Search

検索したいワードを入力してください

青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

Small 20a47781 d220 47b1 a7a4 13ff1a1baf66なつ
花言葉 / 2017年11月20日
青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

青い花の種類と特徴・名前・花言葉

青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

青い薔薇の花言葉を知っていますか。アジサイやアヤメなど、さまざまな青い花が存在する中で薔薇だけは青色が存在しないと考えられていました。ですが2009年に「サントリーブルーローズアプローズ」と名付けられた品種が研究の結果生み出され、元々の「不可能」というマイナスの花言葉から「夢かなう」というプラスの意味合いの花言葉に変わりました。

このように花言葉は常に一定ではなく、時代により変化したりあるいは国ごとに変化が見られます。同じ種類の花でも色ごとに花言葉は異なります。では他に青い花はどのようなものがあるのでしょう。主に咲く季節ごとに花言葉と一緒に紹介します。

春の青い花の種類

青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

オオイヌノフグリ

都市部ではあまり見られませんが、田舎ではよく見かける花の一種です。主に田んぼのあぜ道などに多く咲いています。オオイヌノフグリの花言葉は「信頼」「神聖」「清らか」「忠実」です。小さいながらもとても美しく、立派な花言葉を持つ青い花です。

小紫陽花

紫陽花と言えば梅雨の時期で初夏のイメージがあります。ですがこの花は同じアジサイ属ですが咲く場所、種類の異なる種類の花です。通常紫陽花は平地に植えられていることが多いのですが、この種類は山地の林下に自然に咲いています。

淡い藤色の、紫陽花よりも小さな花が特徴です。そんなこの青い花の花言葉は「忍耐強い愛」です。青い紫陽花の花言葉も「忍耐強い愛情」なので、花は違えども同じ意味合いを持っています。

ネモフィラ

オオイヌノフグリと少し形の似ている青い花です。こちらはオオイヌノフグリとは違い、さまざまな種類、色がありますが中でも青い花がよく見られます。ギリシア語で「小さな森を愛する」を意味するこの花の花言葉は「どこまでも成功」「可憐」「あなたを許す」です。明るい日だまりに自生する花なので、花言葉もプラスの意味合いでどこか優しい雰囲気を持っています。

勿忘草

本来の名前は「フォーゲットミーノット」という青、もしくは紫色で咲く種類の小さな花です。色の名前にもなっているこの花は、その悲しい伝説から「私を忘れないで」という花言葉を持っています。この花を贈ろうとして誤って川に落ちてしまった、騎士ルドルフの物語が元となっている青い花です。

夏の青い花の種類

青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

朝顔

朝の美女という意味を持つ、おなじみの花です。太陽が昇ったら咲くと思われていますが、実は日没後約10時間後に咲くという計算高い習性を持っている花です。青い花やピンク色の花などさまざまな種類があり、育てやすさから子どもの頃に育てた方も多いのではないでしょうか。8月4日の誕生花でもあるこの青い花の花言葉は「愛情」「平静」です。

露草

朝露を受けて咲いた花が昼頃にはしぼんでしまう、そんな儚さを持っているのがこの露草です。一見雑草のようですが、とても美しい青い花を咲かせます。その性質の持つ儚さから、万葉集では儚さの象徴として詠われています。古くは「つき草」とも呼ばれたこの花は「尊敬」「なつかしい関係」といった花言葉を持っています。

山鳥兜

トリカブトと聞くと根の猛毒性が有名です。実はトリカブトという種類の花自体は存在せず、山鳥兜のことを指しています。根だけではなく草全体に毒を持ち、葉の部分は山菜にする二輪草や紅葉傘の葉とよく似ているため注意が必要です。そんな強い毒性を持つこの青い花の花言葉は「騎士道」「栄光」といった、毒性由来のものではなく兜の形にしていることからつけられた言葉となっています。

秋の青い花の種類

青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

ツリガネニンジン

山地の草原、管理されている河原堤防などに自生する青い花です。この花の名前となっているニンジンの種類は一般的な橙色のニンジンではなく、漢方などに使用される高麗人参を指しています。

