Search

検索したいワードを入力してください

半自動溶接のコツ|横向き/上向き/薄板/基本級試験

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
雑学 / 2018年03月28日
半自動溶接のコツ|横向き/上向き/薄板/基本級試験

半自動溶接のコツについて

今回は半自動溶接のコツが中々掴めない人や、これから試験を受けるけど、もっと上手く半自動溶接するコツってあると言う方のために、横向きや上向き、薄板などをより綺麗に仕上げるコツや、今よりも少しコツが掴める方法などをご紹介していきます。

通常の溶接と違って、名称のとおり半自動で溶接が行えるので、手軽なメリットもありますが、また違った難しさがあると感じる方もおられるでしょう。それらが解決するよう一緒に見ていきましょう。

半自動溶接とは!

まずは、半自動溶接のおさらいをしていきます。半自動溶接のメリットは、溶接条件があえば比較的に誰でも簡単に溶接を行うことができる。そして、何と言っても溶接速度が速いこと。半自動溶接はノンガスワイヤーを使用しているので、ガスが必要ないと言う利点があります。

先ほど解説したように、半自動溶接は溶接ワイヤーが自動で出てくるために、溶接機のトーチをそのまま両手で持てるので、初心者でも非常に扱いやすくなっています。

トーチが持ちやすい点ともう一つ利点がある、通常の溶接器に比べてガスを度々準備する必要がないので、初期費用が抑えることができるメリットと、作業に集中して取り込めるメリットがあります。

アンダーカットを知る

半自動溶接を行う上で、気をつけておきたいポイントがアンダーカットを出さないように溶接を行うことです。

アンダーカットは、半自動溶接の電流が過大であった時に、起きやすい現象であり、振動が発生する溶接を行う時は、特に気をつけておきたい部分です。

半自動溶接のコツを抑える前に、失敗する要因を突き止めておくことで、より早くより綺麗に半自動溶接を操ることができるようになります。

オーバーラップを知る

半自動溶接を行う上で気をつけたいポイントがオーバーラップの発生です。このオーバーラップとは、溶接金属と母材が融合しない状態で重なるもので、この状態で製品を使用すると、本来よりも強度が減ってしまうために、重大なミスとなります。

仕事上で、溶接を行う上では気をつけたいポイントです。対策方法や避ける方法は、半自動溶接機の電流を比較的に下げて、溶接速度を上げることでオーバーラップを抑えることが比較的に簡単になっていきます。

横向き

半自動溶接を行うときに、溶接を行なっている人が横向きで行う方法をそのまま横向き溶接などと言われております。

この横向き溶接では、注意したい点が2点あり、アンダーカットやオーバーラップが起きやすい作業方法となるので、これらに気をつけることを覚えて起きましょう。

横向きの作業を行うときに、アンダーカットやオーバーラップが出やすいので、これらに注意して作業を行えば、綺麗に半自動溶接を行うことが可能です。

上向き

上向きで半自動溶接を行う場合は、溶接の姿勢の中でも難易度の高いものとなっており、熟練の方と、初心者で仕上がりに差が出ると言われており、難しい溶接姿勢になります。

そして、一番注意したいポイントは、溶接の熱量でビードが溶け落ちてしまうことがありますので、溶接器の電圧調整がキーポイントとなります。

上向きで半自動溶接を行うときは、ビードが溶ける電圧を探っていくことが重要で、溶ける前に電圧を下げる必要があります。ですから、ビードが溶けないように電圧を調整するのが、比較的に綺麗に上向きで溶接するコツです。

スパッタレス

スパッタを起こさないことをスパッタレスという表現をしたりしますが、このスパッタが発生してしまう要因に電流や電圧、ガスの種類によって変動します。

スパッタを起こさない一番良い方法は、スパッタ付着防止材を使用して、溶接する部分に塗布することをおすすめします。これによって大幅にスパッタを防ぐことが可能となり、仕上がりにも大きな差が現れます。そして比較的に簡単な方法でスパッタを防止できるので、初心者におすすめです。

