Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】結婚したくない・結婚式をしたくないときの対処方法

Small 6868130c d97f 4ef7 b35f f0d3ee3ae011mochiko8613
結婚 / 2019年06月05日
【男女別】結婚したくない・結婚式をしたくないときの対処方法

男女別結婚したくない人の心理

結婚したくないと考えている人が増えていますが、男性だけではなく最近は女性でも独身のままが良いと考える人もいます。また、男女それぞれ結婚したくない理由はさまざまです。お付き合いしている彼や彼女がいても、結婚はしたくないと考えているケースも多いです。

彼や彼女が結婚したくないと考えているがどうすればよいか、また自身が結婚したくないので彼や彼女と今後どう付き合っていけばよいのか迷うこともあります。その際は結婚したくない人の心理を知ることで、対策法を考えることができます。

理由

なぜ結婚したくないか理由は人それぞれですが、男性と女性で理由が違うことが多いです。男女別に結婚したくない理由を知っておくと、彼や彼女と今後どうしていきたいのか考えやすいです。

お付き合いしている彼が結婚したくないと言っているがどうするべきか、彼女が結婚を考えてくれないがお付き合いを続けていくべきか、ケース別にあわせて今後について考えることもできます。

彼や彼女がなかなか結婚に踏み切ってくれないときは、なぜ結婚したくないのか理由を聞いてみましょう。理由を知り、彼や彼女が置かれている状況に応じて接し方も考えると良いです。

男性に多い理由

男性が結婚したくない理由ですが、結婚することに対して不安を感じているケースがあります。収入が少ないから養っていけないのではないか、自身が生活するだけで精一杯なので結婚は怖くてできないなどの意見もあります。

他の女性とも付き合ってみたい、今お付き合いしている女性と結婚して良いのか迷うと考えている男性も多いです。一生添い遂げるパートナーを決めるのであれば、もっといろいろな女性を品定めしたいと、いまはまだ結婚したくないとの意見も珍しくありません。

結婚すると1人の時間が減ってしまうから、結婚したくないと考えている男性もいます。1人の方が気楽、他の人に気を使いたくないとの理由から結婚したくないとの意見があります。1人暮らしが長く、結婚して家族と一緒に住むことに抵抗を感じる方もいます。

女性に多い理由

女性が結婚したくないという理由はさまざまですが、実家暮らしが快適でやめられないというパターンもあります。実家にいるとおいしいお料理が出てきたり、洗濯もしてくれたり、自身の部屋も掃除してくれるなど、家事を両親に任せられることから結婚したくないとの意見があります。

女性も男性と同じように働く人口が増えてきましたが、男性よりも女性の方が収入が良いケースも同時に増えてきました。特に高い収入を得ている女性は自身の生活費は余裕をもって稼げる、老後の貯金もできているからとわざわざ結婚しなくても良いと考えることが多いです。

結婚しても幸せになれるとは限らない、友人が離婚したと聞いたなどを理由に結婚したくないと考える女性もいます。結婚をすると男性にしばられてしまう、自由な時間が減ってしまうから結婚したくないとの意見もあります。

残業したくないときの対策方法

残業したくないのに、いつも残業になってしまうと悩む方も多いです。どうすれば残業をしなくて済むのか、対策方法を考えることをおすすめします。さまざまな対策方法があるので、自身の状況に見合った方法で残業を回避しましょう。

残業しないよう仕事のペースを考える

残業したくないのであれば、残業しないように仕事のペースを見直すこともおすすめです。ついだらだら仕事をしていないか、定時にあがるためにはどれぐらいのペースで仕事を片付けなくてはいけないのか考えましょう。

1日の仕事量が決まっているのであれば、定時までに仕事を終わらせるにはどうすればよいか計画を立ててください。午前中にはこれだけ、午後にはこれだけと目標を決めることで仕事のペースを見直しやすいです。

午前中は問題なく仕事が片付いたのに、午後に入ってからペースが落ちるという方も多いです。午後に入ってからだらだらしていないか、休憩をする時間が増えていないか見直しもおすすめします。午後にだらだらしてしまう場合は、15時までにここまでなど短時間に区切って仕事量を調整するのも良い方法です。

