Search

検索したいワードを入力してください

スーツは何着必要か・1週間の着回しに必要な数とコーデ術

Author nopic iconSa-ya
カテゴリ:ビジネスファッション

初回公開日:2017年11月08日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スーツは何着必要か・1週間の着回しに必要な数とコーデ術

スーツは何着必要か

スーツは色やスタイルも多種多様で、男女によっても異なります。スーツは洗濯できないものが多いため、クリーニング出すのが一般的なケア方法です。そのため、クリーニングに出している間は他のスーツを着用しなければなりません。まず1週間に必要なスーツは何着なのかについてご紹介しましょう。

男性に必要なスーツは何着?

男性がスーツを着用する場合は、スーツをセットアップで着用するのが一般的です。そのため、土日休みの会社だとすると平日の5日間を何着のスーツで着回しするかということになります。男性の場合は、最低3着のスーツを用意しておくことをおすすめします。

男性のスーツで人気のカラーは、ブラックやネイビーやグレーなどのベーシックカラーです。ベーシックカラーのスーツを常備しておけば、インナーに着るシャツのカラーやネクタイも比較的合わせやすいのでおすすめです。

女性に必要なスーツは何着?

女性の場合も男性と同じくセットアップでスーツを着用しなければならない場合は、最低でも3着常備しておくことをおすすめします。多くの社会人女性の場合は、男性のようにセットアップでスーツを着用するのではなくセパレートで着る場合も多いです。その場合は、セットアップスーツをジャケットとボトムスで分けて着用できるので1週間で3着のスーツがあれば十分に着回しをすることが可能です。

20代に必要なスーツは何着?

20代の場合は、就職活動のためスーツを着用しなければならないこともあります。就職活動中はまだ学生のため、スーツを購入するための大きな出費が避けたいと考えます。そんな就職活動中の学生は2着のスーツでも十分着回しが可能です。

また晴れて新社会人となった20代は最低でも3着のスーツは用意しておきましょう。仕事はもちろんのこと、飲み会や歓送迎会などの席でスーツを汚してしまう可能性もあります。新社会人のうちは身だしなみも必要以上に見られています。常に清潔なスーツスタイルでいることを心がけましょう。

30代に必要なスーツは何着?

30代になると会社での付き合いや取引先との会食などの機会も増えます。そのため、普段のスタイルも20代に比べて色々なスタイルに変えていく必要性もでてきます。そのため、30代の場合は最低でも4着のスーツを持っておくと色々なスタイルの着回しができるのでおすすめです。TPOに応じて適切なスタイルを選びましょう。

40代に必要なスーツは何着?

40代になると毎日着ているスーツの種類も必然的に増えてきます。そのため40代の場合は、10着のスーツを着回ししている方が多い傾向にあります。無理に10着のスーツを揃える必要はありません。30代と同じくベーシックカラーのスーツであれば4着のスーツでも十分着回しができます。40代になると体型も以前と変化してくるので、新たなに新調する方も多いでしょう。

ケース別の用意すべきスーツの数

スーツが何着必要なのかという問題は、職種や期間などによっても異なります。それではスーツが何着必要なのかを色々なケースに当てはめてくわしく見ていきましょう。

就活のために用意すべきスーツは何着?

学生が社会人になるために行うのが「就職活動」です。就職活動の期間は、希望職種によっても期間は異なります。多くの学生は半年以上の就職活動期間があるのが一般的です。就職活動に必要なスーツは最低2着は用意しておくことをおすすめします。就職活動は何着スーツが必要なのかよりは身だしなみも重要なポイントです。常に清潔なスタイルでいることを心がけましょう。

教育実習のために用意すべきスーツは何着?

教員資格を取得するために必要なのが「教育実習」です。実際に学校に出向き、教員の実習生として実践的な教員の基礎を学ぶ場です。実習といっても学生から見れば立派な教員の1人です。そのため、身だしなみができていないようでは教員として認められません。

教育実習の期間は約1ヶ月程度なので、最低でも2着のスーツは用意しておきましょう。インナーに着るシャツは3枚以上用意し、同じようなスタイルが続かないよう工夫してコーディネートしましょう。

新社会人のために用意すべきスーツは何着?

就職活動を乗り越え、晴れて社会人となった「新社会人」。新社会人のときは特に身だしなみが重要です。まず派手なスーツやネクタイは禁物です。ベーシックでシンプルなスーツやネクタイを選び、目立たない服装をするのが新社会人が守るべき暗黙のルールです。

新社会人の場合は、職種にもよりますが最低でも3着のスーツは用意しておくことをおすすめします。シャツはホワイトやブルーなどの控えめなカラーを選び、ネクタイも無地やカラーは控えめなレジメンタル柄などのを合わせるといいでしょう。

わからない人は先輩社員にスーツを何着持っているかを聞いてみてもいいでしょう。

2泊の出張のために用意すべきスーツは何着?

