Search

検索したいワードを入力してください

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

Small a315f440 d6a4 48eb 8ee5 26e95e681a9cSyalna*
洗濯ノウハウ / 2017年11月27日
【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

ジャケットは自分で洗えるの?

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

ジャケットは誰しもが一着は持っているけれど、自分で洗濯できるのか、またどんな風にメンテナンスすればいいのかと疑問の多い服でもあります。ジャケットと一口に言っても、レザージャケット、ウールジャケット、中綿入り、ナイロン製、ライダースなど、さまざまな種類があり最初は混乱してしまいますが、種類と扱い方さえ知ってしまえば問題ありません。
 
今回は、そんなジャケットを自分で洗濯する方法と、注意点を紹介していきます。参考にして、ぜひ自分のジャケットをきちんとメンテナンスしてください。

素材別ジャケットの洗濯方法

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

ジャケットと言われると、一般的なスーツを思い浮かべがちですが、実はジャケットにもさまざまな種類があり、洗濯の方法にも差があります。ジャケットの素材を知っていれば同じ素材なら洗濯の方法も同じなので、ぜひとも覚えておくようにしましょう。
 
ちなみにジャケットの素材は、基本的にジャケットの内側についているタグに全て書かれていますので、それを見て洗濯方法を決めるようにしてください。中には洗濯機を使用してはいけないもの、洗濯をしてはいけないものもありますので、注意が必要です。

レザー

レザージャケットの洗濯ですが、なかなか洗濯機にいれる勇気が出ない人が多いでしょう。レザージャケットの洗濯はどのようにするのでしょうか。実は、洗濯ネットにレザージャケットを入れて、そのまま普通の洗剤で洗っても大丈夫です。
 
レザージャケットは洗濯機で洗っても、きちんと乾かせば型くずれもなく綺麗に洗濯する事ができるので、もしもすぐに落としたい汚れがついた場合などは、洗濯機にいれて洗濯しまって構いません。

ただし、洗濯機で洗うというのはレザージャケットだけでなく全ての服にダメージを少なからず与えます。長く着たいレザージャケットの場合はおしゃれ着モードなどで洗濯するのをおすすめします。

ナイロン

ナイロン製のジャケットは、一見ナイロン製であるため水を通さない、洗濯はできないと思いがちになりますが、こちらも洗濯することは可能です。ただし、ナイロン製のジャケットを洗濯したい場合には必ずジャケットのタグを確認するようにしてください。手洗いか、洗濯機での洗濯が可能なのかを調べておきましょう。
 
そしてもう一つ大切な事があります。それは洗剤の質です。ナイロン製の記事はアルカリ性の洗剤と相性が悪く、生地を痛めてしまったり、漂白剤が含まれている場合は白くなってしまう場合もあります。ナイロン製のジャケットを洗濯する場合は必ずアルカリ性以外の洗剤を使うようにしてください。

中綿

中綿入りのジャケットは中に綿が含まれているため洗濯をする際にはとても注意が必要です。洗濯機で洗うことは可能ですが、中の綿が型くずれを起こしてしまう場合がありますので、洗濯機で洗濯する場合は必ず洗濯ネットにいれて洗濯するようにしてください。乾燥機にかける場合も必ず洗濯ネットに入れてかけるようにしましょう。
 
中綿入りのジャケットの中には手洗いのみを推奨するタグがついている場合があり、その場合は畳むように折り、押し洗いをしましょう。そうする事で中綿の型くずれを防ぐことができます。基本的に、中綿入りのジャケットは手洗いで押し洗いをするのがいいと言えるでしょう。

ウール

ウールのジャケットを自宅で洗濯する場合はとても注意が必要ですが、洗うことは可能です。方法は、自宅の浴槽に水をためて洗剤を溶かし、そこに20分程つけて、なるべく擦ったりせずに刺激を与えずに水にさらすイメージで洗います。
 
ウール自体はとても洗いやすい生地なのですが、ウールのジャケットのの裏に使われている事のおおい「キュプラ」という素材がとてもデリケートで水に浸けると縮む性質をもっているので注意をしながら洗濯しなければいけません。自分で洗う時は必ず裏地の素材を見てから洗うようにしてください。

