Search

検索したいワードを入力してください

【年齢別】恋愛で付き合うきっかけ|男友達/職場/男同士

Author nopic iconそらあおぐ
片思い / 2017年12月07日
【年齢別】恋愛で付き合うきっかけ|男友達/職場/男同士

恋人と付き合うことになるきっかけ

世の中のほとんどの人が恋愛をします。中には恋愛をしない人もいますが、そのような人でも、ふとしたときに付き合うきっかけができれば、恋愛が始めることもあります。

この付き合うきっかけは、年齢や、仕事、学校、住んでいる地域、お互いの関係性など、条件によって人それぞれです。では、恋人として付き合うきっかけとなることには、どのようなことがあるのでしょうか?

恋愛・男友達と付き合うきっかけ

友人関係から恋人関係に発展することはよくあります。しかし、長い間、友人関係が続いている相手であれば、恋愛感情が生まれにくくなることもあります。しかし、ふとしたことが、付き合うきっかけとなることもあります。

どちらかが恋愛感情を持っていた

友人関係から恋人関係に発展する場合の多くは、実はどちらかが恋愛感情を持っていたということがよくあります。恋愛に奥手な人が陥りがちなパターンです。

恋愛のアプローチをかけて失敗すれば、好きな人との楽しい友人まで壊れてしまう可能性があります。そのことを恐れて、いつまでもアプローチがかけられずにいます。しかし、相手のことは好きなので、友人として仲良くなるような行動は続けます。

ですが、この場合、それだけ仲良くなっても相手にとってはとても仲の良い友人としか見られません。いつまでも友人関係でいるわけにもいかないので、ある日、突然アプローチを開始したりします。このアプローチが付き合うきっかけとの入り口となり、友人関係から恋人関係に発展します。

急に告白される

上記のように、恋愛感情を抑えたまま友人関係を続けてきた人が、アプローチをせずに急に告白してくることもあります。恋愛に奥手な人であれば、アプローチの仕方がわからずに、段階を飛ばして告白してくることもよくあります。

ですが、素直に恋愛感情を伝えてくれるので、恋愛にありがちな面倒な駆け引きをしなくて良く、告白された側は受け入れるか、受け入れないかの判断だけで決着が着きます。告白は付き合うきっかけの定番です。

急に恋愛感情が沸く

友人と思っていた相手に急に恋愛感情が沸くときもあります。このパターンになりやすいのは女性が弱っているときです。

仲の良い男友達がいる場合は、彼氏について相談することもあります。その相談内容が彼氏との別れについての内容であれば、相談しているうちに、その男友達が頼れる存在となります。何でも打ち明けられる存在であることに気がついたとき、恋愛感情が沸くことがあります。

自然の流れで好きになる

特に意識していない相手でも、遊んでいるうちに仲良くなっていきます。また、遊ぶ頻度が増えてくると、知らなかった一面などを見る機会が増えたり、一緒にいても気を使わない楽な存在になったりします。

仲良くなっていくと、どちらかが恋愛感情を抱いていたわけでもなく、自然と付き合うことになったりすることもあります。単純に遊ぶことも、頻度が多いと付き合うきっかけになることがあります。

年齢別の付き合うきっかけ

付き合うきっかけは自身の年齢によって大きく変わります。それは、年齢によって、学生であったり、社会人であったりなど環境が大きく違うためです。

10代

10代は学生の人が多いです。また、行動範囲や使えるお金も限られているので、恋愛の対象となる人は、同じ学校の人や、バイト先の人など、身近な人であることが多いです。

10代では恋愛経験も浅いです。なので、アプローチなどの恋愛の駆け引きをせずに、いきなり告白してしまう人も多いです。しかし、この告白が付き合うきっかけとなることは多いです。

20代

20代になれば学生と違い、行動範囲が広くなり、また、仕事をしている人も多いので、お金もある程度は使えます。なので、恋愛対象の幅が広がります。

職場恋愛のように身近な人と恋愛をすることもありますが、紹介が付き合うきっかけとなることが多いことも20代の恋愛の特徴です。始めから恋愛を求める人を集める合コンや、恋人募集中の人を友人に紹介したり、友人が友人同士の集まりに連れてきたりなど、知り合うこと自体が付き合うきっかけの入り口となることも多いです。

30代

30代になると、10代、20代の頃のように恋愛が簡単ではなくなってきます。それは、どうしても恋愛の先に結婚を考えてしまうからです。なので、30代以降の恋愛は難しくなってきて、付き合うきっかけも自分から積極的に作らないといけなくなってきます。

彼氏が欲しいと言い続ける

30代になれば、自分から積極的に付き合うきっかけを作っていかないといけません。その方法の1つが恋愛をしたいということをアピールしておくことです。

30代になれば大人の女性です。どれだけ魅力があっても、場合によってはハードルが高く感じられてしまい、男性がアプローチをしにくいと感じられてしまうこともあります。なので、彼氏が欲しい、恋愛がしたいということを周囲に漏らしておき、隙を作っておきます。すると、女性に好意を抱いていた男性はアプローチがかけやすくなります。

このときは、あくまでも恋愛を目的としましょう。結婚を匂わせてしまうと、男性がアプローチしにくくなってしまいます。結婚を焦っていない、余裕のある行動を見せるように心がけましょう。

