Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ・レディース別】ファッションの緑に似合う色|ネイル

Author nopic iconkotorinngo
コーディネート / 2018年12月26日
【メンズ・レディース別】ファッションの緑に似合う色|ネイル

メンズ・レディース別洋服・ファッションで緑に合う色

緑に合う色はたくさんあります。日本人になじみやすい色である緑は、どのような場面でも活躍してくれます。では、緑に合う色というのはどのようなものがあるのか、コーディネートやインテリアなど、さまざまな角度から紹介します。

緑といっても種類が豊富です。カーキや黄緑、エメラルドや深緑など、緑に合う色は同じような緑でも、色違いを楽しむことができます。他には、ネイビーや白、黒もシックで緑に合う色です。

黄色や青などの比較的緑に近い色だけでなく、反対色である赤も冬のクリスマスカラーで、楽しむことができるのではないでしょうか。緑の濃淡によってはピンクなども合いますし、緑はどのような色にもなじむ色だといえます。

春・緑に合う色

春は温かくなり、薄着になりたくなる季節です。春のカラーといえばピンクや黄色など、華やかで色彩豊かなイメージがあります。淡いパステルカラーが多く流行する時期でもあります。緑に合う色として、ファッションコーデにはどのようなものがあるのか、メンズ・レディース別に紹介します。

メンズ

春に羽織りたくなる緑のカーディガンと、シックな黒を合わせたメンズコーデです。足元の白いスニーカーも、緑に合う色です。カーディガンの緑色が爽やかで、春を感じさせるコーデになります。

緑×黄色パンツ

黄色は緑に合う色の中でも色味が近く、合わせやすいカラーです。淡い黄色のパンツに、鮮やかな緑のTシャツを合わせることで、春のお出かけにぴったりのコーデです。

レディース

緑に合う色で、一番明るく爽やかに見えるのは白ではないでしょうか。白のワンピースに緑のカーディガンを羽織ることによって、ちょっとしたお出掛けにもガーリーな雰囲気を楽しむことができます。

春に重宝するカゴバックにも薄い緑を使っていて、カゴバックのベージュも緑に合う色になります。

黄緑×ピンクポシェット

黄緑に合う色は、落ち着いたカラーも良いのですが、あえて反対色であるショッキングピンクのポシェットを差し色に、春らしさを演出したコーデです。組み合わせは上級者向けで、個性を強調した組み合わせになります。

夏・緑に合う色

夏は薄着になることが多く、白やネイビーなどを使ったファッションが多くみられます。そのような場面では、緑は差し色として使うことで、ファッションのアクセントになります。では、どのようなファッションコーデがあるのか、こちらもメンズ・レディース別に紹介します。

メンズ

キレイめカラーのジーンズと、白のシャツを使ったコーデは緑に合う色の定番です。白シャツとジーンズだけのコーデが緑のTシャツを組み合わせることで、より夏らしく見えるのではないでしょうか。

緑×キャップ

夏のラフでシンプルな黒やグレーのファッションに、差し色としてキャップに緑を使ったコーデです。黒やグレーは緑に合う色ですので、落ち着いた雰囲気の中に自分らしさを演出できます。

レディース

緑のTシャツに同系色の緑を使い、足元まで色に統一感を出した上級コーデです。Tシャツをガウチョパンツに合わせることで、カジュアルに見せてくれます。緑は、同系色でもコーディネートを楽しむことができます。

緑×スカート

グリーンのスカートは一着あるだけで存在感があり、もちろん夏によく使われる白も緑に合う色になります。白と緑の組み合わせは、新緑の季節である夏にはピッタリの組み合わせですので、ぜひファッションに取り入れてみてください。

秋・緑に合う色

秋は肌寒くなり、夏のように薄着ではいられなくなります。重ね着をすることも多くなってくるこの季節にはどのような緑があり、緑に合う色とはどのようなものがあるのかを紹介します。

メンズ

秋の緑といえば、代表的な色はカーキではないでしょうか。カーキグリーンは、秋に流行りはじめるブラウンなどのダークカラーのような落ち着いた色合いに合います。その他にも、カーキの緑に合う色はネイビーやワインレッドなど、落ち着いた秋カラーなどがあります。

緑×スニーカー

全体的に黒いコーデの中に一際目立つ緑のスニーカーは、個性的でさわやかな印象を持たせてくれます。もちろん黒は緑に合う色ですので、ファッションのアクセントに緑を使う事は上級者向けのコーデになります。

レディース

カーキの緑に合う色では、秋にはグレーなどもおすすめです。細身のグレーのトップスに、落ち着いた色合いのカーキの緑がよく似合うコーデです。

緑×プリーツスカート

ふわっとした印象のカーキグリーンカラーのプリーツスカートを使い、トップスもふわっとした黄色をアクセントにした、ネイビーのニットを合わせたガーリーなコーデです。ネイビーも黄色もどちらも緑に合う色で、全体的にゆるく落ち着いた雰囲気を演出してくれるコーデです。

冬・緑に合う色

冬は雪がちらつきはじめ、厚着をしたくなる季節です。クリスマスカラーにも使われている緑ですが、どのような緑が冬には合うのか、またそのような緑に合う色はどのようなものがあるのかを紹介します。

