラインになります。

冬コーデの弱点を解消したデザインとなっています。

1枚でもアレンジコーデでもワンピースは万能!

種類別や季節ごとのワンピースコーデを紹介しました。ワンピースの長所である、1枚でコーデが完成するところや、アレンジを加えてコーデの幅を広げることができる点でもワンピースは外せないアイテムです。

スカートが苦手でワンピースを避けている方も、下にパンツやレギンスなどを合わせてみるとワンピースコーデに抵抗が無くなる可能性があります。スカートとしてだけの活用だけでなく、アイテムをプラスして活用の幅を広げることができます。

ワンピースはそのまま1枚で着られる利点がある半面、そのままで着ること以外にどのようなアレンジをすれば良いのか分からない方も多いですが、今回紹介したようなアレンジを加えることで、よりワンピースを購入する価値も上がります。

ワンピースが好きな方は新たなアレンジを加えてコーデを楽しんでいただき、あまりワンピースを着ない方はアレンジ次第で挑戦してみる機会にしましょう。