Search

検索したいワードを入力してください

ワーカホリックか診断するチェック項目・おすすめの椅子

Author nopic iconmiyoku
仕事の悩み / 2018年01月19日
ワーカホリックか診断するチェック項目・おすすめの椅子

ワーカホリックにおすすめの椅子

ワーカホリックとは

ワーカホリックは仕事中毒とも言います。生活をしていくうえで糧となるはずの仕事を、家庭などのプライベートを犠牲にして仕事に熱中している状態、またその人のことを指してワーカホリックといいます。

おすすめの椅子

そのようなワーカホリックな人におすすめの椅子を紹介します。まず選ぶポイントは長時間座っていても苦痛が少ないことです。ワーカホリックの方は仕事に打ち込む時間が長くなるため、必然的に座っている時間も長くなります。座っていることが負担になると、将来的に腰痛になる原因にもなります。

それを防ぐためにも、座ることが負担にならないような椅子をいくつか挙げていきます。

カスタマイズしやすい背もたれ

アーロンチェア

①アーロンチェア (ハーマンミラー)

キングオブオフィスチェアとも言われている椅子です。カスタマイズがしやすい形になっているため、使用者に合った形状に調整して使用することができます。腰痛を防ぐためには何よりも自分自身への体の負担を少しでもなくすことが大切です。そのためにも、椅子を調整して合わせられることはとても大切なポイントです。

背中のカーブに合わせた背もたれ

spina

②spina (イトーキ)

背もたれが特徴的な椅子です。背骨のカーブに沿った形状になっており、骨格に合わせているため、無理な姿勢をしにくくすることができます。腰を落ち着けやすいため、腰への負担が軽減されます。見た目もよく見る椅子と少し異なっているため、印象にも残りやすい椅子です。

衝撃軽減

レカロオフィス

③レカロオフィス (レカロ)
レーシングでも有名なレカロの作る椅子です。椅子に座ったり立ったりする際の衝撃を軽減させることで、体のブレを少なくし疲れにくくさせます。頭から支えられるような背もたれになっているため、安定的かつ、しっかりと支えてくれる構造になっています。

ここで紹介したものはごく一部ですが、座った時の正しい姿勢を楽に保てるように設計された椅子から、腰への負担を軽減させるような設計をした椅子などさまざまな特徴のあるオフィス用の椅子がたくさんあります。長時間座って仕事をするような人は、自分に合った形状の椅子を使用することが腰痛を防ぐためにもとても大切です。

ワーカホリックか診断するチェック項目

簡単なワーカホリック診断

自分がワーカホリックかどうかを診断するためのチェック項目を以下に記します。自分がどれだけ当てはまるかチェックしてみてください。

①仕事の時間を作ることを考えてしまう。
②不安や罪悪感などを払うために仕事をしている。
③健康に悪影響が出るほど働いている。
④自分はほかの同僚よりも多く仕事をしていると感じる。
⑤他人から仕事のしすぎといわれたことがある。
⑥休日のレジャーや趣味を仕事のために犠牲にしている。
⑦仕事がないと、ストレスを感じてしまう。

7つのうち4つ以上当てはまる人は、ワーカホリックの可能性が高い人です。一度、自身の仕事の仕方を見直すきっかけにしてみてください。

ワーカホリックにおすすめの服

作業しやすい服装

ワーカホリックの方におすすめの服装はなんといっても作業のしやすい服装をすることです。スーツの着用が義務付けられている場合は服装をを工夫することは難しいですが、スーツでも体を圧迫することの少ないものを着用することをおすすめします。

長時間仕事をするということは、長時間同じ服装をすることにもなります。そのようなときに体を圧迫するスーツを着ていては、体への負担が増えてしまいます。それを防ぐためにも、体形に合う圧迫感の少ないスーツを選ぶことをおすすめします。

以下ではスーツ着用ではなく、カジュアルな服装で作業をする場合のワーカホリックの方に適した服装を紹介していきます。

男性のオフィスカジュアル

男性の場合、スーツ着用ではなくてもジャケットがあるとビジネスマンとして良い印象を持たれやすくなります。ジャケットとはいっても、スーツとはちがいカジュアルなもののため、伸縮性がある圧迫感の少ないものを選ぶことがポイントです。長時間作業をするワーカホリックの方には、ストレッチのきく素材を選ぶことで疲労がたまりにくくなります。

また、カジュアルとはいってもジャケットなので、ビジネスマンとして必要な誠実さや清潔感を持たせることもできます。

パンツはチノパンやスラックスを着用することで動きやすくもあり、ビジネスマンらしい見た目を保つことができます。チノパンやスラックスも伸縮性のあるものが多いため、長時間着ていても体への負担を少なくすることができます。

ワイシャツよりもポロシャツ

カジュアルなジャケットとチノパンまたはスラックスを紹介しました。次にジャケットの中に着るシャツについてです。スーツの中に着るようなワイシャツでもいいですが、ワイシャツはあまりストレッチがきかないものが多く、長時間着用するには窮屈に感じてしまいます。そこでワーカホリックの方にはポロシャツをおすすめします。

