Search

検索したいワードを入力してください

メンズ/レディースの色違いスーツの着こなし方とマナー

Author nopic iconessakko0104
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2017年11月29日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2017年11月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メンズ/レディースの色違いスーツの着こなし方とマナー

男女別上下色違いのスーツの着こなし方

スーツと言えば上下同じ色でのセットアップで販売されていることが多いです。しかし上下色違いのスーツを合わせて着ているビジネスマンも目にしたことがあるでしょう。上下色違いのスーツを着る時には、着ても良い場合といけない場合もありますし、時と場合によっての着こなし方も変わってきます。

男女別、シチュエーション別に上下色違いのスーツを着る際に注意しなければいけないことを理解して、上下色違いのスーツの着こなし方を学んでいきましょう。

レディース

女性の場合スーツを新調してもあまり着る機会がなかったり、上下同じセットアップだとかっちりしすぎてつまらない印象になってしまいがちです。女性がスーツを着る場は限られます。例えば入社式などのセレモニー、結婚式、営業職などお客様と接する職業の場合などです。

一般的に入社式などのかっちりした式典には上下同じセットアップのスーツを着ていくのが良いでしょう。企業によって規定は異なりますがリクルートスーツでも構わないくらいです。

営業職では印象付けるという意味でも上下色違いのスーツを着ても良いです。色は派手すぎずに落ち着いた色を選びましょう。

結婚式では派手な色のスーツで周りと差をつけるのも良いでしょう。素材など気にしておけば色違いでもおしゃれに着こなすことができます。

同じ色を組み合わせないように

上下色違いのスーツを着る時は上下同じ色を組み合わせることは避けましょう。特に単色同士はやめた方が良いでしょう。たとえば同じ黒に見えても素材によって色の深みが異なって見えるので、光の当たる所だとなおさら顕著になってしまいます。同色で合わせたいのならば、黒のジャケットに黒の入った柄物を合わせると良いでしょう。

素材は同じようなものを

色違いでも素材は似ているものを合わせるのが無難です。素材が似ているだけで上下をすんなり合わせることができます。素材は似ていて色は違うものを合わせるのが一番スムーズに上下色違いのスーツを組み合わせる着こなし方です。

メンズ

女性の場合はオフィスカジュアルといって職場でもスーツにこだわらないところが多いですが、男性の場合は職場ではたいていの所がスーツでの出勤になっているでしょう。女性と一緒でその場や職種によって着こなしは変わってきますが、上下色違いのスーツの基本的な着こなし方を紹介していきます。

場所によって素材を変えましょう

オフィスで上下色違いのスーツを着る時には素材に気を付けましょう。ジャケットの素材はウールやツイードなどの高級感のある素材がお勧めです。それだけでかっちりとした雰囲気になります。色に関して言えばネイビー、グレー、ベージュの3色から上下のスーツを組み合わせると素材も色も職場にあった着こなしになるでしょう。

カジュアルな素材でも問題のない職場であればコットンの素材のジャケットやパンツを組み合わせると良いでしょう。ウールやツイードとは異なり程よいラフ感が演出できます。ウールやツイードのジャケットを着たい場合はパンツをコットンにすると少しカジュアルな雰囲気になります。

ネクタイやシャツで雰囲気を変える

オフィスでかっちり着こなす場合はグレー、ネイビー、ベージュの3色をスーツに持っていくので、ネクタイはネイビーやエンジなどの深みのある落ち着いた色にしましょう。シャツは白か薄いブルーなど無地で主張しすぎないものが良いです。

カジュアルな雰囲気の所はネクタイなしでも問題ない所が多いですが、シャツは白や無地など落ち着いたものを選びましょう。ネクタイが必要な場合はチェックシャツやTシャツを組み合わせても良いでしょう。

上下色違いスーツを着る時のマナー

上下色違いスーツを着る時はどのようなマナーがあるのでしょうか。

正式な式典での着用は避ける

入社式などのかっちりした式典では上下色違いのスーツを着用するのは避けるほうが良いです。スーツだから少なからずきっちり感はありますが、伝統的な行事や固い催し物ではセットアップスーツを着ることをお勧めします。

