アザラシの赤ちゃんがいる水族館・見れるツアー・写真集

Author nopic iconyuzu24ryo
都市伝説 / 2017年11月14日
E8982fd7 ee25 4a9c ac1c f538faa7a94b
概要

outline

赤ちゃんアザラシについての記事になります。赤ちゃんアザラシにはどこで会えるか、水族館よりもっと近くで見てみたい、どんな鳴き声で鳴くのか、人気のぬいぐるみ、写真集を知りたいなど赤ちゃんアザラシのかわいさから情報について紹介します。

アザラシ赤ちゃんのいる水族館・海族館

トピック1019419/要素2274144

旭山動物園

2017年3月25日に生まれたゴマフアザラシがいます。ちょっとひょうきん顔です。

新江ノ島水族館

2015年4月15日に男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)で生まれたゴマフアザラシ「ココ」がいます。ココちゃんは警戒心がほとんどなく遊び好きな性格で、キスやバイバイなどの愛らしい仕草をします。

おたる水族館

2017年3月18日に生まれたゴマフアザラシ「モモたろう」がいます。

登別マリンパーク二クス

2015年5月29日に生まれたゼニガタアザラシ「クルン」がいます。

オホーツクとっかりセンター

2012年12月に紋別港内の岩場でケガをして弱っているところを漁師さんに助けられ、保護された「かつのり」がいますが、現在はアザラシペン(アザラシの病院)でお勉強中です。

2012年11月に紋別沖のサケの定置網に迷い込んでしまったところを漁師さんに助けられ、保護された気が強い性格の「たくみ」がいますが、現在はアザラシペン(アザラシの病院)でお勉強中です。

2011年5月に羅臼町で保護された「よう」がいます。小さくてかわいらしいですが、気が強く、気に入らないことがあると手でおなかを叩いて怒ります。よくプールの中で仰向けになったり、逆立ちをしたりして遊んでいます。

あわしまマリンパーク

2017年3月27日に生まれた好奇心旺盛なゴマフアザラシ「もなか」、2017年4月2日に生まれたちょっと警戒心のあるゴマフアザラシ「だいふく」がいます。

新潟市水族館マリンピア日本海

2017年4月19日に男鹿水族館GAOで生まれたゴマフアザラシ「きなこ」がいます。

須磨海浜水族園

2017年3月11日須磨海浜水族園で生まれた「メガブ」がいます。。ちょっと体は小さいが態度は大きいです。シールピースのステージで寝ることが多く、間近くで写真を撮られても全く気にしない子です。

宮島水族館

ゴマフアザラシの「フウ」と「ヨツバ」がいます。

島根県立 しまね海洋館 AQUAS

ゴマフアザラシの「らいち」がいます。天気のいい日のお昼には日向ぼっこしているふわふわアザラシが見れる事こともあるでしょう。

男鹿水族館GAO

2016年4月4日に生まれたゴマフアザラシ「ゴハン」と2017年4月10日に生まれたゴマフアザラシ「あずき」がいます。

おびひろ動物園

2016年3月20日に生まれたゴマフアザラシ「マシロ」がいます。

いしかわ動物園

2015年に生まれたゴマフアザラシ「ココア」と2016年に生まれたゴマフアザラシ「ミルク」がいます。

鴨川シーワールド

2015年2月24日に生まれたゴマフアザラシ、2016年2月21日に生まれた世界一小さいアザラシワモンアザラシがいます。

八景島シーパラダイス

2017年4月16日に生まれたハイイロアザラシがいます。Youtubeで動画が公開されています。

南知多ビーチランド

ゴマフアザラシの「ラナ」がいます。

稚内ノシャップ寒流水族館

2015年2月24日に生まれたゴマフアザラシがいます。

アザラシの赤ちゃんの毛皮は?

大人のアザラシのように分厚い脂皮を持っていますが、赤ちゃんアザラシは分厚い脂皮を持って生まれてはきません。ゴマフアザラシの赤ちゃんは、この脂皮に変わるものとしての役割が長いふわふわの毛になります。
またこの白の毛は、氷上と同じ色なので外敵に見つかりにくいという効果もあります。赤ちゃんは濡れてしまうと体温が奪われるため、水中には入らず、ほとんどの時間を氷上で過ごしています。そのため、白い色は保護色になっています。
しかし、赤ちゃんはふわふわのこの毛だけでは水の中での生活は合理的でないため、急速な勢いで皮下脂肪を蓄えていきます。このため、アザラシのミルクは非常に濃い、脂肪率や栄養価の高いものになっています。4~5週間もすると、このかわいらしい白い毛は抜け落ち、大人と同じになります。ちょうどこのころ乳離れの時期になります。