ポロシャツなら、ビジネスのときにあるとよい襟がついており、かっちりとした印象を少しはもたせることができます。さらに、Tシャツのようなストレッチ素材を採用しているものもあり、ストレスをそれほど感じることなく着用することができます。体にフィットしやすいものが多いため、体への負担も軽減することができます。

女性も基本はジャケット

女性は男性と比べて、服装の幅が広く、スーツ以外となるとどのような服装にするか困ってしまいます。特にワーカホリック傾向の方は、服装を選んでる暇があったら、仕事をしたいという考えに至る方が多くいます。

そのような服装をあまり気したくない方におすすめいしたいのは、なんといってもやはりジャケットにパンツのスタイルです。ビジネスの場なので、このスタイルならなんの問題もありません。

着心地、圧迫感のないジャケット

また、ジャケットは羽織にもなるのでとても役立ちます。ここでもワーカホリックの方におすすめしたい選ぶ時のおすすめポイントは伸縮性です。特に腕回りと肩の伸縮性に優れているものが作業をする中で、非常に動きやすく、着ぐるしいという感覚になりにくくなります。

長時間作業しなければならないワーカホリックの方は、同じ姿勢で作業することも増え、血流が悪くなりやすくなります。そのようなときに、スーツのようなかっちりとした素材のジャケットを着ていては、腕や肩の血流を悪くし、肩こりなどを引き起こしやすくなってしまいます。

それらを防ぐためにも、ストレッチのきいた素材を選び、体になるべく負担のかからないものにすることをおすすめします。

パンツスタイルも基本

パンツもジャケットと同じです。スーツのようなカチッとしたものが良い場合は、ストレッチのきいたものでも折り目がついているものを選びます。そのような指定がない場合は、足を圧迫することの少ない、あまりきつくない形状のものをおすすめします。

特に女性の場合、長時間同じ姿勢で作業すると、足がむくみやすくなるため、むくみを防止するためにも足をあまり締め付けないような素材や形状のパンツを選ぶようにすることが大切です。

シャツやカットソーは使いまわしのきく色、柄

ジャケットの中に着るインナーは、どのような服装でも合わせやすい白や紺、黒などの色や、ストライプなど派手ではない柄のカットソーやシャツを選ぶことをおすすめします。インナーを一般的なものにすることで、仕事に追われているワーカホリック気味の方もの服を選ぶ時間が短縮されるだけでなく、ビジネスの場面でも特に稀有な目で見られることもなく、清潔な印象を持ってもらうことができます。

また、男性と同じようにスーツの中に着るようなかっちりとしたシャツよりも、普段使いもできるようなカジュアルなものの方が、体に余計な力が入ることなくリラックスした気持ちで作業をすることができます。

着圧ソックスやストッキングでむくみ対策

長時間同じ姿勢で作業をしていると、血の巡りが悪くなり、足がむくみやすくなります。パンツの時にも述べましたが、女性は比較的足がむくみやすいので、その対策ができるような着圧ソックスやストッキングなどを着用することをおすすめします。

特に、ワーカホリックぎみの方は、気づいた時には体にへの負担が大きくなっていたなんてことも起こりやすいので、普段からむくみ防止のためにも着用しておくことで、体への負担が減り、仕事もはかどりやすくなります。

負担のかからない服装選び

ワーカホリックな生活を送っている人にとって、服装選びは面倒な時間だと感じている人もいます。そんな人はワーカホリックな生活よって、自分自身が疲れてしまわないように、できるだけ体に負担のかからない服装をえらぶことをおすすめします。

ワーカホリックは離婚しやすいのか

ワーカホリックな人は家庭や趣味などのプライベートよりも仕事を何よりも優先させます。そのため、配偶者に対してもないがしろになってしまいます。ワーカホリックな人に対して、その配偶者がとても理解のある人であれば、夫婦間でのすれ違いということにはなりません。

しかし、多くの夫婦は仕事優先の配偶者に対して苛立ちや不満を抱いてしまうことが一般的です。つまり、ワーカホリックな人はワーカホリックではない人と比べると、離婚しやすいということです。

ワーカホリックな人の生活スタイル

ワーカホリックな人は家に帰ってきても、頭から仕事のことが離れず、会話がおろそかになってしまったり、家事や育児に参加しようとしないなど、家庭に対して積極的ではなくなります。ワーカホリックな人にとって中心にあるものが、家庭ではなく仕事になっているためです。

仕方のないこととわりきってしまえばいいのですが、家庭とは基本的には夫婦二人で協力しあって築いていくというのが、昨今の日本での理想の形になっています。それがワーカホリックな人には難しいことのため、その配偶者の人はこのまま結婚生活を続けていても意味がないという考えに至り、結局離婚という形をとることになってしまいます。

お互いの理解

ワーカホリックな人が結婚に向いていないのかというとそういうわけではありません。ただし、結婚生活を継続させるための条件として、配偶者やほかの家族にワーカホリックであることを理解してもらわなければなりません。

そうでなければ、お互いに理解しあったり、割り切ることができないので、結婚をする、結婚生活を続けたいのであれば、ワーカホリックであることを理解できる配偶者、家族に出会う必要があります。

