Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】香水の付け方|ほのかに香る/マジョマジョ

Author nopic iconsuzu709
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2017年12月06日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【種類別】香水の付け方|ほのかに香る/マジョマジョ

メンズ・レディース別香水の付け方

香水の付け方にはいろいろあるので、どうやって付けたらいのか迷うでしょう。あまり付けすぎるとキツい香りになるし、少なすぎても香りがしないこともあります。そこで、メンズ・レディース別に香水の付け方を紹介します。

メンズ

1~2滴を付ける

香水の付け方は、意外と難しいです。なぜなら、あまり付けすぎると周りの迷惑にもなるし、少なすぎても香りがなくて残念な感じになります。一番は、自然にほのかに香ってくれることです。ほのかに香る香水の付け方は、1,2滴をプッシュしてつけることです。

2,3滴以上付けてしまうと、それだけでかなり香りのきつさが違ってきます。ほのかに香るのが、男性にとって香水の付け方なので、試してみましょう。

擦らないように付ける

香水は、手首などで擦ってから付けるというイメージがあります。しかし、擦ってしまうと、香水本来の香りが損なわれてしまい、せっかくのいい香りが台なしになってしまいます。香りが良い香水を買ったのに、その香りを失くしてしまうのは残念なので、擦らないように注意しましょう。

直接付けたい場所に塗るようにするか、プッシュ式だと腰などに30cm以上離してプッシュするなどしましょう。それだけで、香水の本来の香りがしっかりと持続されます。だいなしにしてしまわないように、擦らないということを頭に入れておきましょう。

出かける30分前以上前に付ける

香水は、付けてからすぐには良い香りがしません。付けてすぐは「付けてきました」と言わんばかりの香りになります。そこで、付け方は、出かける30分以上前に付けておくことです。事前に付けておくことで、自然ないい香りになります。

香水は、付けてから30分~1時間くらいで香水のいい香りが出てきます。そのため、出かける時は事前に香水を付けておくようにしましょう。

付けすぎない

男性の香水の付け方でなのは、香りすぎないようにつけるという事です。香りすぎてしまうと、女性は少し引いてしまうでしょう。確かに、女性よりも香りがきついと、ちょっと違和感を感じてしまいます。たくさん付ければいいというものではないので注意しましょう。

洋服の上から付けてしまうと、香りすぎの原因になってしまいますので、注意が必要です。肌にじんわりとなじませるのが、一番ふんわりと自然に香るのでです。ふんわりと香る男性の香水は、女性のも好きなので付け方を間違えないようにしましょう。

付け直すときは4~5時間空ける

香水は、時間が経つと香りが薄くなったと感じます。しかしそれは、自分の鼻が慣れてしまっただけで、本当はまだしっかりと匂いが残っていることもあります。そのため、まだつけてそんなに時間が経っていないのに、付け直すなんてことはしないようにしましょう。

付け直す時は、4~5時間以上空けるようにし、1日2回以上付け直さないようにしましょう。それ以上つけてしまうと、ともて匂いがきつくなってしまいます。ほんのり自然な香りを楽しむためにも、この付け方を間違えないように注意しましょう。

レディース

バランスよく付ける

女性は、男性に比べて香水を付けている人が多いです。やはり、常にいい香りをキープしたいです。女性の香水を付け方は、バランス良く香水を付けることです。肌から20cmくらい話してバランスよく振り掛けます。そうすることで、全体的にしっかりといい香りが続いてくれます。

または、空中で1プッシュして、その中をくくるようにしてとおると、全体的にいい香りが着くのでです。女性の香水の付け方は、このよにして行うと全体的にいい香りがするようになります。

付け方のコツは耳の後ろやうなじ

女性は男性と違い、しっかりと香りをつけたいとおもっている人が多いです。そこで、香水の付け方は、耳の後ろやうなじにつけることです。香水は、体温の高い位置につけることで、より香りをしっかりとつけてくれるし、匂わせてくれます。

しっかりと香りをつけたいという時の香水の付け方として、体温の高い位置につけてみましょう。たったそれだけで、香水の香りをしっかりと楽しむことができます。

脇へは絶対にNG

香水の付け方でNGのものがあります。よく、脇に香水を振ってしまう人がいますが、実はこれはNGです。体臭を気にしがちな人も脇に付けてしまいますが、脇の汗のにおいと香水が混じって、ともて不快な臭いになってしまいます。

これは、女性だけではなく男性も同じです。脇に着けると、香水のいい香りがだいなしになってしまいます。せっかく香水を付けたのに、不快な臭いになってしまったら悲しいです。付け方を間違えないように注意しましょう。

ハンカチなどに付ける

香水は、肌につけるのが一番自然な香りがするのでです。しかし、それ以外にも付け方があり、肌や衣服に付けるのとは別に、ハンカチに香水を付けておいて、それをポケットなどに入れておくという方法があります。

この方法だと、自然とポッケから香りがするのでです。ほのかに香るので、自分もリラックスでき、周囲の人の迷惑にもならないのでです。ふんわりと香るのが一番の付け方なので、肌だけではなく、ハンカチなどに付けておくというのも良いでしょう。

服に付けるとシミになる

女性の人は、香水を服などにダイレクトに付けてしまう人がいます。確かに、服に付けると動いた時などに香りがするので、わざと付けている人がいますが、これをすると服にシミが残ってしまう恐れがあります。大切な服にシミがついてしまうとショックです。

服につけると香りもすぐに消えてしまうなど、良いことがあまりありません。香水は、肌に直接付けた方が香りが長持ちするのでです。どうしても肌につけるのが嫌だという時は、ハンカチなどに香水を付けてからポケットなどに入れておくと、自然な香りを楽しめるのでです。