岩の上で子育てをするゼニガタアザラシや生まれてすぐ親と一緒に海に入るアゴヒゲアザラシ等はお母さんアザラシの胎内にいるときに赤ちゃんの白い毛が抜け落ちてます。なので、氷上で生活をしないアザラシの赤ちゃんは生まれたときも白い毛で覆われてません。豊富な皮下脂肪があることも重要ですが、その他に長い体毛があると海から気温が氷点下の寒い氷上に上がるときに、毛に付いた水滴の蒸発によって大量の体温が失われることを避ける意味もあります。アザラシも短い体毛がありますし、赤ちゃんには長い産毛があります。産毛が抜け落ちないうちに海へ泳ぎに出てしまうと、陸や氷上に上がった時に毛に付着した水滴の蒸発によって体温が奪われて凍死してしまうこともあります。このため、アザラシの赤ちゃんはある程度大きくなるまでは基本的に陸か氷上で暮らします。なのでふわふわの赤ちゃんを見れるのはとても短い期間になります。

アザラシの赤ちゃんが見れるツアー

カナダの東部セントローレンス湾に位置するマドレーヌ島近郊にタテゴトアザラシの赤ちゃんを見に行くツアーになります。約25万頭のタテゴトアザラシが北極からの流氷とともにセントローレンス湾のマドレーヌ島にやってきます。タテゴトアザラシは毎年2月下旬から3月上旬に氷上で赤ちゃんを出産します。タテゴトアザラシの赤ちゃんは、白いふわふわの毛で目がくりくりしています。お母さんを探し、鳴き声をあげている姿や、だんだん大きくなっていく赤ちゃんの様子を見ることができます。
赤ちゃんを見るだけでなく、壮大な氷海の氷上というロケーションで赤ちゃんと一緒に写真撮影をすることができます。
氷上の気温は天候により大きく変化します。天気が良いとマイナス5度程度ですが、風が強い日には体感温度はマイナス15度以下にまで感じます。ツアーに行かれる際には各社ホームページに書かれている防寒具を用意して、参加してください。

カリフォルニア州の太平洋沿いにあるアニョヌエボ州立公園でゾウアザラシを見るツアーになります。こちらの公園には、毎年冬になると、何千匹ものゾウアザラシが大群で押し寄せ、砂浜で出産します。貴重な生態系を守るため、12月15日から3月末にかけて、Public Seal Walkというガイドさんが引率するツアー(2時間半)でのみ、ゾウアザラシがいる砂浜にアクセスすることができます。待ち時間の間にビジターセンターの展示を見て、ゾウアザラシの生態を知ることができます。
公園内には砂浜に到着したもの、砂浜でのんびり休んでいるもの、大きな声をあげて他のオスを威嚇するものなどたくさんあり、2トンもの巨体を持つゾウアザラシは迫力満点です。
身体も声も大きい強いオスに威嚇されたものたちは、次々にその場を離れていきます。オス同士のメスを巡る争いは、ときに荒々しい闘いに発展することもあります。
ゾウアザラシの赤ちゃんはお母さんとはぐれないように、ぴったりと寄り添い、ミルクを懸命に飲んだり、あどけない表情がたくさん見れます。1月中旬から2月中旬が、最も多くの赤ちゃんに出会える時期で、運がよければ、ツアーの最中に出産風景に巡り合うこともあります。
そして3月になると、母アザラシは突然育児をやめて、大海原に帰っていきます。残された子アザラシ大人の毛に生え変わり、浅瀬で泳いだりエサを採ることを自ら学習し、4月に大海へと旅立っていきます。まるで人間に挨拶するかのように愛嬌をふりまくゾウアザラシの姿もあり、ガイドツアーに参加した皆が笑顔になる瞬間です。
ツアーの間はガイドさんの指示に従って、ゾウアザラシに近づきすぎない、驚かさないように気をつけましょう。
また、この公園にはたくさんの海鳥も、そして大海を見晴らすとラッコの姿も見えます。たっぷり2時間半のツアーでは、約5キロを歩きます。柔らかい砂浜の上はなかなか歩きにくく、坂道など高低差もあるので、必ず歩きやすい靴で参加しましょう。また海からの風が強い日もあるので、服装にも気をつけてください。
公園のビジターセンターでは飲食物を販売していないので、お水や軽食を用意しておくと便利です。公園にはピクニックエリアもありますよ。

