Search

検索したいワードを入力してください

【2019年春夏】アッシュグレーのメンズヘアスタイル・市販品で染める方法

Author nopic iconjin
メンズファッション / 2019年06月27日
【2019年春夏】アッシュグレーのメンズヘアスタイル・市販品で染める方法

アッシュグレーとは

アッシュグレーとは、赤みがなく外人のような色合いでクールな印象になるシルバー寄りの髪色です。アッシュ系のカラーはもともと赤みの強い日本人には向かず、ブリーチをしなければその色みを発色させるのが難しかったのですが、現在は薬がかなり進化し、ブリーチなしでも赤みのないアッシュグレーが出せるようになったので気軽にチャレンジしてみましょう。

メンズ

アッシュグレーのヘアカラーはメンズにとても似合い、人気色なので種類がたくさん出ています。明るさの差だったりグレーの濃さだったりと、各メーカーによって配合が様さまざまです。髪が太くて硬いメンズに多いのが赤みが出やすい髪質です。そして明るくなりずらい事がほとんどです。カラーを選ぶ時、少し明るめを選ぶと良いでしょう。

アッシュグレーに染める方法

アッシュグレーに染める方法ですが、美容室に行って染めてもらう場合と自分で染めるパターン2つがあります。最近では市販のカラー剤も進化し、染めやすくムラができないような作りになっていたりするので、自分に合う方法でアッシュグレーに染めましょう。

方法1:美容院で染める

美容室で染める方法は一般的で、プロが染めてくれるので綺麗に理想通りのアッシュグレーに染めてもらえます。また、アッシュグレーにも色合いが微妙に違う種類があるので、自分に似合う色合いをチョイスしてもらえるのが美容室ならではでしょう。

方法2:自宅で染める

カラーをしたいけど美容院に行く時間がなかったり、金銭的に厳しい時に便利なのが市販のカラー剤です。現在は市販とは言え、カラー剤の種類も豊富になり手軽に楽しめるようになりました。メンズ向けのカラー剤もたくさん発売されており、発色や染まり上がりもきれいです。

市販アッシュグレー

市販のカラー剤で染める場合は、ドラッグストアやディスカウントショップなどで実際にパッケージを見て買うことをおすすめします。パッケージにはどんな染まり上がりになるのか、色見本がついているので参考にしましょう。ネットなどで購入すると画像の色が実際は違ったりと最初からつまずいてしまいます。

お店で実際に手に取り、パッケージを髪に当ててアッシュグレーの色味を確認することによってイメージがわきやすいので、初めての色に挑戦する時は目で確認しましょう。

おすすめの市販薬

市販のカラー剤ですが、リーゼの泡カラーニュアンスアッシュがおすすめです。泡カラーなので誰でもムラなく、簡単に染めることができます。また発色も綺麗と好評なコメントも多いので、自分で染めようと考えている方は参考にしてみてください。

Blockquote firstBlockquote second

あまり目立たないくらいで綺麗に染まりました。
色もいい感じで想像通りでした。

染めるときのポイント

市販のカラー剤で染めるときのポイントは、髪の毛を部分ごとで分けて少しずつ塗っていけば染め残しがなく綺麗に仕上がるでしょう。また、以前にメンズ用の薄手のゴム手袋を準備しておくと、使い勝手が良く、染めるのもスムーズに行えるでしょう。

アッシュグレーのカラーバリエーション

アッシュグレーのカラーバリエーションですが、大きく分けるとダークトーンと入トーンの2種類があります。透明感のあるアッシュグレーであればハイトーンの明るめですし、黒髪に近いようなアッシュグレーであればダークトーンの暗めになります。

明るめ

暗めよりアッシュみが強調できるのが明るめのアッシュグレーです。より透明感が出て、アッシュのグレーが発色する事によってクール系なメンズを演出できます。

明るめのアッシュグレーにする時に気をつけたいのが染めむらを作らない事です。ダークトーンだと目立たないのですが、明るくなればなるほど目立つので要注意です。

暗め

ぱっと見た時の明るさは控えめだけど、光に当たった時の透明感やアッシュ系特有のドライで柔らかな質感を感じる事ができるので暗めのアッシュグレーです。暗めのアッシュグレーならスーツにも違和感なく馴染みますのでビジネスシーンでも安心です。

グラデーション

アッシュグレーのグラデーションですが、根元から毛先にかけて段々と明るくなるカラーです。やり方は、塗布後の放置時間でコントロールし、さらに薬液の塗布量でコントロールします。グラデーションカラーは市販のカラー剤で染めるのは難しいので、美容室でお願いしましょう。

市販のカラー剤でも手軽に染められますが「やっぱり美容室に行きたい!」という方はお店探しも大事です。美容室とはいえ、得意、不得意がありますので、アッシュ系のカラーが得意なお店を探していってみましょう。

ブリーチ剤が必要か

アッシュグレーに染める場合ブリーチは必要なのかご紹介していきます。大抵の明るめのカラーをする場合、最初に必ずブリーチを行ってハイトーンにし、理想のカラーを乗せていく形で染めていきます。ブリーチをするのか・しないのかによって仕上がりのカラーは全然変わります。

ありの場合

ブリーチありの場合はグレー感が綺麗に発色し、外国人風のお洒落な髪色になります。メンズの髪質はしっかりしている方が多いので、アッシュグレーのカラー剤だけでは物足りない色味だと感じる場合もあるので自分に合った方法を選びましょう。

なしの場合

ブリーチなしの場合は、暗めのアッシュグレーに仕上がりますが色持ちが長いため、すぐに髪を染めなおす必要がないので楽です。もちろん染めているので光に当たれば綺麗な髪色に見えますので、暗めのアッシュグレーが好きな方はブリーチなしでそのまま染めましょう。

アッシュグレーの印象

メンズのアッシュグレーは、どの明るさでも男らしさを感じられます。その寒色系ならではのドライな質感はメンズにぴったりです。

暗めのアッシュグレーでほんのり軽さを印象付けたり、明るめのアッシュグレーで華やかなメンズの印象を演出したりと、ヘアカラーでイメージを変える事は大切です。メンズならではのいろいろなアッシュグレーに挑戦してみましょう。

髪を銀色に染める際に参考になるサイトをいくつか集めたのでチェックしておきましょう。

こちらの髪を銀髪に染めてみた体験談の記事を参考にしてみるのが良いでしょう。

アッシュグレーに合うヘアスタイルを楽しむ