Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】声がいい人の特徴と良くない人との特徴の違い|モテる

Small 65e6552e 93bc 4963 ab2b fbb893490cb6kiki
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2017年12月17日

更新日:2020年02月21日

記載されている内容は2017年12月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】声がいい人の特徴と良くない人との特徴の違い|モテる

男女別声がいい人の特徴

思い浮かべてみてください。自分の周りに「声がいい人」はいるでしょうか。テレビなどを見ていると、声がいい人を見かけることはきっと多いでしょう。声がいい人には、いったいどんな特徴があるのでしょうか。まずは男女別に紹介します。

男性

・声が低い(バリトンボイス)
・囁くような声
・声がセクシーな雰囲気
・滑舌が良い
・聞き取りやすい音量で話す
・早口ではない
・他人に好印象を与える

女性

・声が透き通っている
・声がやや低い、ハスキーボイス
・癒される声
・甲高い声は出さない
・滑舌が良い
・聞き取りやすい音量で話す
・早口ではない
・他人に好印象を与える

声がいい人はモテるのか

結論から言うと、声がいい人はモテる傾向にあるのが特徴です。特にそれが顕著に見られるのは女性よりも男性です。話していて心地の良い響きの声だと、ずっと聞いていたくなります。また、男性で声がいい人はセクシーな雰囲気を持つことが多いのも特徴と言えます。声がいい人が囁くように優しい声を意識して電話で話すと、きっと耳がとろけるような感覚を覚えるでしょう。

女性の場合は、女性特有の甲高い黄色い声を出さない人の方が、モテる傾向にあるのが特徴です。そしてこれは異性のみならず、老若男女に受けの良い癒し系の声であることが多いです。少し低く落ち着いていて耳に心地良い声が、場の空気を和ませることができるのも特徴と言えます。

また、早口の人はモテない傾向にあります。早口で話すことは相手に威圧感を覚えさせたりする理由からです。声がいい人は、自分の声がいいことをわかっているので、早口で話さないように、はっきりと滑舌良く発音するように意識していることが多いです。

声がいい人の仕事の特徴

声がいい人の仕事の特徴としては、やはり「声を使った仕事」に就いている人が多いことが挙げられます。声がいい人が活躍している職業で代表的なもので言えば、歌手、アナウンサーやナレーター、声優などがありますが、一般企業でも声を使った仕事で活躍している人が多いのも特徴です。

その一般企業の職種で言うと、例えば「オペレーター」「受付」「販売員」「営業」などがあります。人と話す・人と接することが主体の仕事が特徴と言えるでしょう。声がいい人は声だけで人を安心させる力や、説得力を増す力、購買欲を促す力があるのも特徴的です。

声がいい人の歌の特徴

声がいい人は、歌の技術はそれほどでなくとも、歌が上手く聞こえます。声の質が良いので、耳に入りやすく心にも響きやすいです。声がいい人の声は生まれ持った天性の才能でもありますので、歌の技術を磨けば誰よりも最短距離で「聞かせる力」のある歌い手になれるでしょう。

声がいい人の性格の特徴

声がいい人の性格の特徴としては、性格が穏やかなことが多い傾向にあります。声がいい人は自分の声が人を魅了するものであると自負している人がほとんどです。

その自分の魅力的な特徴である声を活かすために、落ち着いた口調で滑舌良く話すことを意識しています。そのため、あまり声を荒げたりはしないので性格もそれに順応して穏やかになっていく傾向にあります。

声がいい人の恋愛の特徴

声がいい人の恋愛の特徴は、恋愛経験が豊富な人が多い傾向にあります。顔などの容姿が「かっこいい」「可愛い」から始まる恋愛は、途中で飽きてしまったり内面とのギャップに興ざめしてしまう可能性が高いです。

反して「声」に魅了され、「声」から始まる恋愛だと、長続きする傾向にあります。相手は声がいい人の「声」を魅力的に感じていますので、例え忙しくかったり遠距離などで会えなくても、電話だけで充分満足することができるからだと言えます。