ウィービング

半自動溶接を行う上で、ウィービングという方法があり、半月形と長楕円形を組み合わせた形が一般的に多いです。

上手くウィービングをできるように練習を行う上で、より早く上達するコツは、アンダーカットを起きないように気を使って行うことで、ウィービングはより上手にできるようになるコツです。

薄板での半自動溶接のコツ

薄い板を溶接する際に、半自動溶接を上手く使いこなすコツをご紹介していきます。薄板を溶接するにあたって、難しい点は穴を開けてしまうことがよくあり、通常の溶接よりも難易度の高いものとなります。

ですので、その溶接の難易度が高いと言われている薄板の半自動溶接のコツをわかりやすく解説していきます。

慎重にスポットを加えていく

通常の溶接とは違い、薄板に溶接するので熱が一点に集中して、作業製品が薄いので簡単に穴が開いてしまう傾向にあります。

このようなことを避けるために、板同士においてスポット溶接を少しずつ行なっていき、結びつける感覚で半自動溶接を行なっていきましょう。

そして、これらのコツを踏まえつつ、より綺麗に溶接する上で大切な新得が、一呼吸置いて慎重に行うことです。これによって、自然とコツを掴みやすくなっていき、薄板の溶接が綺麗に、失敗しないようになっていきます。

半自動溶接の基本級の試験のコツ

半自動溶接の基本級の試験のコツをご紹介していきます。試験という環境は緊張するシュチュエーションでもあるので、いつもより失敗しやすい傾向にあります。

その中でも、これに気を使うだけでより丁寧に、そして綺麗に仕上げるポイントがあるのでご紹介していきます。

その部分は、電流と電圧の関係性であり、溶接の作業の中で最も重要な部分が電流と電圧を合わせることです。これらの調整によって、溶接のしやすさや、完成度にまで影響しますので、ぜひ覚えておきましょう。

電流と電圧を調整する

半自動溶接を行う上で、大切なポイントが電流と電圧の調整ですが、半自動溶接の電圧や電流は、環境や素材によって適切な調整を行うことが必要です。

この調整は、経験がとても重要な部分ですが、溶接時の音や温度、匂いなどで調整を行うことができるようになっていきます。

ですので、日々の半自動溶接を行なっている時に、できるだけ溶接時に発生する違いに着目して、溶接の作業を行うのがコツです。これらによって電流と電圧を調整できるようになっていき、より適切な溶接が可能になっていき、仕上がりや強度に差が現れます。

溶接時に一呼吸おく

半自動溶接を行う上で重要な部分は技術だけではなく、溶接時にどれだけ平常心を保てるかも重要な部分です。試験となるとやはり感情の高ぶりや焦りで、いつもより溶接にミスや仕上がりに影響してしまったりすることがあります。

そんな時に、作業前など呼吸を整えて一呼吸起き、溶接の作業に入ることで、いつもと変わらずに練習の成果をそのまま溶接に生かすことができるでしょう。

半自動溶接はコツを掴めば上達が早い

今回は、半自動溶接のコツについてあらゆる姿勢で、溶接のコツも解説してきました。半自動溶接は通常の溶接と違い、溶接棒を付け足す必要が無いので、初心者の方でも上達が早い特徴があります。

これは、特にコツを抑えて溶接を行なって経験を積むことで、より早く綺麗に仕上げることも可能になっていくので、コツを知ってから溶接するのと、何も知らない状態で溶接するのは大きな差が開きます。

ですので、ぜひ紹介してきたコツに着目して、半自動溶接を行なっていき、早く上達して溶接をマスターしましょう。そして、、注意したい失敗しやすい点にも着目して、作業を日々行うことで、より綺麗な作品を作れるようになっていきますので、コツと注意点に着目し、経験を積みましょう。

関連記事

Related