Search

検索したいワードを入力してください

【車・自転車別】おすすめのパンクしないタイヤ・価格相場

Small 7e134f67 b119 4bd9 a856 4967be9895abねむnemu
車・バイク / 2018年05月08日
【車・自転車別】おすすめのパンクしないタイヤ・価格相場

車におすすめのパンクしないタイヤってあるの?

車がパンクした時の作業はパンクしたタイヤを交換したり、最近はパンクしたタイヤをその場で修理するという事もありますが、パンクしないタイヤであればパンクの心配もなく使うことができます。

実はパンクしないタイヤは、フォークリフトや自転車、一輪車といろいろな種類のパンクしないタイヤがありますが、残念ながら車にはパンクしないタイヤがありません。

長距離を高速で走る車の負荷に耐えられる構造や空気が状劇を和らげてくれる車のタイヤの構造からも乗り心地の面で技術が追いつかず、車のパンクしないタイヤは販売されていません。ですが、パンクしても走れるタイヤがありこちらを紹介します。

ブリヂストンPOTENZA S001 RFT

タイヤの大手メーカーのブリヂストンが開発した、パンクしても走れるタイヤはパンクしないタイヤに近い機能を持っていて、今まではパンクしたらすぐにスペアタイヤに交換するか、パンク修理の道具でその場で修理のどちらかでしたが、パンクしても走れるタイヤはパンク後80kmの距離を走行可能になっています。

タイヤのサイドに強力な補強ゴムが組み込まれたランフラット構造をしていることで、パンク時に車体を補強ゴムが支えることでパンクしても走れるようになっています。

ランフラット構造のタイヤはパンクしても走れることで、パンク後に安全な場所への移動ができ二次災害を防ぐことになります。またタイヤ交換ができない方や、スペアタイヤのない車に装着することでパンク時の不安を軽減させる事もできおすすめです。

自転車におすすめのパンクしないタイヤ

自転車はパンクしやすい乗り物といえ、パンクした時の対処商品も数多く出ていますが、パンクしないタイヤも、色々なメーカーが数多くの種類を販売しています。

その場ですぐにパンクの直せない自転車にとって、パンクしないタイヤは自転車を多く乗る機会のある方にとっておすすめの商品です。

ですが、自転車には用途によって特色のあるタイヤが多い事もあり、パンクしないタイヤを選ぶ時に迷ってしまいます。そこで、自転車の種類によって違うパンクしないタイヤを紹介していくので参考にしてください。

ロードバイク

ロードバイクは時速30km以上の高速で走ることのできる自転車で、長距離を走るツーリングや峠や上り下りを駆けるヒルクライムとタイヤに負担の掛かりやすい自転車です。

高速で移動したり高低差の激しい場所でパンクしてしまうと、怪我の元になり危険が伴うためパンクしないタイヤはロードバイクに適したタイヤといえます。

長距離走行しても、タイヤが一本のゴムなので、走行中にタイヤに掛かる圧で空気が抜けるという事もなく、クッション性も開発が進み、通常のチューブ式のタイヤにひけを取りません。

NEXOソリッドタイヤ

NEXOソリットタイヤは素材にNEXELLを使用することで、耐久性に優れ日本JISの磨耗5,000KMに合格したパンクしないタイヤです。

チューブは中心部までゴムでできていて、空気の注入が必要のないタイプになっているのでパンクの心配がありません。

NEXOソリットタイヤは、Tボルトを使い走行中のタイヤが外れやねじれを防止してくれて100kgまでの重量の耐久性もあり、どんな自転車にも使う事ができます。

また、タイヤに使われているNEXELLは耐久性に優れているだけでなく、軽いのも特徴で軽さと丈夫さ、安全面からロードバイクに使用できるパンクしないタイヤといえます。

クロスバイクのパンクしないタイヤって?