声がいい人の見た目の特徴

声がいい人の見た目ですが、声がいいことと容姿はあまり関係がないように思えますが、実は関係性があるのが特徴です。生まれ持った才能とも言える美しい声を、活かさない手はありません。ほとんどの声がいい人は、自分の声を武器だと感じています。

そういった理由から、声がいい人は自分の声をより魅力的にするために、日々意識して声を磨いています。喉のケアや発声の仕方、発音や滑舌を良くするために努力をしている人が多い傾向にあります。

継続して自分のために努力をする人は、それが見た目にも表れます。目はしっかりと見開き爛々と輝いており、背筋も伸びていて姿勢が良い人が多いのが特徴的です。精気の無い目や姿勢が悪かったりすると「いい声」を意識して出すことはできないと言えます。

声がいい人と良くない人の特徴の違い

自分に自信があるかどうか

声がいい人と良くない人の特徴の違いですが、まず声が良くない人というのは、自分に自信が無い人が多い傾向にあります。声がいい人は自分の声が長所であることをわかっているので、それが自信になっています。

自分に自信が無いと、それは声にも表れます。声が小さく弱々しくてはっきりと話すことができない人が多く見受けられます。頻繁に噛んだりどもってしまう事があるのも特徴的です。声が良くない人の大きな特徴としては、生まれ持った声質が悪いのではなく、自分に自信が無い故に声が良くない人が多いと言えます。

話し方に癖があるかどうか

声が良くない人は話し方に少し癖がある人が多いのも特徴と言えます。語尾を伸ばす話し方であったり、甲高く早口であったり、などがあります。あまり声のトーンを変えずにボソボソと話し続ける人もいますので、この場合は聞いている方はうんざりすることが多くなります。また、そう言った場合は話の内容もネガティブであることが多いです。

声がいい人は、話し方にあまり癖がないことが多い傾向にあります。綺麗な正しい日本語で話し、口調も丁寧です。そして話す内容によって上手に声のトーンを変えたり適度な抑揚をつけたりしますので、非常に聞きやすく話の内容がよく入ってきやすいことが特徴的です。声がいい人は、相手に「言葉で伝える力」にも長けています。

自分の声が好きかどうか

自分の声を録音したものなどで客観的に聞いたときに、「自分の声が好きかどうか」に関して声がいい人以外は、「好きではない」が半数以上を占める統計が出ています。反して、声がいい人のほとんどは、「好きだ」と答えています。声がいい人の大きな特徴として、「自分の声が好き」であることも挙げられます。

声がいい人の特徴から診断するチェック項目

声がいい人の特徴を集めてチェック項目にしたものを以下に記載します。当てはまるものが多ければ多いほど、「声がいい人」である可能性が高い診断となります。ぜひお試しください。

□滑舌を良くするためのトレーニングや発声練習をしている
□聞き取りやすいボリュームの声で話すことを日々意識している
□喉のケアは欠かせない
□主に声を使う仕事をしている
□喉ではなくお腹から声を出すことを意識している
□焦ったり苛立ちを覚えてもそれを声に反映させない
□いつも落ち着いた声で話すことを意識している
□相手に伝えたい気持ちを大事にして話すことを意識している

自分の声を好きになってみる

いかがでしたでしょうか。声がいい人は、元々の生まれ持った声質が良いことも挙げられますが、本人の努力次第で声を良くすることは十分可能です。また、ネガティブな考え方や話し方のせいで生まれ持った才能である良い声を活かせていない、という場合もあります。

声がいい人になりたい、という人は、まずは話し方を変えてみることをおすすめします。相手に「聞いてもらっている」ということを一番に意識して、聞き取りやすく不快に思われないような話し方を意識してみてください。

また、声がいい人になる一番の近道としては、「自分の声を好きになる」ことです。自分の声が嫌いな気持ちを持っていると、それが声色にも出てしまうのが現実です。声が良くなると、周りとのコミュニケーションも円滑になります。ぜひ、自分の声を好きになってみましょう。