自分がすべき仕事のみに集中する

残業をしたくないのについ残業をしているという方の中には、他人の仕事まで引き受けているケースがあります。自身のすべき仕事だけでなく、同僚や後輩が心配でつい面倒を見ているということも多いです。つい他人の面倒を見てしまい、自身の仕事が進まず残業をする時間が増えているという方も珍しくありません。

残業をしたくないのであれば、まず自身のすべき仕事を先に片付けるようにしましょう。自身の仕事が終わり、定時までにまだ余裕があれば他人の面倒を見ても良いです。

また手伝ってくれるだろうと、同僚や後輩が甘えていることも考えられます。自身の仕事を優先するようにすれば、できるだけ頼らずに頑張ってみようと同僚や後輩が意識を変えてくれることも考えられます。

定時以降に用事を作る

ついいつも残業をしてしまうという方もいますが、定時後に特に予定がないことが原因になっているパターンもあります。本当は残業をしたくないけれど、定時後に特に予定もないし残業になってもいいやと考える気持ちもあることが多いです。

定時後に習い事をしたり、友人や家族と食事をする時間を作るなど、予定を入れることで定時までに仕事を終わらせなくてはいけないと意識を改善しやすいです。毎日予定を入れることが難しい場合は、週1回や2回でも良いので予定を作ってみましょう。

今日は予定があるからなんとしても定時であがらなくてはいけない、仕事を頑張って終わらせると集中して取り組みやすいです。いつもはついだらだらしてしまう方も、スピーディーに仕事をするケースも多いので試してください。

合コンがしたくない理由

合コンというと楽しそう、1度行ってみたいなど楽しそうなイメージを持っている人も多いです。しかし合コンには行きたくない、できれば避けたいと考える方もいます。

なぜ楽しそうなイメージがあるのに、行きたくないというのだろうかと不思議に感じるでしょう。合コンがしたくない理由もさまざまで、男性や女性でも理由が違うことがあります。

男性が合コンしたくない理由

男性が合コンしたくないと避けることがありますが、さまざまな理由があります。これまで女性とほとんど話す機会がなかったので、合コンに行っても話ができないのではないか、楽しめないのではないかと考える方もいます。男子校などで出会いがなく、女性に免疫がない男性が合コンしたくないと抵抗を示すケースも多いです。

合コンをする場合、男性が女性に奢るかもしくは男性の方が多めに支払いをすることが多いです。そのため考えていたよりも出費した、お金をかけたが気に入る女性がいなかったという体験談もあります。お金がかかるから合コンはしたくないと、避ける男性も珍しくありません。

女性が合コンをしたくない理由

女性が合コンをしたくない理由もさまざまですが、合コンに参加する男性は好きになれそうにないとの意見もあります。合コンに参加する男性は軽そう、多数の女性に声をかけていそうと考える方もいます。気軽に話せても、本命になりそうにはないと避けることも珍しくありません。

会社の同僚や学生時代の友人など、仲が良い女性同士で合コンに参加することも多いです。気になった男性がいたものの、友人も同じ男性が気になっているようなので、積極的に男性に話しかけられないと苦い経験をされる方もいます。友人につい譲ってしまい男性と仲良くなれないので、合コンはしたくないと避けるケースもあります。

外出したくないときの対処方法

外出したくないと考え、つい自宅でだらだら過ごしてしまうことも多いです。そして1日があっという間に終わってしまい、時間を無駄にしてしまったと後悔することもあります。外出すればよかっただろうかと反省したものの、また次の休みの日も家で過ごしてしまったとなかなか改善しない方も多いです。

どうすれば外出したくないという気持ちを改善できるのか、気持ちよく1日を過ごすにはどうすればよいか、対策を立てることをおすすめします。

外出したくない理由

外出したくないと考えてしまうことには理由があります。つい家で1日過ごしてしまったという方も多いですが、家にいるのが心地よく、外出することが面倒だと考えてしまう方もいます。外出すると周りの目を気にしてしまう、家にいると誰の目も気にする必要がないと外出をしたくないと考えるケースもあります。

家族と一緒に住んでいる、住んでいないにかかわらず自宅が好きという方もいます。わざわざ外出したくない、部屋着で過ごせるなど楽にできるので家で過ごしたいと考え外出を避ける傾向もあります。

外出する用事を作ろう

家が好きなどを理由に外出したくないと考える方もいますが、外でしかできない用事を作るのもおすすめです。本当は家にいたいが、家ではできないので外出する必要があると外にでることができます。

