Search

検索したいワードを入力してください

着ぐるみの中の人は女性?中の人の身長・性別・子供・服装

Author nopic icon大鳥こげ茶
雑学 / 2017年11月09日
着ぐるみの中の人は女性?中の人の身長・性別・子供・服装

着ぐるみの中は女性なの?

着ぐるみの中の人は女性?中の人の身長・性別・子供・服装

遊園地やイベントなどでよく見かける着ぐるみ、建前上は中に人なんていないということになっています。しかし、子供でも中に人が入っているということを知っています。そうなると気になるのがその中身です。

着ぐるみの中には、一体どんな人が入っているのでしょうか。まず着ぐるみの中に入るということは、小柄な人が向いていると考えられます。女性の可能性が高いですが、着ぐるみの中は女性に限られてはいません。

着ぐるみの中に入る人を募集する際に小さい人が歓迎されたり、身長制限があったりすることがありますが、それを満たしていれば性別は問題にならないことがほとんどです。最近では、アクロバティックな動きを得意とする着ぐるみも増えており、男性が着ぐるみの中に入ることもあります。

USJの着ぐるみの中は?

着ぐるみの中の人は女性?中の人の身長・性別・子供・服装

USJユニバーサルスタジオジャパンには、たくさんのキャラクターがいて個性的な着ぐるみもたくさんいます。USJの着ぐるみの中には、どんな秘密が隠されているのか探っていきましょう。

モッピー

「モッピー」はUSJのキャラクターの1つで、セサミストリートのエルモの親友であるラッキーモンスターとされており人気も高いです。ふわふわピンクの小さなモンスターと説明されるように、その着ぐるみもとても小さくてかわいらしいです。

モッピーの着ぐるみは小さすぎて、中に大人が入っているとは信じがたいほどです。動きもかわいらしく人気があるのですが、あまりに小さすぎるため中に入っているのは子供じゃないかといった憶測まで出ました。

しかし、子供を着ぐるみの中に入れて働かせるということは違法です。モッピーの中に入っているのは、身長の低い小さな女性であると考えられます。

ミニオン

着ぐるみの中の人は女性?中の人の身長・性別・子供・服装

映画にもなっているミニオンは、たくさんの人に知られているキャラクターでしょう。その愛らしい見た目から老若男女幅広い人気があり、USJでもミニオンの周りにはたくさんの人だかりができています。

ミニオンたちは全員黄色でオーバーオールを着ていることは共通していますが、一つ目のミニオンがいたり身長も違っていたりと、個性があります。そのミニオンたちの中でもかなり小さいミニオンに入っているのはどんな人なのでしょうか。

小さいミニオンは150cm程しか高さがないので、中に入っているのはそれよりも小さい大人と考えられます。着ぐるみの中は、想像以上に小さく感じるため140cm台の大人の可能性もあります。このように小柄な人たちが着ぐるみの中で活躍しています。

ミッキーの着ぐるみの中は?

ミッキーと言えば誰もが知るキングオブ着ぐるみ、かわいくキレの動きで世界中で愛されるキャラクターです。ディズニーランド側はミッキーの中に人が入っているということは頑なに認めませんが、人が入っているのは誰の目にも明らかです。

ミッキーの着ぐるみの中の人については気になる人が多いようで、さまざまな情報があります。ミッキーの着ぐるみが155cm程度なので、それよりも小さい人であることは間違いないでしょう。ディズニーランドで働くキャストであっても、ミッキーの中の人については知らず、夢の国のトップシークレットといえます。

ミッキーの着ぐるみに課せられた掟として、ミッキーの着ぐるみは絶対にしゃべりません。それは夢が壊れてしまうからです。しかし、着ぐるみに集まってくるのは穏やかな人ばかりではありません。子どもたちから蹴られたり、ぶつかられたりして痛いと感じることがあっても中の人は声を出すことは許されない大変な仕事です。

着ぐるみの中の人は小さい?

