Search

検索したいワードを入力してください

メンズ・レディースのシャツの種類|カラー/生地/襟/前立て

Author nopic iconERI
コーディネート / 2018年12月27日
メンズ・レディースのシャツの種類|カラー/生地/襟/前立て

メンズのシャツの種類

メンズファッションでもレディースファッションでも、きちんと感のある定番アイテムといえば、シャツを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

上質な着こなしに欠かせないシャツですが、ただ来ているだけでは、もったいないくらいの種類があることをご存知ですか。中でも種類が豊富なのが、メンズのシャツです。

まずは、メンズのシャツに着目して、その種類をご紹介していきます。

メンズシャツの中でも断トツ人気はミリタリー

メンズファッションの中でも種類が多いシャツは、どれを着たらおしゃれに見えるのか、悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。そんな男性におすすめしたいのが、ミリタリーシャツです。

ミリタリーシャツは、軍服発祥なので、カーキ色で胸ポケットや肩部分にエポーレットなどがあしらわれているのが特徴です。そんなミリタリーシャツは長袖が主流ですが、最近では半袖も登場しているので、年間を通して着用できるのがうれしいポイントです。

トップスにカーキのミリタリーシャツを持ってくると、どんなカラーのボトムスを合わせてもこなれて見えるので、即おしゃれな着こなしが完成します。

ヒトクセあるおしゃれをするならウエスタンシャツがおすすめ

よりおしゃれを楽しみたい男性におすすめしたいのが、ウエスタンシャツです。ウエスタンシャツは、もともとワークシャツの一種です。

ウエスタンシャツは、もともと西部アメリカのカウボーイが着用していたことで広まった、胸ポケット部分のフラップが特徴的なシャツ。デニムやダンガリーなど、丈夫な記事で作られることが多いのも特徴です。

着こなしのアクセントになるフラップポケットのおかげで、視線が上に集中し、バランスがとりやすいのも魅力的。たくさんの種類がある中でも、まだウエスタンシャツにチャレンジしたことがないという男性は、ぜひ手に入れてみてください。

シャツのカラーの種類

とにかくたくさんあるシャツの種類の中でも、バリエーションが一番豊富なのが、カラーではないでしょうか。シャツを選ぶときは、つい自分の好きなカラーばかりを選んでしまいがち。

しかし人の目に映った時に、一番強烈な印象を与えるのはカラーなので、ここにこだわるかどうかで、おしゃれか否かが左右されるといっても過言ではありません。どんなカラーのシャツを着るかで左右されるのであれば、まずはそのカラーによる印象の違いをしっかりとマスターしておきたいところ。

ここでは、特に男性の間で人気の高いシャツのカラーをご紹介します。

さわやかに見せたいならサックスがおすすめ!

男性のファッションは、女性と比べてカラーバリエーションが少ないイメージを持っていませんか。確かに女性のようにコーデに何種類ものカラーを取り入れた着こなしはしないですが、シャツにカラーを取り言えれるだけで、その衣装は大きく左右されてきます。

そんな、男性のシャツの種類の中でもお勧めしたいのが、サックスカラーです。サックスは明るく、顔移りが良いだけでなく、りりしさとさわやかさを感じることのできるカラーとしても人気が高く、すでに着用しているという人も多くいます。

そんなサックスカラーのシャツは、カジュアルコーデにもオフィスコーデにも相性抜群。ボタンを少し開けて着ることで、同時に抜け感を演出することができるので、ぜひ試してみてください。

重ね着をするならホワイトが使える!

おしゃれ度の高い男性は、シャツを主役とした着こなしだけでなく、重ね着をして脇役として活用する着こなし方を得意としています。おしゃれなアイテムであるシャツを敢えてメインにせず、ほかのアイテムの引き立て役として使う方法は、高度に見えますが以外の簡単。

例えば、ニットの下にシャツを重ね着して、襟や袖、裾を少し見せれば、それだけで不断のニットの着こなしからがらりとイメージを変えることができます。

そんな重ね着の用途で使うのであれば、白のシャツがおすすめです。さまざまなカラーの種類がありますが、まずは基本として白を持っていれば、それだけでも着まわしの幅が広がるので、ぜひ挑戦してみてください。

シャツの襟の種類

女性よりも、はるかにシャツにこだわりを持っている男性のシャツには、襟にも種類がたくさん存在しています。その襟の形の選び方ひとつで、イメージを大きく操ることができるため、選び方にも工夫が必要です。

ここでは、一般的に名が知れているシャツの襟の種類をご紹介します。この2種類をマスターしておくだけでも、シーンや着こなしに合わせてイメージを操ることができます。

ごく一般的なのはレギュラーカラー

まずここでご紹介するのは、レギュラーカラーと呼ばれる襟の種類です。レギュラーカラーは、一番一般的な襟の種類として知られており、ビジネスシーンでも着る機会が一番多い襟です。

シャツの中でも最も展開が多いレギュラーから尾は、襟の長さも飽きも一般的で、使い勝手が良いことで知られています。

あまりシャツに関して知識がなく、初心者であるという人は、まずこのレギュラーカラーのタイプをゲットして、着こなしを勉強してみましょう。襟の長さや空きが程よいので、ネクタイを合わせたときにもしっくりきて、着こなしのテクニックいらずであるというメリットもあります。

ワイルドに見せたいのであればワイドカラーがおすすめ

次にご紹介するは、ワイドカラーと呼ばれる襟の種類です。ワイドカラーは、レギュラーカラーと比べると襟幅が広く、秋も広いので少しワイルドな印象に見せることができるでしょう。