柄をそろえる

上下色違いでも柄をそろえておくことは忘れないでください。スーツの柄が同じであれば上下色違いのスーツでもそれほど目立ちません。無地なら無地で統一しておくと良いでしょう。ストライプなどの柄物を取り入れる際は難しいのですが、ストライプの幅を揃えるようにすれば、そこまで上下のちぐはぐ感は目立ちません。

避けたほうが良いのはジャケットがストライプでパンツが無地のような組み合わせです。このような組み合わせは明らかに上下違うものと見えてしまうのであまり良くないです。

着丈を合わせる

上下のスーツの着丈を合わせることも大切です。ジャケットはぶかぶかで大きめなのにパンツはぴちっとした細身のタイプだとまとまり感が無いのでいい印象を与えることができません。号数が同じでもメーカーによって作りは異なりますし、素材によっても着丈は変わってきます。今一度試着して着丈があっているかを確認しましょう。

上下色違いスーツのお勧めの色の組み合わせ

黒と紺

黒と紺は誰でも挑戦しやすい色合いです。全体的に落ち着いた印象を与えるのでシャツは白の無地でネクタイは紺かエンジが良いでしょう。かっちりとしたオフィスにお勧めです。

紺とベージュ

紺のジャケットとベージュのパンツも王道の組み合わせです。中のシャツは白か淡いブルーでシンプルに決めましょう。清潔感のある着こなしになります。パンツをベージュよりも濃いダークブラウンにするとさらに清潔感とかっちり感が出ます。

グレーと紺

淡いグレーのジャケットと紺のパンツは春夏にお勧めの組み合わせです。この場合はネクタイは紺にするとパンツと統一感があって知的な印象になります。ツイード素材の深みのあるグレーのジャケットにすれば秋夏でも着ることができます。シャツは白、淡いブルー、淡いグレーでも良いでしょう。

状況別上下色違いスーツの着こなし方

結婚式

昔は結婚式はフォーマルな場なのでちゃんとスーツを着なければなりませんでしたが、今はカジュアルな結婚式も増えてきたので上下色違いのスーツを着ていっても問題ありません。

上下を黒と紺で合わせるのであればシャツをチェックにしたりネクタイを派手目のものにするといいでしょう。明るい印象を与えることができます。最近では白いネクタイにこだわらずに蝶ネクタイでおしゃれに着こなしてくる参列者も少なくはありません。

素材はウールやツイードなどしわのつきにくいものにするとかっちり感がでるので素材に気を付けて上下を合わせてみてください。

面接

面接は第一印象を与える場ですので、比較的かっちり感がでるような組み合わせにしましょう。黒と紺が無難ではないでしょうか。ベージュはラフ感が出てしまうので面接にはお勧めしません。グレーと紺もシャツやネクタイを落ち着いた色にすれば問題は無いでしょう。

面接では服装を見られているわけではないのでおしゃれに着こなそうと思わなくて良いでしょう。どうしても上下色違いのスーツを着用するのであれば、着丈があっているか、素材があっているかを確認して抑えめの色で臨みましょう。

営業

営業では自分を相手に印象付けることが第一ですので、着丈があっているか、しわやシミがついていないかをまず確認しましょう。清潔感が第一です。色の組み合わせは黒と紺、紺とベージュ、グレーと紺どれでも良いでしょう。チェックやストライプを取り入れてもおしゃれです。

ストライプの時は上下のストライプの幅を揃えましょう。チェックの場合はチェックの中に入っている色を上下合わせると合わせやすいです。上下スーツの色が落ち着いて入ればシャツで少し色を足したり、スーツが柄物ならシャツとネクタイは抑えめにすると良いでしょう。

状況によって着こなしを変えましょう

かっちりした場なのかカジュアルな場なのかをしっかり把握してその場にあった着こなしをしましょう。スーツの上下を決めたらネクタイやシャツで調整することも可能です。最低限のマナーを守って上下色違いのスーツをおしゃれに着こなしましょう。