着ぐるみの中の人は小さいのでしょうかと聞かれたら、着ぐるみよりは小さいと答えるよりほかありません。多くの着ぐるみは小さいことが多いので、必然的に着ぐるみの中の人は小さいという印象になるのですが、実は大きい着ぐるみもいます。

あるレジャー施設の着ぐるみの中の人の募集条件として138cm~188cmという身長の条件が過去にありました。このことから見ても大きいキャラクターの中に大きい人も入るということが分かり、着ぐるみの中の人は必ずしも小さいわけではないです。

ショーの着ぐるみの中の人は違う?

着ぐるみによるショーはよく行われていますが、その中の人はショーを行う時に別人に変わっているのでしょうか。施設によっても違いますが、ほとんどの場合中の人は同じです。

着ぐるみの中の人を募集する際にはまずダンサーという形で募集して、そこから適性がある人を着ぐるみに抜擢するという手法がとられることがあります。こうして中の人に選ばれるとキャラクターの動きについて徹底的に研修を受けます。

このようにもともと動ける人が着ぐるみの中の人であることが多いので、ショーの時も中の人は変わらないことがほとんどです。

着ぐるみの中の人の身長

着ぐるみの中の人の身長は、その着ぐるみに合わせてさまざまであることが考えられます。先ほども述べたとおり、138cm~188cmという幅の広い身長を中の人の募集条件としていたこともあります。

着ぐるみの中の人の身長は決して小さい人だけではなく、着ぐるみの身長に合わせて身長もさまざまであることがいえるでしょう。ただし、小さい着ぐるみが多いので比率としては中の人は小さい人が多いといえます。

着ぐるみの中の人が男性の場合もある?

着ぐるみは小さいもの多く、女性が多いものと大多数の人に考えられていますが、実は着ぐるみの中の人には男性もいます。最近はゆるキャラがブームになったり、マスコットが大人気になったり、社会現象になった着ぐるみもたくさんいます。

人気の着ぐるみの中には、アクロバティックな動きを売りにしているものもいます。そういった場合には中の人にも高い運動能力が求められ、運動能力の高い男性が入っている場合もあります。そのため、そのような着ぐるみの中の人は男性である可能性が高いでしょう。

着ぐるみの中の人の募集には身長制限が設けられることはありますが、性別は特に書かれておらず、中の人になるのに1番大事なのは着ぐるみが着られるかどうかということです。

着ぐるみの中が子供の場合もある?

小さくてかわいらしい着ぐるみの中の人が子供だということはあり得ません。着ぐるみの中の人は職業として中の人をやっているので、子供を働かせるということは違法だからです。

小さい着ぐるみを見た時には、その小ささから中の人が子供なのではないかと考えがちですが大丈夫です。子供を働かせることはこの国では禁じられています。

着ぐるみの中の人の服装

着ぐるみの中の人は過酷です。真冬であっても着ぐるみの中は暑くてたまらなく、汗だくになります。そんな着ぐるみの中の人の服装は、汗を吸いやすく動きやすいことが絶対条件です。綿のTシャツやハーフパンツなどがいいでしょう。

ジョギングに行く服装と考えるといいでしょう。着ぐるみの中の人は、想像以上に過酷な仕事です。機能性を重視した服装で中の人になりましょう。

着ぐるみの中に人はいない!夢を見させて!

着ぐるみの中の人は女性?中の人の身長・性別・子供・服装

着ぐるみの中の人の最大の条件は、着ぐるみの中に入れることです。身長さえ条件に合っていれば、男女の区別なく入ることができ、アクロバットな動きをする着ぐるみならば男性が中の人であることも考えられます。

着ぐるみの仕事はとても大変ですが、プロ意識を持って仕事に向き合っています。着ぐるみに対して乱暴したり、飛びかかったりするなどはやめましょう。何があっても着ぐるみはじっと耐えるしかできません。

着ぐるみの中の人についてさんざん語ってきましたが、着ぐるみの中に人なんていません。夢の世界に入り込んでキャラクターの中の人について考える事なく、その世界を楽しみましょう。

関連記事

Related