その襟の印象を強調できるのが、クレリックタイプのシャツです。さわやかな印象に見せることのできるクレリックシャツは、ワイドカラーを選ぶことで、まじめすぎず、どこか男の大人の色気を感じられる着こなしに仕上げることができるでしょう。

シャツの生地の種類

着こなしやシーンに合わせて選びたいのが、シャツの記事の種類です。男性のシャツは、デザインやカラー、襟だけでなく、生地の種類も豊富で、中には季節によって生地選びにこだわっているというおしゃれ上級者も存在しています。

丈夫でかつおしゃれに見える。そんなわがままをかなえてくれる、男性のシャツの生地の種類をご紹介します。

丈夫でさわやかなのは断然オックス

男性のシャツの生地の種類の中でも、丈夫で光沢感があり、きれい目な印象に見えることで有名なのがオックスです。オックスの正式名称は、オックスフォード。

平織で、縦糸と横糸を引きそろえた斜子織りであることが特徴です。厚手でツヤ感があるので丈夫なだけでなく、折柄がはっきりと見えるので、カラーが際立つように感じるのもポイントといえるでしょう。

カジュアルなシーンのシャツでも、オックスを選ぶことで、キレイめ寄りに着こなすことができるので、ぜひ覚えておきましょう。

薄手で夏に最適なのはローン

一方、レディースのシャツで使われることが多い生地といえば、ローンです。すでにその名称を耳にしたことがあるという人も多くいるのではないでしょうか。

レディースのシャツは、メンズのシャツと比べて種類が少ない一方で、デザイン性に富んでいます。ローンは薄手で細番手の糸で構成されているので、とろみが出やすことが特徴。そのため、ボリュームのあるデザインに仕上げることが多く、おしゃれなイメージになっています。

夏などの気温が高いシーズンでも、ローン素材のシャツを選べば、涼しく快適に過ごすことが可能です。

シャツの種類別の名前

ここまででご紹介したように、シャツにはデザインやカラー、襟や生地など、さまざまな部分にさまざまな種類が存在しています。

中でもきちんと覚えておきたいのが、シャツの種類別の名前です。

着こなしを決めていくにあたって、最も頭に入れておきたいのが、そのデザインの種類の名前でしょう。
先ほどご紹介したミリタリーシャツやウエスタンシャツだけでなく、ボタンダウンやクレリック、ワークシャツなど、種類ごとに愛永を覚えるだけでなく、着こなしの変化を勉強しておくのも良いでしょう。

ポロシャツの種類

シャツといううと、どうしてもパリッとした素材でできているキレイめなアイテムばかりを想像してしまいがちですが、さらに視野を日リゲルと見えてくるのが、ポロシャツです。

オフの日にカジュアルに着るだけでなく、スポーツをする際に欠かせない存在であるとその名前を開ける人も多くいます。

ここでは、そんなポロシャツの種類をご紹介します。

袖の長さにはこだわりが隠れている

あまり興味のない人から見ると、どれも同じに見えてしまいがちなのがポロシャツです。しかし実際には以外にも種類が多く、その違いにはこだわりすら感じるほど。

まずご紹介するのは、ポロシャツの袖の種類です。良く目にするのは半そでのタイプで、一般的に知られているのがこのタイプでしょう。夏だけでなく、年間を通して着用している人を多く目にします。

しかし一方、七分袖や長袖のポロシャツも存在していることをご存知でしょうか。
こうした袖の長いポロシャツは、需要は低い一方で、非常に強いこだわりを持っている人が選ぶ傾向にあります。

上からジャケットを羽織ったり、単品で着たりと、ポロシャツを普段から愛用している人は、袖の長いものを選ぶことが多いです。

ポケットなしはキレイめに見える

そして、ポロシャツにはほかにも種類がたくさん存在しています。それは、ポケットの有無です。

一見大差がないように思えるポケットの存在ですが、胸元にポケットがあることでカジュアルに見え、ないことでキレイめに見えるという違いが存在しています。

こうしたデザインの違いから想定できるイメージの違いを頭に入れておくと、着こなしに合わせた選び方ができるのでおすすめです。

レディースのシャツの種類

今回は、メンズファッションを中心にシャツの種類をご紹介してきましたが、もちろんレディースのシャツにもたくさんの種類が存在しています。

メンズファッションのように、細かい部分での差というよりも、レディースのシャツは大きなデザイン変化での種類のバリエーションが豊富です。

例えば、襟がついている一般的なデザインは、ビジネスシーンでよく活用されています。一方で、フェミニンな装いにシャツを合わせたいという人は、襟がついていない、プルオーバータイプのものを選ぶことが多いでしょう。

このように、デザインの差が多いことが、レディースのシャツ事情の特徴です。

シャツの前たての種類

さらにシャツのおしゃれにこだわりたい、という人は、シャツの前立ての種類に着目してみましょう。シャツの前立てには、非常にさまざまな種類が存在しています。

一般的なもの以外にも、ボタンが見えないようになっている比翼仕立ては、フライフロントと呼ばれています。それだけでなく、まるでポロシャツのような見た目の前立ては、ハーフプラケットと名付けられています。

他にも、おしゃれな男性からは、フレンチフロントと呼ばれる裏前立てタイプも人気が高いのでおすすめです。

シャツの種類を知って、よりおしゃれな着こなしを

今回は、メンズファッションを中心に、さまざまなシャツにまつわる種類をご紹介してきました。

シャツは種類が豊富ゆえ、奥深く、おしゃれ上級者な人たちの間でも、永遠のテーマとして語り継がれています。

今後ますます自分のおしゃれの腕を磨きたいという人や、ビジネスシーンでもOKな着こなしを学びたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。