クロスバイクは、速度30km以下での走行が主な自転車のことで、ママチャリやマウンテンバイクをさし日常生活に密接した自転車になりパンクの可能性の高い自転車でもあります。

日常に使うことの多いタイヤは、釘やガラス片といった物がどこに落ちているか分からない状態でパンクの可能性の高い状態で使うことになり常に危険と隣り合わせになる上に、自転車に荷物を多く積んだり、子供を乗せる事もあり、パンクした時には自分だけの怪我ではすみません。

クロスバイクにパンクしないタイヤを使う事で事故の発生を抑え、タイヤの修理代もなくすことができ経済的でもあります。

シンコー SR-027 パンクレスタイヤ

チューブ自体が空気のないゴムなので、釘が刺さっても空気が抜けてパンクという心配のないエアレスチューブになっています。

ゴムのみでできているチューブは、空気の入る普通のチューブと違い重く、硬くクッション性に欠けていましたが、ゴム発泡体が開発され従来のチューブに負けないクッション性と軽さがパンクしないタイヤでも実現しました。

新開発された、パンクしないタイヤのシンコーのゴムチューブは軽さ、クッション性だけでなく耐久性にも優れたパンクしないタイヤです。

Blockquote firstBlockquote second

走りだしが少し重く感じますが、
走り出せば、気にならない程度です、

交換には慣れと工具が必要です、
パンク修理が慣れている方であれば、
問題なくできると思います。

パンクしないタイヤの価格相場

パンクしないタイヤは、溝がなくなったりヒビがいくまで使えるので長く使えますが、普通のタイヤと違い素材の使用量からしても高額になってしまいます。

しかし、パンクしないタイヤがどれくらいの価格相場で取引されているのか、買ったことのない方には分かりません。そこで、パンクしないタイヤの価格を紹介するので購入時の参考にしてください。

自転車のパンクしないタイヤの価格って?

自転車のパンクしないタイヤは最低でも3,000円以上から販売されていて、自転車によく使われるタイヤが安いタイヤで約900円だということを考えると高い価格設定になっていますが、チューブの中が空洞のタイヤに比べ素材の使用量からどうしても高額になってしまうのは仕方のない事といえます。

パンクしないタイヤに使われている素材も、各メーカーが開発した新素材が使われる事が多く、その事も価格が高い理由の一つになっています。

shinko SR-027 パンクレスタイヤ

シンコーのパンクレスタイヤはホールサイズ26インチで、一本が3,257円になっているので前後変える場合は7千円近くの価格になります。

Blockquote firstBlockquote second

その名の通りもうパンクはしませんね。
段差などを勢いをつけるとホイールがとか、言われてますけどそんな事はなく、取り付けも、チューブ交換したことがある人ならばできます。

パンクしないタイヤのメリット・デメリット

パンクしないタイヤはパンクしないというメリットもありますが、どうしてもデメリットもでてきます。パンクしないタイヤのメリットとデメリットを紹介していくので、パンクしないタイヤを選ぶときの参考にしてください。

パンクしないタイヤの交換

パンクしないタイヤは、パンクがない分パンクしないタイヤ自体が劣化して取り替えない限り交換はほぼありません。

パンクしないタイヤが劣化しての交換時期は、メーカーやの使っている素材や、使用頻度によって変わってきます。タイヤの溝がなくなったり、亀裂が入っている場合は早めに交換する必要がありますが、パンクでの交換はありません。

パンクしないタイヤの交換のデメリットとは?

パンクしないタイヤは、まったく空気の入っていないゴムなので慣れないと交換がしにくいというデメリットがあります。

空気の入っているタイヤが空気分の余裕があるのに対して、パンクしないタイヤはその余裕がない分専用の道具が必要で、取り付けにも力のいる作業になり女性では交換が厳しいというデメリットがあります。

