Search

検索したいワードを入力してください

【髪型別】バリカンでセルフカットのやり方やコツ|ツーブロック

Author nopic iconmyoutout
ヘアスタイル / 2017年12月12日
【髪型別】バリカンでセルフカットのやり方やコツ|ツーブロック

セルフカットとは

「セルフカット」とは、自分で自分の髪を切ることを言います。髪が伸びて上手くセットができなくなってきても、美容院や理髪店に行く暇がなかったり、お金に余裕がなかったりすると髪を切ることができません。そんな時には自宅でのセルフカットがおすすめです。

また、コミュニケーションが苦手な人にもセルフカットはすすめられています。美容師、理容師さんに上手く髪型の希望が伝えられなかったり、カット中に世間話を振られて緊張してしまったりする人は、一人で黙々とできるセルフカットが向いていると言えます。

セルフカットにはハサミよりバリカンがおすすめ

セルフカットを行う際に使う道具は、ハサミよりバリカンで行う方が失敗も少なく比較的簡単だと言われています。ハサミで切るにはそれなりの技術が必要ですが、バリカンの場合は、長さを調節する「アタッチメント」という装着部品さきちんと装着していれば、均等に同じ長さに切ることができます。ハサミよりバリカンの方が素人向きだと言えるでしょう。

過度な期待はしない

バリカンによるセルフカットでも、基本的には自分で切ったことがバレるような変な髪型になることはありませんが、あくまで素人カットですので、良い意味でも悪い意味でも、素人目から見て「ごく普通」の仕上がりになります。特殊な髪型にはできません。

また、慣れるまでは失敗することもありますので、万が一、自分ではどうしようもなくなったら、速やかに美容院や理髪店に駆け込んでプロに直してもらいましょう。

バリカンの選び方

セルフカット用のものを選ぼう

バリカンには眉毛用、髭用などもありますので、ヘア用のセルフカットに特化したものを購入しましょう。セルフカット用のバリカンはアタッチメントの数が多く、いろんな長さに対応しています。

セルフカット用のバリカンには長さを変えるものだけではなく、毛量を減らすスキ刈りアタッチメントや自然に馴染ませるナチュラルアタッチメントなどがついており、さまざまな髪型を楽しむことができるようになっています。

アタッチメントが外れやすいものは避ける

バリカンのアタッチメントがしっかりと装着できず外れやすいものは、セルフカットをする上では大変危険です。バリカンは頭皮に押し当てて髪を刈るので、刃の部分に装着しているアタッチメントに大きな負荷がかかります。

アタッチメントの装着部が弱いものでセルフカットしていると、髪を切っている途中でアタッチメントが外れてしまい、頭皮を怪我してしまう恐れがあります。口コミ、レビューなどを参考にして、アタッチメントが外れにくいバリカンを購入しましょう。

水洗いできるもの

バリカンは水洗いできるものが便利です。髪を切ると中に大量の髪の毛が入ってしまいますので、細かい髪の毛を取り出すのは一苦労です。水で洗い流せるタイプの方がメンテナンスしやすいでしょう。

また、セルフカットをお風呂で行うという人も多いので、水濡れOKのバリカンの方が使い勝手が良いです。

充電式のもの

セルフカットのバリカンには、充電式のものを選びましょう。コード式、電池式などもありますが、セルフカットにはあまり向いていません。コード式は、充電する時間は必要なく、思い立ったらすぐに切ることが可能ですが、コンセントがないところでは使えません。なにより、コードがバリカンの動きを制限するため、とてもカットしづらいです。

電池式はコードが邪魔になることはありませんが、パワーが弱いものが多く、刈るのに時間がかかってしまいます。特に、セルフカットを始めて間もない頃に、パワーの弱いバリカンを使ってしまうと、仕上がる前に電池が切れてしまうことも考えられます。電池を変える手間やコストパフォーマンスの面からみても、あまりおすすめできません。

充電式なら、事前にしっかり充電さえしておけばワイヤレスでコードも邪魔にならず、パワーも十分です。

バリカンでセルフカットのコツ

一歩踏み出す勇気を持とう

セルフカットに躊躇している人は、失敗を恐れすぎていて前に進めないと言われています。初めてのセルフカットでもバリカンを使えば、アタッチメントを付け忘れてしまったり、一切鏡を見ないといったような特殊なことをしない限りは、見るも無残な状態になることはまずないです。

ただし、素人カットですので、多少の失敗はゼロではありません。しかし、回数をこなしていけばどんどん上達していきます。セルフカットに興味があったり、必要に迫られているような状況なら、怖がらずにセルフカットの世界へ一歩踏み出してみてもいいでしょう。

焦りは禁物

焦って一気に刈ってしまうのではなく、状態を確認しながら少しずつ刈り進めていきましょう。バリカンでのセルフカットに慣れるまでは、カットの途中でバリカンを止めて、今どうなっているのかをいろんな角度から見て確認しながら、時間をかけて行いましょう。

