Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】ガウチョのコーデ|黒/緑/白/水色

Author nopic iconmiii
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【季節別】ガウチョのコーデ|黒/緑/白/水色

白ガウチョ×黒有数ス×パンプスを合わせた、冬のガウチョコーディネートです。主役級でもある、シルエットの美しいグレージュのノーカラーコートを合わせることで、重ね着をしても着ぶくれすることがなく、すっきりと上品な仕上がりにまとまっています。

また、バッグやパンプスの小物類も上質な大人の素材を選ぶことで、全体の印象を格上げしてくれます。

冬の外出時は、アウターがメインになるコーディネートになることが多いでしょう。ワンパターン化を防ぐために、違う雰囲気や色のアウターを揃えておくとカジュアル・フォーマルスタイルにも対応できます。

メンズ

冬のメンズのガウチョコーディネートは、やはりモノトーンで統一すると、スタイリングしやすいでしょう。全身黒でコーディネートすると一見重たくなりそうですが、短め丈であるガウチョを合わせることで軽さがでます。

ナイロン素材の黒ブルゾンと黒スニーカーを合わせたカジュアルなコーディネートは、きれいめのアウターと革靴に変えると、キレイめな印象に着ることができます。

色別のガウチョのコーデ

ガウチョで合わせやすい色は、定番色の黒やネイビー・グレー・ベージュなどです。色や素材別によって、与える印象がまったく変わってくるので、同じデザインでも色選びで迷う方も少なくないでしょう。ここでは、色別のガウチョのコーデをご紹介します。

黒ガウチョにミッキーマウスのカットソーを合わせた、可愛らしいコーディネートです。落ち着いた印象の黒ガウチョなら、キャラクターのカットソーを合わせても子供っぽくなりすぎずにコーディネートできます。

厚底靴とこなれたデニムジャケットの風合いが、カジュアル感を出しています。厚底靴は可愛らしく、かつ背を高くみせることができるので、身長が低い方に特にです。

コーデュロイ素材のくすんだグリーン色は、シックで落ち着いた印象があるので、季節では秋・冬に色です。

黒有数スにデニムジャケットを羽織った、シンプルなカジュアルコーディネートですが、デニムジャケットを肩掛けすることで、今っぽさをプラスしています。足元は、スニーカーを合わせて、歩きやすいコーディネートに仕上がっています。

白のガウチョは、爽やかで明るい印象のコーディネートにです。白のボトムスは、季節でいうと春・夏のイメージが強いですが、ウールやコーデュロイ素材のアイテムもここ数年多く発売されています。冬の白を取り入れたコーディネートは、断然オシャレで洗練した印象にみえるのでです。苦手意識のある方は、チャレンジしてみるといいでしょう。

上の画像は、白ガウチョに黒のアウターを合わせたシンプルコーディネートです。オレンジのスニーカーで外して、キュートな印象にまとまっています。靴の色は黒などを持ってくると、落ち着いた印象になるでしょう。

水色

優しいパステルカラーのガウチョは、春・夏にしたいカラーです。足首が覗く9分丈で軽やかに着こなすことができます。今年のハイウエストタイプは、ウエスト位置を高く見せてくれるので足長効果もあり、スタイルがよく見えます。

コーデは、サングラスにキュートなミニバッグを合わせた70年代風ファッションですが、もちろん、きれいめコーデやマリン風・カジュアルコーデにも相性がよく、組み合わせ次第でいろいろなコーディネートを楽しむことができます。

マスタード

今年の旬カラーでもあるマスタードのガウチョパンツは、フェイクスウェード素材なので秋冬にです。シンプルな有数スとの組み合わせですが、スリッポンとロングカーディガンを羽織ることで今っぽいコーディネートにまとまっています。

今年は、ロングカーディガンが大です。羽織るだけで旬のオシャレコーデに見えるので、持っていると大活躍間違いなしのアイテムです。

ベージュ