しかし、ノーパンクタイヤを取り扱っているお店には取り付けのできる店員さんがいる場合があり、店員さんにして貰うことで短時間での取り付けが可能になります。

パンクしないタイヤは走行に関してのメリット

パンクしないタイヤの走行に関しての最大のメリットは、走行中どんな場所を走ってもパンクしないということです。

パンクしない事で、安全面が格段に上がることで怪我の心配が少なくなり、パンク毎の付け替えの手間もなくなります。

パンクしないタイヤの素材も、通常のタイヤに近い乗り心地になったいる事もあり安全面とだけでなく乗り心地もよくなっています。

パンクしないタイヤの走行のデメリット

パンクしないタイヤの走行時のデメリットは、こぐ時の重さ、重量のあるものだとタイヤがパンク時と変わらないくらい、へしゃげて走行に支障が出ることがあるということです。

パンクしないタイヤは、対応重量が100kgのタイヤもありますが、クロスバイクのように子供を前後で乗せるといった場合といった、かなりの重量がタイヤに掛かる時には支障の出ることがあり、そのことを想定して作られていない分、想定外の重さに弱い一面があります。

パンクをしない事には強いタイヤではありますが、一人で使うことを前提でパンクしないタイヤを使われることをおすすめします。

特徴別おすすめのパンクしないタイヤ

パンクしないタイヤにも、特徴がありそれによって用途も好みも変わってきます。パンクしないタイヤを買うときにまず考えないといけない事が、どういった特徴のあるパンクしないタイヤを選ぶかです。

ただ単にパンクしないタイヤを何でもいいからと買ってしまうと、目的の物に使えない場合もあるので、パンクしないタイヤの特徴をしっかり把握して買うようにしないといけません。

パンクしないタイヤを特徴によって紹介していくので、必要なパンクしないタイヤの特徴を把握して、必要なパンクしないタイヤを選ぶようにしましょう。

20インチのパンクしないタイヤって?

20インチのパンクしないタイヤはリヤカーや折り畳み自転車、子供用の自転車に使われる大きさのタイヤになり、荷物や子供の体重を支える強度は十分あり、パンクしないタイヤを使う事で車の多く行き交う場所でのパンクによる事故や、転倒を防ぎ子供の安全を確保することができます。

20インチの自転車は、行動が広範囲で活発になる時期の小学生や、荷物を遠方に届ける場合、仕事で自転車を使って長距離を移動することもあり、歩きでは時間のかかる場所でのパンクでは、帰りに押しながら長距離を歩いて帰ってくるという事もパンクしないタイヤならありません。

700ccのパンクしないタイヤって?

700ccのタイヤは自転車のクロスバイクで良く使用されるタイヤの幅が20mmから45mmまでのタイヤのことをいいます。

クロスバイクは、日常でよく使う自転車になる事もあり、車の多い道路の走行や公園といった何が落ちているか分からない場所での使用が多くパンクの危険性が高いのが自転車です。

パンクの危険性が高い分、各種メーカーが一番作っているパンクしないタイヤの大きさでもあるので、比較的手に入りやすいという特徴があります。

折りたたみにパンクしないタイヤってあるの?

折り畳み自転車は、乗るだけでなく畳んで持ち運ぶ事もある自転車で、軽さが求められますがタイヤのサイズは16~20インチと小さいタイヤになります。

リヤカーに子供用の自転車といった多方面に需要があるタイヤのサイズになり、ホイールに装着された状態で販売されていることの多いタイヤでもあります。

パンクしないタイヤに変えて快適なノーパンク生活

パンクしないタイヤに変えるには予算面から厳しいと思われがちですが、パンクする回数の多い方にはおすすめの商品でもあります。

確かにパンクしないタイヤは高額になりますが、交換する材料、手間、新たなタイヤの購入、業者に任せた時の交換や修理の手数料といった面を考えるとパンクしないタイヤに買えるだけでそういった料金がなくなりお得です。

普通のタイヤでも表面の溝がなくなれば交換しますが、溝が無くなるまでにタイヤを維持する費用を考えればパンクしないタイヤのほうが使用頻度や今までのパンクの回数を考えるとお得な場合があり、何より空気の充填も必要のないパンクしないタイヤは普段のお手入れの面でも取り扱いやすく、パンクの心配がないということで精神面でもおすすめのタイヤです。

関連記事

Related