Search

検索したいワードを入力してください

2週間ダイエットで落としたい体重別のダイエットメニュー

Author nopic iconやまだみみこ
ダイエット / 2018年01月05日
2週間ダイエットで落としたい体重別のダイエットメニュー

2週間ダイエットって可能なの?

みなさんは「2週間ダイエット」と聞いて、可能だと思うでしょうか。実は、2週間ダイエットは不可能ではありません。普通にダイエットをしていても停滞期という痩せにくい期間がやってきます。停滞期までの痩せやすい期間に痩せられるだけ痩せる方法のダイエットだといえます。

今回はそんな短期集中型の「2週間ダイエット」についてご紹介します。2週間という短期間のダイエットなので少しハードなダイエットになりますが、体を壊さないように気をつけながら行ってください。

2週間ダイエットのデメリット

2週間という短期間でダイエットを行うということは、体にとっては負担が大きなダイエットになります。年齢や体型にもよりますが、2週間で一気に5キロ以上を目標にしている方にとっては健康的なダイエットとはいえなくなる可能性もあります。

そんな2週間ダイエットのデメリットとしては、体調面はもちろん、リバウンドの可能性です。2週間しかダイエットをしないと決めていたからといって、期間を過ぎたのちに健康的な生活を怠ると、一気にリバウンドしやすくなります。2週間の期間が過ぎた後も、ハードではなくても控えめな生活を行う必要があります。

また、2週間ダイエットに挑戦するのが女性だった場合、生理の周期というのもすごく関係してきます。「全然痩せない」「生理がこなくなった」なんてトラブルもあるので、計画的な2週間ダイエットを行いましょう。

2週間で落としたい体重別ダイエットメニュー

ダイエットを始めるという方はまず「◯キロ痩せる」という目標を立てるでしょう。実はダイエットで一番辛いのは停滞期です。人間は体重の5%の減量に達すると停滞期がやってくるといわれていて、100キロの方で5キロの減量に達すると停滞期がやってくるという計算になります。

2週間という短い期間のダイエットなので、停滞期も考慮して目標を立てることがモチベーションにつながります。

3キロダイエット

標準体型の方でも3キロのダイエットは比較的ハードルは低めです。食事制限とまではいかなくても、食事の見直しや運動で成功できる数字です。

キムチダイエット

「キムチダイエット」とは、免疫力を高める、疲労回復、新陳代謝アップなど、ダイエットに効果的な要素が多いキムチに注目したダイエットです。食後にキムチを数切れ食べるだけの簡単ダイエットで、キムチを食べるのは夕食の時のみで大丈夫です。納豆やヨーグルトなどの発酵食品も摂ることで効果はアップします。

5キロダイエット

2週間で5キロのダイエットとなると、運動の他にも食事制限を取り入れないといけません。人間は体重の5%の減量に達すると停滞期がやってくるといわれています。元の体重にもよりますが、5キロのダイエットは少しハードルが高くなるでしょう。

炭水化物抜きダイエット

男性に特に多いのが、炭水化物太りという方です。ご飯、パン、パスタ、うどん、芋類などなど、食生活のメインに該当するメニューたちは実は炭水化物です。そこでおすすめなのは炭水化物抜きダイエットです。朝食は炭水化物をとってもいいとしている方も多く、昼食や夕食は炭水化物を一切とらないダイエットです。

10キロダイエット

2週間で10キロのダイエットは、かなりの食事制限が必要になります。また、標準体型の方や痩せ型の方には10キロもの減量は難しいでしょう。ハードなダイエットになるので、体調管理を今まで以上に行って挑んでください。

夕食抜きダイエット

夕食抜きダイエットは難しいカロリー計算の必要がなく、理屈は簡単なのでずぼらさんでも始めやすいダイエットです。単純に夕食を抜くだけでいいです。実際には夕食を抜くというのは非常に難しいですが、2週間で10キロのダイエットに成功しようと考えると、手っ取りばやいダイエット方法です。

2週間ダイエットで見た目を変える方法

「ダイエットは体重よりも見た目の変化」と考える方は少なくないでしょう。脂肪や老廃物などを落として体重を減らすというのは理想的なダイエットですが、意外に多いのはむくみです。見た目の変化を重視する方がまず注目するのは、むくみをとることです。