昔から高価な薬として知られていた高麗人参は、江戸時代には乾燥もしくは蒸した根しか輸入されず、それ自体の形を知られないままでした。そのためその形を頼りに日本産のニンジンを探す試みが繰り返されました。その名残がこの花の名前です。他にもこの時の名残で人参という名前を持つ植物は数種類あります。

「優しい愛情」「誠実」「大切な思い出」という花言葉を持つこの花の若い芽は今でもトトキという山菜として食用にされています。名前は異なりますが、トトキもツリガネニンジンも同じ種類の花です。

竜胆

秋の代表花で、生育されているもの以外でも山道などでよく見かける青い花です。紫や青色の種類が有名ですが、白やピンクの種類の竜胆もあります。根が薬用になり、一説ではとても苦いその味からこの花の名前が付けられました。長野県と熊本県の県花としても知られるこの花の花言葉は「正義と共に、勝利を確信する」です。

冬の青い花の種類

サイネリア

冬に咲く種類の花はそう多くはありません。この花は暑さに弱く、秋から春頃に咲く青い花です。葉はハート形で、キク科の可愛らしい花が特徴です。正式な名前は「シネラリア」ですがその言葉の響きから、花屋さんではこちらの「サイネリア」という名前が一般的となっています。花言葉は「元気」「常に快活」、厳しい冬場に元気を分けてもらえる花です。

ハーブの種類

青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

ラベンダー

6月24日の誕生花でもあるラベンダーは、その香りから香りの女王とも呼ばれている青い花です。古く、ローマ時代には入浴時の香水にも使われていました。現代でも香水の原料に使用されています。花言葉は「繊細」「優美」。香りを連想させるような花言葉です。

ローズマリー

この青い花は、花としてよりもハーブとしての役割で知っている人が多いのではないでしょうか。ハーブティー、薬草、香辛料、食用としてさまざまな種類の用途で使われるこの花は、ヨーロッパでは神秘的な力を持つ花として知られており、冠婚葬祭に欠かせない花です。そんな意味合いからか、「あなたは私を蘇らせる」「追憶」「変わらぬ愛」と言った花言葉を持っています。

日本の青い花の種類と和名

青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

上で紹介している花々の種類のほとんどは日本で見ることができます。そして露草のように古くから親しまれている花も数多くあります。ではカタカナのなかった昔はどのように呼んでいたのでしょうか?また、同じ花でも異なる名前で呼ばれている花があります。一例を紹介しましょう。

ネモフィラ

「瑠璃唐草」や「小紋唐草」といった別名を持ちます。花が瑠璃色で、葉っぱは日本古来の模様である唐草模様に似ていることが由来です。

露草

花びらからとれる青色の水が染料としても使われるこの花は、さまざまな別名を持ちます。染めることからつけられた名前が「藍花」「青花」、ホタルを飼う時に同じ籠にこの花を入れることから「蛍草」、花を包んでいる苞(ほう)の形から「帽子花」とも呼ばれます。

さまざまな種類の用途があるからこそ、さまざまな種類の名前で呼ばれています。

サイネリア

フキのような葉っぱを持つため、「富貴菊」とも呼ばれます。フキからフウキとなり、そのまま字があてられたと言われています。

ローズマリー

一年中葉っぱが緑であることから「迷迭香(まんねんろう)」の名前があります。「万年朗」と表記されていたのが中国での呼び名に漢字の表記が変わり、読み方だけはそのまま残った形です。

少しの知識で日常はもっと楽しくなる!

青い花の種類と名前・特徴・花言葉|春/夏/秋/冬/ハーブ

いかがですか。同じ青い花でもさまざまな意味の花言葉を持ち、名前も数種類持っているものもそう少なくはありません。少し落ち込んだ時、足元に咲いている小さな花の名前を知っていれば励まされることもあります。あるいは美しい花言葉を利用して、人の印象に残る贈り物ができることもあるでしょう。

今回紹介しているのはほんの一例です。青い花以外にもさまざまな色があり、そして今回紹介した花も色によって花言葉が異なるものもあります。少しの興味や知識で日常はもっと彩るものとなります。美しく色づいた毎日をお過ごしください。

関連記事

Related