Search

検索したいワードを入力してください

【彼氏・彼女別】鈍感な人かどうかの診断方法・テスト・チェック

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
恋の悩み / 2017年11月17日
【彼氏・彼女別】鈍感な人かどうかの診断方法・テスト・チェック

鈍感な人の特徴をあらゆる分野でご紹介

今回は「鈍感」な人の特徴や鈍感な人との恋愛方法、「彼氏や彼女」が鈍感であった場合のフォローやサポートや、五感が鈍感な人の特徴についても詳しくご紹介していきます。

鈍感な人と言えば、中々感じていることに気づいてくれないとか、言葉に発しても鈍感な人は、気づいてくれるまで時間がかかったりして、こちらも少し疲れてしまったりすることもあるでしょう。

そして、五感に鈍い人も時々居たりするでしょう。例えば、同じ食事をしているのに話が合わなかったり、感じていることが合わなかったりすることがよくあるでしょう。

このように、少し話が合わなかったり、感じていることが違ったりするので、話題のペースが上手く進まなかったりすることもあり、その人は気づかなくても接している方はすぐに鈍感だなと感じるでしょう。

鈍感とは

鈍感とは「感覚が鈍いこと、感情が鈍いこと、頭の回転が鈍いこと」であり、一般的な人ならすぐに気づくことでも、鈍感な人は少し感じるのに時間がかかってしまいます。

鈍感の対義語に敏感がありますが、敏感な人は、すぐにその場の状況を読めることができるので良い面もありますが、小さいことに気を使ってしまい、疲れてしまうと言うデメリットもあります。

鈍感な人が悪いわけではない!

なので、鈍感な人が悪いと言うことはありません。鈍感な人の方が、周りの状況に気づくのが遅いかもしくは気づかないこともありますが、逆に言えば、小さいことに気を使わないのでストレスを感じないため、有意義に本人は時間を過ごすことができるので、優しい人が多い傾向にあります。

鈍感と言うと、一般的にマイナスのイメージがあります。周りの状況が読めない、人の言うことにすぐに対応できないといったことがあるので、鈍感よりも敏感なほうが良いとされています。

しかし「鈍感」なのは、必ずしもマイナスなことばかりではありません。傷ついてもすぐに立ち直ることができる、色々なことを言われてもすぐに忘れることができるといった鈍感であることにはメリットもあります。

鈍感な人かどうかの「チェックテスト」

次に、鈍感な人かどうかを調べるため、確認するために「5つのチェック」をご用意しましたので、こちらに「当てはまる」と感じた方は鈍感な可能性が高いです。

鈍感な人は、自分の世界を持っていることが多く、ずっと何かを見て居たり、無表情だったり、表情が普段はあまり変化することが少なく、周りから見たら「鈍感な人」だなと感じることでしょう。それでは「あなたが鈍感なのか」をチェックしていきましょう。

マイペースで日々を過ごす

マイペースとは「他の人に左右されずに、自分だけの方法や進み方をする性格」を表しております。例えば、たくさんの人がしていることであっても、鈍感な人は気にしないので、自分がやりたいと感じたら行動したり、周りが何かの目標を立てているのに、全く違う目標を掲げてしまったり、時には「協調性」がないと言われてしまうこともあるでしょう。

あなた以外の周囲が感じていることであっても、あなたは全く気づいておらず、状況を把握するのが苦手で、言われてやっと気づくことが多いでしょう。

このように、マイペースで日々を過ごしている方は、鈍感な可能性が高い傾向にあり、集団で何かを成し遂げることをするシュチュエーションでは、迷惑をかけてしまう可能性もあります。しかし、鈍感な方は違った発想ができたりするので、時には大発見や大成功に導くということもあります。

細かいことに気づかない

鈍感な人と敏感な人の違いに「細かいことに気づくか」という点が境目となります。この細かいことを例えると、カップルのデートで最初にあった際に、髪型を少し変えてみたのに気づいてもらえなかったことなどのことが当たります。

他にも、髪型以外にも服装などをいつもより変化させてみたのに、気づいてもらえなかったりなどして、おしゃれをしてきた気持ちが満たされないので、相手は不満を抱いてしまいます。

少し問題なのが、自分が原因で失敗したことにも気付きにくく、失敗をしても謝ったりすることがなかったりします。これは、本人は気づいていないので、他人には大きな負担となってしまうでしょう。