人の印象は顔で決まるということで、まずは顔のむくみをとってやりましょう。顔のむくみをとるだけでも「痩せたね」と周囲も驚くような変化につながったりします。

【小顔になりたい方必見】超スッキリ!必ず小さくなる顔の浮腫みとりマッサージ! Massage Treatment

寝る前5分!翌朝「むくみ知らずの美脚」になる足上げストレッチ

特にむくみやすい体の部分ということで、脚はすごくむくみやすいです。そんなむくみやすい部分を集中的にマッサージして、見た目をすっきりさせましょう。

2週間ダイエットにおすすめの筋トレ方法

2週間でダイエットを行うということは食事制限はもちろんのこと、運動を取り入れることでより一層効果が期待できます。普段から運動することが日課であるという方でなければ、2週間の筋トレでも十分な効果が見られます。リバウンド対策にもなるので、筋トレを取り入れた2週間ダイエットを頑張ってみましょう。

スクワット【2週間で腰肉を取る! スクワットひねり】

スクワットは足腰を強くしてくれるので筋トレの中でもおすすめです。足腰を強くすると、のちに痩せやすい体作りにもつながります。

レッグレイズ【2週間で下腹の肉を取る!簡単レッグレイズツイスト】

2週間ダイエットに挑戦する方の中で下腹が気になっているという方には、レッグレイズツイストがおすすめです。女性に特に多いのがこの下腹の贅肉のお悩みでしょう。下腹の贅肉は食事制限だけではなかなかとれないので、筋トレでしっかりと落とす方が手っ取り早く見た目をすっきりさせることができます。

2週間ダイエットのおすすめの方法

2週間ダイエットでは、基本となるのが食事制限や食事の見直しです。ここでは効果が期待できそうなおすすめのダイエットをご紹介します。

キャベツダイエット

キャベツダイエットは有名なので聞いたことがある方も多いんではないでしょうか。キャベツを食前に食べることで食事量を減らすことができることでダイエットの効果が出る方法です。キャベツを食べるだけのダイエットとはいえ、間食やお菓子は控えたりしないといけません。

キャベツダイエットに失敗するパターンとしては、毎日キャベツに火を通して食べていたという例が挙げられます。火を通したキャベツは柔らかくなり、噛む回数が減るので生キャベツほどの効果はみられません。しっかりと時間をかけて噛んで食べるというのがキャベツダイエットのポイントです。

おにぎりダイエット

2週間という短い期間でのダイエットだと「炭水化物は控えるしかない」と考えてしまいがちではないでしょうか。しかし、EXILEメンバーも実践しているというのが「おにぎりダイエット」です。朝昼晩とおにぎりを食べるだけのダイエットで、しっかりとお腹もいっぱいになれるダイエットです。

おにぎりの食べ方は、朝食おにぎりを1個か2個、昼は2個か3個、夕飯は1個という風に、食事時間はある程度決めておにぎりを食べます。おにぎりの具材は梅、おかか、昆布、ごま塩など、ヘルシーなものならOKです。

おかずはサラダなど野菜のみ、お味噌汁も炭水化物でない具材であれば食事と一緒に摂っても大丈夫です。水分補給は水がベストで、お菓子やジュースは2週間禁止しましょう。

2週間ダイエットにおすすめの食事

納豆

納豆といえば、言わずと知れた健康食品です。痩せやすい体づくりには欠かせないナットウキナーゼは、新陳代謝をよくしてくれるのでお通じがよくなる上に、ビタミンKは脂肪吸収を制御してくれます。

納豆は香りが強いので苦手な方も多いでしょう。ただ、ダイエットをしているとどうしてもこってりしたものが食べたくなりがちです。こってりしたものは以外とカロリーも高いので、人間の味覚と深い関係にある嗅覚を刺激するために、香りの強いものを代用するといいでしょう。

シャトルシェフで玄米おかゆ

2週間で体重の10%のダイエットが期待できるのがおかゆです。おかゆは水分を多く含んでいるので、普段のご飯の摂取量の半分で済みます。炭水化物を完全に抜ききってしまうよりも体に負担は少ないけれど、水分摂取量が増えるので新陳代謝がよくなるダイエットフードです。

病院でも推奨!脂肪燃焼!夏のダイエットスープ!

ダイエットの定番中の定番メニューが、野菜スープです。とにかくたくさんの野菜でお腹いっぱいにすることで、炭水化物の摂取量が減ります。また、野菜の組み合わせでいろんな栄養を摂ることができるので、ダイエット品がら美容面もカバーできてしまうという女の子には嬉しい効果も期待できます。

短期集中ダイエットで痩せよう

なんどもダイエットには挫折してきた、という飽き性さんでも、2週間の短期間でしっかりダイエットに成功することができます。少しハードな2週間になりますが、長期間続くものではないと考えると頑張れるという方にはすごくおすすめのダイエットです。