バリカンをどんどん走らせてしまうと、高確率で失敗に繋がります。焦らず丁寧に慎重に刈っていくことが、セルフカットの一番のコツと言えます。

切り過ぎない

バリカンでセルフカットする際の失敗で多いのは、切り過ぎてしまうことです。切り過ぎを防ぐために、希望の長さより少し長めに切れるアタッチメントを装着することを心がけましょう。少し長めにカットしておけば万が一手元が狂ってしまったとしても、調整しやすいです。

最初から短く切ってしまうと、失敗したところを隠そうとして、どんどん短くなってしまう傾向がありますので、自分の理想よりもかなり短い仕上がりになってしまいます。

男性はセルフカットで短くカットし過ぎてしまっても、最終手段に坊主という選択肢も残されていますが、女性の場合はそういうわけにもいきませんので、できるだけ長めにカットする方が無難でしょう。

こだわり過ぎない

ある程度自分で切れるようになってくると、どうしてもこだわりが出てきます。「ここもうちょっと短い方がいいかも」と、こだわって微調整を繰り返してしまった結果、失敗してしまうことがあります。

切らなくてもそこまで問題がないような場合は、あまり執着せずに「切らない」ことを選択しましょう。

髪型別バリカンでセルフカットのやり方

セルフカットでできる髪型の基本的なやり方をご紹介していきます。

ツーブロック

ツーブロックの刈りこんでいる部分が伸びてくると、あまり見栄えが良くないので、月一ぐらいでセルフカットするとスッキリと保てるでしょう。また、現在ツーブロックにしていない人も、耳の上周りだけを刈り上げるタイプなら、セルフカットの中でも難易度も低く、髪型としてそこまで派手にならないので挑戦しやすいです。

まずは刈り上げ部分の高さを決める「ブロッキング」という作業を行います。ピン、ゴム、ヘアバンドなどでかぶせる方の髪の毛を上にあげておきましょう。高さが必ず左右対称になるようにしてください。現在ツーブロックにしている人は、髪を上げて境目を露出させます。

次にバリカンで刈っていきます。ツーブロックの刈り上げ部分の長さは、3~9mmぐらいがおすすめです。お好みの長さのアタッチメントを装着して刈っていきましょう。短いほど刈り上げ部分と長い部分の差が目立つので、奇抜に仕上がります。

ソフトモヒカン

「モヒカンライン」を長めに残した、オシャレなスタイルです。ソフトモヒカンもバリカンでのセルフカットに向いている髪型の一つですが、慣れるまでは難易度が高いと言えます。下から上に行くにつれて長くなるようにグラデーションを付けてカットしていきます。

サイド・バックの下部分3mm、サイド・バックの上部分6mm、トップ周りは12mm、トップは50mmのアタッチメントで刈る長さを変えていきます。下から上へカットを進めていきましょう。

大まかなカットが終わったら、長さが変わる境界線に段差ができてしまいますので、そこを綺麗なグラデーションに見えるようにぼかしていきます。バリカンによっては、境界をぼかすアタッチメントがついていることもありますが、なければコームや櫛などで長い部分を飛び出させて、そこをバリカンでカットしてください。難易度が高いのでゆっくり様子を見ながら行いましょう。

坊主

坊主は伸びるとすぐに野暮ったい感じになってしまいます。キープしようとすると頻繁なカットが必要ですので、坊主の人はセルフカットしている人が非常に多いです。坊主はバリカンで同じ長さで刈るだけなのでとても簡単です。初めての人でも失敗する可能性は非常に低いでしょう。

坊主におすすめの長さは、3~9mmだと言われています。初めての坊主なら、まずは長めの9mmから挑戦してみてもいいでしょう。それ以上長くすると坊主という印象が薄くなりますので、坊主感を楽しみたい場合は9mmがおすすめです。

希望の長さのアタッチメントを付けて、刈り残しがないようにいろんな角度から何度もバリカンを動かしましょう。鏡で確認しながら全体的にまんべんなく刈り込んでいきます。手で髪の毛の感触を確かめながら行うと、より刈り残しを見つけやすくなります。

バリカンで子供の髪をセルフカットするときの注意点

子供を美容院に毎回連れて行くのも一苦労です。慣れない場所や人に頭を触られて、ぐずったり泣いたりして迷惑をかけてしまうことも珍しくありません。子供も知らない人に切られるより、大好きなお父さんお母さんに切ってもらう方が安心するでしょう。子供をバリカンでセルフカットするとき、どのような点に注意すべきかを見ていきましょう。

興味があるもので集中させる

子供は大人のように、カットされている間じっとしていることができません。ハサミと比べるとバリカンは、間違って切れてしまうことは少ないですが、それでも刃物には変わりありませんので、動かれると大変危険です。

子供が大好きなアニメを流すなどして、髪を切っている間はそちらに集中させましょう。そして子供のカットの場合は、できるだけ短時間で済ませるよう心がけてください。ゆっくり仕上げる方が当然失敗は少ないのですが、大人が自分でやるのとは違い、子供の集中力は持続しませんので手早さが必要です。

頭に触れられることに慣れさせる

小さい頃から、頭を撫でたり髪を縛ってあげたりして、人が頭に触ることに慣れさせておくとセルフカットしやすいです。頭を触っただけで驚いてしまったら、セルフカットどころではありません。