そして、小さな失敗をたくさんすることで、そのうちに自分が気づくのですが、その時はもう遅かったりすることが多いので、気づいてから後悔してしまったり、することが多い傾向にあります。鈍感な人は、相手が気づくことでも全く気がつかないという方なら可能性が高い傾向にあります。

空気が把握できない

次に鈍感な人に多い傾向が、その場の空気を読むことができないことが多いことです。例えば、相手との会話で失礼なことを発言してしまっても、本人は悪いと感じていないので、失礼な気持ちに相手をさせてしまうことがあります。

人と接する際に、相手との立場や相手の性格を配慮できない方が鈍感な方に多い傾向にあり、このようなことに配慮できないことが多いので、相手から指摘されないと気づかないことが多い傾向にあります。

そのため、相手との接する際に「こうしないといけない雰囲気」を掴むことができずに、その場を1人で突き進んでしまうこともあり、迷惑かけることもありますが、誰も気づかないことに気づいたりする鈍感な方もいます。鈍感な人は、悪気はないのに他人に失礼なことをしてしまう方が多い傾向にあります。

服装を気にしない

鈍感な人は、服を気にしないことが多く、時代に遅れている方も多い傾向にあります。本人は、服装に流行のファッションを加えたりせず、いつもの服装を何回かに分けて服を着るので、いつも同じ服装をしているようにも他人からみられてしまうこともあります。

例えば、服装が指定されていたり、推奨されている会場や場所へ普段の服装で向かってしまいますが、本人は気づいていません。鈍感な人は、服装に興味がない傾向にあるので、相手がおしゃれであってもそのことに気もつかないことが多い傾向にあり、見た目を気にしないと言ってもいいでしょう。

自分の世界に入り込む

鈍感な人は、自分の世界を持っている方が多い傾向にあります。他人に興味を抱いたりせずに、鈍感な人は、自分の趣味や考えた世界にすぐに行くことができるので、会話の途中でも途切れてしまったり、会話が続かないことが多い傾向にあります。

自分の世界を持つことは良いことでもありますが、他人からすると少し変わった印象を与えてしまうこともあります。

鈍感な人との恋愛方法をご紹介

次に、鈍感な人に恋をした場合の恋愛方法について詳しくご紹介していきます。鈍感な人は、アプローチをしても全く気がつかなかったり、勘違いしてしまうことがあり難しい恋愛とも言えますが、鈍感な人は、優しい方が多い傾向にあるので、そんな所に惚れてしまった方もおられるでしょう。

そんな方のために、あらゆるポイントをご紹介していきますので、ぜひあなたの恋愛を実らせてみましょう。

好意に気づかない

鈍感な人は、あなたが好意を伝えたり、接してみたりしても、本人には全く効果がありません。少し強引差があったり、誰でもわかるような表現でアプローチすることがポイントです。
定番の言葉や接し方に何度も伝えることが大切で、そのうち本人が気づくのでそれまでアプローチを続けましょう。

それでも、気がつかなかったりする鈍感な人も居るので、脈あり行動などを示しても「鈍感な方に全く効果」がないので、わかりやすく好意を示しましょう。

そもそも恋愛経験が少ない

鈍感な方に共通するポイントは「恋愛経験」が少なかったり全くないので、恋愛がわからない方が多い傾向にあります。恋愛がどんなことなのかも知らないので、「普通の人」なら好きなのかなと気づくようなシュチュエーションであっても、鈍感な人は全く気がつかずに、時が過ぎてしまい「恋愛が実ることがない」傾向にあります。

そのため、素直に「こんなことをしたいとか、こんな所に行きたい」とか誰でもわかるような示し方をしてあげましょう。「あなたと一緒に行きたい」などのように素直に気持ちを伝えて、言葉にはっきりと気持ちを伝えることが大切なポイントです。

アプローチに気づかない

鈍感な人は、普通の方がわかるようなアプローチでも全く気付きません。そのため、行動でアプローチするよりも、言葉でしっかりとアプローチすることで気づく可能性がありますので「わかりやすく大胆に」がポイントとも言えます。

