Search

検索したいワードを入力してください

ふくらはぎが痩せるマッサージ方法・運動方法・歩き方

Author nopic iconちーすけ
ヘルスケア / 2017年12月09日
ふくらはぎが痩せるマッサージ方法・運動方法・歩き方

ふくらはぎが痩せるマッサージ方法

女性なら誰でも「夕方になると、ふくらはぎがパンパンになってむくみが気になる」と、感じたことがあることでしょう。ふくらはぎがむくむことにより、足が太くみえたりロングブーツが履けなかったりと、悩む女性が多いのではないでしょうか。

ふくらはぎが「第2の心臓」と呼ばれていることをご存知ですか。ふくらはぎの筋肉が、心臓へ血液を送り出すポンプ機能の役目を持っています。そのふくらはぎが、コチコチに硬かったり触ると冷たく感じたりすると、血流が滞ってしまっている証拠です。すると、むくみや冷えの原因になるだけではなく、脳梗塞や心臓病の原因にもなってしまいます。

むくみや冷え、病気を防ぐためにも、ふくらはぎが痩せるマッサージ方法を紹介します。

揉む

ふくらはぎが痩せる効果が期待できる方法の一つが「ふくらはぎを揉むこと」です。ふくらはぎを揉む時に重要になってくるポイントが「ふくらはぎから心臓に向かって揉むこと」です。

アキレス腱からひざ裏に向かって、ちょっと痛いけど気持ち良いくらいの感覚で揉むことがベストです。ちょっとでも痛いと不快に感じるならば、ふくらはぎを「さすること」から始めることがよいでしょう。だんだん慣れてきたら、揉み具合を強くして痛いけど気持ち良いくらいになればベストです。

ふくらはぎを揉む時に気をつけてほしいのが、腹式呼吸です。ふくらはぎを揉む時に、息を吐きながらお腹をはこませ指で押します。そして、息を吸う時に指の力を抜いていきます。

ふくらはぎが痩せるために大切なのは、揉むことを毎日続けることです。続けることにより血流が改善され、免疫力もアップする効果が期待できます。1日3分でも良いので続けてみてはいかがでしょう。

ローラー

ふくらはぎを手を使って揉むことが面倒くさいという方におすすめなのが、ふくらはぎが痩せるグッズ「ローラー」です。最近は、100円均一で販売されている格安なものから、値段は高くなりますがゲルマニウムを使ったもの、セルライトに働きかけるものなど色々なタイプが販売されています。

ふくらはぎを揉む時のように力を入れる必要がなく、ただふくらはぎの上をコロコロとローラーを転がすだけなので、簡単にふくらはぎが痩せる効果が期待できます。これなら、面倒くさがり屋さんでも毎日続けることができます。

エステふくらはぎが痩せる運動

ふくらはぎが痩せるために、自分で揉むことをしたり、ローラーでコロコロしたりしても、効果が期待できなかったという人も少なくありません。やはり自己流のケアでは、一時的にふくらはぎのむくみが取れるだけで、根本的な問題解決になりません。

そこで、プロの脚痩せエステでエステティシャンの力を借りることが望ましいでしょう。エステティシャンによるプロのハンドマッサージや、機械を使うことによりふくらはぎが痩せる効果は、大幅に期待できます。さらに、エステに通いながら運動をプラスすることで、ふくらはぎが痩せる効果がさらに高まることでしょう。

しかし、エステに通うとなると料金が発生します。エステに行くと安い料金で体験できるけど、コース料金になると高いという口コミをよく耳にします。その場合は、割引やキャンペーンなどの時に入会して、少しでも安い料金でエステに通うことをがベストでしょう。

ふくらはぎが痩せる即効性がある方法

ふくらはぎが痩せる方法に、即効性が期待できるとしたら嬉しくありませんか。ふくらはぎが痩せることができて細くなったら、臆することなく自分が着たい洋服も着れるし、ブーツも簡単に履けることでしょう。

即効性が期待できるふくらはぎが痩せる方法を紹介します。

一週間で簡単にふくらはぎが痩せる方法

一週間で簡単にふくらはぎが痩せる方法は、つま先立ちした状態でかかとの上げ下ろしを1日に30回行うエクササイズです。初めから30回はきついという方は、できる回数から挑戦しましょう。徐々に30回まで回数を増やしていくと良いでしょう。反対に30回以上続けると、筋肉疲労が起こり、ケガの原因となってしまいます。

このエクササイズを行う前後に、けがをしないように必ずストレッチやふくらはぎのマッサージを行いましょう。筋肉をほぐすことによって脂肪が柔らかくなり、脂肪が燃焼しやすくなることで、ふくらはぎが痩せやすくなります。

短期間で簡単にふくらはぎが痩せる方法

一週間で簡単にふくらはぎが痩せる方法、つま先立ちのエクササイズも効果的ですが、もっと簡単にふくらはぎを細くしたいという方におすすめの方法があります。

自己流ケアになるので、短期間での効果は個人差があることでしょう。しかし、継続して行うことがふくらはぎが痩せるための第一歩となります。

自宅用のエステ機器を使う

一つ目は、自宅用のエステ機器を使用することです。家電量販店で販売されていたり、ネット通販で取り寄せたりすることができます。1週間でも運動や体操をすることが面倒だという人におすすめです。

エステに通うとなると、料金が心配だったり通うことが面倒だったりします。自宅用エステ機器なら、エステ機器の料金が発生しますが、自宅で自分の都合の良い時間に、簡単にふくらはぎを細くして痩せることができます。