キルティング

キルティング素材のジャケットは、基本的に水洗いができるものが多いので、タグを確認してから水洗いをしてください。さらに、もしも水洗いができないと表示されていても、中綿の素材がポリエステルやナイロンの場合は洗うことができますので自分で洗濯する事が可能です。
 
キルティングジャケットを洗濯するコツは、柔軟剤を使うことです。柔軟剤を使うと中綿がふんわりしたまま保たれるので型くずれしません。

そして、洗い終わった後、干す時はハンガーにかけて、ボタンなどをしめて形を整えてから干します。中綿の型くずれを防ぐために洗濯ネットも忘れずに使用してください。汚れがある場合は、そこを表になるように畳んでネットにいれるといいでしょう。

ジャケットを洗濯する時の注意点

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

基本的にどのジャケットにも言える事ですが、洗濯機を使用して洗濯する場合は普通の洗い方ではなくおしゃれ着洗い、ドライなどの生地が痛みにくいコースで洗濯するようにしてください。
 
そしてもう一つ大切なポイントですが、ジャケットは基本的に陰干しを推奨しています。太陽光に直接あててしまうと色落ちしたり生地がダメージを受けたりしてしまいます。

ライダースジャケットの洗濯方法

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

ライダースジャケットの素材は基本的に合皮でできています。合皮という素材はとても弱い素材で、本来は洗う事には適していません。それは自宅で洗濯する場合でも、クリーニング業者に頼む場合でもです。ですので、ライダースジャケットは基本的に数年着たらダメになる消耗品として考えておくのがいいでしょう。
 
そんなライダースジャケットのお手入れですが、中性洗剤を溶かしたぬるま湯をタオルに染み込ませ堅く絞って裏地を拭くことを普段のお手入れにして、もし丸洗いする場合は手洗い、シーズン中に2度を目処に洗うのをおすすめします。

テーラードジャケットの洗濯方法

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

テーラードジャケットも基本的には洗濯ができないもの、と思われがちですが、実は自宅での洗濯が可能です。ですが、必ず手洗いをするようにしてください。テーラードジャケットを洗濯機で洗濯した場合、型くずれをおこして着れなくなってしまいます。
 
テーラードジャケットを手洗いする場合はぬるま湯に中性洗剤をいれ、畳んだジャケットをそのままの形でいれて押し洗いをしていきます。型くずれをしないように畳んで押し洗いをするのですが、汚れがある場合はそこを表になるようにして畳んでください。水を変えて二度ほどすすぎ、干す時は必ず形を整えてから干すようにしましょう。

ジャケットの洗濯の頻度

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

ジャケットの洗濯頻度はズバリ、シーズン中に2回ほど。それ以外は薄着に羽織って歩き回って汗がついてしまった場合など、気になる事がある時に洗っていいでしょう。何かアクシデントがあり一部がひどく汚れてしまったという場合は部分洗いなどはせずに、ジャケットを一度洗ってしまうのをおすすめします。

ジャケットの洗濯はクリーニング屋さんに頼むのがいい?

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

クリーニング業者に頼めばきちんと的確な洗濯方法でジャケットを洗ってもらえるのは確かです。ですが、実際のところ毎回毎回クリーニング屋さんに出すのは少し面倒で億劫な面もあります。ですので、クリーニング屋にジャケットの洗濯を頼むのはシーズンオフの時期がおすすめです。
 
シーズン中のメンテナンスを自宅で行い、シーズンオフになる直前にクリーニング屋できちんとしたメンテナンスを受けてからクローゼットにしまい込むのが安心でしょう。

ジャケットは自分で洗える

【素材別】ジャケットの洗濯方法|ライダース/テーラード

ジャケットは自分で洗えないとおもってしまいがちですが、きちんと洗い方を調べれば自分でも簡単に洗濯する事ができます。ただし、今回紹介したのは基本的なジャケットの洗い方ですので、自分のジャケットを洗う時は必ず洗濯表示を確認してから洗濯するようにしてください。

関連記事

Related