空気が把握できない

鈍感な人は、恋愛などのシュチュエーションでも空気を把握できなかったり、読めなかったりするので、女性がアプローチする場合は苦戦することになるでしょう。女性の方は、こうしてほしい時に行動で示したり言葉で示しても、鈍感な男性であれば、どうしたら良いのかなどの状況が把握できず、困らせてしまうことがあります。

男性の方は、ストレートに気持ちを伝えれば良いのですが、女性の方はリードしてほしいと感じる方の方が多い傾向にありますので、苦戦する恋愛となるでしょう。ポイントは、相手を配慮してあげることが大切です。

彼氏や彼女が鈍感な時の対策やポイント

次の分野では「彼氏、彼女」などの関係での鈍感だった場合の対策やポイントをご紹介して行きます。ポイントは「指摘してあげること、時にはフォローやサポートをしてあげること」であり、鈍感な人は、言葉に出して伝えないと気づいてくれないので、少し悪いところがあったら、素直に指摘してあげることが大切です。

しかし、指摘しすぎるのはどちらに対しても負担になる可能性が高いので、少しずつ行なって行き時にはフォローをしてあげたり、サポートをしてあげたりしてあげることがポイントです。

鈍感な人の五感の特徴

次の分野では「五感が敏感な人の特徴」についてご紹介して行きます。鈍感な人は、五感にも鈍感であることが多い傾向にありますので、普通の人とは違ったことを発言したり、少し不快な表現をしてしまうこともありますので、ぜひ参考にしてみましょう。

視覚

視覚で言えば、鈍感であることの方がメリットが多く、服装や髪型に興味がなかったり、普段の景色にも興味がない方もいたりするので、一緒にいて面白そうに振舞ったりもしたりしないので、表現に何もこもっていない方が鈍感な人の特徴と言えるでしょう。

聴覚

鈍感な人は、聴覚の感じ方が少し他の人と違ったりすることが多く、例えば、普通の人ならびっくりする「雷の音」であっても騒いだりせずに無言だったり、味方によっては冷静な方とも言えるので、良いところもあったりしますが、逆に危険を察知するのに時間がかかったり、気づかないこともあるので、事件や事故に巻き込まれてしまう可能性もあります。

普通の人なら気づく音に、全く気がついていない方は、鈍感な可能性があります。

嗅覚

鈍感な方は、まず匂いにも鈍感な方が多く、匂いに対して普通の人なら気づく匂いであっても全く本人は、きずいていなかったりすることが多いです。このような傾向にある方は、鈍感な可能性が非常に高いです。

味覚

「鈍感な方の味覚はどうなっているのでしょうか」この疑問に答えて行き、鈍感な可能性の高い特徴をご紹介して行きます。

例えば、一緒に食事を食べに行った際に、すごく味が濃かったり、薄かったりしても、全く気がつかない方や美味しいとかまずいとかの判断なども鈍いので、食事の話をしても弾まないことが多くありますので、このような特徴があれば鈍感な可能性が高いと言えます。

触覚

鈍感な人に触覚の特徴をご紹介して行きます。例えば、カップルでアパレルに足を運んだ際に、服装を選ぶシュチュエーションであったなら、服装の手触りなどに興味や意見を言ってくれないことが多いです。全部普通だと感じているので、あまり気にしません。なので、服選びの際に鈍感な特徴が顕著に出てしまうことになります。

猫は痛みに鈍感なのか?

次の分野では「猫は痛みに鈍感」なのかという分野でご紹介して行きます。正解を言えば、鈍感ではなく、隠していたり、耐えているので「気づいていないのではなく、気づかれないようにしている」というのが、本論であります。

猫を飼っている飼い主の方は、猫の体調に気を配ることがとても重要であり、いつもと少し違うと感じたり、1人でいることが多いのは「何か痛みに耐えている可能性」がありますので、病院へ連れて言ってあげましょう。

鈍感な人にも魅力がある!

鈍感な人に特徴や五感について詳しくご紹介してきましたが、普通の人よりも感情や感覚が鈍いので、相手を不愉快な気持ちにさせてしまったり、失礼な気持ちにさせてしまうことがあります。

逆に言えば、自由な人なので心に余裕があったして、とても優しい人が鈍感な方には多い傾向にあるので、恋愛で言えばよくモテる傾向にありますが、中々恋愛が実らないので、彼氏や彼女がいないことが多いです。しかし、鈍感な人といるとこちらも心がほっこりするので、とても魅力を感じるとも言えます。