リンパマッサージ

お金をかけずにふくらはぎを細くしたい場合は、自分でふくらはぎをリンパマッサージをすることです。リンパマッサージをする時に滑りを良くするために、ふくらはぎにボディクリームなどを塗ってから行いましょう。入浴中や入浴後に行うと、身体が温まっているので血行が良くなり、リンパの流れも良くなりリンパマッサージを行いやすくなるでしょう。

こちらも気をつけなければいけないのが、ふくらはぎから心臓に向かってリンパマッサージをすることです。血行が良くなり、ふくらはぎが細くなることにつながります。

ツボ押し

また、ツボ押しも効果的です。指でツボを押すこともできますが、百円均一などで販売されているツボ押し用の棒を使用するのも良いでしょう。

ふくらはぎには、ツボがたくさんあります。委中(いちゅう)と呼ばれるふくらはぎの真裏にあるツボ、足三里(あしのさんり)と呼ばれる膝の皿から指4本分下がったところから少し外側にあるツボ、陰稜泉(いんりょうせん)と呼ばれる足三里の反対側のツボが効果的です。

お風呂上がりなどに、この3ヶ所をツボ押しすることで、むくみ解消や冷え性緩和なども効果が期待できます。

ふくらはぎの外側を痩せさせる方法

ふくらはぎが太いといっても、特にふくらはぎの外側が張っていて、太いと気にしている方が多いのではないでしょうか。これはO脚の人に多い現象で、重心が外側にかかってしまっているために、外側が張りやすくなります。

また、膝関節と足関節の捻じれが原因で、ふくらはぎの外側が張りやすくなる場合があります。この場合、いくらマッサージで揉んだりツボ押しをしたりしても、根本的な改善にはなりません。膝関節と足関節の捻じれを改善することが重要になってきます。

そこで、O脚や膝関節と足関節の捻じれを改善して、ふくらはぎの外側を痩せる方法を紹介します。

エクササイズ

「一週間で簡単にふくらはぎが痩せる方法」でも紹介しましたが、つま先立ちをして上げ下ろしを繰り返すエクササイズが、ふくらはぎの外側を痩せるためには有効です。

ふくらはぎの外側が太い原因の多くはO脚です。O脚の場合、ふくらはぎの外側で重心を支えてしまうので、内側の筋肉を使うことが重要になってきます。つま先立ちをして、かかとの上げ下ろしを繰り返すだけなら場所や時間を選びません。仕事や家事の合間に実践して、ふくらはぎを細くしましょう。

Blockquote firstBlockquote second

親指のつけ根で体重を支えながら、つま先立ちを繰り返すだけ。

ストレッチ

ふくらはぎが痩せるだけではなく、下半身が痩せることにもつながるストレッチ方法を紹介します。

まず始めに仰向けになり、片方の足裏にタオルをひっかけます。そのタオルを引っかけた方の足を、天井にむかってゆっくりと持ち上げていきます。かかとが天井の方を向いたら、ヒザを伸ばしたままの体勢を3~5分キープします。反対の足も同じように行います。注意するポイントは、体がぐらつかないようにすることです。

よくスポーツ選手も取り入れているストレッチ方法です。足全体をストレッチすることによりふくらはぎだけではなく、ヒザ裏や太ももにも効果があり、下半身全体のダイエットにもつながることでしょう。

ふくらはぎが痩せる歩き方

みなさんは、普段どんな歩き方をしていますか。自分では無意識に歩いているので、歩き方が身体にどんな影響を与えているか、意識している方は少ないことでしょう。普段の歩き方一つで、ふくらはぎが太くなったり細くなったりします。

どうせ歩くなら、ふくらはぎが細くなる歩き方をしませんか。ふくらはぎが痩せる歩き方を紹介します。

ふくらはぎが太くなる歩き方とは

ふくらはぎが太くなる原因の一つが、歩き方と言われています。「ハイヒールを履くとふくらはぎが太くなる」と聞いたことはありませんか。ハイヒールを履くことでつま先に重心をかける歩き方になってしまうので、ふくらはぎが太くなってしまいます。

つま先に重心をかける歩き方は、ふくらはぎが鍛えられてしまう歩き方なので、ふくらはぎが太くなってしまいます。

また、内股の場合もふくらはぎの外側を鍛えてしまう歩き方になってしまうために、ふくらはぎが太くみえてしまいます。

ふくらはぎが痩せる歩き方とは

ふくらはぎが痩せる歩き方とは、かかとから着地して、つま先を重心移動することを意識することです。推奨されているのが「もも裏歩き」という方法です。太ももの裏側、ハムストリングと呼ばれるところの力で歩くことにより、ふくらはぎの力を必要としないのが特徴です。

ポイントとする歩き方は、歩幅を広くして胸を張って歩き、かかとから着地することです。膝を曲げずに足の指で地面を蹴るイメージで歩いてみましょう。ふくらはぎが痩せる効果だけではなく、ヒップアップ効果も期待できることでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

ふくらはぎを細くするためにも、かかとから着地してつま先へ重心移動をする歩き方を意識することが大切です。

続けることから始めよう

ふくらはぎが痩せるマッサージ方法・運動方法・歩き方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ふくらはぎが痩せるためには、マッサージや運動を続けること、歩き方を見直すことが大切になってきます。ふくらはぎが痩せることによって、脚が細くなるだけではなく、健康な身体へと改善されていくで、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

Related