メンズ

ベージュのニット帽とダークグリーンのトップスを合わせ、細身の黒いジーンズでバランスを取ったコーデです。冬は、濃いめの色が多くみられるようになる季節でもあります。落ち着いた雰囲気の緑に合う色は、冬ならではのダークカラーでしょう。

緑×ライダースジャケット

黒のライダースジャケットに黄緑のパーカーを組み合わせて、あえてカジュアルに見せるコーデは、大人の遊び心たっぷりで、比較的取り入れやすいスタイルです。

レディース

落ち着いた雰囲気の中に、いつもと違った自分を表現したいときにおすすめなファッションは、緑のスカートを使ったコーデです。緑のスカートは明るいカラーではなく、落ち着いた雰囲気の色や、同系色になりがちなコーデの差し色として使うと良いでしょう。

クリーム色のセーターが緑のスカートにマッチして、優しい雰囲気を醸し出してくれるコーデです。

緑×ロングコート

緑に合う色は黒やグレーだけではありません。こちらのコーデは、足元のピンクが差し色になっていて、全体的に落ち着いた雰囲気を出している緑のコートに、ピンクのスニーカーがガーリーさをプラスしています。

暗くなりがちなファッションになってしまう場合、ピンクも緑に合う色ですので差し色として使うことができ、おしゃれをレベルアップさせてくれます。

緑に合う色とデザイン

緑に合う色のデザインといえば、思い浮かべることができるのはサッカー場です。サッカー場の芝生や観客席なども緑に合う色を、同系色を使って統一感を出しています。目に良い色とされている緑は、デザイン自体を明るく爽やかなものへと変えることができます。

ネイルの緑に合う色

ネイルで使う緑に合う色を考える場合、まずどのような場面でネイルをするのか想像してみてください。日常生活の中でのネイルなのか、クリスマスなどのイベントの時なのか、シチュエーションによってもネイルのデザインは変わってきます。

クリスマスなどにネイルをする場合は、もちろん赤と緑でクリスマスを演出できますし、普段使いならば遊び心をもって、一本一本ネイルの色を変えてみるのも面白いでしょう。

そのような場合、ネイルに使う緑に合う色は冬ならばネイビーや黒といった、落ち着いた雰囲気の色を合わせてみましょう。反対に夏ならば緑に合う色は白はもちろん、オレンジや黄色といったようなビタミンカラーも合わせると、元気が出る楽しいネイルを演出できます。

緑×赤

冬っぽさと和風の組み合わせが可愛らしいネイルです。クリスマスからお正月にかけて使える色の組み合わせです。

緑のラメ

緑のラメを使ったグラデーションネイルは、シンプルな中にも華やかさがあり、普段使いにも使えるネイルです。

ミサンガの緑に合う色

ミサンガは、プロミスリングとも言われ、カラフルな紐を組み合わせたアクセサリーです。願いを込めて結び、紐が切れるまで付けることで願い事が叶うとされているアイテムであるミサンガは、さまざまな色を使って編みこまれている、おしゃれアイテムとしても付けている人が増えています。

ミサンガに使われる紐で緑に合う色は、やはり黄色や赤など、同系色ではないものを組み合わせる方が目立ちますし個性を出せます。普段使いならば、緑に黄緑、深緑などというような同系色で合わせると良いでしょう。

紐の色の意味を知ろう

赤は情熱や運動、恋愛を表し、ピンクは恋愛運に可愛さや調和、黄色は金運や学問、笑顔や平和を表しています。オレンジや黄緑は友情を表しており、青は仕事や爽やかさ、行動や心を癒すといった色で、黒は意思の強さを表しています。

緑は癒しや和み、優しさを表す色で、緑に合う色でミサンガを作る場合、色の意味を考えて組み合わせてみることが大切です。

付ける場所によっても意味が変わってきますので、ミサンガをつける時には気をつけましょう。

部屋の緑に合う色

部屋の壁や床を緑にする場合、緑を引き立たせる色としておすすめなのは、黒やブラウンなどの落ち着いた雰囲気を演出してくれるような色が良いでしょう。コーヒーショップなど、ゆったりとした時間を提供してくれるようなお店は、緑とブラウンが店内の装飾によく使われています。

インテリアの緑に合う色

部屋の中の緑を紹介しましたが、インテリアとして使われる緑の場合、全体的なものではなく家具や装飾品の事を指します。インテリアの緑に合う色は、壁紙によく使われている白系のカラーはもとより、床のダークブラウンやグレーの落ち着いたソファーにもよくなじみます。

黄色のクッションだけでなく、緑のクッションを用意すれば、また違った雰囲気でインテリアを楽しむことができます。インテリアは、室内で楽しむものであると同時に、長時間利用する場所でもありますから、リラックスできるカラーを使うことをおすすめします。

どんな色にも緑はなじむ

緑をイメージすると浮かんでくるのは調和や柔らかさ、優しさというような言葉ではないでしょうか。緑の色もたくさん種類があり、深い緑色は落ち着きを、新緑のような黄色の混じった緑は若々しいイメージを思い浮かべます。

緑は、日本人の肌の色によくなじむ色でもありますので、ファッションだけではなくメイクやヘアーアレンジなどにも緑を使ってみてはいかがでしょう。緑を上手に生活の中に取り入れることで、気持ちをリラックスさせましょう。