会う頻度を増やす

狙っている男性がいるのであれば、一緒に遊びに行ったり、一緒に食事をしたりなど、とにかく会う頻度を増やすことを意識しましょう。また、電話やLINEなども適度にするようにしましょう。

会ったり、連絡をすることによって、男性に自分を知ってもらうようにしましょう。また、このように相手と接触を繰り返すことで、単純接触効果という心理効果が働きます。これは、会ったり、会話したりなどの単純な接触を繰り返すことで、相手の印象が良くなっていくという心理効果です。

このような恋愛テクニックも取り入れつつ、男性との付き合うきっかけを積極的に作っていきましょう。

恋愛対象の幅を広げる

30代であれば、今までにある程度の恋愛を経験してきているはずです。なので、好みのタイプもハッキリと固まっている人が多いです。しかし、その今までの恋愛経験が30代の恋愛を邪魔してしまうこともあります。

今までの恋愛経験の中には、若い頃の恋愛も含まれています。その恋愛が良い思い出となっている場合、また同じような甘い恋愛をしたいと願ってしまいます。しかし、それは若いときだからこそ経験できた恋愛でもあります。なので、今の自分に合わせた恋愛をする必要があります。

これは妥協するという意味ではなく、大人の女性となった今では、選べる選択肢が変わっているはずです。わざわざ自ら選択肢を狭める必要はないといことです。

思い切って告白する

女性としては好きな男性から告白されたいと願うことは自然なことです。大人の女性であれば、そのような恋愛の駆け引きについても長けていることでしょう。しかし、もし積極的に男性と付き合うきっかけを作りにかかるのであれば、自ら告白しても良いでしょう。

お目当の男性にアプローチをかけて、良い雰囲気になっても、告白に踏み切れない草食系男子は多いです。そのような男性が相手の場合はいつまでも待っているわけにもいきません。自分から告白して付き合うきっかけを与えてあげましょう。

40代

40代になると恋愛を諦めてしまう人もいます。しかし、今では晩婚化も進んでおり、40代で初婚という人も少なくありません。なので、40代になったとしても、30代のときのように積極的に自分から付き合うきっかけを作っていきましょう。

同窓会

40代になってからの同窓会が出会いのきっかけになることはよくあります。自分が40代で恋人募集中なわけではありません。同窓会に来ている男性の中にも恋人募集中の人はいます。そのような人と昔話しなどで意気投合したことが付き合うきっかけとなることがあります。

素直になる

40代になれば、恋愛経験だけでなく、恋愛経験も豊富になってきているはずです。その人生経験はプライドを高くしてしまうことがあります。高いプライドは恋愛においては邪魔になることもあります。恋愛では素直に感情を出すことも大事です。

50代

50代になれば、恋愛対象となる年齢の人たちはすでに結婚している人も多いので、恋愛の難易度は格段に高くなります。しかし、全く恋愛のチャンスがなくなるわけでもありません。

サークルなどに参加する

仕事ばかりしていては恋愛の出会いがありません。しかし、50代になれば合コンなどのお誘いも少なくなってきます。なので、自然な流れの出会いが必要となります。

共通の趣味を持っている人であれば自然な流れを作りやすいです。なので、サークルや教室などに通ってみても良いでしょう。もしも、恋人募集中の男性がいれば、先に述べた単純接触効果も期待できます。

男同士で付き合うきっかけ

今では以前までに比べると少しずつ同性愛についての理解も進んできました。しかし、まだまだ同性愛者である事を告白する勇気は必要な世の中です。ですが、思い切って素直に気持ちを打ち明ける人もいます。

そして、相手が受け入れる事によって同性愛のカップルが誕生します。告白が付き合うきっかけになったり、好きな相手に恋愛感情を持ったりする事は男女のかカップルと何も変わりません。ただ、付き合う人が男性同士というだけです。

また、インターネットや、同性愛の人たちが集まるコミュニティの場に行ったりして、出会いを探す人もいます。あらかじめお互いが同性愛者とわかっていれば、恋愛が成就する、しないの問題は別として、好きな人と出会う事ができれば、アプローチはかけやすいです。

職場で付き合うきっかけ

社会人となって働き始めると、意外と出会いの場は少ないです。しかし、職場での出会いはあります。毎日のように顔を合わせるので、単純接触効果によって、最初は何も感じる事のなかった職場の人に対して徐々に恋愛感情を抱くようになる事はよくあります。つまり、毎日会社で顔を合わせるだけでも、付き合うきっかけの入り口となる事があるのです。

付き合うきっかけはどこにあるかわからない

付き合うきっかけは自分で作る事もできます。しかし、多くの場合は自然と起こる事を待つ事になります。恋人が欲しいからと、付き合うきっかけを自分から無理やり作ってしまうと、恋愛をするために人を好きになってしまいます。本来は人を好きになるからこそ恋愛は始まります。通常の恋愛の順序と違ってしまう事になります。

ですが、積極的になる事は悪い事ではありません。大事な事は付き合うきっかけを見落とさない事です。運命の人に出会っても、付き合うきっかけを逃してしまっては恋愛成就のしようがありません。常にアンテナを張り巡らせて、付き合うきっかけを探しましょう。