アザラシの生息場所に船で行き、間近でその生態を見ることができるツアー。厚岸の海岸線を眺めて、アザラシの生息している大黒島までを廻るコースで、北の海の景観も存分に楽しむことができます。船は、地元漁師さんが昆布漁に使っているもので、海を知り尽くした漁師さんが案内してくれるので、アザラシに合える確率98%というツアーです。
1時間30分程度のツアーの中には、海岸線の戦時中に作られた特攻舟艇の格納トンネル跡など見どころもいっぱいです。悪天候時には、中止する場合もあります。
期間は毎年5月1日〜10月25日までで催行最低料金25,000円~(5名様以上)になっています。
大人1名様…5,000円(中学生以上)
小人1名様…3,000円(小学生)
5月~6月 午前の部…10:00〜12:00  午後の部…13:00〜15:00
7月~9月 午後の部…13:00〜15:00
10月   午前の部…10:00〜12:00  午後の部…13:00〜15:00

北海道の積丹半島にやってくるアザラシ・トド・オオワシなどを積丹岬に見に行くプランです。宿主が宿泊者を岬にお連れしガイドをしてくれます。
オオワシ・オジロワシは12月末から2月下旬がおすすめ、アザラシは年があけて1月から4月上旬がおすすめです。野生動物なので見られないときもあります。
このプランには夕食、朝食以外にスノーシューレンタル代、ツアーガイド代、温泉入浴券が含まれています。なお希望者には長靴をお貸ししますが、防寒具と手袋と帽子などは各自でご用意下さい。
朝食後、積丹岬を1時間ほどスノーシューで歩き野生動物を観察し、岬の湯しゃこたん(休みの時はふるびら温泉)までお送りして冷えた体を温泉で温めてまったりしてツアーは終了です。

アザラシ赤ちゃんの写真集

Amazonで人気の高いアザラシ赤ちゃんの写真集になります。

カナダ・セントローレンス湾のタテゴトアザラシの赤ちゃんの、かわいい写真集です。

カナダ東部セントローレンス湾の広大な流氷上で撮ったかわいいタテゴトアザラシの赤ちゃんの写真集です。

大好きな人とのんびり過ごしたり、仕事中にホッとひと息したいとき、イヤなことがあったりしたときにも、本を開けば、思わず笑顔になる、アザラシの赤ちゃんの写真集です。

地球温暖化問題についても考えさせられる氷上でのアザラシ赤ちゃんの写真集です。

カナダ東部のセント・ローレンス湾の流氷の上で生まれる、見ているだけで癒されること間違いなしの、 タテゴトアザラシの赤ちゃんの可愛い姿の集大成です。

アザラシ赤ちゃんの鳴き声

アザラシの赤ちゃんの鳴き声です。

人気のアザラシ赤ちゃんのぬいぐるみ

Amazonで人気のあるアザラシのぬいぐるみです。

AQUA ぬいぐるみ マリン アクアフレンズ ミニ 赤ちゃんアザラシ
フワフワで手触り抜群です。お腹を押すと鳴きます。

ハーマン・テディベア アザラシ グレイ 32 cm
日本だけでなく世界中で多くの方々に親しまれている、ハーマン社の「コレクション・シリーズ」のアザラシです。

AQUA ぬいぐるみ マリン 赤ちゃんアザラシ 新型 M 00320012

ぬいぐるみ きゅんきゅんコロン アザラシ

San-x まめゴマ くったりまめゴマぬいぐるみM そらゴマ

アザラシ赤ちゃんのロボット

セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」は、大和ハウス工業株式会社が作ったアザラシ赤ちゃんのロボットです。楽しみや安らぎなどの精神的なセラピー効果を目的にしたロボットで、医療・介護施設や個人の方への元気付け、ストレスの軽減など、心身を癒すロボット・セラピー効果をご提供するため作られました。メンタルコミットロボット「パロ」はギネスブック(2002年)にも認定されている世界でもっともセラピー効果があるロボットです。姿はタテゴトアザラシの赤ちゃんがモデルになっており、多数のセンサーや人工知能の働きによって、人間の呼びかけに反応し、抱きかかえると喜んだりするほか、人間の五感を刺激する豊かな感情表現や動物らしい行動をし、人を和ませ、心を癒します。価格は保証期間1年で税抜360,000円、3年で420,000円です。

赤ちゃんアザラシについてのまとめ

赤ちゃんアザラシは水族館で繁殖に力を入れており、アザラシのいる水族館で運がよければ赤ちゃんアザラシに会えます。北海道ではツアーで野生のアザラシを見ることができますが、必ず見れるわけではなく、赤ちゃんに会え確立はあまり高くありません。海外に行けば、日本よりはかなり高い確率で赤ちゃんアザラシに会うことができます。また、ぬいぐるみや写真集でも、十分かわいらしさが伝わりますが、ロボットになるとリアルさがあり、かわいらしさがさらに感じれるでしょう。
赤ちゃんアザラシを見て、ぜひ癒されてください。

関連記事

Related