Search

検索したいワードを入力してください

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

Author nopic iconupdiver2000
ガジェット / 2018年04月23日
ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

エージングとは

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

ヘッドホンのエージングはあまり聞いたことなく馴染みが薄い人が多いでしょう。そもそもヘッドホンのエージングとはどんなことをするのでしょうか。またヘッドホンのエージングをすることでどんな効果が期待できるのか、などヘッドホンのエージングについて説明していきます。

まずエージングの一般的な意味としては、経時すなわち時間が経過することです。時間や環境によって品物が劣化して性能が落ちる経時劣化といった言葉として使われたり、また電気機器などの製品に高温・低温・多湿・高負荷といった過酷な条件下で電気機器を稼働させて、その機器の耐久性や耐用期間を検査するための工程の呼び名としても使われています。

ヘッドホンの種類

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

ヘッドホンのエージング方法を説明する前に予備知識としてヘッドホンの種類について説明します。ヘッドホンの種類には、電車の中や航空機などでヘッドホンを使用する時に走行音やエンジンノイズなど、さまざまな騒音を低減してくれてクリアな音楽が楽しめるノイズキャンセリングヘッドホンがあります。

またヘッドホンの種類二つ目は、ありのままの音すなわち原音に忠実で、音楽のジャンルや流行に左右されない、大音量に耐えうる耐久性などの特徴を持っているので、プロ用としてレコーディングスタジオやテレビ収録スタジオなどで使用されているモニターヘッドホンです。

さらにステレオのように左右から音が聞こえるのではなく、前後左右から音が聞こえる立体音響型の映画館で使用されている、またホームシアターなどのヘッドホンにも導入されているサラウンドヘッドホンがあります。

他のヘッドホン

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

他にも煩わしいケーブルがなく、見た目もすっきりとしていて聞きながら移動でき、テレビなどからかなり離れても見られるなど快適で自由度の高い視聴が可能になるワイヤレスヘッドホンがあります。

またモバイル用やポータブル用として人気が高いのがBluetooth方式です。こちらのBluetooth方式のワイヤレスヘッドホンは、30メートル程度であればどこにいても、どんな方向でも受信できる利便性の高さが魅力です。

またBluetoothは無線方式と近距離無線通信技術のひとつで、全世界で共通仕様となっているので世界中どこの国でも同じ規格で無線通信を利用することができます。さらに線の代わりに赤外線によって伝送する方式で、価格が安く、気軽にワイヤレスが使えるヘッドホンが赤外線方式のヘッドホンです。

ヘッドホンのエージング方法

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

さてエージングの意味や使い方はわかっていただけましたか。ではヘッドホンのエージングとはどんな意味を持っているのでしょうか。またどんな方法でヘッドホンのエージングをするのでしょうか。詳しく見ていきます。

ヘッドホンのエージングとは、ヘッドホンの内部にある新品の振動板が音声信号の振動に慣れてくるという意味を持ています。車で例えれば、エンジンも新品よりも使うほど本来の性能が発揮するのと同じような、慣らし運転のことです。

そのヘッドホンのエージングには、許容最大音量の状態で長時間放置する、ヘッドホンのエージングのために作られた専用のCDを使って、「ザー」という音に聞こえる雑音のピンクノイズや「シャー」と聞こえるホワイトノイズを流すなどの方法があります。

次項でそのヘッドホンのエージング方法の項目について説明します。

最大音量で長時間放置

ここでは、ヘッドホンのエージング方法の項目にある最大音量で長時間放置について説明します。ヘッドホンのエージング方法の最大音量で100時間以上の長時間放置は、ヘッドホンに最大音量をかけ続けることになりヘッドホンのエージングの範囲に留まらず、ヘッドホンが壊れることがあります。

したがって、ヘッドホンのエージングでは最大音量での長時間のエージングなどむしろ必要ありません。ヘッドホンを音でエージングするのであれば、普通の音量で音楽を数時間聴けば最大音量での長時間のエージングをしなくてもヘッドホン本来の性能が発揮され、エージング効果があります。

最大音量で長時間放置する方法は、ヘッドホンではなく、新品の段階では本来の性能を発揮することができない振動板と振動板の円周部分とフレーム部分をつなぐ役割を持つエッジが大きなスピーカーの話です。

ヘッドホンのエージングにおすすめの時間

ヘッドホンのエージングにおすすめの時間としては一般的には100時間がおすすめです。100時間以上エージングするとヘッドホンが劣化し最悪の場合はヘッドホンが壊れてしまいます。

ヘッドホンのエージング専用のCDを使う

ここでは、ヘッドホンのエージング方法の項目にあるヘッドホンのエージングのために作られた専用のCDを使う方法について説明します。ヘッドホンのエージングのために作られた専用のCDを使う方法は、専用のCDを使って「ザー」という音に聞こえるノイズのピンクノイズや「シャー」と聞こえるホワイトノイズを流すなどの方法です。

また、普段から聴いている音楽を流すだけという簡単な方法でもヘッドホンのエージング効果が期待できます。

ヘッドホンのエージングにおすすめの音源

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

ここでは、ヘッドホンのエージングにおすすめの音源について説明します。ヘッドホンのエージングにおすすめの音源としてはクラシック・ホワイトノイズ・ピンクノイズなどがヘッドホンのエージング音源としてあります。