習い事をしたり、スポーツなど外でしかできない趣味を作るのもおすすめです。料理教室に通ったり、テニスや野球をするなど外に出かける用事を作りましょう。はじめは外に出るのが面倒だと感じても、次第に楽しくなってきて外に積極的に出られるようになります。

また習い事や趣味を通じて知り合った友人と一緒にご飯を食べるなど、趣味仲間ができることでさらに外出する機会が増えます。外に出て良かった、家にいるときよりも楽しいと感じる方もいます。

少しでも良いので外に出るようにする

つい家でだらだらしてしまい1日無駄に過ごさないように、少しでも良いので外に出るようにするのもおすすめです。自宅の近所をお散歩する、スーパーやコンビニに買い物に行くなど近場で良いので外出してみましょう。

最初は30分など短時間の外出からはじめ、段々時間を伸ばしていくのもおすすめです。お散歩をする場合はじめは自宅の周辺をウロウロだけにし、慣れてきたら少し足を伸ばすのも良い方法です。

当初近所のスーパーまでしか行かなかったけれども、歩くことにも慣れてきて最近はひと駅先まで行けるようになった、段々と距離を伸ばせるようになったなどの体験談もあります。外にでることに対し、抵抗感もなくなるのでおすすめの方法です。

体調を整えましょう

理由をはっきりと伝えて断る

結婚式がしたくないときの対処方法

結婚はしたいけれども、結婚式はしたくないと考える男性や女性もいます。しかしパートナーは結婚式を挙げたいと考えている、両親が結婚式を挙げなさいと言ってきたなど悩むケースもあります。

結婚式はしたくないが、式を挙げた方が良いのだろうかと考えストレスになることもあります。またパートナーや両親との関係が悪くなり、トラブルになるケースもあります。中には婚約破棄をしたり、別れてしまうカップルもいるのでしっかり対策を立てましょう。

披露宴を挙げたくない時はどうするべきか

結婚式をしたくないと考える理由は人さまざまですが、披露宴に抵抗がある方もいます。披露宴は家族をはじめとして、友人や会社関係の人などがたくさん集まるので挙げたくないとの意見もあります。

たくさん人が集まると緊張する、見世物になっているみたいで抵抗があるといった理由で披露宴を挙げたくないと考えることも珍しくありません。その場合は、家族など親しい間柄の人だけ集めて披露宴ではなく食事会にするなど対策を立てましょう。

海外で挙式をし、できるだけ人を呼ばないようにするカップルもいます。海外挙式なので身内だけで招待し、友人や会社関係の人には結婚をしましたと葉書を送るなど報告だけにするのもおすすめです。

金銭的な理由でしたくないときは

結婚式をしたくない理由として、結婚式を挙げるとお金がかかってしまうからというケースもあります。数時間のために膨大なお金がかかるので、もったいないと感じる方も珍しくありません。

金銭的なことが心配で結婚式をしたくない場合、写真撮影のみにするのもおすすめです。ウエディングドレスやタキシード、和服を着る撮影プランもあります。結婚式を挙げるよりも費用が安くなることが多く、また記念にもなります。また人前でウエディングドレスやタキシードを着たくない、彼や彼女にしか見せたくない方にもおすすめです。

結婚式にお金がかかる原因として、披露宴にお金をかけすぎるケースが多いです。挙式だけにする、披露宴はせず代わりに2次会にするなどできるだけお金をかけないように見直しするのもおすすめです。

彼や彼女双方が納得できるように考えましょう

結婚をしたくないと考える理由はさまざまですが、なぜ結婚したくないのかパートナーに聞いて今後について考えることが大切です。理由を知ることで不安に感じていること改善し、結婚につなげることもできます。

結婚したくないと考えていても、パートナーが真剣に考えている様子を見て考え直してくれることもあります。自身のことを一生懸命考えてくれているから、考えを改めようかと前向きになるのでしょう。

結婚式に抵抗を感じる方もいますが、なぜ結婚式を挙げたくないのか理由別に対策をたてることをおすすめします。金銭的に不安を感じる、人前にでることが得意ではないなど理由もさまざまですが、無理に結婚式や披露宴を挙げる必要はありません。彼や彼女双方が納得できるよう代替え案を考えましょう。