2泊の出張は何着のスーツを持っていくべきか悩む人も多いでしょう。出張の際は訪問先によってもスーツが何着必要なのかが異なります。2泊の出張でも同じ取引先と続けて訪問する場合もあります。

そのため、最低でもスーツ1着は必要です。最終日に行きに着てきたスーツを着る場合は、1日目とまったく異なるスタイルに仕上げるのがポイントです。1日目はホワイトシャツにネイビーにネクタイであれば、3日目はブルーのシャツに変えるなど、スタイルに変化をつけることは重要です。

出張中の荷物は極力少なくするのがベターです。訪問先を踏まえて、持参するスーツを何着にするかを決めるといいでしょう。

1週間の海外出張のために用意すべきスーツは何着?

1週間の海外出張はスーツを何着持っていくか悩むこともあるでしょう。1週間の出張の場合は、2着のスーツを持参することをおすすめします。海外出張では会食中に汚れが付いたり、外出中に予期せぬトラブルに遭遇することもあります。そのため、スーツ1着だけを持参した場合、着てきたスーツが汚れたり破れた場合は1着を着回すしか手段がなくなってしまいます。

海外出張の場合は、予期せぬトラブルがあっても大丈夫なように身だしなみにも余裕を持っておくことが重要なポイントです。

通勤のために用意すべきスーツは何着?

普段の通勤に必要なスーツの着数は、男女によっても異なります。一般的には男女問わずスーツ3着から4着程度あれば十分に着回しすることが可能です。

夏用のために用意すべきスーツは何着?

特に男性は汗をかきやすく、夏場のスーツは苦手な方が多いでしょう。そんな方におすすめは、スーツの背中の裏地部分がない「背抜き」と呼ばれるスーツです。裏地がないため風通しがよく、涼しく快適に過ごすことができます。男性の場合は夏場用に背抜きのスーツが2着あると便利なのでおすすめです。

職種別の用意すべきスーツの数

スーツが何着必要なのかは職種によっても大きく異なります。職種によって何着スーツを用意すればいいのか職種別にいくつかご紹介しましょう。

公務員のために用意すべきスーツは何着?

公務員の服装は比較的ルールが厳しい傾向にあります。そのため、何着スーツが必要かというよりは、何着あれば清潔にスーツを着回しできるかがポイントです。公務員は夏場になると「クールビズ」の期間があるため、スーツが3着あれば十分着回しすることができるでしょう。

教員のために用意すべきスーツは何着?

教員の場合は、担当する学生の年代によってもスタイルが異なります。小学校の教員は毎日スーツを着用する教員は少なく、式典や行事のときに着用します。また中学校も同じく、スーツのセットアップよりはジャケットスタイルなどのスタイルが多いでしょう。年間通して3着のスーツがあれば十分に着回しすることができます。

会社員のために用意すべきスーツは何着?

会社員の場合は、毎日スーツを着る方も多いです。何着のスーツが必要なのかは、職種によっても異なりますが、最低3着のスーツがあれば着回しは可能です。目標は平日5日間を着回せるよう5着スーツを用意してあるのが理想です。

営業職のために用意すべきスーツは何着?

営業職の場合は毎日外周りをするため、スーツも汚れやすいです。できればスーツが汚れてもいいように5着のスーツがあると余裕をもってクリーニングに出すことができます。

内勤のために用意すべきスーツは何着?

内勤の方は会社で決められた制服が用意されている企業もあります。その場合は通勤でしかスーツを着用しないため、2着から3着のスーツがあれば十分でしょう。

1週間の着回しに必要なスーツの数と最小限のスーツで乗り切るおしゃれコーデ術

1週間の着回しに必要なスーツは3着です。ベーシックカラーのスーツを選ぶとどんなシャツやネクタイにも合わせやすいのでおすすめです。3着で1週間着回す場合は、シャツの選び方がポイントです。

1日目はホワイト、2日目はライトブルー、3日目はストライプ柄のシャツ、4日目はクレリックシャツ、5日目はブルーのストライプ柄など、日によってシャツのデザインを変えることが重要です。

着回しに便利なスーツの色の選び方

着回しに便利なスーツの色は、ブラック、ネイビー、グレーの3色です。服装に厳しい企業であれば、ブラックかネイビーのカラーであれば問題ありません。

職種によって何着スーツが必要か考えよう

特に就職活動中の学生や新社会人になったばかりの人は、何着スーツが必要なのかわからない人も多いでしょう。スーツを着用する際のポイントは清潔感のある身だしなみです。スーツが何着必要かというよりは、何着あれば清潔なスーツスタイルでいられるかを考えてみましょう。