また、お互いに理解しあうことができればワーカホリックを脱出するきっかけにもなります。仕事以外にも興味をもつことができれば、ワーカホリックな生活から解放され、家庭を円満にすることもできます。まずは、ワーカホリックであることを理解してもらい、夫婦や家族でお互いに無理のない方法で生活を営むことが大切です。

ワーカホリックにおすすめのコーヒー

カフェインレスコーヒーを飲む

ワーカホリックな人ほど、眠気覚ましにカフェインの入っているコーヒーを飲んで、さらに仕事に集中しようと考えがちです。実際にそうしている人も多くいます。

ワーカホリックな人は少しの休息でももったいないと考え、その時間ですら仕事にあてがおうとしてしまいます。そのような生活をずっと続けていては、いつか体に不調をきたしてしまいます。そうならないためにもコーヒーはカフェインの入っているものではなく、カフェインレスのものにすることをおすすめします。

リラックスするためのコーヒー

コーヒーは眠気覚ましのために飲むのではなく、リラックスをするために飲むものとするためです。休息ですらもったいないと感じてしまうワーカホリックな人に少しでも休息をとってもらうためには、長時間仕事をしやすくするカフェインのあるコーヒーではいつか体力的な限界が来てしまいます。

そうではなく、いったん心を落ち着けて、体を休ませるカフェインレスのコーヒーにすることで、長い目で見た時に仕事が続けられる体力を維持することができます。

カフェインを過剰に摂取することは体にとっていいことではありません。体に負担になることを避けるためにも、カフェインレスのコーヒーで体にも心にも休息をとることが必要です。

ワーカホリックの上司への対処方法

強い意志を持つ

ワーカホリックな上司は部下にも自分と同じような働き方を求めることがあります。ワーカホリックな上司が出社は始業時間よりも30分以上早く、残業は当たり前のような場合、それに部下がつきあうとなると体力的にも負担になり、またプライベートにも影響が出てしまいます。

そのようにならないためには、自分自身がどのように働きたいのか、今後どうなりたいのかというビジョンをはっきりと持つことが大切です。自分自身は定時で退社して、退社後の時間を有意義に使いたい、朝は子供をおくってから出社したいなどというはっきりとした意志です。

上司と向き合う

ワーカホリックな上司は仕事が一番になってしまっているため、仕事以外を重視するという考えがありません。仕事よりも大切なことが自分にはあるという考えがあるということを上司にはっきり示すことで、理解してもらい、自分なりの働き方をすることができます。

決して、上司がワーカホリックであることを否定してはいけません。上司には上司の考え方、生き方が、部下には部下の考え方、生き方があるということを示すことができれば、時間がかかってもわかってもらうことができます。まずは上司と向き合う一歩目が大切です。

ワーカホリックになる原因

ワーカホリックになる原因として最も多く挙げられているのは、仕事じたいに原因があるということです。職場の環境がもともと残業が当たり前だったり、厳しいノルマが課せられていたり、強く意識するような自分よりもできる同期がいるなどさまざまですが、いろいろな原因が仕事じたいにあります。

このような環境を当たり前だと思い、長い間この環境にいる間に、自然と、必然的に仕事を一番と考えてしまうようになります。

ワーカホリックから解放するには

もともと仕事が好きだったのではなく、そのような環境の職場に長時間身を置いているからワーカホリックになってしまったということです。この環境を改善すること、もしくはこの環境をから離れることがワーカホリックではなくなるための一番の方法です。

ワーカホリックな人自身が、自分がワーカホリックであることに気づいていません。周りの人間がそれに気づかせてあげ、そして本人はその環境を変えることで、ワーカホリックでなくすことができます。

ワーカホリックになる心理

ワーカホリックになりやすい人は負けず嫌いであったり、ほかと同じ、もしくはそれ以上でないといけないという強迫観念のある人です。どちらの人も自分がいま頑張ってやらなければ、誰かに負けてしまう、置いて行かれると考えてしまいます。そうなってしまうと、次にはいつ追い抜かれるか、置いて行かれるかと考えるようになり、どこまで頑張っても気持ちが休まらなくなり、常に仕事のことを考えるようになります。

一方、ワーカホリックになりにくい人は他人と自分とを分けて考えることができる人です。人は人、自分は自分と考えられることで、常に自分のペースでいることができ、他人の様子に振り回されません。ワーカホリックから解放されるためには、なによりもまずは自分と他人は別であり、競ったり同じである必要はないと気づくことが必要です。

ワーカホリックであることにきづく

ワーカホリックは仕事が第一であり、それ以外のことがおろそかになってしまう症状です。

まずはワーカホリックかどうかをチェックする項目で、自分がワーカホリックかどうかを確認する必要があります。そこでもしかしたら自分はワーカホリックだという診断が出たら、今後の自分の生活をどうしていきたいのか、人とどう付き合っていくかなどを一度考えてみてください。

どのような結果でも、自分自身の人生を充実させるためには、まずは現在のじぶんを受け止め、今後どうしていくかを考えることはとても大切なことです。

関連記事

Related