また自分が好きで、最も良く聴く音楽を流す方法は、いつも聞いている音楽なので音質が変わったことなどに気が付きやすく楽しみながらヘッドホンのエージングができるなど、ヘッドホンのエージングにおすすめの音源です。

ピンクノイズとホワイトノイズについて

ここでは、ヘッドホンのエージングにおすすめの音源であるピンクノイズとホワイトノイズについて説明します。まずはピンクノイズとはどんなノイズを指すのでしょうか。ピンクノイズとは、オクターブごとの周波数を一定に持っている高音域が弱く低音域を多く含むノイズです。

また同じ周波数成分を持つ光がピンク色に見えることからピンクノイズと呼ばれています。一方で、ホワイトノイズとは、強度が周波数に反比例するピンクノイズに対してホワイトノイズは、周波数で同じ強度となるノイズで、同じ周波数成分を持つ光が白色に見えることから、ホワイトノイズと呼ばれます。

さらにノイズには強度が周波数の2乗に反比例し、同じ周波数成分を持つ光が赤色に見えるレッドノイズ、強度が周波数に比例し、同じ周波数成分を持つ光が青色に見えるブルーノイズなど9つほどのノイズがあります。

エージングにおすすめ曲とは

エージングにおすすめ曲とはどんなものでしょうか。エージングにおすすめなのは、20Hzから20000Hz位といった音の周波数の範囲が広くて、インパルス性の高い音源のアニメソングやマーク・ロンソン、テイラー・スウィフトなどのシンガーが歌う洋楽メドレーです。

ヘッドホンのエージングの効果?

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

ここでは、ヘッドホンのエージングの効果について説明します。新品のヘッドホンの性能を引き出すために行なうヘッドホンのエージングにはどんな効果があるのでしょうか。車などのエンジンと同じようにある時期までは性能を発揮するのに時間が必要です。

エンジンを普通に回転するだけで、エンジンの調子が上がってきます。その現象と同じようにヘッドホンも普通に使用しているだけで性能が良い方向に成熟し、ヘッドホンをエージングしたからといってヘッドホンの音質が劇的に良くなることはないと考えられます。

またヘッドホンのエージングに限らず、エージングは経年劣化に向かわせることであり、多少の良い変化はありますが、エージングをすることによってヘッドホンの音質が際立って良くなるという効果はないといえるでしょう。

ヘッドホンの音質を上げるエージングとは

ヘッドホンをエージングをすることによってヘッドホンの音質が際立って良くなるという効果はないことがわかりました。では少しでもヘッドホンの音質を上げるエージング方法はあるのでしょうか。

少しでもヘッドホンの音質を上げるエージングは、まずエージングをするヘッドホンの仕様をよく確認しましょう。そのエージングをするヘッドホンの音量や音質に加えて、応答性が低いヘッドホンの場合は、エージングに少し時間を長くしましょう。逆に応答性が高いヘッドホンの場合は、エージングの時間を短くすることが必要です。

ヘッドホンのエージングの効果はオカルト?

また慣らし運転の意味を持つヘッドホンのエージングは、ヘッドホンのエージングに効果があるという人もいれば、ヘッドホンのエージングは効果のオカルトという人もいます。そこで科学的な実験をした結果によると、全域の周波数の音に対する反応では、音が良くなっていることは認められるのですが、明確にエージング効果が認められたわけではないとの見解があります。

またピンクノイズとインパルスを録音、エージング専用CDを9時間くらい鳴らして、エージング完了後、再びピンクノイズとインパルスを録音したヘッドホンのエージング方法でピンクノイズの周波数レスポンス全域を確認した結果では、ほとんどの周波数帯域においてヘッドホンのエージング後の効果を表すゲインが高くなるといった結果がでています。

インパルスに変化

またインパルスの方では、50Hz~400Hzに大きな変化が見られます。さらにヘッドホンのエージングを1000時間やってやっとヘッドホンの本来の音がでたという、絶対にヘッドホンのエージングには効果があるといったいかにもオカルトくさい話もあります。

またヘッドホンのエージング効果による音の良し悪しは所詮その人が持つ主観以外のなにものでもないといった意見もあります。ヘッドホンのエージング効果に関しては、エイジング・バーンイン・耳慣れ・個人的な要素とエージング効果との区別がつきにくいというのが決論です。

さらにヘッドホンのエージングはしないでも普通にヘッドフォンから音楽を聴いていれば、そのうちヘッドフォンが馴染んでいい音が聴けるようになるという人もいます。

低音域のエージングには

ヘッドホンのエージングでは、高音域はスムーズになり、高音が強いといった解像感高い音にはなるのですが、低音域の低音の量感を持った音にはなりにくいです。ではヘッドホンの低音域を良くするエージングは可能でしょうか。

ヘッドホンの低音域を良くするエージングとしては、アンプ・スピーカー・ヘッドホーンなど、オーディオ機器のエージング用として販売されているパソコンで簡単にできるWAVE形式の音声ファイルを使って50時間か100時間再生する方法があります。

また100Hz程度の周波数を入力し、聞いていてうるさいと感じるぐらいのレベルまで音量を上げ、そのまま1時間ほど放置し低音域の出具合を確認して、自分の納得できるし低音域になるまで繰り返す方法がありますが、あまり回数を増やすとヘッドホンが壊れてしまうことがあるので注意が必要です。

音楽のジャンル次第でヘッドホンの音質が変わる?