また、バリカンの音を怖がる子やバリカンで髪を切られる感覚自体を嫌がる子ももいるので、できるだけ音が小さめの赤ちゃん用のバリカンを選んだり、場合によってはバリカンはやめて、ハサミでのセルフカットに切り替えることも考えましょう。

バリカンでセルフカットするときのおすすめメンズ・レディース髪型

おすすめメンズの髪型「オシャレ坊主」

バリカンでのセルフカットで作るメンズの髪型でおすすめなのは、オシャレ坊主です。坊主よりトップが少し長めですので、ジェルなどの整髪料で立ち上げて動きを出すことで、より躍動感のある髪型に生まれ変わります。髪質や顔の形を選ばず、どなたでも似合う髪型ですので、その点もおすすめのポイントです。

近年男性にはツーブロックが人気ですが、オシャレ坊主の清潔感も女性受けはいいです。切り方は、サイドはグラデーションを付けてスッキリと短めに刈り上げ、トップは長めに残しましょう。もみあげと髭をつなげてもとてもワイルドに仕上がります。

おすすめレディースの髪「ベリーショート」

レディースのセルフカットでもバリカンは活躍します。ロングヘアの毛先をカットしたりすることも可能ですが、やはりバッサリと短くする方がバリカンセルフカットにはおすすめです。

バリカンには40mmぐらいの長さにできるアタッチメントが付いているものもあるので、ベリーショートなら、バリカンのみでカットを完結することができます。後ろを大胆に刈り上げるとよりスポーティーになるでしょう。ワックスを付けて無造作に動かすと、少年のような中性的な魅力がプラスされ、可愛らしい髪型になります。

女性のツーブロックもおしゃれ

男性には数年前からツーブロックが流行ってますが、女性のツーブロックもとてもおしゃれです。奇抜なイメージですが、被せる方の髪を長くしておけば、普段は刈り上げているところは見えないので、仕事や学校でも目立たずに過ごせるでしょう。休みの日は被せている髪を耳にかけて、ツーブロック部分を露出すれば、大胆にイメージを変えることができます。

切り方は、ブロッキングをして高さを決め、好きな長さに刈り上げましょう。ツーブロックは顔に髪が掛かりにくくなり、肌が弱い人の肌荒れを防ぐという利点もありますので、女性にもおすすめです。

バリカンで後ろや襟足の失敗しないセルフカット方法

バリカンでのセルフカットは後ろや襟足部分のカットが見えないので難しいと思われがちですが、後ろを確認する方法はいくつかあります。失敗する原因は、確認不足による切り過ぎが大半ですので、何度も状態を確認しながら、焦らずやってみましょう。

三面鏡または合わせ鏡を使う

セルフカットをするときは、できるだけ大きな鏡でしっかり確認しながら行ったほうがいいですが、後ろを切るときはとくにゆっくり時間をかけて刈ることが大切です。三面鏡があれば一番いいのですが、なければ合わせ鏡でもいいので、何度も刈りながら確認しましょう。

美容院で切り終わった後に、美容師さんが鏡を手に持って後頭部や襟足の様子を映して見せてくれますが、あのときと同じ要領で合わせ鏡をして確認しながら刈り進めましょう。

セルフカットは、後ろが見えなくて失敗しそうだからやらないという人がいますが、多くの場合は確認不足のまま切り進めた結果の失敗です。きちんと確認しながらバリカンでカットすると、思っているよりも失敗は少なく、後ろも綺麗に仕上がります。

触った感覚

人間の感触というのは実はとても優れていて、目に見えないようなちょっとした違いも感じとれると言われています。セルフカットでは、自分の手で触った感触もとても参考になりますので、見えない部分や見にくい部分は自分で触って確かめてみるといいでしょう。

「ここの毛の量が少し少ないな」「こっちがちょっと長い気がする」など、なんとなくですが感じられます。鏡を使って目で確認することも大切ですが、それと並行して自分の感覚にも頼りながら、後ろ髪を切り進めていってみてください。

自撮り

携帯電話などで見えない部分をを自撮りするのも、セルフカットでの後ろの様子を確認する方法の一つです。自撮りすると、鏡で見るよりも客観的に自分の今の髪型がわかるので、バランスも整えやすいです。切り終わったら、後ろだけではなくいろんな角度から撮影して見栄えを確認してみましょう。

バリカンのセルフカットで時間もお金も節約

バリカンでのセルフカットのやり方をご紹介してきましたが、いかがでしたか。バリカンで刈るような短めの髪型はすぐに伸びてしまうので、良い状態をキープしようとすると、頻繁に美容院や理髪店に通わなければなりません。1回4000円前後だとしても、月毎に行くとなれば負担も大きいでしょうし、通うための時間も確保しなければなりません。

セルフカット用のバリカンは、美容院や理髪店1回分の料金、4000円前後で比較的良いものが購入でき、きちんと手入れすれば、何年も壊れずに使用できますので、とても経済的だと言えます。好きな時に自宅でカットできますし、慣れてくれば自分だけではなく、家族のカットもしてあげられますから、元は十分に取れるでしょう。

セルフカットは時間もお金も節約できます。ぜひ、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか。