Search

検索したいワードを入力してください

【職業別】仕事でやってられないと思う時・対処法|月曜日

Author nopic iconそらあおぐ
仕事の悩み / 2017年12月09日
【職業別】仕事でやってられないと思う時・対処法|月曜日

職業別仕事でやってられないと思う時

仕事をしていて「もうやってられない」という気持ちになることがあります。おそらく、仕事で「やってられない」と思ったことがない、という人はいないでしょう。

このような感情に襲われてしまったときは、なんらかの対処法を用意しておかないと、仕事のモチベーションが維持できなくなってしまいます。では、「やってられない」と思ったときにはどのような対処方法があるのでしょうか?

介護職

「やってられない」という感情になる場面は仕事によって異なってきます。介護職では意外ですが、理念や運営方針に対して「やってられない」と思ってしまう人は多いです。

「利用者さんとのコミュニケーションを大切にしている」と言って、必要以上にイベントを詰め込んだりされると、準備をするスタッフだけでなく、イベントに参加する利用者さんまで疲れてしまいます。イベントの数を減らしたいと思っても、「今までこうしてきたから仕方ない」と一蹴されます。

また、「利用者さんとは一人一人、丁寧に接することを心がける」と言っているにも関わらず、実際は利用者さんが多く、効率重視になっているなど、理念や運営方針とスタッフに大きな温度差が生まれることが多いようです。

この温度差があるまま、しばらくは我慢して働いていても、我慢は続かないので、ある日「やってられない」と感情が爆発します。

保育士

保育士の職場環境は閉鎖的な職場でもあります。認可保育園では国の基準で保育士の配置人数が決められています。なので、保育士が入れ替わることが少なく、人間関係が固定化されています。職場の環境が変わることがないので、その環境が合わなかった保育士は精神的に少しずつ追い込まれていくことになります。

特に、保育士以外の仕事経験を持つ人や、向上心の強い人は苦労します。これらの人はより良い環境を作るために、いろいろな改善点や、新しい提案ができるタイプの人です。しかし、このような職場では「今までのやり方がある」と言って、保守的な考えが固まっていることがあります。

改善すれば明らかに環境が良くなることでも、提案することで輪を乱す人と思われてしまいます。次第に自分が正しいはずなのに、浮いている存在となってしまうことで「やってられない」と感じるようになってしまいます。

看護師

看護師はその他の仕事の多さに「やってられない」と思ってしまうことが多いです。看護師の仕事は患者さんに関する仕事ばかりしているわけではありません。委員会やカンファレンス、勉強会やセミナーの参加、膨大な看護記録などで大量の時間を取られます。

患者さんとコミュニケーションを取りながら一緒に治療を頑張るという夢を見てきた看護師が現実とのギャップから「やってられない」と感じてしまいます。

派遣

派遣では派遣元の担当者から聞いていた仕事とは内容が違ったり、聞いていなかった業務が増えたりすることがあります。これらの場面に出会うと「やってられない」と思ってしまいます。このようなことが起こる原因はいくつかありますが、派遣元の会社が営業成績を上げるために過大要求を受け入れてしまっている場合もあります。

仕事でやってられないと思った時の対処法

上記のように仕事でやってられないと思ってしまったら、自分が変わるか、環境に変わってもらうか、どちらかの方法で対処しましょう。

自分が変わる

「やってられない」と思ってしまう原因のほとんどは他人です。しかし、他人を変える事は難しい事です。なので、自分の考え方を変えてしまった方が早いです。

もし、「やってられない」と思うきっかけが他人であったのならば、まずは相手の事を理解する事から始めてみましょう。わざわざ人から嫌われようとする人はいません。衝突するのは意見や考え方の違いからです。自分から歩み寄る事で、相手も歩み寄って来てくれる事もあります。

環境を変える

どうしても相手の考えが理解できないときは、自分の考えに寄せてもらうしかありません。先に述べた通り、相手に変わってもらうという事はとても難しい事です。方法としては、相談、交渉、説得などがあります。

しかし、これらで相手の感情をコントロールするには会話の技術が必要です。どうしても、自分の意見や、考えを曲げるつもりがないのであれば、これらの技術を身につけるようにしましょう。

月曜日にやってられないと思う時の対処法

休み開けの月曜日にはただでさえ仕事に行きたくなくなります。しかし、仕事には行かなくてはなりません。「やってられない」という気分のときはどのような対処をすれば良いのでしょうか?

週末に予定を入れておく

次の週末の予定を月曜日には入れておきましょう。次の週末の楽しみを作っておくことで、月曜日から週末の楽しみのために頑張る気力を持つことができます。月曜の「やってられない」感情を打ち消すためにはモチベーションを上げるためのきっかけを作ることが有効です。

仕事で目標を立てる

逆に仕事に打ち込んでみるという方法もあります。仕事で目標を立てたり、やりがいを探してみましょう。職場の人間関係で「やってられない」と感じているのであれば、周囲を無視して仕事に集中しても良いでしょう。

やるべき仕事をきっちりこなしていれば、文句をつけられることはありません。最終目標を「やってられない」という感情にさせる相手よりも仕事ができるようになってしまうことです。

距離を取る

「やってられない」という原因になるのは他人であり事が多いです。なので、職場などではその原因となる人とは距離を取りましょう。無理に相手の事を理解しようとしても、余計にストレスを感じてしまう結果になる事があります。

やってられないの言い換え方法

「やってられない」という言葉はネガティブな感情を生んでしまいます。なので、「やってられない」という言葉が頭の中で浮かんだ場合は、別の言葉に置き換えるようにすると少し気分が楽になります。

置き換える言葉は自分の好きな言葉で構いません。おすすめは「付き合ってられない」です。「やってられない」を「付き合ってられない」に置き換えると、他人と自分を切り離なす考え方ができます。他人と自分の考えが合わないのであれば、相手のことを切り離して、考えないようにすると気分は少し楽になります。

人生やってられないと思う時の対策方法

仕事ではなく、もっと大きな範囲である人生で「やってられない」と感じてきている人は、できるだけ早く対処した方が良いでしょう。人生が「やってられない」と思ってしまうと、何もできなくなってしまいます。

他人と自分の考えを切り離す

先に述べた通り、他人と自分の考えを切り離して考えると少し気分が楽になります。他人の事を構いすぎると自分が疲弊してしまいます。また、他人の事を気にしたりしすぎても疲れてしまいます。他人は他人、自分は自分と考えを分けるようにしましょう。

他人の事を考えすぎない

上記で述べた通り、他人に構いすぎると自分が疲弊してしまいます。よくあるパターンはおせっかいをする事です。他人のためにしてあげているつもりでも、相手は自分の意思通りに物事を受け取ってくれているとは限りません。

また、他人に気を使いすぎて、相手の機嫌ばかり伺っていると自分の行動や発言が制限されてしまいます。これらは全てストレスに繋がっています。他人のために尽くす事は素晴らしい事ですが、自分の身を削ってまでする必要はありません。

「やってられない」はすぐに対処するべき

仕事をしていれば「やってられない」と感じる場面が多々あります。うまく対処して、感情を処理できれば良いですが、それができない人は注意した方が良いでしょう。「やってられない」という感情はストレスを溜める感情です。もし、うまく処理ができないのであれば、ストレスを徐々に溜めていく事になります。

「やってられない」と感じる原因の本当が他人です。うまく考えを切り離して、心にかかる負担を減らしてあげるようにしましょう。