Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】ボディバッグの掛け方|前/後ろ/ださい/おしゃれ

Small 36ef6f51 b071 41f8 9f7a 43ccf664477aぺんたこ
カテゴリ:アクセサリー・小物

初回公開日:2017年12月20日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2017年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】ボディバッグの掛け方|前/後ろ/ださい/おしゃれ

ボディバッグは便利だけれどダサイ

最近は街を歩いていてもボディバックを掛けている人をよく見かけるようになりましたが、リュックに入れるほど大きくない小物を持ち歩くのに便利です。

実はボディバックはリュックよりコーディネートとしては難易度高めです。本人が気にしてなくともなんとなく見ているこっちが「なんか変」「窮屈そう」違和感を感じることがあります。女子にはダサイと敬遠されることもあるでしょう。

ここではおしゃれボディバックの掛け方や、ださくみえるボディバックの掛け方、男性別所性別コーデなどを紹介します。参考にして、おしゃれなコーデを楽しんでください。

ボディバッグの掛け方

ボディバックは後ろに掛ける人が大半です。小型版リュックのような感じです。前、後ろどちらにかけるのが良いのか正解があるわけではありません。

小型のものは前、大型のものは後ろに掛けている人が多いですが、ポイントは自分が使った時や他人が見た時に違和感を感じさせないことです。あくまで自分が使いやすくかつ見た目にも違和感のない掛け方をしましょう。

前、後ろそれぞれの掛け方のポイントを紹介します。

前に掛ける場合の掛け方のポイント

画像の男性はボディバックを前に掛けています。服装とのコーデも上手でおしゃれに見えます。一見ひもが短めに見えますが、あまり伸ばしすぎてしまうと子供っぽく、野暮ったく見えてしまうでしょう。

大きさも小ぶりで薄めのため圧迫感がないため、前にかけるのが正解でしょう。おしゃれな前の掛け方です。

後ろに掛ける場合のポイント

外国の女性です。日本人が後ろ掛けするとなんとなく微妙に見えてしまいますが、体の一部になじんでいる感じがしてさすがおしゃれです。スタイルがいいとなんでもよく見えてしまうのもあるのでしょうか。

それはさておき参考にしたいのは全体のバランスです。同じボディバッグを持っていて同じような掛け方をしていても残念なことに違和感を感じてしまう人としっくり見える人がいます。

日本人は華奢で小柄なつくりの人が多いため、ボディバッグを掛けているとあまりにボディバッグの存在が目立ちすぎて「バックに負けている感」が出てしまうことがあります。

全身鏡でチェックしてボディバッグが自分の体型にフィットするかどうか、大きすぎたり小さすぎたりしないかを見ることが大切です。

男性・メンズのボディバッグの掛け方

財布や携帯をバックにしまえるので便利なため、特に男性に人気の高いボディバックです。しかしボディバッグはおしゃれ難易度高めとなります。残念なことにおしゃれに敏感な女子にはダサいと言われがちです。

使ってみたいけれど、女子の目を気にして躊躇してしまう方におすすめのボデイバックの掛け方とコーデを紹介します。シーンやファッションに合わせるとダサいと言われなくなります。

スポーツファッションに合わせる

スポーツをしている人でしょうか、イケメンそうです。スポーティなファッションにボディバッグを合わせるとぐっとおしゃれに見えます。無造作だけれどおしゃれを意識過ぎていない感じがして好感が持てる掛け方で、参考にしたいです。

このように普段使いの一部として馴染ませると違和感がなくなります。

個性を出す

人目を気にせずにあえて突き抜けて個性を出すのも一つの方法です。写真の男性はボデイバックが良いアクセントになっていますが、狩人のような装いで童話に出てきそうで思わず気になってしまいます。

女子受けは狙っていないようないでたちがむしろ女子の興味をそそります。ボディバッグなんてダサイといっている女子も、個性的な、自分に馴染んだファッションなら好感度が高いです。

女性・レディースのボディバッグの掛け方

ハンドバックやショルダーバックなどたくさんの選択肢のあるおしゃれ女子にとってなぜあえてボディバッグなのかが気になるところです。

前掛けをしてしまうと普通に見えてしまいがちですが後ろ掛けすることによりボディバッグが際立ちます。どんな女性なのかつい気になる後姿美人にみえるのです。

ださいボディバッグの掛け方

ボディバッグがダサいといわれてしまう理由として、掛け方だけではなくファッション、選び方、その人の体型とのバランスにもあります。違和感を感じる=その人に合っていない、ダサいと思われがちです。なぜダサくみえてしまうのか。コーデ別に紹介します。

掛け方がダサイ

おしゃれなファッションで統一するのなら、ボディバッグはあえて王道のものを選びましょう。

ボトムスもフレアースカートのため上のコーデでなら下はパンツにするとすっきり見えますし、この場合は後ろに掛ける掛け方のほうがすっきりまとまります。

バランスが悪い

小柄な方が大きめのボディバッグを掛けていると全体的にアンバランスに見えます。紐のところがもつれて服がしわになっています。

ジャケットに合わせるならタイトなジャケットを選ぶかシャツやニットなどぴったりフィットするものを選ぶともっさりした残念な感じがなくなります。

意識しすぎてはずしている

ボディバッグを掛ける位置がわるいと違和感を感じて、おしゃれなんだけどなんだか窮屈そうな印象を与えます。ボディバッグが下に来る掛け方をするとすっきり見えます。

おしゃれなボディバッグの掛け方

おしゃれ難易度の高いボディバッグですが、同じものでも掛け方によってイメージがまったく変わります。コーデが難しくが難易度が高い、ダサいと女子受けが悪いので使いたくないと思う方も多いですが、ポイントを意識し、掛け方を工夫するだけで見え方が違います。

おしゃれ上級者のボディバッグのコーデとその掛け方をを紹介しますので参考にされてはいかかでしょうか。

フェミニンなコーデの挿し色として

おしゃれだけれどラフな感じもあり、決めすぎないのが男性にも好印象なコーデです。スポーツやアウトドア好きな男性などは思わずデートに誘いたくなるのではないでしょうか。

このようにおしゃれすぎずに意識しないボディバッグの掛け方のほうが見ていて好感度が高いです。

意識しすぎず、シーンに合わせて

ボディバッグの掛け方とコーデについて紹介しました。意識しすぎず、気負わずシーンに合わせるのがおしゃれな掛け方です。

携帯や財布などの小物を入れることができて便利なボディバッグですので、ダサイという声にも負けずにあなただけのボディバッグの掛け方やコーデを見つけると毎日のおしゃれがより楽しくなります。

おしゃれもダサいも紙一重、意識しすぎるとはずしてしまい難易度の高いボディバッグですが、コーデを参考にして、しっくりするオリジナルなコーデを見つけてみてはいかがでしょうか。