またヘッドホンのエージングで流す音楽のジャンル次第でイヤホンの音質が違ってくるといった声もあります。ヘッドホンのエージングに限らずエージングには流す音楽のジャンルに統一したルールはなく、エージング専用のCDを使って行います。

イヤホンとヘッドホンの比較

ここで、同じ音楽を聴くアイテムのイヤホンとヘッドホンを音質で比較してみます。ダイナミック型ヘッドホンはヘッドホンの内部にあるドライバーユニットや大きな振動板により重低音を出すことに優れていています。

一方で、同じダイナミック型イヤホンでも振動板の大きさがダイナミック型ヘッドホンほども大きくないので音域が狭くなってしまいダイナミック型イヤホンは、音質の面ではダイナミック型ヘッドホンが上です。

またイヤホンとヘッドホンでは、耳への着け心地が違ってきます。ヘッドホンは、イヤホンと比較して長い時間にかけて付けていることができる着け心地が抜群です。一方で、耳への直接の影響があるイヤホン耳への負担が大きいので長い時間つけると違和感を感じます。

ヘッドホンのエージングにおすすめのアプリ

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

ここでは、ヘッドホンのエージングにおすすめのアプリを紹介します。ヘッドホンのエージングのアプリには、Tomoki Imaiが配信するバッググラウンド実行・ ヘッドフォンを外したら音声をオフ・どのくらいエージングをしたかをカウントなどの機能を持ったツールアプリがあります。

またピンクノイズを再生して、ヘッドホンのエージングをサポートするTakafumi AMANOが開発したバックグラウンドで動作しないバグの修正機能がついたオーディオエージングというツールアプリがあります。

ツールアプリのヘッドフォンエージングの特徴

ここでは、ツールアプリの「ヘッドフォンエージング」の特徴について説明します。ツールアプリのヘッドフォンエージングは、バックグラウンドでの再生できて、消費電力も少な目なので、新しいヘッドフォンやイヤホンなどの性能を発揮させるために行うエージングにおすすめのアプルです。

オーディオエージングのアプリの使い方や特徴

ここでは、オーディオエージングアプリの使い方や特徴について説明します。オーディオエージングアプリの使い方は、iPhoneやiPadとヘッドホンを接続し、エージング時間とビット深度、出力サンプリングレートを設定してピンクノイズをいつも聴いている音楽と同じ音量で数時間流し続けるだけの簡単な操作でエージングができます。

設定項目を詳しく説明しますと、1分〜1000時間までのエージング時間、16ビット、24ビット、32ビットの3種類からの選択できるビット深度、44.1kH、48kH、96kH、192kHzの4種類からの出力サンプリングレートの設定になります。

オーディオエージングアプリの最大の特徴は、ヘッドホンの性能アップするエージン効果に加えて、ヘッドホンに異常がないかのチェック機能がついていることです。

ヘッドホンのエージング以外の音の影響要素とは

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

ヘッドホンのエージング以外の音の影響要素としては、ヘッドホンの形状や使い方、使っている時の周りの環境など、音に影響が出る要素がたくさんあります。なので、ヘッドホンをどうしてもエージングしなければいけないというほどヘッドホンのエージングは、気にする必要はありません

ヘッドホンのエージングで注意する事

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

ここでは、ヘッドホンのエージングで注意する事について説明します。ヘッドホンのエージングで注意する事は、一番注意しなければならないのは音量です。大音量でヘッドホンのエージングを行うとヘッドホンが壊れてしまう可能性があるので注意が必要です。

またヘッドホンのエージングで注意する事では、無理に低音域を良くしょうと長時間のエージングをすることは避けましょう。エージングはヘッドホンの性能をアップさせるために行うことで、耐久テストではありません。

またインピーダンスが低く、応答性が高いヘッドホンなどヘッドホンの種類に応じてエージングかける時間を変えることも必要です。

自分が納得いくヘッドホンで音楽を楽しみましょう!

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源・アプリ

ヘッドホンのエージング方法・効果・おすすめの音源などについて説明してきましたが、ヘッドホンのエージングの必要性や効果など理解できましたか。ヘッドホンのエージングでは、ヘッドホンのエージングが必要だという人とヘッドホンのエージングは必要ないという人にわかれます。

いずれにせよ、エージングはヘッドホンに音を馴染ませていくためのウォーミングアップです。ヘッドホンのエージングを行う時にはヘッドホンの仕様をよく理解してそのエージングをするヘッドホンに適合した時間や音源などを選ぶことが大事ということです。今回の説明した内容を参考に自分が納得いくヘッドホンで音楽を楽しみませんか。

関連記事

Related